3226859 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち 入り江わにさん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年01月29日
XML
カテゴリ:アニメ
江戸のラビ達と、アレンのアジア支部でのお稽古が同時進行で、行ったり来たりですが、今回は完全にアレンのお話。
主人公サイドだと言うのに、何かこう、「楽しかった!!。」って言うものがないんだよね。


今日もフォーとお稽古中のアレン。
気合は入っている、なのにイノセンスが実体化しない。

体術は上達したようですけど、それが目的ではないですものね。

「焦らず集中しろ。」とフォー。

フォーは男前だけど、可愛らしいし、こう言うキャラってホント好き。

バクちゃん・三木さんの声を聞くのが最近の私の癒し。ハート
解析説明でたっぷりさ。
けれど見たい(って言うか聞きたい)のは、やっぱり小西・コムイとのやりとりなんだなぁ。

イノセンスは霧状のままでも高いエネルギーを出している。
実体化しなくてもアレンと共鳴しているのか?。

アレンはただ一つのことを思っていた、“僕の大切なモノ”
イノセンスが発光するほどの高エネルギー。

蛍がたくさん舞っているみたいで、とっても綺麗なシーンです。
アレンのイノセンスに相応しい表現かなって。
ラビや神田とかのだったら、こうはなるまい。スマイル

これが復活の糸口かも。

それは“仲間を思う気持ち”

だがその時、アレンの左目に激痛、異変が。
この赤い瞳?みたいなのがグリッと動くのが、気持ち悪いんですよね。ショック
思わず悲鳴を上げちゃった蝋花の気持ちも分かるわ。

しかし左目にかまっている暇はない。

「皆の為にイノセンスを。」
↑こう言うセリフが余計だと言うのだよ。しょんぼり

もうこの前でアレンが何を思ってるかは充分見てるこちらには伝わってるし、せっかく“仲間”の絵を見せてるし、後は決意したアレンのUP顔でもあれば充分。

自分の為と分かっていても、「あなたの為よ。」と更に言われれば、押し付けがましいとチラッと思ってしまうのも人情ってものさ。

イノセンスのエネルギー値が増大している。

皆のところへ戻るんだ!!
↑このセリフはアレンの素直な願望で良いと思う。

またも左目に異変。

僕にかまうな、左目。
イノセンスが暴走?。

声がする。
風がやむ。
大切なモノは仲間じゃないのか?。


倒れたアレンのポケットから落ちたカード。

大切なモノは“仲間”じゃないのか。
僕はどうすれば良い。

より深く、より黒と白の世界に落ちて行け。


目覚めたアレンは、今見た夢が“黒と白の世界”なのか、と思う。

アレンの夢のシーンはいつも好きです。
ダークで、これがあるからDグレだなって思う。

フォーは異変を察知する。
結界の異常、必死に耐えるフォー。

「ウォーカーを隠せ、バク!!。」

苦痛に耐えるフォーが痛々しくて。
そんな状況なのに、「バク!。」と呼ぶシーンに萌えた私を許して下さい。泣き笑い
イヤ、頼られてるなぁ、バクチャン・・・とか思って。
支部長なんだから、当然と言えば当然なんだけど。

で、アジア支部の人達ってまさかアクマを見たことがないの?と激しく疑問なんですが・・・。

破れた結界、現れたアクマ。
方舟が自分を運んだと言う。
そして指先にはティキの蝶。

アクマの放った赤い光の糸がアレンの左胸を貫く。


と言う訳でティキの命を受けたアクマがついにアジア支部に侵入しました。
アレンのイノセンス再生が今一つと言う状況なので、これが起爆剤となるか?、と言うところですね。
フォーが心配だわ。

次回はアレン vs アクマかな。
アレンに余りペラペラ喋らせないで、イノセンス再生と、戦いのシーンを見ごたえあるものにして欲しいですー。


おまけはお稽古と左目の痛みで疲れきったか、アレン。
温泉につかりながらうたた寝。

さすがにこれだけの為に声優さん達を呼ぶのは自粛したんでしょうか。スマイル

何か本編とそぐわないのも甚だしいし、そろそろ飽きてきたし、これ見て何を感じろと?って思っちゃうし、止めて欲しい・・・。
サービスは凝った作りのトレーディングカードのCMで受けておりますので、はい。

D.Gray-man トレーディングカードゲーム ブースター 第6弾 BOX《予約商品02月発売》

D.Gray-man トレーディングカードゲーム クラーヂマンファイル《予約商品02月発売》

D.Gray-man 黒の教団シークレットファイル FILE 02 -On The Wings Of The Wind- BOX《予約商品0...








最終更新日  2008年01月29日 21時29分04秒
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.