2978236 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第2話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年12月14日
XML
カテゴリ:アニメ
今回の感想の前に、次回予告にゼルゲイの元気なお姿が!!

生きてらしたんですか!!、それは嬉しい。
でも何であの状況で無事なのかは、ちゃんと描いて下さいね。


今回の感想を簡単に。

2ndの良いところは、キャラ萌えに転ばずに、登場人物たちのドラマをしっかり描いてるところだと思うんですね。
キャラ萌えなんて、話が面白くってキャラが動いてれば、自然とついてくるものですって。


ダブルOOの能力は予想をはるかに超えていた。
「これが世界を変える力。」と刹那。

確かにより高機能と言うのは大切なんだけど、それを生かすも殺すも最後は人間だと思うんですよね。
なのでパイロットとしての腕も磨いて欲しいぞ、刹那。

アレルヤには“ハレルヤ”の記憶なし。
マリーは何故大佐のことを考えたのか?。
ラッセは病気?。

アローズ・連邦を影で操り、支配者となろうとしてる存在・イノベーターの事を、CBメンバーに明かすティエリア。

衛星兵器メメントモリの仕出かしたことを見れば、やっぱりその選択ですよね。
ティエリアにとっては、生まれを選ぶか、育ちを選ぶかって事だと思うのですよ。
自分を形作るもので、大切なものは何かを考えた結果がこれで本当に良かった。

トレミー補修が済み次第、メメントモリ破壊ミッションに移行することを決める。

イノベーターはイオリアの計画を遂行している、自分達の方が異端なのでは?、とティエリア。

自分達の意志で「破壊する。」と刹那。

良く言った!!
君は本当にしっかりした子になったなぁ。

イオリアの計画に対して、仮に異端者だとしても、それはもう関係ないと思うのですよね。
大切なのは自分達の信念の為には、どの選択が正しいのかって事だと思う。

とにかくマイスター達が仲間って感じになったのが、見てて本当に嬉しいですよ。

イノベーターと王が出てくると不愉快になるのでPASS!!。

マネキンがCBアジト壊滅の為に動く。
リヴァイヴが送る脳量子波、応えるアニュー。

やっぱりアニューはスパイかぁ。
脳量子波をマリーがキャッチしてるし、ライルはアニュー狙い?って感じだし、これから泥沼展開が待ってそう?

CBのアジトを特定したマネキン・アローズ軍の来襲。

トレミーを囮として、輸送艇でクルーを退避させたいCB。
これを読んで更なる作戦を立てているマネキン。

アローズ側は新型機投入で、CB大ピンチ。
更なる増援部隊を投入のマネキン、後手に回るスメラギ。

リヴァイヴが撃ったGNメガランチャーがGNフィールドを突き破る。
トレミーの第三格納庫が直撃され、イアン負傷。

スメラギに確認を命じられた沙慈は、イアンにオーライザーを託される。
「守るんだ、みんなを・・・仲間を。」

自分の命を引き換えにしても守りたいもの・・・それが沙慈に通じたでしょうか?。
沙慈発進。

「勝ち」を確信するマネキン。
そもそも私は、戦術“予報士”って言う役職名がどうなんだろう?って思ってる人なんですが。
ホント、“予報”に過ぎませんね。
外れることもあると。

だたこのシーンで、“戦術予報士”と言う仕事にかけるマネキンとスメラギのスタンスの違いが出たんですよね、マネキン側から。

「紛争は根絶されない、だから戦術予報士で被害を最小限に抑える」と言うマネキンと、理想だとしても紛争根絶を追求するスメラギ

マネキンも、「綺麗事ばかりでは世界は良くならない、それならば・・・」と言う選択だったと思うのですよ。
だからマネキンの意地も感じ取れて、面白かった。

刹那に攻撃をかれるアンドレイ、ルイス、ジニン。
そこに沙慈が操るオーライザーが来る。

何で刹那はいつも「沙慈・クロスロード」とフルネームで呼ぶ?。スマイル
笑っちゃいましたよ、こんなシーンで。

刹那のOOとドッキング。

うーん、何か余りにも簡単すぎちゃった気が。
もちっとハラハラさせてくれた方が面白かったかも。

これは刹那 & 沙慈、2人のコンビの戦いか?。
と思いきや、沙慈は高速Gに耐えるだけ。スマイル

「俺たちが破壊する、俺たちの意思で。」

ジニンの機体は大破。
この人、奥さんをカタロンの対連邦テロで亡くしたって人ですよね。

カタロンは強い意志があって戦っているけれど、それによって被害を受ける人がいて、それがまた新たな憎しみを生むのですよね。
今回もルイスがジニンを殺したCBを憎むだろうし。
憎しみがどんどん膨れ上がっていくわけです。

今回、ジニンと妻と言う敵側の、人としてのエピソードを入れることで、そう言うことが描けていて、良かったと思う。

刹那にブリング・新型機が近づく。
トランザムで対抗する刹那。

その時、その場にいる者達の声が聞こえる。

沙慈とルイスもまた、お互いの声を聞く。
うっわー、ここでお互いが敵同士だと認識しますか。

沙慈とルイスの選択は?。

何ですが、声が聞こえるという不思議現象の説明はちゃんとして下さいね。
やっぱりブリングのせいなのかしら・・・。


戦闘シーンも見ごたえあったし、人間ドラマも織り込んで、面白かったです。








最終更新日  2008年12月14日 23時36分26秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.