2977556 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第2話 New! MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年03月15日
XML
カテゴリ:アニメ
イヤァァァァァァァァァ ショック

ロックオンがお亡くなりに・・・ 号泣

ちょっとショックで落ち込んでます。

アーリーはスローネを一機捕獲している。
補給が早いか?、国連軍が早いか?の事態。

「オレ達はシュヘンベルグに託された。オレの意志で紛争根絶のために戦う。ガンダムと共に。」と刹那。

仲間は彼に言う。
「CBは存在することに意義があるんじゃないか。」と。

キュリオス、バーチェ、防衛ラインに出陣。
出してもらえないロックハート。

「今度は私が彼を守る。」とティエリア。

あぁ、仲間らしくなってきたなって思ってたのに・・・。

国連軍は擬似太陽ドライブ搭載26機。

えっと、グラハムは?

アーリー vs ティエリア。
うーん、MSの性能が互角になると、やっぱり操縦者の腕が落ちるガンダム側は辛いなぁ。

そしてアレルヤの元にソーマが来る。
ソーマにはセルゲイも加勢して、アレルヤ苦戦。

デュナメス、出撃。

ロックオン、死亡フラッグバリバリだけど、まさかね・・・なんて思ってたんですけどねぇ。

ハレルヤが、アレルヤへの脳波の影響を遮断。
キュリオス、トランザムシステム発動。

ロックオン登場。
狙い撃てないから、「圧倒させてもらうぜ。」
スマイルだったのに...orz...

敵側、撤退。

トランザムシステムって時間制限ありか。
意外と短いんですよね、これで戦いのシーンが盛り上がる設定にはなっている。

ロックオン、「一気に本丸を狙い撃つ。」って、狙い撃てないんではなかったのでは?。

しかし迎撃されるデュナメス、アーリー登場。
アーリーは自爆テロの主導者。
ロックオンにとっては仇。

CBは紛争根絶を掲げるテロリスト、とアーリー。
非難は受けて立つ、お前を倒した後でなぁ!!。」とロックオン。

この辺りから三木さんが素晴らしかったですよ。

ロックオン vs アーリー。
この戦闘は見ごたえあり!!。

そこにハワードの仇ともう一機。
これが戦争ですよね、“仇”のいたちごっこ。

デュナメスは戦闘不能状態に。

ちょっと待て!!

宇宙に単身出て行って、何をしようと言うのさ?、ロックオン。


デュナメスの外れたアーマーだけ使ってアーリーのスローネに狙いをつけるロックオン。
しかし照準がぼける!!。

「敵をとらなきゃ、オレは前に進めねぇ!!。

世界と向き合えない!!。」


こんなことをしても変えられない、元に戻らない。

「刹那、答えは出たかよ。」

お前ら、満足か、こんな世界で。

差し出す手の向こうに地球。

「オレはイヤだね。」

刹那、間に合わない。
デュナメス、大破。

ロックオンの名を呼び続けるハロ。
それで仲間達は知る、ロックオンの死を。


もうショックで・・・。
仲間の死と言うのは、物語が盛り上がるパターンではありますが、ロックオンかぁ・・・。

紛争根絶、地球のためより、先ず自分の情を取った、というところでしょうか。

三木さんの語りが素晴らしかった。
ロックオン個人の生き方にも、それはそれで感動しました。
こう言うのは、正しいとか間違ってるとか、そう言う問題ではないと思うので。
ラスト十分は泣けてきました。

ただ、私は仲間の死で話を盛り上げると言うのが余り好きではないのですよ。
見てる者の心を動かす、とても簡単な手段だと思うから。

ロックオンを死なせずに、感動を呼ぶ話を作れなかったものか?と言う気持ちはあります。

ロックオンの双子とか、クローンとか、色々噂が出てますが、私は出てきて欲しくない。
人を作るのは結局生きてきた過程だと思うのですよ。
DNAが同じでも、それはロックオンではない。
見たくないです。

ところでマイスターの中で一番全うで大人なロックオンが死んでしまって、危なっかしい若造ばっかりで大丈夫なのかと言う気がする。

それからニーナがロックオンの変わりに・・・と言うのは絶対お断り!!



予約特典 ガンプラ FG「ガンダムエクシア ロールアウトカラー」付き予約3/27DS 機動戦士ガンダ...









