3157631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年10月24日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。

リアルでは読書の秋中なので、一週間ぶりのブログです。

週刊少年ジャンプ46号、本日は午後からお仕事なので簡単版にて失礼。
・・・ってもう46号!!。びっくり
時がたつのって早いなぁ・・・。


表紙・巻頭カラーは死神さん登場で掲載順UPの『BLEACH』

表紙は一護 vs 銀城。
と言う事はやっぱりラスボスは銀城なんでしょうか。
どうも銀城ってラスボスが持ってて欲しい「底の知れない怖さ」ってものがないんだよねぇ。

本編表紙はカッコ良い死神さん達と、本編では放置中の主人公一護。スマイル

さて、本編。

今週は月島さんが親切にも兄様の技の欠点を解説。
どうやら二人は「技を共に研鑽しあった仲」になっちゃってるらしい。
そして兄様にはどうやら新技・“白帝剣”って言うのがあるんだけど、月島いわく、それも通用しないとか。

ってことで、兄様、大ピンチ?。びっくり
・・・と驚いてみる。

正直、微塵も心配していない私がいます。
ただただ、素敵なお姿で勝利するシーンが読みたいなと、心配はそれだけ。

で、ルキアパートに行っちゃうのか・・・。
シロちゃんパートも途中なんだよね。
バトルは一度に見せてもらって、スカッとしたいって時もあるんですが・・・。

で、ルキア。
「人間は斬らない」なんて甘っちょろいことを言ってるから、リルカの能力でぬいぐるみにされちゃいました。

ったく何遊んでんの?、ルキア?。大笑い


『NARUTO』

壊土転生で復活したマダラ。
別次元の力を持ち、我愛羅は「神の・・・力か・・・。」

出た!!、“神”!!。
・・・とか思っちゃいましたね。
好きだよね、神の力とか、神の領域とか、“神”ってやつが。

マダラですが、今までマダラだと思ってた人物とはキャラが違う気がする。
もっと真っ当な感じがするんですよね。
となると、全ての諸悪の根源は仮面の男で、マダラは体よく使われていたってことになるのかしら?。



『ONE PIECE』

大騒動中ってことなのでこうなるのでしょうが、これまたバトルはいっぺんに見せて欲しいと思ってしまう。
あっち飛び、こっち飛びではフラストレーションが溜まるんですよね。

そんな中、「色男の頼みは断れないの。お礼ならジンベエ親分に。」のロビンに惚れ惚れ。ダブルハート

「まいった・・・、おれも衰えたな。昔はもっとウソをブチかましたもんなのに・・・。今やそれができちまう。」のウソップも良いですわ。

『ワンピ』はこう言うキャラの描き方が良くて、やめられないのよね、やっぱり。

ホーディの正体が割れました。
環境が生んだバケモノ。
ホーディ自身は人間に何かされたわけではない。

先人達の恨みが作り出して、下手に長生きして人間と交流して「人間って良いところもあるじゃない?」って体験をしちゃいけないんで、生き急ぐ・・・って感じでしょうか?。
ただただ先人の恨みを晴らすことだけの為に生まれ、生き、死ぬ。

