3126843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年04月16日
XML
テーマ:アニメ!!(3783)
カテゴリ:アニメ
あらすじは公式HPから。

『海が燃える』現象、そして謎の衝撃波に見舞われたアイランド。
その影響でアイランド全域が停電となり、病院の生命維持装置などが停止していた。
この事態を解決するために、ミナモは一人、使われなくなったモノレールの上を走り変電所を目指す。
一方、メタリアル・ネットワークにダイブした波留は、その中に新しい海を感じ取り、ダイバーとしての潜脳能力を発揮し始めるのだった。


で、

波留とミナモの協力により、風力発電所は稼動できる状態に。
そして風の到来を感じ取るミナモ。

システム復旧。

波留とミナモの前に久島が現れる。



ミナモの過去話から入りました。
リュック背負って、自分も行く気になってる子・ミナモが可愛い!!。さくら

ミナモは人間が進化の過程で失ってしまった力、自然を感じ取る力、みたいなものを有しているんでしょうか。

そして現在よりチョイ前の話、性格と趣味さえ良ければモテル男・ソウタと一緒にいるミナモ。
お料理作れるイケメン、良いじゃんねぇ?、最高だと思うけど。
多少小うるさくても、我慢しますよ、私は。スマイル

で、また子供の頃の話。
鯨は絶滅しちゃってるのか。しょんぼり

そばに居ない母も、海で繋がっている。
「海はいろんなものに繋がっている。」と言うおばあちゃんが良いですね。

で、「ミナモも海行く、お母さんのところへ行く。」とリュック背負うミナモが可愛い!!。さくら

そして現在に戻る、と。

ところで女の子キャラの下半身、何とかなりません?。
スタッフさんの好み?。
アメリカン・コミックのおばちゃんみたいなんですけど。

立ち入り禁止区域に入るミナモ、変電所が溶けている。

一方、ダイバーに直接システムの修復をさせる決定を出した久島。
二人のダイバーがあたるが、そこに波留が登場。

メタルに深く潜る波留。
手をかざしてシステムを修復・・・仕切れない。

このシーン、色が鮮やかで綺麗。

一方、変電所のミナモ、これってまんまヒーリーズ
懐かしいなぁ、子供達が夢中でしたよ。



波留とミナモの協力による風力発電のセイフティー解除。
あとは風が吹けば・・・。

それを水平線の向こうから感じ取るミナモ。
おばあちゃんとの過去話がここで生きてますね。
良いシーンでした。

風車をまわし、電力となり、アイランドに明かりを灯す。

波留とミナモは二人で海を見に行く。
しかし空から飛行艇。
やって来たのは久島。


波留がメタリアル・ネットワークにダイブするシーン。
確かに綺麗だし、良く出来てるんだけど・・・。

この手の話って、(例えこじつけであろうとも)何故そうなるかの理由をちゃんと説明する楽しさって言うのもあるんですよね。
見てるほうも、「あぁ、なるほど。」と。

一方で、それを全然しないで、そういう物として描かれる話もあって、たぶん『RD 潜脳調査室』もそうなるんじゃないかなって思ってるんです。

となると、では見所は何になる?。
メタリアル・ネットワークにダイブするシーンの映像が大きな一つじゃないかと思うんですよ。
それを考えると今一。
イマジネーション豊かとは言えないし、新鮮味があったわけでもない。

「わぁー!!。」って思うような驚きがないなって思いました。


電脳社会が如何に優れていようとも、電力が落ちたらお終い。
波留がシステム側で頑張ってましたけど、結局はミナモの人的力が頼り。

そして最後に頼りになったのは自然の力

環境問題もメッセージにしたいのかなって、ちょっと思いました。
鯨が絶滅とかの話もあったし・・・。
現代にはとっても合ってるかも。


 







最終更新日  2008年04月18日 11時48分46秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.