最終更新日  2008年03月15日 22時04分43秒
コメント(16) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


もう放心状態が続いてます   なぎさ美緒 さん
私も三木さんの素晴らしい演技に拍手でした。
最後はやはりそこに持ってかれたなぁと。
でも確かにこの死をきっかけに何かが変わらなくてはならないはず。
それがCBの今後を決めるはずですからね。
もう今回はただロックオンに涙でした。
私こんなに彼のこと好きだったんだ・・・って再確認させてもらいましたわ・・・。 (2008年03月15日 21時04分56秒)

こんばんは   isamu さん
最後の方はもう画面見ていられませんでした。
ひたすら涙が溢れて……、今回はかなり辛かったです。ロックオンに何となくフラグ立ってるよなぁとは思ったんですけど。
仲間らしくなってきたとたんにこれですものね。
残酷だなぁって思います。 (2008年03月15日 22時18分39秒)

そうなんですよね・・・   おぼろ. さん
涙しつつも、クローンな二人目とかネーナが生き残った理由とかあれこれ考えてしまうのが、最近のガンダム作品に乗り切れないところでもありますよね。

ロックオンも復讐を抱えてずっと生きてきたけど、刹那のガンダム馬鹿なところに動かされるところがあって、やっとチームらしくなってきたのに・・・と思うとがっかりです。
2期があるので余計にここで退場とはもったいない!と思いました! (2008年03月15日 22時33分05秒)

ロックオン―!(涙)   李胡 さん
mamさんこんばんは!

ロックオンが早々退場に…哀しすぎる最期でした。
最初の頃ただでさえ登場人物が多くて覚え切れない、とぼやいてたので、どこかで消されるキャラがいるんだろうなと見てきましたがついに主要人物までその手が及んでしまって。せっかく纏まっていい感じのチームになってきたのに、本当に早すぎますよね。お墓にいたそっくりさんが二期でいきなり登場とかあるのでしょうか(汗)

ネーナについても今回全く触れられてなかったのでどこにいったのかなあと疑問に思ってますが、デュナメスに乗るのはやめてもらいたいです…ロックオンファンにかなり失礼になるのではと思いますし(^^;)
やっぱりいい兄貴分てのはやっぱり亡くなってしまうものなのでしょうかね。
そういえばハレルヤ、脳量思波が遮断可能ならなんでもっと早くに実行しなかったのが一つ疑問に残りました(苦笑)

ではでは、お邪魔しました。 (2008年03月15日 22時34分33秒)

Re:機動戦士ガンダムOO #23 「世界を止めて」感想(03/15)   もるがん さん
自分の所にも書きましたが・・

話に詰まると誰かを殺すというのは
一番お手軽なパターンなのですよね。

それで一時は盛り上がりますが、その後がたいていグズグズに・・・
「デスノ」のLの死の後のダメさが、良い例かと。

嗚呼、良い人ばかりが死んで、残るはキ○ガイとお子チャマ・・って(ノ_・、)

(2008年03月16日 00時25分02秒)

美緒さん   ☆mam さん
私も未だに放心状態ですー。

>私も三木さんの素晴らしい演技に拍手でした。
>最後はやはりそこに持ってかれたなぁと。
>でも確かにこの死をきっかけに何かが変わらなくてはならないはず。
>それがCBの今後を決めるはずですからね。

三木さんの演技、本当に素晴らしかったです。
ロックオンの最後の良さは、三木さんに負うところが大きいですよね。
何の為に戦っているか?の区切りになれば良いと思うのですよ。
「仇」を選んだロックオンは死んだ、刹那たちは違う・・・と。
そうなって欲しいです。

>もう今回はただロックオンに涙でした。
>私こんなに彼のこと好きだったんだ・・・って再確認させてもらいましたわ・・・。

私もですー。
ロックオンがいなくて、これからプトレマイオス側をどう見れば良いのかと・・・。 (2008年03月17日 12時23分01秒)

isamuさん   ☆mam さん
こんにちわ、コメントをありがとうございます。

>最後の方はもう画面見ていられませんでした。
>ひたすら涙が溢れて……、今回はかなり辛かったです。ロックオンに何となくフラグ立ってるよなぁとは思ったんですけど。

フラッグ立ってるなぁと思ってはいたんですが、まさかと思ってたので、最後は呆然としてしまいました。
ED流れても、暫くは立ち直れなくて・・・。

>仲間らしくなってきたとたんにこれですものね。
>残酷だなぁって思います。

そうなんですよね。
私は主人公サイドはやっぱり「仲間」であって欲しいと思っているので、これからだと思ってたのに、これですもの。
(2008年03月17日 12時25分09秒)

