3154938 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年10月31日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。

お腹をこわしました...orz...
朝晩と日中の温度差はこの季節は当然ですけど、こうも日によって温度が違うとねぇ・・・。
油断して薄着してたら冷えたみたいです。

皆様もお気をつけ下さい。


あぁ、今日はハロウィンだったか・・・と思った週刊少年ジャンプ47号の表紙の『トリコ』

かぼちゃの煮物でも作ろうかしら・・・。


巻頭カラーも『トリコ』、表紙はコイン(って言うかチップ?)もトリコ世界では食べられるのか?。

そう言えば昔、コインチョコレートと言う物がありましたっけ。
・・・と思って検索してみたら今でもある。
右のはラスベガスのカジノみやげだそうです。
 


VIPエリアのその先に招待されたトリコたち。
トリコっぽいと言えばそうなんだけど、とんでもないお金持ちたちの為の場所を、何も内臓っぽいインテリアにすることはないかと・・・。わからん

そこで賭けられる物は過去に食べた食材の記憶。
ココはアトムの、トリコはメテオガーリックの記憶を求めて、賭けに応じる。
・・・と言ってもトリコったら、ココにおまかせする気満々ですが。スマイル

しかしオーナー・ライブベアラーが用意したゲームはみんなで楽しむ“神経衰弱”。

バトルじゃないならトリコ不利か?。
でも食運があるんだよね、トリコも小松も。
結局はそれで食材ゲットでしょうか?。


『NARUTO』

岸本先生は写輪眼とうちはが大好きなので、ラスボスはマダラじゃないってことにして、結局やっぱりうちはを持ち上げるのかなぁ・・・と先週思ったりしたんですよね。
第一その方がサスケが木の葉サイドに戻って来やすくなるし。

何となく美形なマダラ見てたら、益々その思いが強くなった今週号。

マダラに操られるぐらいならナルトの方がマシってことで、九尾はナルトにチャクラを供給。
それで大玉螺旋丸を放つも、ナルトはクタクタ。
しかしマダラはまだピンピンしている。
そこで土影様が命を賭して戦う覚悟のようです。

・・・と言う事で、次週岸本先生お得意の、キャラの死に絡めた涙話でしょうか。


『ONE PIECE』

人間への憎しみが作り出したホーディ。
魚人街に蓄積される怨念を見て見ぬ振りして、表面だけ整えて前進した気になっていた魚人島。

「過去などいらない!!!。ゼロにしてくれ。」と兄ほし。

「全部任せろ、兄ほし。友達じゃねぇか!!!。」とルフィー。

これが要するに占い師の言っていた「“麦わら帽子をかぶった者”が魚人島を滅ぼす」なんですね。

ルフィーが放つ“火拳銃”!!!。

火拳銃って言うのが、エースを思い出させて涙が出ちゃうんですが。涙ぽろり

エースの思いもルフィーの中にあっての技でしょうか?。

ところで、私は『ワンピ』って小難しいこと言わないで、スコーンと楽しいのが好きなんだな。
あくまで人と人との係わりの中で物語が紡がれて、そして泣けるシーンがあって、エピソードの最後には宴会が待っている・・・と言う。

今描かれているのは難しい問題で、そりゃ0にしちゃえれば簡単でしょうけど、それができないところに悩みがあるわけで・・・。

どうもエースの死のエピソード辺りからしっくりこないんですよねぇ・・・。


『BLEACH』

私はぬいぐるみの中に閉じ込められただけで、霊力を失ったわけではない!!。
・・・とルキアは思い至りました。
なので破道を打ってみました。
中で爆発しました・・・。

もう何やってるの?、ルキア!!。大笑い

で、迫力の銀城さんと共に、主人公パートに変わります。

銀城の能力を分析する雨竜。
そんな雨竜の助言を全く無視する一護。スマイル

何と!!、銀城さんが月牙天衝を打ちました。

「君の霊圧が混ざってるって事は、君の技も使える可能性があるって事だ・・・!!。」

一護があれ程の修行して手に入れた月牙天衝ですが、実は霊圧さえゲットすれば簡単に手に入るものになってしまったようです。

銀城は一護の全ての能力を手に入れてる・・・かぁ。
それってあくまで死神の力の方だよねぇ。
虚の力も復活して、銀城はそれを手に入れていないから・・・って流れかなぁ・・・。

ルキアパートに戻る。

“普通ではない”ことにこだわるリリカ。
次週は完現術使いにとっての“弱肉強食”をリルカさんがご説明。

・・・ところで、シロちゃんは?、兄様は? ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!


