3124927 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2009年04月26日
XML
カテゴリ:アニメ
とても悲しいけど、色々考えさせられるエピソードでとても好きなので、先週までの感じで描かれたらイヤだなぁと思ってたのですが、今週は良かったです!!。

あらすじは公式HPから。

ロイより「綴命の錬金術師」ショウ・タッカーを紹介されたエドとアル。
タッカーは2年前、人語を解する合成獣(キメラ)の錬成に成功した生体錬成の権威であった。
タッカー宅で資料を探す間、その娘・ニーナと親しくなるエド達。
一方、年に一度行われる国家錬金術師の「査定」日を前に、タッカーは焦りを募らせていた。



国家錬金術師を殺しまわっている“傷の男”スカーと、“鉄血の錬金術師”グラン准将の戦いから入りました。
原作では既に殺されたことになって、話に入ってるんですが、アニメで見せてくれてとっても嬉しい。

“鉄血の錬金術師”の戦い方はオリジナルで、スタッフの腕の見せ所って感じです。

そして東方司令部メンバーの、大佐が仕事を溜めたんで愚痴を言いながらの仕事風景。
ヨキの話はメンバーの話でサクッと済ませる。
後々まで登場するキャラだと言うのに、この扱い。スマイル

でも私はこれで良いと思うんですよね。
広く浅くでエピソードを描くより、絞って深く描いて欲しいと思ってるので。

エドとアルは、マスタング大佐の紹介で、“綴命の錬金術師”ショウ・タッカーに会い行く。
タッカーはキメラ研究の第一人者で、二年前には人間の言葉を喋るキメラの生成に成功している。
そのキメラは「死にたい」と一言言っただけで、その後、食事を取らず死んでしまったと言う。

「人の手の内を見たいなら、先ず自分が明かすべきだ。」とタッカー。
何事につけても等価交換ってヤツですね。
それでエドとアルは、自分達が犯した人体練成について話す。

さっそく資料を読み始めたエドたち、その集中力。
タッカーは、「いるんですね、天才ってやつは。」

このセリフ上手いんですよねぇ。
これ一つで、タッカーの心理状態を表してるんですよ。

で、この後、エドとアルが資料を読みつつ、ニーナとアレキサンダーと遊ぶ様子、その声を聞きながら研究に焦りを見せるタッカーが描かれる。

ここが今回は良かったと思うんですよね。

先ずニーナの可愛らしさがとっても良く出ている。

そして査定の日を控えて、焦るタッカーの様子を描いた点がアニメは良かったと思う。
昨年の結果は余り良くなかった。
今年も良い結果が出せなければ、国家錬金術師の資格を失い、研究は立ち行かなくなる。
貧しかった頃の、妻との言い争うの思い出。
「もう後がないんだ。」

タッカーが後に仕出かすことの、理由が視聴者にも分る。

エドとアルがタッカー家に行くと、人語を話すキメラの生成に成功したと、見せられる。
「エドワード」の名を教えると、それをなぞって言うキメラ。
しかし「お兄ちゃん」・・・。

国家錬金術師の資格を得たキメラの生成は二年前。
妻が出ていったのも二年前。
「ニーナとアレキサンダー、どこ行った?」

タッカーは、娘と飼い犬でキメラを作っていた。
怒るエド。
しかしタッカーは、エドたちの人体練成も同じだと言う。

殴られた父親を心配するニーナが悲しい。
そして「自分達はタッカーとは違うんだ」と必死に否定するエドも悲しいです。

自分達の技術では治してあげられないと、ニーナに謝るアルも悲しい。
子供の無邪気さだからでしょうか、「遊ぼう、遊ぼう」と言うニーナも悲しい。

人の命に係わることに錬金術を使ったと言う点においては、禁忌であるわけで、エドとアルも、タッカーも等しく罪だと思うんですよね。

問題は人の心の領域かな。
心を持つ人間として、それは許されるか、どうかって事だと私は思いました。

そして錬金術師が、どこまで神の領域に踏み込んで良いのかってこともあると思う。


国家錬金術師は命あれば、手を汚すことも辞さなければならない。
人の命をどうこうする点で、タッカーと、他の錬金術師の立場に違いはない。
それを承知で選んだ国家錬金術師の資格。

しかしエドはまだ大人ではない。

軍の施設の玄関前階段に、雨に打たれながら座り込むエドとアル。
「君自身が手を汚すこともあるかもしれん。その度にそうやって立ち止まるのか?。」と問うマスタング大佐。

軍の狗と呼ばれようが 悪魔と罵られようが、俺はアルと二人、元の身体に戻ってやる。
けれど・・・。

「俺達は悪魔でも、ましてや神でもない!!。人間なんだ。人間なんだよ!!。
たった一人の女の子さえ助けてやれない、ちっぽけな人間だ!!。」


錬金術は、その使い方によって善にも悪にもなる。
そして作者が言うところのLev.100の天才錬金術師エドでも、出来ないことがある。
限界を見せ付けられたわけです。
その無力感。

けれど大佐の言うとおり、エドとアルは、立って歩いて行かなければならないのですよね。


タッカー宅。
自分がした事を間違ってるとは全然思ってないのね、タッカー。
それでも「お父さん」と呼びかけるニーナが悲しい。

そこに現れたスカー。
「神よ、今、二つの魂があなたの元に帰りました。」


前半は良かったです。
後半、もう少しエドとアルの心情に厚みが欲しかった気もするけど、今回は満足。


      









最終更新日  2009年04月26日 22時06分01秒
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.