おぼろさん   ☆mam さん
>涙しつつも、クローンな二人目とかネーナが生き残った理由とかあれこれ考えてしまうのが、最近のガンダム作品に乗り切れないところでもありますよね。

クローンもどうかと思ってますけど、ネーナが来たら、ロックオンを死なせた意味がなくなっちゃうんですよね、流れから行って。

>ロックオンも復讐を抱えてずっと生きてきたけど、刹那のガンダム馬鹿なところに動かされるところがあって、やっとチームらしくなってきたのに・・・と思うとがっかりです。

私もそう思いました。
このチームはこれからのはずなのに、中心としてまとめるロックオンが退場ですから。

>2期があるので余計にここで退場とはもったいない!と思いました!

うーん、クローンが出てきそうな気がするんですよね。
主要キャラを死なせておいて、キャラ萌え的に、逃げ道用意してる気がしてなりません。 (2008年03月17日 12時31分07秒)

李胡さん   ☆mam さん
>ロックオンが早々退場に…哀しすぎる最期でした。

私はとにかく呆然としてしまって泣けなくて・・・。

>最初の頃ただでさえ登場人物が多くて覚え切れない、とぼやいてたので、どこかで消されるキャラがいるんだろうなと見てきましたがついに主要人物までその手が及んでしまって。せっかく纏まっていい感じのチームになってきたのに、本当に早すぎますよね。お墓にいたそっくりさんが二期でいきなり登場とかあるのでしょうか(汗)

主要キャラを死なせるには早すぎますよね。
主人公サイド、まだちっともチームとしてまとまってませんから。
たくさんキャラを出して、どんどん死んで行くって言うのは、余り好きではないんですが・・・。

ロックオンのクローンが出てくる気がしてます。
それもちょっとイヤな気持ちがしてます。

>ネーナについても今回全く触れられてなかったのでどこにいったのかなあと疑問に思ってますが、デュナメスに乗るのはやめてもらいたいです…ロックオンファンにかなり失礼になるのではと思いますし(^^;)

何より、ネーナがデュナメスに乗ったら、ロックオンが死んだことの意味が全くなくなってしまうと思うのですよ、話の展開上。
でもわざわざ生き残らしてますからねぇ。
イヤな予感もしてます。

>やっぱりいい兄貴分てのはやっぱり亡くなってしまうものなのでしょうかね。

ホントですね。
一人は居ても良いキャラだと思うんですけど。

>そういえばハレルヤ、脳量思波が遮断可能ならなんでもっと早くに実行しなかったのが一つ疑問に残りました(苦笑)

いきなり出てきた設定でしたよね。
そんな事ができるのかい!!って思っちゃいました。(笑 (2008年03月17日 12時35分27秒)

もるがんさん   ☆mam さん
>自分の所にも書きましたが・・
>話に詰まると誰かを殺すというのは
>一番お手軽なパターンなのですよね。

思い入れがある登場人物が死ねば、当然心は動かされます。
本当にもっとも簡単な手段なんですよ、話を作る上で。

>それで一時は盛り上がりますが、その後がたいていグズグズに・・・
>「デスノ」のLの死の後のダメさが、良い例かと。

主要キャラを死なせた場合、実は大切なのはその後をどうするかなんですよね。
その死を意味あるものに出来るかどうか、それを視聴者に感じさせられるかどうか。

デスノはLの死以降さっぱりでしたから。
私も興味を無くしたですよ。

>嗚呼、良い人ばかりが死んで、残るはキ○ガイとお子チャマ・・って(ノ_・、)

しかも更にキ○ガイとお子チャマが増えそうで...orz... (2008年03月17日 12時39分51秒)

残念です   伏せていただきます。 さん
>キ○ガイとお子チャマ
すみません。この表現には少し不愉快感を覚えました。
好きなキャラが死んだからといって他のキャラに当たるのはどうですか?
オマケハレルヤ除くマイスターの何処がキ○ガイですか?
小さい頃から辛い経験をしてきた刹那が、自分の過去で感情的になるのがお子チャマなんですか?
自分の神を失って、救われたガンダムを信じ、それになろうと努力する少年の何処が気に入らないのですか?
キャラの魅力がないのではなく、他の感想やブログでの先入観の影響を受け、彼らの魅力を理解しようとすらしていないような印象を受けます。

