2605265 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月

カレンダー

お気に入りブログ

からっぽの本棚 samiadoさん

ナイツ&マジック … MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
帰ってきた二次元に… もるがんさん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん

コメント新着

310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…
メンズファッション@ qnuthank@gmail.com Hey! Do you know if they make any plugi…
アシックス@ juuweifqhjd@gmail.com Hey would you mind letting me know whic…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年09月20日
XML
テーマ:アニメ!!(3474)
カテゴリ:アニメ
ずっと楽しく見ている『マクロスF』なんですけど、なかなか感想が書けなくって・・・。
久しぶりに感想を書こうかなっと。
って言うか、思ったことをつらつらと。



あらすじは公式HPから。

かつての第117調査船団の事故の秘密をつきとめたマクロス・クォーターのメンバー。
そこにはグレイスの野望の影が。
一方、船団の存続を賭け、バジュラとの決戦に臨む決意のフロンティア軍部。
アルト、ルカ、クランもそれぞれの思いを胸に、船団はバジュラの星に向かう・・・。



シェリルの歌をバックに戦う人類側。
操られたランカの歌をバックに迎えうつバジェラ・・・と言う回でした。

相変わらず歌の使い方が上手くって、見ていてワクワクします。
ホントに面白い。

私はずっとランカにはアルト、シェリルには歌って思ってたので、人類側のミンメイポジションにランカ→シェリルとなったのは良いなぁ、って。

アルトにはシェリルはもったいないし。
もっと良い男がいくらでもいますよ。
こんなニブチンな男より、シェリルの素直になれない性格の可愛さをちゃんと分かって、甘やかせてくれる大人が良いって。

アルトはまだウダウダしてますが、シェリルはもう自分で自分の気持ちにケリをつけてしまった。
シェリルの方がよっぽど男前。

存在するのはシェリル自身と歌だけ。
これこそがシェリル・ノーム。


一方のランカ。
アイ君をバジェラに返しに行くところの、ランカの心情表現が足らない感があったのですよ。

ランカがミッシェルの死を受けて、一番思ったことは戦争を終わらせたいって事だと思うんですよね。
戦争を続ける限り被害者はまた出るし、アルトがそうなる可能性もある。

アイ君を返したいと言う思いと、それを鍵として、人類 vs バジェラの戦いを終わらせることが目的だったんじゃないかと。

しかしランカは過去に自分の歌がバジェラを引き寄せて、船団を壊滅させた記憶に打ちのめされ、グレイスに操られてしまう。
グレイスは自分がクイーンになるべく、核に向かう。

ブレアはグレイスに完全に操られてあの状態なのかなぁ。
それとも単にランカの邪魔するものは排除ってだけか?。
そうだとすると大バカもの。

グレイスが自分の身体を捨てたのは、バジェラ来襲の時に醜くなった為ですか。
そしてマッド・サイエンティストなのね。
自分の研究を何が何でも成功させたい、と。

宇宙の女王になるなんて壮大な野望の前には、やっぱりレオンの「大統領になって約束の地で君臨する」なんてのは小さい、小さい。
スケールが全然違いましたね、操られちゃうわけだ。


間に合わせの機体で思うように戦えないアルト、撃沈。


まさか死んでるわけないので(笑)、この後、シェリルのイヤリング・フォールドクォーツの力でランカと心を通わせることが出来るんでしょう。
ここでランカを踏みとどまらせなきゃ、主人公じゃない!!。


バジェラにとって人類は侵略者なんですよね。
自分の星を狙って攻撃しかけられてるんだから、迎え撃つのも当然かと。
勝手に“約束の地”とか決め付けられちゃったバジェラこそいい迷惑。

人類が勝って、バジェラ殲滅っていう風にはなって欲しくないんですよね。
広い宇宙に二つの生命体が生きるのは無理なんて、夢がなさ過ぎる。

バジェラ側にランカ、人類側にシェリル、両方の歌の力で和解が可能なら、こんなに嬉しいことはない。


シェリルですが・・・。
絶対に死んで欲しくありません!!
死んで英雄視されるなんて、そりゃカッコ良いかもしれないけど、生きてることの方がよっぽど素晴らしい。
幸せになって欲しいんですよ、シェリルには。

ランカは発病してないキャリアなんですよね。
それって抗体が出来てるってことじゃないのかなぁ。
ワクチンが作れないかしら?。
シェリルの病気の進行具合にも寄るけど、それで病気は治らないかしら?。


私は基本、ハッピーエンドが好きなのです。









最終更新日  2008年09月20日 12時42分36秒
コメント(9) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.