3181372 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年09月12日
XML
カテゴリ:週刊少年ジャンプ
おはようございます。

朝晩は過ごしやすくなってきて、こうやって秋がくるんだなぁ・・・。

・・・と思ってた私がバカだった!!。泣き笑い

何なの!?、この蒸し暑さ。
あとどれ位耐えれば良いんですか?、教えて、気象予報士さん。


さて、40号の少年ジャンプ、表紙・巻頭カラーは4周年突破の『SKET DANCE』

本編表紙は女の子たちの水着姿で、サービス、サービス。スマイル
しかしほとんどのキャラを個別認識できない私...orz...

コマちゃん、大きい!!。ほえー

たまには感想でも。

このエピソード、始まりは面白かったんだけどなぁ。
最後は真面目に終わらせましたか。

満点合格はないよ、篠原先生。
ファンタジーすぎ。

そんな天才な男でも、妹が絡むと超おバカになる、と。スマイル
卒業してからも、何やかんやと様子見にきそうです、安形先輩。

うーんと、私、学園モノって季節感も大切だと思うの。
このところ余りにもはずれた話ばっかりなので、そろそろ修正して欲しい。


『ONE PIECE』

ノアを魚人島に激突させないため、シラホシ、必死に逃げる。
その姿を見て、島民もお手伝い。
1ミリも動かなくてももそう言う気持ちが、これからの新しい魚人島を作って行くと思うから、とっても大事。

シラホシ、健気で可愛いぞ。

お兄さん王子たちもお手伝い。

一方、サンジに飛ばされてノアに辿り着いたルフィーにも王子がお手伝い。

この後に至って、シラホシにまだ未練タラタラのデッケンは、ホーディに槍で一突きにされました。

デッケンが死んだら・・・。
ノアがシラホシの後を追うって言うのだけは残るんですかね。
それとも死と共にそれはなくなって、ホーディの思いのまま?。

うーん、ゾロとサンジの活躍をもっと見せて欲しい・・・。
こんなに待ったんだし・・・。


『NARUTO』

ナルトって英雄だったんだ!? びっくり・・・と編集の入れた言葉にチャチャを入れたくなる。

ナルトって戦う時は色々考えてるんだよね。
スピードのある先代雷影相手に、螺旋手裏剣の軌道を変えて、先代雷影にヒット。
しかし効いてない。

地獄突き四本貫手を出す先代雷影、万里土流壁で凌ぐ連合軍。
どこの里にもナルトみたいに言う事聞かずに突っ走るヤツっているのね。
上の者の苦労がしのばれますわ。

最強の盾の先代雷影に残る傷跡は、八尾と戦った時のもの。
ってことで、ナルトは尾獣玉を作る。

えっと・・・、サスケは?わからん


『銀魂』

佐々木が望むのは事件の迅速な解決。
土方の安い挑発には乗らない。

とか言っておいて、「たった一人の悪(パラ)ガキをさっさと片付ければ済む話なんですよ。」と不意打ちの一閃。
もちろん土方はかわします。

ってことで、悪(パラ)ガキ・土方 vs 薔薇ガキ・佐々木です。

空知先生、薔薇ガキって言うんなら、佐々木はお耽美キャラにして欲しかった...orz...

一方、信女は無表情で斬って斬って斬りまくってるようで。
これでは別働隊の近藤たちの動きが知恵空党に知れてしまう。
それどころか信女は鉄の首もとりそうな勢い。

そんな信女の前に立ちふさがる沖田。

「やっぱりあなたも警察じゃない。

「私と同じ人殺しの目。」

刀を持った沖田は危ないけど、近藤と土方と神楽ちゃんがいる限り大丈夫。
人殺しなんぞにはなりません。

信女の狙いは沖田の首。

「いいえ、あなたの○○○ピーよ。」

これをまた無表情に言うよ。
うーん、信女さん、今回限りじゃもったいないキャラです。

沖田って強い、強い言われてる割には、剣戟のシーンって余り描かれてないので、ここは vs 信女でバッチリ見せて欲しい。

・・・と思いつつ、「そいつやるのは私アル。」と神楽ちゃんが登場してくれないかと、チラっと妄想してみたりする私。(ヘ。ヘ) エヘヘ

場面戻って、土方 vs 佐々木。

佐々木は左手に銃、右手に刀で戦ってます。

銃弾に防戦になる土方、しかし有刺鉄線で佐々木の足を捉えて、突き。

有刺鉄線・・・凄く痛そうなんですけど。ショック

それを刀でかわした佐々木、土方の額に銃。
土方はそれを手で払う。
で、頭突き。
体のバランスを失いながらも、佐々木は土方に蹴り。
そして「踊りなさい。」と銃弾の雨あられ。