双子かクローンかは知りませんが、確実にいますよ(回想の椅子、皿の数を数えて見てください)。
回想ですら無駄にしない構成力をもつ黒田さんが、ストーリーを盛り上がらせるためだけにキャラを死なせると思っているのですか?
一部例外もありますが、ガンダムで主役が死ぬのは必ず主人公や他のキャラの成長が続くからです。

感情的になってしまいましたが、
ガンダムと言うより、尊敬する脚本家を侮辱された様で本当に残念です。 (2008年03月17日 13時49分48秒)

伏せていただきます。さん   ☆mam さん
伏せていただきます。さん
>>キ○ガイとお子チャマ
>すみません。この表現には少し不愉快感を覚えました。

親しい方のコメントへのレスなので、言葉が過ぎて不愉快になったことはお許し下さい。

>好きなキャラが死んだからといって他のキャラに当たるのはどうですか?

だだ、これは全くありません。

>オマケハレルヤ除くマイスターの何処がキ○ガイですか?
>小さい頃から辛い経験をしてきた刹那が、自分の過去で感情的になるのがお子チャマなんですか?
>自分の神を失って、救われたガンダムを信じ、それになろうと努力する少年の何処が気に入らないのですか?

先ず最初に、キャラと言うのは物語の中で成長するものですので、現時点で、と言う事をお分かり下さい。

それと刹那は戦争を体験して、戦争を知るものとして悩み答えを出そうとする描写が出てきて、決して魅力がないとは思ってません。

過去の事で感情を爆発させるのは人間誰しもあるものです。
それだけを持ってして「お子ちゃま」と言う気は更々ありませんが、問題は大量に人を殺せる兵器の操縦者だということです。
ガンダムと言う殺戮兵器を操るものが、感情に流されているようでは、「お子ちゃま」と言われても仕方がありません。

>キャラの魅力がないのではなく、他の感想やブログでの先入観の影響を受け、彼らの魅力を理解しようとすらしていないような印象を受けます。

他の方の影響を受けているということもありません。
前の感想を読んで頂ければ分かりますが、私は一貫してマイスターたちの適性には疑問を投げかけていますし、描写が足りない、だから魅力が見えないと書いています。

多くの方が感想で書いていると言うのなら、それも一つの見方だと思うのですが・・・。
(2008年03月17日 17時47分50秒)

伏せていただきます。さんへの続きです   ☆mam さん
>双子かクローンかは知りませんが、確実にいますよ(回想の椅子、皿の数を数えて見てください)。
>回想ですら無駄にしない構成力をもつ黒田さんが、ストーリーを盛り上がらせるためだけにキャラを死なせると思っているのですか?

ロックオンの死と、双子かクローンは分かりませんが、そのその登場が、物語の中で生きてくるかどうかはこれからの展開しだいだと考えます。
回想の中に入っていたのは、脚本の在り方として当然のことで、それを持ってして優れているとは、私は思えないのですよ。
全てはこの後の出来次第です。

>感情的になってしまいましたが、
>ガンダムと言うより、尊敬する脚本家を侮辱された様で本当に残念です。

申し訳ありません、伏せていただきます。さんは尊敬していらっしゃるのは良く分かりましたが、必ずしも今回のガンダムを見て、同じ思いを抱ける人ばかりではないのだと言う事をご理解下さい。

フィクションに触れたとき、人はそれぞれ色々な思いを抱きます。
「好き」「嫌い」「良い」「悪い」
私はその許容さこそがフィクションの良いところだと思っているのですね。
だから伏せて頂きます。さんの感想を違うと否定する気は全くないのです。
それも一つの味方で、この人はそう思うのか、とむしろ面白く思います。

同じように、伏せていただきます。さんとは違う思いを抱く者もいると言う事は、どうかご理解下さい。

それとコメントをありがとうございました。
否定的なコメントは書きにくいものだと思うのですが、それでも書いて下さったことは嬉しいです。

お気に添わない感想をたぶんこれからも書くかもとと思いますが、↑の事を含んで頂いてご容赦下さい。
これからもよろしくお願いします。 (2008年03月17日 17時52分44秒)

ちょっと思ったこと   うさみちゃん さん
>ガンダムと言う殺戮兵器を操るものが、感情に流さ
>れているようでは、「お子ちゃま」と言われても仕
>方がありません。

これをガキの定義にするならばガンダムやそれ以外のロボ系に登場するキャラがほとんど当てはまりますね。

>私は一貫してマイスターたちの適性には疑問を投げ
>かけていますし、描写が足りない、だから魅力が見
>えないと書いています。

無感情の指令どおりに動く完全なる殺戮マシーンじゃ話が・・
あ、ヒイロがいたかw
描写が足りないとは自分も思います。2部で補完するんですかね?

