3196651 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2008年12月15日
XML
テーマ:アニメ!!(3801)
カテゴリ:アニメ
あらすじは公式HPから。

BREW争奪戦後の死武専。
マカは死神様に、戦いの最中で出した"魔人狩り"について尋ね、そこで自分の母親が持っていたという力"退魔の波長"を知る。
一方、なんの説明もなく魔道具回収を進める死神様に不信の感情が拭えないキッド。
一体、父上は何を考えているのか?
大魔導師エイボンと父上の関係は??
その謎を解明すべく、キッドは独自に調査を開始するのだが・・・。



アラクネは道徳操作機の完成まで後一歩で、次の計画を進めようとしている。
メデューサはアラクノフォビアに潜り込ませたスパイから、その情報を聞く。

そんな状況の中、死武専では・・・。

オックス君、鼻高々と武勇伝を語る。
内では優等生、外では獣って。大笑い

反して、落ち込んでいるソウルやブラック☆スター。
マカは何か考え込んでいる。
そんな中、いつもと全然変わらないパティ。スマイル

キッドは、エイボンの魔道具と父・死神との関係に疑問を持ち、調査に乗り出す。

死神様はシドとお茶の時間。
テーブルが死神様のお顔の形!!。
とっても可愛い!!。

シドもエイボンについては疑問に思っているけど、死神様ははぐらかしてしまう。
すっとぼけの死神様、最高!!。グッド

そこにマカから通信、マカはモスキート戦の時に出した「退魔の波長」について質問。

子供は誉めて伸ばす!! ←これ基本

「退魔の波長」は邪悪を退けることに特化した波長、マカの母親が得意としたモノ。

「魔人狩りまで出せるようになるとはね。すごいねぇ、その調子で鬼神までやっつけてくれちゃったりして?。」

母親譲りと言うのが、マカにはとっても嬉しかったみたいですね。

でもって、上手く持ち上げてその気にさせてます、死神様。
素晴らしい!!。

ところでマカのお母さんってご存命なんですよね?。
今、どこで何をしてらっしゃるのでしょう。
いつか登場して欲しいと思っているんですが。

シュタインは現在マリーと組んでるし、もしパパ・デスサイズが死武専外に出向く時は、死神様は同行できないんですよね。
パパ & ママのバトルシーンとか見せてくれないかしら。

食事中もまだ自慢話のオックス君は、キムからキツイ一言。
これですぐ黙っちゃうところなんか、可愛いじゃないですか。

普段「クール」とか言っといて、「結局BREWはアラクノフォビアに奪われた。俺たちは負けたんだ。」と暗ーいソウル、ちょっとだらしないぞ。

クロナは皆とお食事できるまで馴染んで来ているのですね、見てて嬉しいわ。

けれどシュタインの現在の状況を聞き、自分がマリーに仕込んだ蛇のせいではないかと思う。

一方、キッドはシュタインのところへ。

狂気⇔正気のボーダーラインを行ったり来たりしているシュタインが痛々しすぎ。ショック

あぁ、だけど憔悴している顔も何て素敵ハート・・・とか思う私を許して欲しい。

キッドはシュタインにBREWやエイボンの事を聞きに来たんですね。
シュタインが知らない場合は、推察でも聞きたいと。

死神様はきっと誰にも話していない気がするけどなぁ。


死神様に誉められて気を良くしたマカは、ソウルと特訓。
特訓なんて少年マンガの主人公にさせておけば良いに爆笑。大笑い

えぇ、あのマンガとか、このマンガとかね、主人公は大好きなんですよ、特訓が。

しかしソウルもまた少年マンガの主人公なのであった。
・・・ってことで、鎌に変身。

ブーブー文句言いながら、マカの言うことを聞くソウルが良いなぁ。
「仰せのままに」にどきどきハート

しかし魔人狩りは発動されない。
やっぱり簡単なものじゃないんですね。

へこたれるマカを励ますソウルがまた良いぞ、と。
このカップル、大好き!!。
マカに手を差し出すソウルが凄くカッコ良く見える。

クロナはエルカから、シュタインの不調はやはり自分のせいだと言うことを知る。
未だに「メデューサ」の名にビクつくんですねぇ。
鎖のようなものなんでしょうね。
本当にクロナは可哀想で。

シュタインはあれこれ小難しそうなことを言ってキッドを誤魔化そうとしてますが、引っかからないキッドはやっぱり頭が良いんだなぁ。グッド

「今、一番遅れを取っているのは死武専。」
そう言うキッドに、

「その件に関しては断固否定するね。死武専はそんなに甘い組織じゃない。」

シュタインみたいなひねくれ者でも、死武専に対しては絶対的な信頼を持っているんですね。
それとも死神様に対してかな。
死武専に対する愛情みたいなものもちょっと感じてしまった。

死神さまがオセアニア支部から新たなメンバーを呼び寄せた模様。
技術開発部顧問のBJ。
何だか凄く人の良さそうな・・・。


大きな動きの間の回でしたけど、それぞれのキャラの様子を描いて、面白かったです。

私、町の絵をちゃんと描いてくれるアニメって凄く好きなんですが、『ソウルイーター』は本当に雰囲気を良く出しているんですよね。
石畳とか丁寧に描かれていて、関心しちゃう。


ED、大好きなんですが・・・。
何度見ても、いつもマカちゃんのぱ○つが見えそうでハラハラしちゃうの泣き笑い




【ご予約受付中】1月29日発売予定PlayStation2PS2 ソウルイーター バトルレゾナンス(メーカー特...

【ご予約受付中】1月29日発売予定PSPPSP ソウルイーター バトルレゾナンス(メーカー特典付)







最終更新日  2008年12月15日 21時54分22秒
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.