恐ろしい話ですが、それってやっぱり人間が先人達にとんでもないことを仕出かしていたってことの証でもあるわけですよね。

ホーディ自身には「体験」「意志」がなかろうと、長年の人間に対する恨みって言うのは、間違いなく存在するわけで。

実体のない空っぽの敵。
ルフィーはこのホーディとどう戦うのか?。


『トリコ』

勝ちまくるココが素敵。ダブルハート

VIPに通されたトリコたち。
そこは人の命すら賭けの対象になる。

でも「自然界では“人間”だって立派な食材じゃないですか。」と言われると妙に納得。
他の生き物は良くても、人間はダメって言うのは、確かに人間の傲慢かも。

そのVIPは素通りです。
オーナー自ら乗り出して“その先”に招待されたトリコたち。



『銀魂』は別記事にしました、こちらです。



『REBORN !』

雲雀が体調に問題!?。

「D・スペードとの戦いで、お前達と群れすぎて“じんましん”が出たらしい。」 大笑い

ユニの為に今回は譲ろうとか、そう言う気持ちにはならないのかなぁ。
とりあえずリボーンは勝っても、そうであって欲しいな。

アルコバーレーノたち、中にはただ元の姿を取り戻したいってだけではなく、別の思惑も人もいるかもしれない。

ところでディーノさんが雲雀の説得に行きましたが、雲雀の説得にあってディーノさんも風の代理人・・・ってな事になるよな気も・・・。




センターカラーの読み切り『競技ダンス部へようこそ』

そうそう、ダンスってエロいのよ、タンゴとか。
それを“セクシー”などと言う言葉でごまかさないところが、中学生。スマイル

このマンガ、好き。
主人公とヒロインは可愛いし。
ちゃんと日常的に頑張ってるシーンも入ってる。
先輩たちも良い。

ダンスのシーンとか良く描けてて、とっても楽しく読めました。



『バクマン。』

やっぱりエイジのマンガはすごいらしい。
勝てる気はしないけど、でも来週号が楽しみ、とサイコー。

サイコーとシュージンが、楽しんでマンガを描いてるなって感じがしてきました。

ところで『バクマン。』の連載が終わったら、是非大場・小畑コンビには、この読み切り2作を描いて欲しいんですが。



センターカラーの『べるぜバブ』

私は基本、葵がすきなんですけど、今週のヒルダは良い!!。グッド

ヨルダは焔王のそばにいられる条件として、魔力を振り絞って柱師団の転送をしている。
その忠義心、立派ですわ。
相手が焔王ってところが何ですが・・・。

しかしエロジジイは約束を守るつもりなどない。

「ダチがやられている黙っているのは、男ですらねぇ。」と言う男鹿の言葉を思い出すヒルダ。
ヨルダと入れ替わって、柱師団をお仕置きよ!!。
「姉が妹を助けるのに理由などいるか?。」

編集さんが入れたヨルダが妹・・・!?の方が驚きだよ。
どう見ても血縁関係があるようにしか見えないでしょうに。スマイル



『ぬらりひょんの孫』

やった!!、竜二が出てきた!!。
で、ゆらは?。スマイル

体が腐りながら戦ってる主人公って言うのも、ジャンプじゃ珍しいんじゃないかと。

人間を助ける奴良サイド。
人間たちも何となく、リクオが悪い奴ってことに疑問を持ち始めてるようです。

腐ってる体でも、それがリクオ。
リクオの映像をネットに乗せる清継。

ここで人間がネット見た反応が欲しかったな。
リクオが悪い妖怪って言う噂が壊れていって、それが鏡斎の畏を消したって言う流れにして欲しかったんだけど。

ちょっと清継君の活躍の描写が足りないですよ、椎橋先生。

ケジョウロがリクオに近寄る。
それは偽者。
滅したのは竜二!!。
リクオに伝えなきゃいけないことがあるらしいです。

偽者はいっぱいいるらしい。
では本体は誰を狙ってる。

あぁ、リクオ・ママを狙ってるのね。
奴良リクオの弱み、それは人間。
若菜の後ろから刀を振りかざす珠三郎。

その手をヒモが捕らえる!!。

2代目の奥方の若菜。
「死んでもお守りする。」

迫力の首無とケジョウロです。
や、もういい加減、首無はヘタレエンドはなしにして、カッコ良く決めて欲しいものです。

ところでこれはやっぱり鯉伴と若菜のラブストーリーが来ちゃうと思ってオーケーなのでしょうか?。
とっても可愛いラブストーリーになりそで、期待しちゃう。



『黒子のバスケ』

延長になれば誠凛に勝ち目はない。
どうしてなのかが良く分かりませんが・・・。

フリースローをわざと外して、リバウンドを取ってシュートに持ち込みたい誠凛。
しかし火神のシュートを青峰がはたく。

誰もいないスペースに落ちたボール、桐皇は勝ちを確信。
しかしそこには黒子がいた。

火神より青峰を信じたのか?。

「僕が信じたのは両方です。」

イヤ、信じるとか信じないとかじゃなくて、どっち転んでも動けるようにしておくってのが優れたプレーヤーってもんじゃないかい?・・・と思っちゃうんですが。

けれど最後のシュートを決めてくれるのは「1人だけです。」

黒子から火神に投げられたボール。
・・・ってことで、次回。


『HUNTER × HUNTER』

会長戦の駆け引きは面倒くさいので流し読み~。

お家に帰ったキルアの目的は、ゴンを救う為に妹のアルカに会うこと。
お父さん曰く「別の何処かから来た闇」だそうです。
やー、人形に囲まれて、可愛い顔なのに、表情が全くないってところが不気味。

ま、それを作り出したのは間違いなく、キルア父母なんだけどね。

アルカが昔のままなら、助けられるのはキルアだけ。
そしてゴンを助けられるのはアルカだけ。
「救える友達を放っておくのは裏切りじゃないの?。」
ってことで、お父さんと一緒にキルアはアルカのところへ。

イルミが殺したいと言ったのはアルカのことだよねぇ。
一筋縄ではいかなそうなところが、やっぱり『HUNTER』ですね。


47号のジャンプ、巻頭カラーは『トリコ』
センターカラーに『クロガネ』、『バクマン。』です。



TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/600-dae6f2a0です。


http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/ecdf572f503d34039de2c6413d84ae9f/bb







最終更新日  2011年10月24日 20時10分20秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.