銃撃を避けさせることで土方の動きを先読みしている佐々木。
なので土方は逃げずに、銃弾を致命傷にならない範囲で自分に当てて、佐々木に斬りかかる。
が、佐々木は近くにあったドラム缶に撃つ。
爆撃により飛んだ土方の体を、佐々木、刀で一閃。

土方ぁぁぁ!!>
ショック

うんうん、『銀魂』はセリフの多いマンガだけど、こう言う時は極力少なくして、動きを絵で見せてくれるんだよね。
見ててとっても面白い。

さて知恵空党は土方が鉄に託した手紙を機密文書だと思ってたようです。
って言うか、何で開けて読んでみないんだろう?。

宛先は見廻組屯所になっていた、佐々木に書かれた手紙。

鉄は気持ちを改め修練している。
まだ時が必要だろうが、彼はきっと立派な武士になります。
自分達がりっぱな武士にしてみせます。
だから鉄が一人前になった暁には、鉄を認めてあげてくれないか。
家族として、兄としてむかえいれてくれないか?。

その手紙とともに、子土方が兄と手をつないで夕陽(でしょう、ここはやっぱり)の中を歩くシーン。
そして離れた手、成長していっても手を負う土方。
1人で立ちすくむ後ろ姿。
更にはお墓参りしている姿。

泣ける。号泣

お兄様、亡くなっていたんですね。

お兄さんと心を通わせることは自分にはもう叶わない。
だからこそ、鉄と佐々木には・・・そう言う思いがあったんですね。

もう土方ったら、やっぱり人情派なんですよね。
そう言うところ、銀さんに良く似てる。
銀さんも、師匠・松陽先生と自分との関係を重ね合わせて、動くことがあるし。

そんな土方の思いは佐々木にはこれっぽっちも価値のないことのようです。ぷー
手紙を撃ち抜き、「突入しなさい。」

しかし見廻組の前に立ちふさがる土方。
先ずは一服。ウィンク

銃を向ける佐々木。

「避けねば死、避けても死。弾丸に刃。どちらでも好きな方を選びなさい。」

放たれた銃弾はまっすぐに土方に向かう。
カッと目を見開く土方。

この土方が素敵過ぎて、どうしましょう!!。ハート

土方の刀は弾丸を捉え、そしてそのまま佐々木への一撃となる。

ってことで、戦いを堪能しました!!

『銀魂』ってこう言うのをちゃんと描くマンガなんですよ、実は。
漢字を連ねた技名を大声で叫んで、効果だけが迫力ある一枚絵で終わらせる・・・な~んて事をしないんでございますよ。

こう言う戦いなら、ホント読んでて面白い!!。

ところで銀さんは何やってるんだ?。



『バクマン。』

七峰君を悪役にすべく描いているのですが、システム自体は悪くないと思うんだよね。
で、「おかしい、おかしい」言う前に、編集者自身も反省して、力をつけたらどう?って思ったりもするんですが。

服部さんも、気持ちは買うけど、ヒットを取れそうなマンガ諦めて、自分と二人でマンガを作ろうって、その自信はどこから?って思う。
ヒット作が出なきゃ、人の人生を狂わしたことになるんですが・・・。

が、服部とか川口の思いとか結局関係なく、七峰によって『パン チラ』はなくなりました。

「自分の描いた作品で勝たなきゃ、腹の虫が治まるわけないでしょう。」

七峰、マンガが好きとはとても思えないし、その情熱を他の分野に向けたらどうだろう?。



『トリコ』

空に美食會のダイニングキッチンがあって、下に海に残飯をバンバン捨てるので、ゴミの島が出来たそうです、それが“ダストゾーン”。
季節が季節なだけに、臭ってきそう・・・。

美食會は優秀な料理人を集めている。
世界料理人ランキング100以内のシェフ。

うー、トミーロッド、復活してるよ。
気持ち悪い戦い方なんで、もう出てこなくて良いのに・・・。

で、ランキングなんですが、小松はまだ入れないくらい凄いものらしいですよ。
が、99位に一緒に修行した大竹が入ってる。

ちなみに3人で修行したそうですが、名前は小・大ちゃんだそうです。スマイル

変わってしまっていた竹ちゃん。
野心家ねぇ・・・、シェフとしての野心って言うより、レストランオーナーとしての野心って気がするけど。

その大竹のレストランに忍び寄る影。
ってことで、どうやら美食會に狙われているようです。



ジャンプ感想の続き、その2はこちらです。



楽天ブログにはTB受信機能がありませんので、FC2にミラーブログを作りました。⇒こちらです。
TBはそちらに送っていただけると嬉しいです、読みに伺います。

FC2 TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/566-fd8fb154です。






最終更新日  2011年09月12日 21時00分37秒
コメント(2) | コメントを書く
[週刊少年ジャンプ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.