3007435 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年02月04日
XML
テーマ:アニメ!!(3771)
カテゴリ:アニメ
今回はほのぼのと良いお話でした。(シュレディンガーのエピソードの方ね)
こう言うのは好きです。

あらすじは公式HPから。

シュレディンガーという名のネコに贈られたシゴフミを配達することになるフミカ。
ネコを袋小路に追い詰め、もう少しで捕まえられる・・・というところに、別地区担当のシゴフミ配達人・チアキが駆けてくる。
そのせいで惜しくもネコを逃してしまったフミカは、チアキも同じネコ宛てに贈られたシゴフミを届けようとしていることを知る。
闇雲に追いかけても無駄だと判断した2人は協力してネコをおびき寄せる作戦にでる。
作戦は功を奏し、フミカの周りにネコがわんさか集まってきたのだが・・・。


で、

フミカは実は猫が苦手。
そして集まってきた猫にシュレディンガーはいなかった。

一方、要は必死に美川の情報を探す。
美川の友達・夏佳に電話して、病院にいることを知る。

現れたシュレディンガー、フミカとチアキは飛んで追う。
シュレディンガーは取り壊されようとしいてるアパートの中に入っていく。
チアキは羽の使用時間切れ目前も気にせず、シュレディンガーを追ってアパートの中に。
やっと捕まえたと思ったとき、時間切れに。
今まさにアパートを破壊しようとするクレーン車の鉄球を、姿を消して止めるフミカ。
アパートはシゴフミの差出人で、シュレディンガーの飼い主だったおじいさんとおばあさんが住んでいた場所。
シゴフミの中に鍵、ドアを開けると、猫はかつての自分の“場所”に戻っていく。

一方、美川の病院に訪れた要、そこに父も来る。
美川は事件から三年間ずっと眠ったままと聞かされる。
さっきも会った少女。
「あれは誰なんだ。」


先ず猫(名前打つのがメンドイので“猫”で)の話。
話そのものはありきたりではあるんですよね。

でも間にチアキのラッキーアイテムが猫で、それにまつわるセリフを入れたり、
アパートのドアを開けて、かつて一緒に暮らしていた部屋、そして窓際の陽だまりの中の籠=猫の居場所を暖かい絵で丁寧に描いたり。

フミカとチアキ、カナカとマトマの楽しいやりとり。
チアキがホントに素敵な女の子ですー。

そうそう、フミカとチアキが飛ぶシーンが、見ていてホントに楽しかった
私はジブリ作品でも、飛ぶシーンって言うのが大好きでして。

笑ったり、ワクワクしたり、しみじみしたり・・・。
見ていて「あぁ、良いなぁ。」って思える話になっていたと思います。

更に『シゴフミ』の大きな話である、フミカの謎を絡める。

冒頭、美川のお父さんが出てきましたが、名前からして“美川キラメキ”、キャッチフレーズは“美しく残酷な詩人”、そして言ったセリフが「美しさこそが至上の価値」

もう爆笑ですよ。
御本人は、確かにお顔はお美しいが、いつの時代の少女マンガだ?って感じのロン毛。

これがお父さんでは、美川の苦労も分かろうと言うもの・・・。

で、要ですが、私には病院の美川より、フミカの方が断然幼く見えるですよ。
成長しているとは思えない程に。
おまけにあんなカッコしてるのに、どうして確信持てるのかが不思議で

美川に拘る理由は、どうやら好きだったからみたいですね。
でもふられたと言う。
夏佳は、フミカも好きだと思ってたと言うのに・・・。

この辺りに、父親を撃った原因の一端もありそうです。

フミカって生霊って言うか、幽体離脱って言うか、そう言う存在なのかしら。
でも病院で寝てる自分の姿を見て動揺しているシーンもあったなぁ・・・。

今回の話は今までで一番良かった。
1、2、3話はショッキングな題材でインパクトはありますが、あざとさを感じちゃって。
ちょっと地味でもこう言う話を丁寧に描く方が、私の好みです。



フミカのチアキのフィギュアとか出ても良さそうなものなのに、楽天では引っかかりませんわ。
可愛いじゃないねー。

シゴフミ 一通目(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

シゴフミ 二通目(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!







最終更新日  2008年02月04日 22時33分08秒
コメント(3) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.