3180357 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年04月18日
XML
テーマ:アニメ!!(3797)
カテゴリ:アニメ
何事にも優先順序と言うものがある。
先週の私は『xxxHolic・継』を先に見た。
今週の私は『図書館戦争』を先に見る。

今週も、面白い!!

そして堂上のツンデレっぷりに萌え萌えよ~!!大笑い←何故爆笑?


ライブラリータスクフォースに、断トツ優秀の手塚と共に配属された郁。
弦田→小牧→堂上とだんだん背が低くなっていくのが、笑えるー。

そして野外特別訓練にGo!。
自然の中でやるのは「気分」・・・じゃなくて“日野の悪夢”の再来に備えるため。
“日野の悪夢”とは、日野市立図書館が良化隊に襲われ、十二名の被害者を出した事件。

座学をサボりっぱなしの郁はそんなことを知らない。
そして新キャラ・手塚はいちいちイヤミっぽい。

手塚の声優は鈴木達央さん。
ごめんなさい、良く存じ上げてないのですが、手塚の頑なさ、行き過ぎた真面目さが良く出てると思いました。

射撃訓練、ヘリコプターからの降下と、まさに軍隊だなぁ。
手塚は高所恐怖症らしい。

そして野外行程、熊が出るとの噂。
外でトイレか・・・、女の子にはちょっと可哀想。しょんぼり

そしてテントで眠る郁を襲うのは熊!!。
郁はいきなりパーンチ!!。パンチ

新人歓迎恒例行事だそうですよ、先輩が熊の着ぐるみ着て。

かくして熊殺しの笠原と言う名を頂戴した郁。
同じ事をかつて堂上もしたらしい。

さて、実際に図書館業務。
しかし座学不足で足をひっぱる郁。

「無能なくせに、努力しないバカが一番迷惑。」 by 手塚。
きついねー、手塚。
郁も勉強せずに迷惑かけてて、尚且つ言い訳してるから、言われてもしょうがない面もあるけどね。

更に「無能な奴はいっそしゃべるな!!。」とまで言う手塚。
これにはストップを入れる堂上、小牧。

「正しければ、何を言っても良い訳じゃないんだよ。」
うーん、小牧さん、いい事を言います。

ホントは泣いちゃいけない場面なんだけど、つい涙がポロリの郁。
ま、橋下知事も泣いてましたから。

一人残って仕事を続ける郁。
差し入れを持ってきた柴崎、堂上に頼まれたらしい。

「あの人も、あんたに甘いわねー。」
そりゃ堂上はツンデレですから。大笑い

柴崎に「図書館業務を教えて。」と頼む郁。

昼は仕事をこなしつつ、夜は猛勉強。
甘い物食べて、脳を働かせてお勉強。
そのお陰で郁のお肌はにきびだらけ。

これアポロチョコかしら?。

↑この画像の為に検索してみてびっくり!!。
アポロチョコって、ミント、メロン、小豆なんてのもあるのね。

不在図書が十五冊・・・ちょっと不自然と郁と柴崎。

手塚は相変わらず頑な。
何か特別な事情でも抱えてるんでしょうか。

“問題図書を考える会”が館長室に来る、不在図書はその為に集められていたもの。
しかし良化隊がやってくる。

↓ここからが緊迫感バッチリで面白い!!グッド

疑問を感じて調べていた柴崎は、狙いは館長室の図書だと気付く。
すぐに館内アナウンス。
会は良化隊と手を組んでいた!!

柴崎の勘を信じて、命令とは逆に館長室に行く郁、続く手塚。

図書館内で銃撃戦ですよ、とんでもないフィクションだなぁ。

敵を追って屋上へ。
良化隊員は捉えたが、本の入った鞄は裏庭に落ちた!!。
良化隊は回収に向かっている、間に合わない!!。

「降りる!!。」と郁、手塚は高所恐怖症だから。
「自分がやる。」と手塚。

「全部あんたが一番じゃないと気が済まないの!?。」

援護射撃にまわる手塚、郁は降下。
鞄を抱きしめて、植木の陰に隠れる。

すっごい迫力!!

更に走り出そうとする郁に、「そこでじっとしてろ!!。」の叫び声。

「脊髄でものを考える癖をなんとかしろ。」とは凄い言い様だわ、堂上。

郁の頭を手で抑える堂上。

頼むから!!。銃撃の中を突破しようとか考えるな!!。」

堂上の真剣に心配してる表情がたまりません!!。ハート

本気で心配させた、と思う郁。

堂上の顔見て、言われるまで気が付かないのもどうかと・・・。
しかも怒られることを心配してる?。

こんな無茶して、尚且つ鈍感な女の子を好きな堂上(←勝手に信じ込んでいる)の苦労がしのばれる。

でもとりあえず堂上からお褒めの言葉をもらって良かったね、郁。

さて夜の寮?の庭を二人で歩く郁と手塚。

「提案があるんだが・・・。俺と付き合わないか?。」

付き合いを頼むのに“提案”ときちゃうか、手塚。スマイル

どうする!?、堂上!?。大笑い←だから何故爆笑?


ハイペースで進んでて、三十分に内容が詰まってる。
でも物語に破綻はない。
分からないことを放りっぱなしにしないで、ちゃんと説明してるのでね。

だからポンポン進むテンポが面白いです。

お仕事のことなのに勉強せずに実際の業務に入る郁には正直呆れちゃうけど、その後で挽回しようと猛烈頑張るところが彼女の良いところ。

自分の出来ること、自分の不得意なこと、ちゃんと分かった上で選択する郁が好き。

手塚、背景に何かあるキャラなのでしょうか?。
この頑なさって普通じゃない。

柴崎も女の子のキャラとしては好きなタイプ。
頭のきれる美人さんって大好き。

本を巡って軍隊二つが銃撃戦などと言うとんでもないフィクションですが、私はこれはエンターテイメントとして楽しもうって思ってるので、Bパートが迫力あって面白かったですわ。

郁が本の入った鞄を抱きしめて転がるシーンなんて、本好きの私としては嬉しくなっちゃいました。

でもそんなことはどうでも良いわ

手塚の「付き合おう」提案に、堂上がどうリアクションするか!!。
それが早く見たいー。




【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】changes / Base Ball Bear

【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】あたしの街、明日の街 / 高橋瞳


う~・・・原作が読みたい!!。
でもノベルスにこの値段はなぁ・・・。
   











最終更新日  2008年04月22日 07時12分14秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.