3656141 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2023年11月
2023年10月
2023年09月
2023年08月
2023年07月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち 入り江わにさん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

こんにちは@ Re:『特捜部Q キジ殺し』 ユッシ・エーズラ・オールスン著 感想(02/29) 私も特捜部Qを読みました 現在8巻まで 出…
http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2009年01月19日
XML
テーマ:アニメ!!(3874)
カテゴリ:アニメ
マカが落ち込みから立ち直る様子と、シュタインの狂気が平行して描かれたんですが、

シュタインの狂気の世界、怖いぃぃショック


狂気に侵されるシュタインの幻覚。
扉の前にデスサイズ、それが犬に変わる。
きびすを返して振り返ると、そこには誰もいない・・・。

マカは朝練をさぼり、クロナとシュタインの事が気になっているから。
「博士がいなくなったのはメデューサ様と関係があるんじゃないの?。」と尋ねるクロナ。

そうかもしれない、「でも・・・私達のところへ必ず戻ってきてくれる。」

あぁ、マカの信じる気持ちがシュタインに届くと良いのですが。

打ち切られたシュタイン捜索。
「デスサイズとしてではなく、元相棒としてこのまま諦められるの?。」と問い詰めるマリー。
「あいつはずっと闘ってきたんだ、自分の中の狂気と。そう簡単に負けるわけねえんだよ。」とデスサイズ。

やっぱりさすがは元相棒ですねぇ。
そしてやっぱりマカとデスサイズは親娘だと思いました。

死神との取り引きに成功したメデューサ。
死武専とアラクネの、戦力の削り合いをただ眺めていれば良い。

なーにが、「恋人を迎えに行く」!!。ぷー
後ろからパシーンとはったおしてやりたくなりましたよ。

メデューサが「アラクネに鬼神をうまく扱えるとは思えない。」と言ってましたが、是非そうお願いしたいものですわ。
EDの鬼神、メチャクチャカッコ良いハートのに、アラクネの前でヘタレな幼児かと思うと...orz...

苦しみの森を抜ければ、喜びの泉が待ってる。
出口は一つ・・・。

シュタインに手を差し伸べる少女、それはメデューサ。

「魔女には気をつけてね、狂気を連れて行っちゃうと出口にはたどり着けない。」「戻るべき場所を心に思えば帰れる。」アドバイスする少年。
これ子シュタインでしょうか?。

一方、まっずいコーヒーを飲んでお仕事中のB.J.。
こぼしたコーヒーがエイボンの書の隠しページを暴く。

BREWを動かすためには、鍵となる魔道具が必要。
「適任はキッド。」と言うB.J.。

最近のキッドは死神様によそよそしいそうですよ。
なんとなーく寂しそうな死神様、やっぱり親なんだ!!。びっくり

食事作りもパスって部屋に閉じこもってるマカ。
そんなマカに、ママからの葉書を差入れるソウル。
マカって、お母さん大好きなんですね、ご機嫌が直っちゃってるし。スマイル

寝ている犬・デスサイズ、門を通り抜けたシュタイン。
無断外出や門限破りの言い訳をしなきゃいけないなんて、まるで旦那様みたいじゃないですが、シュタイン。どきどきハート

帰ってきたのは研究所、その屋上にマリーがいる。
「あなたにはもっと相応しい世界があるはずよ。」、そう言って飛び降りるマリー。

それが望みだったでしょ、本当は鬱陶しいと思っていたんでしょ、彼女を。
囁きは魔女のもの。

それは心のどこかにあった真実か?。

シュタインの顔が鬼神に!!

怖いよぉぉぉ・・・{{{{(+_+)}}}}

気が突くと手術台の上にいるシュタイン。
イヤ、このシーンも怖かったけど・・・。
自分もさんざんデスサイズに同じことをしてきたんじゃなかったっけ?。

「生まれ変わるためには解体が必要。」とデスサイズ。
「偽りの肌を脱ぎ捨てて、楽になれ。」とマリー。
↑へのへのもへじの人形の頭を持ってるですよ、ゾッとした。

蛇の魔女が差し出すリンゴ。
「貴方を苦しみから解き放ってくれるわ。」

ここで救世主・子シュタイン、可愛い!!
「惑わされないで。」、それは君の作り出した幻・・・。

クロナは死神様に、メデューサのところに行かせて欲しいと願い出る。
シュタインを連れ戻し、メデューサと決着をつけるために。

あ、これはとっても嬉しい展開。
しかもマリーも同行することに。

このクロナに対するマリーのシーン、やっぱりデスサイズなんだなぁって関心しちゃった。
強さがあります。

自分も先生なんて面倒くさいと思ってたマリー、それがいつの間にか変わっていた。
シュタインもそうなんだと信じる気持ち。

「シュタインのこと、貴方にだけ任せるわけにはいかない。だから、行くわよ、一緒に。」

顔をあげなさいと、クロナに渇を入れるマリー。
きちんと対するクロナ。

クロナも決意の表れでしょうね、もう心から応援したいです。


「罪悪感はどうして芽生えたの?。」と問う子シュタイン。
「正しい扉を開けて出て行くんだ。君の求める世界が待っている。」



マカとソウルとブラック☆スターと椿はバスケットか。
仲間って良いなぁ。

ここで見えた足を、シュタインか?と思ったのに...orz...

現れたのはキッド。
鬼神の場所の情報は、メデューサとの取り引きによって得たものだと話す。
「とにかく無条件に死武専を信用するのは危険だ。」

うっわー、完全に疑心暗鬼。
まぁ、余りにも大人たちが隠しまくってるから、キッドの疑いも分るなぁ。
生徒達は命かけてるわけだし。


扉を開けた出口で待っていたのは、メデューサ!!。
えー!!、この流れでやっぱりメデューサになっちゃうの。ショック

最後の引きつった笑いはシュタインのもの・・・なんですよね。
完全に狂気に取り込まれたか?。

これはクロナとマリーの頑張りに期待しましょう!!。

次回はアラクノフォビアとの対決みたいなので、クロナ&マリーのシュタイン奪還は平行して進めるのかな。
早くシュタインに戻ってきて欲しいです。
だって死神様は死武専から離れられないし。
となったら、やっぱりデスサイズのパートナーはシュタインでしょう!!。














最終更新日  2009年01月21日 20時10分48秒
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.