2639041 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月

カレンダー

お気に入りブログ

奥様は、取り扱い注… MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
帰ってきた二次元に… もるがんさん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん

コメント新着

310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…
メンズファッション@ qnuthank@gmail.com Hey! Do you know if they make any plugi…
アシックス@ juuweifqhjd@gmail.com Hey would you mind letting me know whic…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年03月08日
XML
カテゴリ:アニメ
小西・ヨハンがお亡くなりに・・・。ショック

しかも真っ先にいって欲しいネーナは生き残るし。


ガンダムに対抗しうるMSを突貫作業で作るユニオン。
「フォーリンエンジェルズ」って堕天使ですかい。
このネーミングセンスがガンダムOOクオリティ。あっかんべー

「私は我慢弱い。」大笑い
相変わらずお口の方は絶好調ですね、グラハム。

ロックオンは怪我の治療を拒む。
うーん、片目が使えなければ、狙撃手としては無理だと思うんだけど。

自分がヴェーダに固執した為にロックオンに怪我をさせたと悔やむティエリア。
ヴェーダとの直接リンクが出来なくなって、マイスターとしての資質を失ったと思う。

そのティエリアに、自分たちと同じになっただけと、ロックオン。
そして自分の思ったことをがむしゃらにやる刹那を見習え、と。

失敗くらいするさ、人間なんだから。
ロックオンだから素直に聞ける良い言葉。
私は基本的にそう言う考え方が好き。
でも決して取り返せない失敗と言うのもあるけどね。

トリニティ兄弟に人革連、セルゲイとソーマのチームが迫る。

この人革連の攻撃、何がどう利点なんだか、爆笑。大笑い

ソーマ vs ネーナ、しかしヨハンは離脱を命令。
やられちゃえば良かったのに。(ボソッ

トリニティを見捨てたCB。
「最後の余興を楽しむとしよう。」とアレハンドロ。

ガンダムを倒すことで世界はまとまる。
ガンダムは滅び行く存在なのか?。
「ガンダムは何の為にある?。」と問いかける刹那。

これは紛争、武力介入しよう、とロックオン。
刹那と、ロックオンの変わりにラッセが地球に向かう。

「あなたは愚かだ。」とロックオンに言うティエリア。
うーん、私は“紛争根絶”と言う大義名分の下でも、トリニティは救う必要がないと思ってるし、結局“ガンダム”が大事ですか?と、ロックオン、刹那に問いたいとは思うけど、ティエリアはその事を言ってるんじゃないよねー?。

トリニティの元にアリー登場。
「ラグナ・ハーベイは俺が殺した。」
攻撃の意思なしと見せかけて、ガンダムから降りたミハイルを射殺。

ネーナを逃がすヨハン。
ヨハンのガンダムは、アリーのイナクトに敗れる。

ガーン!!。
弟、妹に甘すぎるって事を除けば割かしまともな人だったので、トリニティの中ではこの人、好きだったのに。泣き笑い

更にネーナに迫るイナクト。
そこに割ってはいる刹那・エクシア。

一方、コールドスリープ中のシュヘンベルグの元にたどり着いたアレハンドロ。
スリープの装置に向けてシュヘンブルグに銃撃。
「世界を変えるのはこの私!!。アレハンドロ・コーナーだ。」

トラップ発動、シュヘンベルグの映像が出る。

人間は未だ愚か。
しかし私はまだ人類を信じ、力を託してみようと思う。
世界は、人類は変わらなければならないのだから。
私の最後の希望を君たちに託したい。
戦争根絶の為。
CBの為ではなく。

君たちの意思でガンダムと共に。


エクシアのスピードが上がる。
赤く変色。

トランザム降臨。


私はガンダムは青い方が良いなぁ。
やっぱり清清しくて。
赤ってちょっと・・・。

色を変える位なら、もうちょっと現在のデザインに合わせて流線型にしてみたら?、とか思っちゃう。

戦いのシーンにスピード感があって楽しめました。オーケー
やっぱりガンダムはアクションシーンも楽しませてくれなくっちゃ。




刹那たちは“紛争根絶”の為に武力介入してきたのですが、トリニティたちはそれを突き詰めた存在だったんですよね。

紛争根絶と言う大義名分があれば、どこまで許されるのか?、と。
刹那はトリニティを「NO」としたわけだけど、ではどこがボーダーラインなのか?と言う疑問が残る。

曲がりなりにもお茶の間TVの時間帯のアニメ、主人公サイドは“正義”の側になくちゃねと思うし、半年かけてここまで来ましたか、って感じ。
でもここに持ってくるのなら、自分達は本当に正しいのかと自問自答して、悩んで欲しかったんだな。

他人を批判するならば、先ず自分の行動はどうなのか?、と省みる姿勢って大事だと思う。

次回以降、主人公達にはそれを考えて欲しいな。




【初回仕様!】 機動戦士ガンダム00 1(DVD) ◆20%OFF!

【初回仕様!】 機動戦士ガンダム00 2(DVD) ◆20%OFF!

機動戦士ガンダム00 3(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

機動戦士ガンダム00 4(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

機動戦士ガンダム00 5(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!








最終更新日  2008年03月08日 23時49分31秒
コメント(4) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.