3156309 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年06月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらはジャンプ28号の『銀魂』の感想です。
その他のマンガの感想はこちら
です。



では。


このエピソードは“大人の事情”ってヤツでアニメが一回飛んだことの、空知先生の高松さんに対するお詫びじゃないかって思ったりする。

それ程にエリザベスとヅラが良いぞ!!。


「お前らどうやら調査がたらんかったようじゃの、地球の侍はまだ滅んじゃおらんきに。」
「忘れちまったのか、てめーら天人の天敵の名を。」
「この剣一本で夷狄から、国を、友を・・・。」「魂を護らんと戦ったわしらん名を。」

「攘夷志士・坂本辰馬!!。」

「坂田銀時!!。」

「参る!!。」



キャー!!、カッコ良い!!。ハート


これで坂本のカッチョ良い剣技も見られるのね!!。
イヤイヤ、銀さんは刀、坂本は二丁拳銃で暴れまくりか?。

・・・なぁんて思ってたら・・・。

「紹介する商品は白い悪魔ならぬ・・・白夜叉でございます~。」大笑い

さすがは商人・坂本。
友人だろうがお構い無しです。

しかし坂本はふざけてるわけではありません。
「ふざけて友人売る者はおらん。」

銀さんは地球なんぞと言う小さいものにごたわりはない。
仲間のためとあらば地球の一つや二つ平気で落す鬼。

買わなければこの星は落ちる。
しかし手を結べば地球でもどこの星でも落しに行ってやろう。

代金として地球人が代わりに住む場所を提供してくれれば、地球はあけ渡す。

星なんぞはただの入れモンじゃ。

星があって人がおるんじゃなか、人がおって星があるんじゃ。


自由人・坂本らしいセリフですよねぇ。
生物学的に問題発言であろうとも・・・。

坂本は千両箱の箱なんて興味はない。
金・・。
イヤ、他人からみればただの傷だらけの古びた鉄の塊。

「じゃが、わしにとっちゃあの仲間(ガラクタ)、ギンギラギンの財宝(おたから)じゃき。」

それは攘夷志士時代のみんな。

そこに高杉がいることに涙が出そう。涙ぽろり

今は銀さんとヅラにとっては敵となった高杉だけど、坂本の思い出のなかには確かに“仲間”としてあり続けてるんだなって。
ひょっとしたら高杉に対しては、坂本は中立の想いがあるんじゃないかと思ったりして。

地球を覆う雲?がエリザベスの目と口を形作る。
笑ってる。

地球の人たちの姿が元に戻っている。

雲は更に字を書く。

我が母なる星へ
我が友へ
宇宙より
愛をこめて


うんうん、私は信じていたよ。
『銀魂』の中のエリザベスは絶対に変わっていないって。

顔にモザイクのかかった大笑いガンダム頑侍が蓮蓬の母星を攻撃する。

あの星に描いた紙芝居こそ、スパイでも、将軍でも、蓮蓬でもない。

「エリザベスの最初で最後の偽りのないプラカードだ。」

上矢印これ!!。
プラカードじゃないんですよ、セリフなんですよ。
もう、こう言う小さい演出に泣ける!!。涙ぽろり

エリザベスは地球と蓮蓬の仲間を護るために、二つの母星を裏切る道を選んだ。

ここで米堕卿出る!!。

顔はエリザベスなのに、黒くてダークベーダーのパロってだけで強く見えるのは何でだろう。(^ ^;)

凄いですよ、米堕卿。
両手でガンダム頑侍の手を止めちゃってますから。
口から吐くビームでガンダム頑侍を壊しちゃってますから。

しかしエリザベスはガンダム頑侍の両腕で米堕卿を捕まえる。
ガンダム頑侍の爆発に米堕卿を巻き込ませるつもり。

俺は自分を偽り続け、仲間を裏切り続け、
もう・・・自分が何者かさえわからなくなっちまった
だがそれでいい
たとえ帰る星がなくなっても・・・
たとえ何者でもなくなっても・・・
俺は桂さんの友として死ねるならそれでいい・・・


再び米堕卿の口から発射されようとするビーム。
しかし、その米堕卿の額を貫く刀。

友ならば・・・ここにいるぞ
どんな闇の中であろうと、どんな銀河の果てであろうと


友(おまえ)の背中は友(オレ)が護ると言ったハズだ

ヅラって涙もろいんだよね。
このシーンでも泣いてます。


“紅桜編”のヅラとエリザベスのやりとりを見れば、2人?の間には強い信頼があって、エリザベスがヅラを裏切るわけがないと思っていましたわ、えぇ。

下矢印こ~んな姿をしたエリザベスが何とカッコ良く見えることか。



これでアニメ後期の長編もバッチリですね、サンライズさん。

坂本の「鬼ぜよ。」のセリフに合せて銀さんが暴れまくるシーンは、是非たっぷりオリジナルを入れて、カッコ良く描いていただきたいものです。

・・・でも、エリザベスの長台詞を全部高松さんが演じるのか?・・・ってことがとっても心配です。



楽天ブログにはTB受信機能がないので、FC2にミラーブログを作りました。
TBはそちらに送っていただけると嬉しいです、読みに伺います。⇒こちらです

FC2 TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/560-4719fbcbです。







最終更新日  2011年06月20日 11時44分35秒
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.