3008964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2009年01月14日
XML
テーマ:アニメ!!(3770)
カテゴリ:アニメ
見てるアニメの中で面白かったものを、四つまとめて簡単に感想です。
あらすじは『ガンダム』以外は公式HPから。


『機動戦士ガンダムOO 2nd』第14話「歌が聞こえる」

メメントモリ攻撃後に追撃されて、プトレマイオスは被弾、地球へ。
刹那は迷子。(笑

連邦軍にクーデターの企みがあり、誘われるセルゲイ。

ネーナから得た情報により、地球でプトレマイオスを捜す刹那の前に現れたのは、サーシェス。
彼に導かれるようにして行った先にはリボンズがいる。
そしてかつて自分が子供の時に見たガンダムを操縦していたのが彼だったと教えられる。
OOを返せと言うリボンズに断る刹那。
・・・ってことで、刹那 vs サーシェス。

一方、プトレマイオスにイノベーターたちの攻撃。

サーシェスを追い詰めた刹那、しかしその時、マリナと子供達の歌が聞こえ、刹那は攻撃の手を止めてしまう。
サーシェス、逃亡。


と言う感じだったでしょうか。

OPが変わりました、曲はまぁ普通。
前のが良すぎちゃいましたからね。

気になるのが、最後のところで分かれて、別々に歩いて行くマイスター四人。
自分達の信じることを成し遂げて、それぞれの新しい人生の道を歩んでいく・・・って言う風になれば良いのですけど・・・。
あんまり人が死ぬのは見たくないのですよ。
お願いします、スタッフさん。

えっと先ず刹那。
今回、子供の時に戦場で見たガンダムの操縦者がリボンズだったと言う、衝撃の事実を知ったわけです。
刹那はその時の体験から、ガンダムを天使か神かって位に思っているから、これでどう変わるのかなと言うのが興味ある。

ガンダムも結局兵器で、操る人によって変わってしまう。
大切なのは操縦者の意志、だと思うので。


次にマリナさんですが・・・。
子供達と歌を歌い、そのままEDへ。
本当は感動すべきところなんでしょうが・・・。

マリナっていつまでたってもお姫様なんですよね。
国が崩壊する前も確かに国の事を憂えていたでしょうが、戦争による悲惨な生活を身をもって知ってるわけではない。
カタロンは軍事行動を取ってるわけですが、そこに国を失ってからお世話になっている今も、戦いは反対。
そして相変わらず「姫」と呼ばれている。

志が違うなら出てったら?、ってつい思っちゃう。

イエ、良いのですよ、もちろん「戦争反対」で。
次世代には武器を手に持たせないと言うのも素晴らしいと思う。

ただ自分もいろんな事を体験して、その痛みも悲惨さも知った上での発言と、そうじゃないのとは重みが違うなって。

ここまでマリナをきちんと描いてなかったので、そのつけが来たなって気がしました。

プトレマイオスとイノベーターの戦い、ティエリア vs ブリング。
「撃つのか、同類を。」と言ったブリングに対して、「違う!!。僕は人間だ!!。」と言ったティエリアが嬉しかったです。
ティエリアはもう余り心配はしなくて良いかもです。


『ソウルイーター』第40話「切られたカード~メデューサ、死武専に投降する?~」

突如死武専に投降してきた魔女メデューサ。
その行動は、クロナを想うマカや狂気感染が進んだシュタインに大きな衝撃を与える。
メデューサは言う―「私は取り引きに来たの」。
魔道具BREWと引き換えに、死神様との直接対談を果たしたメデューサはその取引内容―鬼神・阿修羅の居場所の情報提供と自らの保身の確約を持ちかける。
時同じく、アラクノフォビアにて阿修羅に取り付けられた「狂気増幅装置」が発動。
世界中にその強力な狂気の波長が蔓延する。


このアニメは毎回、無条件で楽しめるアニメなのです、私にとって。

アラクネの豊満な胸に顔を埋めてる鬼神に笑っちゃいました。大笑い
今でもあんなにビクビクしているなら、掟破りまでして鬼神になった意味がないじゃない?。

死神様、デスサイズとメデューサのやりとりが笑える、笑える。
あのメデューサでも死神様は苦手なんですね。スマイル

内心ではともかく、その死神様の落ち着きっぷりが、牢獄で答えを待つメデューサの不安を呼んだんでしょう。
ホントに、少しはヒヤヒヤすれば良いと思っているので、スッキリ。

