3157320 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年09月26日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらは『銀魂』の感想です。
その他の感想その1はこちらです。
その2はこちらです。


センターカラーの『銀魂』

表紙はオープンカーに乗ってお出かけの銀さん、新八、神楽ちゃん。
後部座席から乗り出してる定春が可愛い!!。
おめかしした神楽ちゃんを沖田に見せたい!!。

さて本編はバラガキ編の最終回。

先週のSM対決でガッカリした沖田ファンの皆様、今週にカッコ良い姿が待っていましたわ!!。

決着がついた土方と佐々木。
「どうだいそろそろ俺たちも・・・。」と沖田。
「ついてない。」「人斬りは一度定めた標的を斬るまでは、鞘には収まらない。」とビルの柱をガガガガ斬る信女。

「おさまる鞘がねーなら、てめーにおあつらえ向きなのを用意してやらァ。」

「俺の標的はお前じゃねーよ。」

もちろんそれは神楽ちゃんですよね!!。←いろんな意味で

「てめーみてーなデケー刃にはそこがお似合いだぜ。鞘ん中で眠りやがれい、なまくら。」

イヤ、カッコ良いね、沖田。

浪士たちは全員捕縛されている。
真選組の隊服を着ているのは見廻組。
真選組の隊員も、人質の鉄もどこにも見当たらない。
・・・と言う報告を受ける佐々木。

で、色々と考えると「傷み分けのお互い不問」で落ち着こうじゃないかと言う真選組の提案を呑むことに。

「英断心より感謝いたしますよ、局長。」と土方。
「いえ、これからもお互い江戸の治安を護る者として頑張っていきましょう。」と佐々木。

この白々しい会話ったらどう?。スマイル

でも「アナタ達は立派なエリートですよ。悪ガキのエリートだ。」は本気だと思うな。

さて、見廻組に美味しいところをあげてしまった真選組ですが、

「なんせこっちは超大物のホシあげたんだ。なぁ白夜叉殿。」大笑い

もう勢いに乗ってカミングアウトしちゃうから。

あくまで“元”だと主張する銀さん。
鉄だって元攘夷浪士じゃないか・・・と言うと、鉄は「責任とらせてください、自分、切腹するっス。」

銀さん、え゛え゛え゛え゛え゛━━━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━━━ 大笑い

今回の件は自分の責任だと言う鉄。
元攘夷浪士だと知られるのが怖くて、その為に迷惑をかけてしまった。
土方には何も知らないでえらそうな口を叩いてしまった。
手紙も届けられなかった、土方の兄にも、自分の兄にも。

「届かなかったんならもう一度出せば良いさ、今度は自分の手で。」と土方。
佐々木には届かなくても、ろくでもない真選組のアニキたちには届く。

「てめーの手紙、俺たちはいつでも待ってる事を忘れん・・・な・・・。」
そこまで言って、力尽きて倒れる土方。

あぁ、このエピソードは土方の良さがいっぱい出てました。
土方にそう言うところあるから、銀さんは敵(のはずなんだ、本来真選組は)なのに、自分のテリトリーの中だと思って、必死に守ろうとするんでしょう。

さて、佐々木は瓦礫の中でドーナッツで信女釣り。スマイル

私もドーナッツが食べたくなっちゃったな。↓これとっても美味しそう


私はクリームが入ったりするのより、シンプルなドーナッツが好き。


それはともかく・・・。

その佐々木に話しかける人物。

何と!!、高杉!!。

キャー!!ε=ε=(ノ≧∇≦)ハート
↑反転してください。や、「声にならない」ってのを表現したかったんです


安いエサで釣った銀さんや真選組、しかし逃がしてしまった。
「何だか食すのが勿体なくなってしまって。」

佐々木、幕閣の中でのし上がろうとかそもそも思ってないみたいですね。
「既に崩れかけた幕府(がれき)の中で権力争いをするつもりはありません。名門佐々木家もいずれ崩れ去る運命です。」

これだけ釣りが楽しめれば充分。
「この瓦礫の海にも、泥にまみれてもがく泥魚達がいることを知れましたから。」

「楽しみは先にとっておくと。いずれまた会う事になりましょう。」

「私達がこの瓦礫の海を更地に変える時、水を失った魚がどうあがくか、楽しみですね。」

うーん、高杉、ここまで手を伸ばしていたか。

高杉って初登場の後ずーっと出てこなくて、やっとの再登場が“紅桜編”だったんですが、その後また音沙汰なしだったんですよね。
“真選組動乱編”でまたちょっと顔を出し、また音沙汰なし。

それが神威と春雨を自分側に引き入れ、今度はこれ。

そろそろ銀さんs vs 高杉sの下地を整え出したって感じですかね。


えっと、銀さん、釈放されたようです。
ま、そりゃそうだろう。
これで牢屋行きなら、真選組ってば恩知らずですよ。

銀さんの無実を説いた鉄の頼みを聞いて、土方の兄宛に鉄が書いた手紙を、鉄と一緒にお届け。

あら、土方のお母様、登場。

土方は手紙をずっと兄に届けていたらしい、江戸に出てからも。
その手紙をいつも楽しみにしていた兄。

今も届く手紙を、母上が、お墓の兄に読んでいる。
その手紙は白紙。

こう言うところ、土方らしいなぁ。
言葉にしない思い、出来ない思い。

でもそれはちゃんと兄弟の間で繋がっていた。

「兄弟ってのは・・・、家族ってのは生きているって、ただそれだけきけたら充分なのかもしれないよ。」
お母様の言葉が胸に染みます。

自分の書いた手紙は渡さなかった鉄。
土方と兄が繋がっていることを聞けたら、それで充分。

紙飛行機で飛ばした鉄の手紙を、銀さんは入院中の土方の窓に飛ばす。
バラガキより。

土方も「パラガキ様へ」と手紙を書いている。
けれど言葉は「何も浮かばねぇ。」


も、高杉まで登場しちゃって、このエピソードは、

空知先生、o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆ありがとう☆!!と言う気持ちでいっぱいです。




楽天ブログにはTB受信機能がありませんので、FC2にミラーブログを作りました。⇒こちらです

FC2 TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/577-7f467503です。







最終更新日  2011年09月26日 14時40分29秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.