3180848 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年05月02日
XML
テーマ:アニメ!!(3798)
カテゴリ:アニメ
稲嶺を襲ったのはバクシュウ会(どんな字だか分かりません)、同行しなければお葬式の会場を爆破すると脅す。
バクシュウ会は良化法に賛同する組織。
「応じましょう。」と稲嶺
介護役として郁もついて行く。

爆弾はフェイク。
関東図書隊にやって来た刑事・平賀。
そして記者の折口も来て、事件について徹底的に報道する構え。

一方、郁は稲嶺に、「帰ったら笠原はちゃんと仕事したって言ってくださいね。」と。
この時の郁の笑顔が良いですね。
稲嶺は胆の据わった人物だと思うのですが、郁は新人、逆に稲嶺にとっては郁の事が心配だと思う。
それを払拭させる笑顔でした。

バクシュウ会から作戦本部に電話。
替わった郁は、「柴崎にレストランの予約のキャンセルを伝えて下さい。」と言う。
郁も胆が据わってるわ。スマイル

呼ばれた柴崎、これは郁からのメッセ-ジ。
店は立川にある、現場はそこ。

バクシュウ会の要求は、先ほど押収した資料の開示と焼却。
資料の複製を取っているが、間に合いそうにも無い。

まぁ、この笠原を心配する堂上の表情ってば、どう?。

稲嶺が足の痛みを訴え、義足をとりはずす。
手伝う郁。
日野の悪夢で失った足。
この足で切り開いた道の上に、私達は立っている。


えっと、このアニメはフィクションと分かった上で楽しむモノだと思ってるので、小うるさい事は書かないで来たけど、こういうセリフが入っちゃうとねー。
暴力でメディアを検閲するのに対抗しようとする者が、暴力と言う手段を選ぶのはどうだろう?って気がするので。
ぶっちゃけ法治国家なんだから、世論に訴えて、野党勢力を与党にすれば良いだけと思うんだけどね。

ただ郁の、先人が切り開いて来た過程を、稲嶺の義足、あるいは失われた足に見て、気持ちを新たにするって言うのは良いと思いました。

稲嶺の義足は、ある手順に従って外すと、居場所が発信される。
これにより場所を特定、ニュータウンの完成したばかりのビルと分かる。

警察にはまかせて置けない弦田。

メディア検閲となると、警察はどうしても検閲側に回ってしまう。
玄田が信用できないとするのも分かる。

しかし図書館隊は、図書館内でなければ銃の使用は出来ない。
それ以外の場所での使用は許可が必要で、時間がかかる。

ここで玄田がとった我々の流儀ってのが、凄いですよ。
えー!!、物件全部買っちゃうの!!びっくり

図書館隊って財政状態は万全なのね。
どこから諸経費をまかなってるんだろう?、寄付とかかなぁ。

現場は堂上に一任。

どうしてお前は昔の俺に似ているんだと郁を思う堂上。

後先考えない軽率さ、感情に流れる脆弱さ。
俺が捨てて来た物を、後生大事にお前が拾ってくる。
揺らぐ自分を護る為に、お前を傷つけた。

後生だから無事でいろ。



心震える告白、ご馳走様でしたどきどきハート

でも・・・。
私は原作未読なんですよ、ひょっとしてここまでに原作では結構エピソードないですか?。
郁の“昔の俺っぷり”も、“揺らぐ”堂上も、分からないではないけど、アニメではそれほど描かれてはないと思うんですよ。
だからちょーっと唐突って気がした。

配置につくタスクフォース。
郁に合図を送る堂上。
ライフルの安全装置をはずしたのかなぁ・・・。
窓ガラスを割って突入する堂上たち、郁は稲嶺に覆いかぶさり庇う。

え、これで終わり?びっくり
恐いご面相して、情けないぞ!!、バクシュウ会!!。

って言うか、アバンで前回までのおさらいを長々と入れるなら、この人質奪回のシーンをもっと見せて欲しかったんですけども。

「良くやった。」と郁にお褒めの言葉の堂上。

「もし私が・・・。」と郁は言葉の先が続かない。
「お前が辞めても別に困らない。でも惜しくはなる。
↑ツンデレにはこれが精一杯。スマイル

この人に認められた事がこんなに嬉しいなんて。

「あなたを超えるまで、辞めません。」


ここまで書いておいて何ですが・・・。

石田・小牧が良い!!。ハート

犯人からの電話で、郁がレストランの話をした時のクスクス笑い。
居ても立ってもいられず、後方支援部を見に行くと言う堂上、その後を追おうとする手塚を「行かせてやって。」と止める。
お約束の最後の郁と堂上の言い争いに、「やぱり似てる。」とクスクス笑い。

もう小牧こそが私の潤いですわ。


さて、後日。
手塚に「やっぱりあんたとは付き合えない。」と言う郁。

堂上から、郁からも学ぶべきこともあると言われて、興味を持った手塚。

悩んだあたしは一体何だったの?
ホントですよねぇ。
少しは怒ってやっても良いぞ、郁。

「お前、友達だったら相当面白い奴だなぁ。」と手塚。

あぁ、でも堂上を含んでの三角関係はこれでなしかぁ。
ヤキモチで顔が歪む堂上ってのを、凄く楽しみにしてたのになぁ。しょんぼり


実家に手紙を書く決心をした郁。
しかしちょっとばかり遅かった。
柴崎から渡された両親からの手紙。

一度、二人で見に行きたいと思ってます。

さーて、来週も大騒動?。


今回は突入シーンがあっさりしすぎた、これに尽きるかな。
描きたいのは他の所って言うのは分かりましたけど、見るほうとしては、やっぱり迫力ある人質奪回シーン楽しみたかったのですよ。






図書館戦争 第一巻(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

図書館戦争 第二巻(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

図書館戦争 第三巻(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!







最終更新日  2008年05月02日 21時49分23秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.