センターカラーの『バクマン。』

表紙はサイコー & シュージンと、エイジの新作マンガの主人公たち。
どっちもおもしろそうなんで、ホント読み切りでも良いですから、『バクマン。』終了後に是非!!。

本編。

アンケートはエイジより2票多かったようです。
それで必勝ジャンプで月1連載することに決まりました。

月刊連載、なめてるんじゃないの?って思いましたね。
ページ数だって多いし、=週刊の1/4の労力ってわけでもないでしょうに。
月1だからそれなりのクォリティー保ってないと人気なんてあっと言う間に下向き矢印だし。
月刊で連載してて、絵がどんどん劣化していった例がいくらでもありますが?。

一方エイジは2票差で負けて世界を狙うなんてチャンチャラおかしいと、ネームの練りなおし。
「僕の相手は世界じゃなく、亜城木先生!!」

・・・ってことで、主人公 vs エイジの本筋に突き進むようです。
やっぱりジャンプのマンガですね、『バクマン。』も。



『銀魂』は別記事にしました、こちらです。



『黒子のバスケ』

誠凛、勝ちました。
イヤー、長い試合でしたね。
選手の皆様、お疲れ様でした。

「・・・そうか、負けたのか・・・オレは。」と真っ白な灰になった青峰君。(゜。゜)ボーー
でもそこは“オレは”じゃなくて、“オレたち”はだと思うの。
誠凛が勝ったのはやっぱりチームの力だと思うもの。

支えてもらわないと立っていられないほどの黒子。
しかしそれが敗因か、と青峰は思う。

そこまで力を出し切ったかどうか?、でしょうか。

「またやろーぜ。」と火神。
昔、合せてもらえなかった拳を今頼む黒子。
合わさる二人の拳。(なんでしょう、たぶん)

さて、中宮南としてみれば、桐皇を倒してもらって、誠凛はクタクタで、ラッキーちょきってところでしょうか?。

青峰君は毒気を抜かれたようです。
練習したくてたまらない、と。

意外と簡単にいい奴になっちゃいそうだなぁ。
もっと高い鼻を折られてo(>< )o悔しいぃぃぃo( ><)o ってところを見たかったんですけども。

そして誠凛は一寝入り。

明日も試合か・・・。
ガンバレ、高校生!!。



『REBORN !』

始まった代理戦争。
ツナの初戦の相手はパパ・家三!!。

・・・ってことで、特に感想はなし。
早く雲雀が出てきてくれないかなぁ。



『HUNTER × HUNTER』

アルカって妹なの?、弟なの?。
あ、多重人格で、例えばおねだりしてる時が弟で、お願い叶えている時が妹とか?。

3つのおねだり、お返しに1つのお願いをきいてくれる。
おねだりを4つ「ダメ」すると、その人と、その人が最も愛してる者が死ぬ。
お願いが大きいと、おねだりを断った時の死人が増える。

うーん、無邪気な化物って感じでしょうかね。

ところで子キルアがとっても可愛かったです。



『べるぜバブ』

早くも新技を取得したようです。

で、家に帰ってみればヨルダがボロボロで現れる。
ヒルダが逃がしたのだけど、当のヒルダは捕まってしまった。
記憶を消去されそうなヒルダ。

ってことで、男鹿は怒りMAXです。
ベル坊と2人で学校に乗り込みました。

我を忘れて危険な粋に入ってしまう・・・って展開か?。


『ぬらりひょんの孫』

珠三郎が用意した演舞場。
戦いが終わるまでは出られない。
ってことで、首無 vs 珠三郎です。

一方、リクオサイド。
清継君が動画をUPしても、人々は認めてくれない。
新しい“件の噂”が広まっている。

「言霊使いだ。」と竜二。
圓潮を倒さないと人間を救えない。

そこに首無からの伝令。
若菜ママが襲われていること、そして首無が必ず守るということ。

首無がわざわざ任せろと伝えてきたのだから、任せる。
リクオは圓潮を探す。

で、首無ですが。

やっとヘタレから卒業ですか?。

このシーンの首無のセリフを是非櫻井さんの声で聞きたいですが、アニメはここまではやらないんだろうなぁ・・・。



『エニグマ』が最終回でした。
って言うか、完結編を12月発売の増刊で掲載らしいですが・・・。
なので本編は新な「異常発生だっ!!」で、僕達の戦いは続く・・・でした。

この手の話を描くのには、絵の表現力、話の練り方、共に物足りないなって言うのが正直な感想でした。
ですが、バトルバトルとなびくジャンプにあって、違うジャンルに挑戦する心意気は好きです。
次回作を期待してます。



48号のジャンプ、巻頭カラーは古味先生の『ニセコイ』です。
待ってました!!って感じですわ。
最近音沙汰がないので、どうしたのかと思ってたけど、いよいよ新連載で復活ですね。
絵がシンプルになった感じかな?。

ラブストーリーみたいですが、読みきりで良い感じの話を描いてたことがありましたよね、古味先生。
楽しみ、楽しみ。

センターカラーに『銀魂』と『ぬらりひょんの孫』です。




TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/601-46a4f5b9です。






最終更新日  2011年10月31日 19時00分54秒
コメント(1) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.