3160156 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年08月08日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「30℃以下だけど凄い湿度」 or 「限りなく猛暑に近い高温」しかないのか!?、今年は!? わからん・・・の横浜からこんにちわ。

毎年夏バテにはやられてますが、今年は回復する間もありません。

9月も残暑が厳しいとの話がありますし、皆様も御身体には充分お気をつけて頂きたいものです。

今年“塩飴”がいっぱい発売されてますが、あれって美味しいのとそうでないのの差が大きい・・・。


さて、夏休みで合併号の今週の週刊少年ジャンプ、表紙は大冒険でお宝に大喜びのルフィー、ナルト、トリコです。
折り込みを開くとジャンプキャラ達が。
少年誌に相応しくない銀さんの黒い笑顔が笑える。スマイル

うーん、『BLEACH』があの状態で看板から滑り降りたのはしょうがないと思うけど、『トリコ』ねぇ・・・。
そもそも『ワンピ』と『NARUTO』は別格の売れ行きのマンガだし、そこにもう1つ並べようってのに無理があるんではないかと。
“2大看板”では何故いけない?。


巻頭カラーは『ONE PIECE』

海の中で魚人たちと楽しそうなルフィー海賊団。
ゾロは?と一瞬描き忘れられたかと思いましたが、ひょっとして美しい人魚の目の前で鼻提灯でねこんでるのがそうか?。スマイル

『ワンピ』の表紙はいつも楽しくて良いですよね。
私もそこに加わりたいって思ってしまう。


本編。

「海賊は肉で宴をやるけど、ヒーローは肉を人に分け与える奴の事だ!!。」

ヒーローにはなりたくないルフィーの認識でございます。
実にルフィーの人となりを表してるセリフだわ。

ジンベエを助ける為に動けば、魚人たちもルフィーを応援する。
ジンベエの作戦よりもちと早めに登場したけれど、とりあえず狙い通りにはなったみたい。

こう言う単純に敵・味方を判断することの方がよっぽど危ないと思うんだけど・・・、まぁ、マンガだし・・・。

先日NHKで負の世界遺産の番組がありまして、某カメラマンが戦争で亡くなった人達の合同葬儀の写真を出して、こうやって子どもたちに敵への憎しみを植え付け、共有させていくんだ・・・みたいなことを言っていたのを思い出した。
シラホシのように母親を殺されても、それでも憎まずと言うのはなかなか出来ることじゃない。
本当にルフィーの言うように「“弱虫”じゃない。」と思う。

これはマンガで、確かに「甘い」けど、シラホシのような人が1人でも多く出てきてくれれば、世界ももう少し変わるのにと、時期的に考えちゃいます。

さて、ホーディー側は10万の戦力。
しかしルフィーの覇気が半分以上をなぎ倒す。

もの凄いインフレ起こしてるんですけども!!。びっくり

この先どうするんだ?、と思ったりして。

「“海賊”の王者は一人で充分だ!!!。」

イヤ、ルフィー、ホーディーみたいな人に“王”なられても困るから、そこは一応否定否定してもらわないと。

ってことで、“海賊王”だけは譲れないルフィーと海賊団。
2年を経ての力のお披露目です。

あぁ、ここまで長かった。



『トリコ』

考えることをやめ、直観で動くようになったサニー。

もともと持っている小さな直観をトリコも信じる。

・・・って、(ページ数は少ないが)苦労して手に入れた“直観”をまさかトリコは初挑戦で成功しちゃうの?。



『バクマン。』

やっぱり裏で動いてるのは七峰でした。

自分の考えたシステムは有効なのだと証明したいのか、はたまた単にジャンプに復讐したいだけなのか?。

その熱意とアイディアと親のお金を別のことに使えば良いのにと思う。

お父さんもダメだろう、子供を甘やかしちゃぁ。

まぁ、心根はひん曲がってますが、マンガが面白いなら、むやみにバツとは言えない気がするな。

って言うか、このマンガ、本当にマンガが好きな人はどれだけいるんだろうって、いつも疑問に思う。



『NARUTO』

イタチお兄ちゃんちゃんは心配性。

サスケのことを考えて、自分の死んだ後も発動する術をあれこれ仕込んでたんですから。
イタチの病気が何だったのかは分かりませんが、ストレスが病気を悪化させていたんじゃないかと・・・。

