3128295 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年07月25日
XML
テーマ:アニメ!!(3787)
カテゴリ:アニメ
今週も爆笑させて頂きました。
下手なギャグアニメよりよっぽど可笑しい。


あらすじは公式HPから。

橘は千影をアンティークの従業員に迎える。
その晩、小野と千影は橘に内緒で夜の街へ出る。
二人で飲んでいても橘を気遣う千影に、小野は嫉妬し魔性のゲイの力を発揮する。
艶かしい小野の姿に千影はふと唇を近づける。
ところが純粋無垢な千影は、小野がゲイであることに気付かず、勘違いと後悔で小野をひとり残して去ってしまう。
翌日、二人の微妙なやり取りに何かを感じる橘とエイジ。
そこに小野の恋人が浮気を問い詰めにやってくる。



車の中で先ほどの小野との出来事に浸ってる千影。

体育座りですよ、ここからもう爆笑!!。大笑い

圭一郎はやっぱり良いところがありますねぇ、千影を心配して従業員にすることに。

でも出来ることは、パシリとか、パシリとか、パシリとか、パシリしかないわけですが。スマイル

そんな圭一郎には内緒で、小野と千影はこっそりデート。
千影、黙ってバーに座らせておけば、本当にイイ男なのに。しょんぼり

「何だか酔っちゃったみたい。」と言うのは良くある手ですが、

男が使うのは初めて見たよ大笑い

千影をホテルに連れ込むことに成功した小野。
ベッドの上でキス・・・しようとして千影はいきなり土下座で謝る!!。

「すいませんでした!!。」

酔った小野にキスしようとした自分を恥じる千影、もっと先まで期待してた小野。
このギャップの可笑しさはどう?。

千影がかけつけたのは圭一郎の部屋。
ちなみに圭一郎は裸で寝ていて、サービス、サービス。

夢にうなされた圭一郎。
「今、ココアを入れて差し上げます!!。」
ところが圭一郎はココアは苦手ときたものだ。

初期のワープロほどにも学習能力のない千影でした。


次の日、小野の彼が店を訪ねてやってくる、「小野がバーに男を連れて来た」と聞いて。
キスもしてないし、「(千影とは)何でもない。」と言う小野。

これに傷つく、君は少女マンガのヒロインか?な千影は、店を飛び出してしまう。

圭一郎、小野にパーンチ!!。
そして謝るが、それは殴ったことではなく、高校時代に小野に言った酷い言葉に対して。
千影にちゃんと謝罪しろと言う。

おぉ、圭一郎ってば男前!!ハート

千影に誤りに行く小野。
「あなたと何もなくはなかったですよね。」と問う千影。
「付き合ってますよね。」と認めた小野。

涙を流す千影は純粋で、自分にはもったいなさ過ぎると思う小野。

これはあれですよ。
まんま、少女マンガで、ヤサグレ男が、純粋な女の子に言うセリフ
なのに抱き合う二人はでっかいイイ歳した男。

ごめんなさい、BLに萌えがない私は、ひたすら爆笑しておりました。大笑い


さて、千影の初ギャルソン仕事。

二人で並ぶとなんて素敵な絵なの!!ハート

お願いだから、千影はただそこに立っているだけにして欲しい気持ちでいっぱいです。

そこにケーキを買いにやってきた男。
何と、圭一郎の誘拐事件の担当刑事だった。

声が若本さんと言うだけで、本当にただの刑事?とか思ってしまう。

圭一郎は事件の記憶を失くしていた。
たった一つの例外がケーキ。
犯人は毎日毎日ケーキを買ってきて、子供だった圭一郎はそれを食べていた。

あぁ、そう言うトラウマがあるから、今はケーキが食べられないんですね。
なのに敢えてケーキ屋を始めたのは、自分を苦しめる過去を拭う象徴がケーキなのかしら。


・・・と言う事で、最後にいきなり圭一郎の誘拐事件にまつわる展開に。
原作は未読なんですけど、アニメではこの話は、最後の方にやるのかと思ってたんですけどね。



作画がねぇ・・・。
ノイタミナと言うのは、話は個人の好き嫌いはあっても、作画は割合に出来が良い枠と言うイメージがあったのですが。
もうちょっと頑張って欲しいです。



●“アニメ「西洋骨董洋菓子店」オリジナル・サウンドトラック”CD(2008/9/17)







最終更新日  2008年07月30日 09時55分03秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.