しかしメデューサの提案を受入れるしかない死武専。
生徒達には「どうして?」の思いが。

自分でも思うところはあるでしょうけど、強く出るブラック☆スターが良かったです。
本当に良いキャラになったなぁ。
こんなシーンでも、主要キャラ達の性格の違いが出ていて、さすが。

EDが変わりました。
鬼神のカッコ良さハートなんですが・・・。
あれが幼児みたいにアラクネに抱きついてるキャラかと思うと・・・。しょんぼり


『キャシーン Sins』 第15話「死神ドゥーン」

再びルナの居場所を探し、枯れた大地を行くキャシャーンとリューズ。
彼らは死にかけて半ば砂に埋もれた、一体のロボットを発見した。
意識も消え掛け、キャシャーン達の存在にも気付かないロボット。
しかし彼は虚空へ向けて手を伸ばし、まるで見えない何かを掴もうとしていた。
その様子が気になったキャシャーンは、ロボットの傍らで休息を取り、彼の最後を見届けようとするのだが……。
ふいにフードの落ちたそのロボットの顔を見たリューズが、驚きに目を見張った。
それは姉のリーザと共に、ルナを護衛していたドゥーンであったのだ。
かつては「死神」と恐れられたドゥーンも、今は滅びに取り込まれ最後を迎えようとしていた。
だが、そこに突如野盗ロボット達が現れ、キャシャーンに襲い掛かった。目の前で闘うキャシャーンの姿を目にしたドゥーンの脳裏に、彼が最後に見たルナの姿が蘇る。
あの日、彼女をその手にかけたキャシャーンの姿と共に……。
その瞬間、怒りの咆哮と共に起き上がるドゥーン。
朽ちかけた全身に殺気を漲らせ、再び「死神」と化した復讐鬼が、キャシャーンに襲い掛かった。


前に出て来た死神ドゥーンの話でした。
何が一番衝撃的って、ルナを守っていた頃のドゥーンってばカッコ良かったのね!!って事でしたわ。
それが逆に「滅び」の怖さを出していた気がする。

「守るものができると人は弱くなる。」と言うセリフがキャシャーンから出てきました。
それに対して「強くなる」と言うリューズ。

だいたいに於いて、前者は非情の世界に生きるものの考えだし、後者は正しい主人公のセリフ。
なのでこの時点で、「守るものができると人は強くなる」を覚えたキャシャーンは、心情的にもヒーローになって行くって感じでしょうか・・・。

キャシャーン達の深い赤と青の世界と、リンゴがたどり着いた場所のパステルカラー。
その対比が見事でした。


『宇宙をかける少女』第2回 「異界からの使者」

秋葉が目を覚ますと、そこは自室のベッドの上だった。
宇宙空間をさまよっていたところをフリオに助け出されたらしい。
レオパルドの所在を聞くと消滅したとのこと。
翌日、登校した秋葉は生徒会から呼び出しを食らう。
学園の脱出ポッドを使用した件について問いただされて言葉に詰まる秋葉。
と、そこに天井を砕いて謎の少女が現れた。
少女は時雨に蹴りを見舞うとそのまま交戦状態に。
隙をついて生徒会室から逃げ出す秋葉。
ホームルームの時間、転校生と紹介され教室に入ってきたのは先程の少女、河合ほのかだった。
放課後、ほのかの襲撃を受け気絶した秋葉は、レオパルドの元へと連れて行かれる。
レオパルドのパーツである磁気チェンバーを盗み出すよう命令された秋葉は、言われるがままにQTアームズに乗り、プラントコロニーへと侵入する。
ガードメカを蹴散らし倉庫に入った秋葉だが、その背後にまたしても神凪いつきが現れる。
いつきは自分をレオパルドの元に連れて行くよう要求する。
そんな二人の目の前に、謎の巨大な機体が姿を現した。遅れて倉庫に到着したほのかの口からつぶやきが漏れる。「……ネルヴァル」。


私とは違う方向のオタ向けアニメだと思って、始まる前までは未視聴のつもりだったこのアニメ。
TV東京では『夏目友人帳』の後なので、物は試しと第一回目から見てみたら、これが面白いんですよ。

何と言うか、スコーンと抜けた面白さが良いです。
難しいこと何にも考えずに、ただただ「面白い!!」って楽しんでいられます。

主人公の秋葉ちゃんが特にあれこれ考えてるわけではないけど、事にぶつかると、「やっちゃえ!!」となる好奇心たっぷりなところが可愛い。

メカも良く動いてます。
展開がスピーディーなのも良い。

リオパルドがメチャクチャ面白いので、もっといっぱい出して欲しいわ。







最終更新日  2009年01月14日 12時22分59秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.