3106419 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年10月09日
XML
テーマ:アニメ!!(3778)
カテゴリ:アニメ
今週の口説き文句。

「キャラメル色の髪の可愛いお嬢さん。」

「なかなか可愛い寝顔だったよ。」

「笑うと可愛いだろうね、僕の為に。」

「ぺリドットみたいな瞳、世界の謎さえ見透かしてしまいそうだ。綺麗なだけじゃなく神秘的だ。」


まだまだ序の口。スマイル


あらすじは公式HPから。

妖精博士(フェアリードクター)であるリディアは父に会うため、相棒の妖精ニコと共にロンドンへ向かう船の中で、美貌の青年と出会う。

彼は伝説の青騎士伯爵、またの名を妖精国伯爵(アール・オブ・イブラゼル)の現当主、エドガー・アシェンバートと名乗り、代々青騎士伯爵家に伝わるメロウの宝剣を手に入れるため、リディアに力を貸して欲しいという。

巷で噂の強盗犯に似た容貌をしているエドガーと、彼に忠誠を誓い、彼のためなら殺人をも厭わないと言う従者レイヴン…。

胡散臭いと怪しむ反面、その立ち振る舞いから『本物の貴族では…。』と思わずエドガーの話を信じそうになるお人好しのリディア。

その上、ところ構わず甘い言葉で口説くエドガーに、本気ではないと思いながらも、動揺を隠せない。

結局、誘拐同然で連れてこられたにも関わらず、リディアはエドガーの申し出を引き受けることになり、それゆえ、彼女も宝剣を狙う者たちとの争いに巻き込まれていく。
次第に明らかになるエドガー達の過去とその正体…。

宝剣は誰の手に…。そしてリディアの運命は…。



エドガーのバックにはきらきらきらきらきらきらがてんこ盛り、キラリラリ~ンの効果音。

もう爆笑!!大笑い


原作はコバルトのライノベで既読です。
緑川・エドガーの口説き文句をそれはそれは楽しみにしてました。
熱心なファンの皆様には申し訳ないんですけど、私にはネタ的アニメなんですー。


ロンドンのとある屋敷の一室で、男を脅す金髪美形。
彼が得たいのは“メロウの宝剣”の情報、しかし男は知らない。
しかしフェアリードクターなら知っているかもと言い、リディア・カールトンの名前を出す。

金髪美形はエドガー・アシェンバート、伝説の青騎士伯爵、妖精伯爵を名乗る。

そのリディアはスコットランドの片田舎で実は妖精の猫・ニコと暮らしている。
この時代、既に妖精は御伽噺。
フェアリードクターの必要性もなく、リディアは変わり者として世間からは引かれる存在。

こんな2人の、結ばれそうで、全然結ばれない、じれったいけど、そこが良いのなラブロマンスですね。


父の誘いでロンドンに来たリディアは、父に頼まれたというアスクリーに連れて行かれる。
その部屋でいきなり後ろから口を押さえ、耳元で「助けて、お願いだ。」と囁くエドガー、但し茶髪。

↑これからして既にエドガーにとっては口説き文句。ウィンク

でも「素敵な人」とは認識しても、それで転ばないのがリディアの良いところ。
リディアは「困っている人を助けたい」と言う気持ちだけで動くんですよね。

乗せられちゃった豪華客船。
エドガーには彼を「マイロード」と言う従者・レイヴンがいる。

クー、レイヴンがカッコ可愛い!!。

「レイヴン、この位のことで、人を殺す必要はないんだよ。」と言う物騒なセリフもあり、さすがのリディアも「騙された?」と気付く。

でもエドガーのペースに振り回されるリディア。
可愛いドレスを着せられて、お食事に。

そこでリディアは、エドガーが妖精伯爵を継いでいることを知るのですね。

ニコには「胡散臭いから、係わらない方が良い。」と言われるリディア。
ニコ、なかなかの洞察力。

エドガーは妖精伯爵ではあるものの、その力は受け継いでいない。
正式な後継者であることを認めさせるには“メロウの宝剣”が必要で、リディアの助力が欲しい。

けれどさすがにリディアはしっかりしてもいる。
本物かどうか分らないエドガーに、力を貸して良いものか?と。

口説き文句がダメなら脅し
うーん、このちょっと凄んでみる緑川さんの声が好きだ!!。どきどきハート

アスクリーの乗った船が追ってきている・・・ってことで次回ですね。


リディアは妖精のこととなると夢中になっちゃうし、ムキになっちゃう。
でもこの時代でも妖精は既に信じられていない。
だからリディアは変わり者扱いされて、寂しい思いをしているんですよね。

エドガーは、妖精を信じている、フェアリードクターが必要であるかの様な発言をリディアにする。
だからリディアはつい心が揺れるんですよね。

そしてリディアは自分の髪と目の色を実は気にしている。
アスクリーはリディアの髪の色を“鉄さび色”とか言っちゃうしね。

でもエドガーはそれを美しい言葉に置き換えて、褒めちぎるわけですよ。

これに心を動かされない女の子がいるだろうか?

でもエドガーは一方でとっても胡散臭い
リディアにもちゃんとそれは分ってる。
エドガーの表面に出してる美形伯爵の面を、丸ごとは信じてないわけです。

さぁ、リディアはどうする?。



ちょっと作画の話を。

原作のイラストの絵が好きなんですよね。
あの華麗で、髪の一本一本を感じられるような絵が。

リディアとニコは良く描けていたと思うんですよね、とっても可愛い。

問題はエドガーだ、華麗さが足りない!!
イギリスが一番繁栄していた時代の伯爵様ですよ。
バックのきらきらとキラリラリ~ンですまさないで、エドガー自身の絵で華麗さを出して欲しいですわ。
特に金髪!!。

↑こんなこと言ってる私ですが、原作イラストの中ではケルピーとレイヴンがお気に入りだったりする。

そしてその伯爵様が招待されて乗る豪華客船ですよ。
ゴージャス感が足らない!!。

もちっと頑張って欲しいモノです。


レイヴンの杉田さんがイメージと違うなぁと始まる前は思っていたんですが、今回見た限りでは違和感はありませんでした。



今回のお話は↓ですね。
長いシリーズなので波はありますが、一巻は面白いです。






(CD)テレビアニメーション 伯爵と妖精 EDテーマ::my fairy/緑川光(エドガー)








最終更新日  2008年10月09日 11時30分21秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.