ナルトの口からカラスが出てきて、それにはシスイの写輪眼が埋め込まれていて、イタチはナルトにそれを託していたようです。

「お前はサスケを兄弟だと言った。だからこそサスケを止められるのはナルト、お前だけだと思った。」

イタチ兄さん、その根本的なところが間違っている気が・・・。
もっと自分でちゃんとお話しておくべきだったと思うんだけどね、人まかせにしないで。

でもってここまで弟を思ってるにもかかわらず、サスケにその思いがちっとも通じないんだろうなと思うと、イタチが不憫で。涙ぽろり

カブトにはもう操られていないイタチ。
えど転生って、死者を蘇らせるのと、それを操るのは別のシステムの技ってことでしょうか。

何にせよカブト如きにイタチが操られるなんて許せないと思ってたので、これは歓迎。

次号は完全体になった長門にナルトが挑む?。



『銀魂』

うわっ、下書き。
週刊誌はスケジュールがタイトだから大変なんだろうなぁ。

でも下書きを当たり前のように載せるようになったマンガ業界は、やっぱり間違ってると思います。


本編。

マダムって言うからもっと年上かと思ったら・・・。

私も女で、お酒が大好きですが、女の酒乱ってみっともないなって、このマンガ見てつくづく思わされた。
気をつけねば・・・。

さすがはマドマァゼル西郷、一升瓶一気飲みしようが、毛ほども乱れておりません。
見習いたいものです。

はい、私もべジータのファンでした。

ファンですが、

「相手が富豪のブルマだから成立したものの、定職にもつかないでスーパーサイヤ人やられてもねぇ。
それに優しさって言っても唯一見せた涙はサイヤ人の誇りだったり、フリーザにビビったりで、結局自分のことばっかりなのよね、あの人。」
by お妙

には( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _ ウンウン大笑い

モンスター(女たちの事だ)に手を焼いてマダムをもてなせない銀さんたち。

そこに登場、天才ホスト・沖田。

すごいな、女を貶めるためなら、「キレイなお姉さん方」と誉め言葉を言うのも厭わないんだ。

しかもシャンパンタワーならぬ、テキーラタワー。ショック

平気で飲んでる沖田、君、年いくつだったっけ?。

マダムは狂死郎に会いたかっただけ。
福の神も死神の名も、彼女の本意ではなかった。

マダムの話を知っていた狂死郎は、それでもわけへだてなく誰にでも笑顔を振りまいていた。

狂死郎には会えなかったけど、「死神なんてけちらす笑顔に・・・また会えたもの。」、楽しかった。

マダム、これ、楽しかったの?。ビ(゚_゚;)ビックリ!

・・・ってことで、どうやらマダムは飲んで騒ぎたいだけの人だったようです。スマイル

それならお金いっぱい持ってるし、大歓迎だよね、銀さんたちは。



連載再開の『HUNTER × HUNTER』

アニメは日テレ系列で制作はマッドハウスだそうで。
監督さんがなぁ・・・、“あれ”作ったあの人だし・・・。


本編。

正直、前回どこまで話が進んでたんだかすっかり忘れちゃってたんで、とりあえず今週は説明回で助かったぞ、と。

「王は死ぬわ、そんなに先の事じゃない。」 by パーム

あれっ?、前回まででそんなシーンあったっけか?。
あぁ・・・、ネテロが薔薇に毒を仕込んでいたのか。
プフさんも危ないのね。

ってな具合に、暫く自分の記憶力に挑戦しながら読むことになりそうです。



『ST&RS』

この程度のこと、予測もしてなくて、対応策も考えてなくて、そんなところに子供を連れて行くってどうなのよ?。

危機の作り方に無理やり感がありすぎて・・・。




ジャンプ感想の続き・その2はこちらです。




楽天ブログにはTB受信機能がありませんので、ミラーブログのFC2の方に送って下されば嬉しいです。→こちらです。

読みに伺わせて頂きます。

FC2 TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/563-5be7c20eです。








最終更新日  2011年08月08日 13時55分14秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.