あと思ったんですが、話の感想が分かれるというより、
『キ○ガイとお子チャマ・』
この表現がまずいだけだと思いますよ。
マイスター達が精神的に未熟というのは納得できますが、
この作品のファンが多々閲覧しにくるであろう
ことが確実な場で、この表現は多少配慮に欠けた
ものではないかと思いました。
生意気いってすいませんです。

にしてもロックオンはもったいなかった気がしますね。自分はグラハムが大好きなんですが、彼も突然死んでしまいそうで最近視聴するのがある意味ドキドキですw
ほんとに死んだらwじゃなくorzですけどねw

(2008年03月19日 10時49分30秒)

うさみちゃんさん   ☆mam さん
>これをガキの定義にするならばガンダムやそれ以外のロボ系に登場するキャラがほとんど当てはまりますね。

あくまで私個人の考えとして書きますが。
子供が殺戮兵器を使うなら、子供側にではなくて、組織側に彼、または彼女を使わなければならない理由があるのがベストだと思うんですね。
一番簡単なのはその人しかいないから仕方がない、みたいな。
OOは、刹那側の理由は書いてるんですが、CBが何故彼らをあえて使うのかの理由がない。

もしこれがあれば、成長を待たざるを得ない訳で、現時点で子供のような精神状態でも納得出来ると思うんです。

>無感情の指令どおりに動く完全なる殺戮マシーンじゃ話が・・

感情があるのは人間として当然のことなので、あることに異存はありません。
それをどうするか、だと思います。
もうちょっと抑えようとする努力をして欲しいなぁ、と思うんですよ。
扱ってる物が物だけに。

>あ、ヒイロがいたかw
>描写が足りないとは自分も思います。2部で補完するんですかね?

たぶんそうなるのじゃないかと私も思います。
一部で刹那たちがガンダムで戦う真の理由を確認する、と言う形になるんじゃないかと。
それこそ紛争根絶の為に、自分達はどうあるべきか?と言う確認で。

>あと思ったんですが、話の感想が分かれるというより、
>『キ○ガイとお子チャマ・』
>この表現がまずいだけだと思いますよ。
>マイスター達が精神的に未熟というのは納得できますが、
>この作品のファンが多々閲覧しにくるであろう
>ことが確実な場で、この表現は多少配慮に欠けた
>ものではないかと思いました。
>生意気いってすいませんです。

とんでもないです。
私も言葉が過ぎたなと反省してます。
伏せていただきます。さんへのレスでも書きましたが、親しい方へのレスだったので、調子に乗ってしまいました。
申し訳ありませんでした。
(2008年03月19日 13時50分12秒)

うさみちゃんさんへのレスの続きです   ☆mam さん
>にしてもロックオンはもったいなかった気がしますね。自分はグラハムが大好きなんですが、彼も突然死んでしまいそうで最近視聴するのがある意味ドキドキですw
>ほんとに死んだらwじゃなくorzですけどねw

私もグラハムが好きです。
彼が死んだら感想どころじゃないかもです。

好きなキャラに限らず、主要キャラが死んでしまう展開が、苦手なんです。
悲しいやら切ないやら。

今回もロックオンを死なせた事を非難しているのではなくて、そうでない展開であったらなと思いまして。
キャラが死なないのは、死んでしまうよりインパクトが小さいですし、それ故に難しいかもしれませんが、それでも感動を呼ぶようなストーリーになって欲しかったな、と言う願望ですね。

私の文章力が稚拙で、誤解を与えてしまって申し訳ありませんでした。

一方で、これはガンダムOOの事を言ってるのではないですが、死を、その場限りの感動の為に扱っていると思われても仕方がない物もあるんですよね。
私はどうしてもそう言うのが好きになれません。

コメントをありがとうございました。
批判のコメントは書きづらいかと思いますが、あえて指摘して下さった事に感謝してます。
指摘されたことは、これから気をつけようと思います。 (2008年03月19日 14時00分04秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.