3010539 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年01月17日
XML
テーマ:アニメ!!(3770)
カテゴリ:アニメ
もうホロの可愛さにメロメロですわ!!

でもって、ロレンスがまた可愛いんだ、別の意味で。(笑

あらすじは公式HPから。

ホロの故郷へと向かう契約を交わす事になったロレンスは、彼女を乗せて馬車を走らせていた。
急な雨にたたられた二人は、雨宿りのために教会を訪ねることに。
外套をかぶり伴侶に成りすますホロに安心するロレンスだったが、ゼーレンと名乗る若い男が胡散臭い話を持ち掛けてくる。
とある国の銀貨の価値が近々上がるというものだ。
話の真偽を判断しかねていたロレンスに対し、開口したホロは?


で、

ゼーレンの言う事は嘘だと思うと、ホロ。
けれど嘘かどうかが問題なのではなく、嘘ならば何故か?が大切であろう?とも言う。

とりあえずゼーレンの儲け話に乗ってみるロレンス。
そして情報を集める。

次の町に向かうホロとロレンス。
道中の会話で、二人は、人間と、狼、生きる世界の違い、そこから起きる二人の違いを知る。



教会に泊まるのですねぇ、夫婦の振りをしてるって言うのが萌える。(笑

フードで耳を隠すホロですが、それの言い訳として、ロレンスは「火傷」と言う。
ところがホロにとっては、火傷をしてたら、それはそれで自分の顔、隠す理由にはならないんですよね。

こう言うところに二人の考え方の違いが出てて面白いです。

で、さっそくのヌードシーン。
ホロの裸が全然いやらしく見えないのが良いわぁ。

そんな裸でも、ロレンスは見られないらしい。
赤くなっちゃって、可愛いったらありしゃしない。

この後もホロにやりこめられちゃうロレンスが何回も出てきちゃう。
ホロは何たって長く生きてるわけですから、25才のロレンスなんて赤ちゃんみたいなもんでしょうね。
ところがホロの見た目は少女なので、ロレンスにして見れば、なーんか“勝ちたい”って思いがあるみたいで、必死になったあげく、負けちゃってるロレンスが可愛くて。

最初は、ロレンスの髭に、こんな物語でねぇって気もしてたんですが、あれって行商人として仕事する上でなめられない為のものかも、なんて思ったりする。

商売人としてはなかなかなところを見せているロレンスですけど、あの可愛さが顔に出ちゃってたら、相手はなめてかかるだろうなぁって。
それ考えると、声優の福山さんって合ってるかもって気がしてきました。

ホロがホントに魅力的

ロレンスをからかったかと思うと、賢狼ホロの顔も見せる。
顔が見たいと言ったゼーレンをかわすところなんて、最高!!。


最近の超展開のアニメに慣れてると、なんとものんびり話が進むなぁって感じです。
でも私は、最初にきちんと物語の世界、設定を描いておくのは好きです。

これをやっておけば、その後の物語の展開、そしてキャラの心情がすんなりと心に入ってくると思うんですよね。

今回は、先ず物語の世界の“神”の現状が描かれてる

人間は最初、自然の中に“神”を見るのですよね。
ホロって土着信仰のような存在だと思うのですよ。

ところが“宗教”というものが出てくる、『狼と香辛料』ではキリスト教です。
キリスト教は、布教の為に他の信仰を徹底して弾圧してきたわけで、(#1にもそう言う描写がありました)、自然の中の“神々”は消えつつあるのが、この物語の現状ですね。
ホロは消えていく神の一人なんですよね。

ホロが言っていた、「この世界を一人で作るなんて出来ない。」は、私は好きですねぇ。


そしてもう一つ今回描かれていたこと、ホロは狼であり、ロレンスは人間であると言う事
何を当たり前のことをと思うかも知れませんが、二人の住む世界が違うこと、それによってサイドが違えば、正しいとか悪いとか、酷いとか可哀想とか、そう言うものが逆転することを、ちゃんと描いてくれてるんですよね。

そう言う二人が、一つの荷馬車に乗って旅をしているんだ、と。

こう言うシーンを見ていると、やっぱりさすが原作は、『このライノベがすごい!!』の二冠を取った小説だなって気がしてくる。
子供が買ったので、読むつもりです。


次回は・・・

「実はねえ、旦那。そいつには応募権とかいう紙切れが入ってるって噂があるんでさぁ。」とザーレン
「つまり、その券を送ると何かもらえるという取引だな!」とロレンスは推測してみせる。
「旦那、なかなかだね!」


・・・ってDVDのCMかい!! (爆笑


たぶん楽天ブックスさんが一番安いんじゃないかと。
ファミマ受け取りなら、送料、支払手数料かからないし。
但し、遅い!!
狼と香辛料1 限定パック
狼と香辛料2 限定パック
狼と香辛料3 限定パック







最終更新日  2008年01月19日 08時39分46秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.