3156466 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2011年11月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。

すいません、せっかく頂いたコメントも放置のままで。
どこがどうと言うわけではないのですが、何となくかったるい体調が続いてまして・・・。
仕事と家事で手一杯で、あぁ、アニメの録画も溜まってる...orz...状態です。

こう言う時、年取るってや~ねって思う。←ババくさくてすいません

そんなわけで今週の感想も簡単に・・・。


48号のジャンプ、表紙・巻頭カラーは待ってました!!の古味先生の新連載『ニセコイ』

表紙は主人公とヒロイン二人です。

本編表紙は子供の頃にした約束って言う導入に続いて、その約束の証のペンダントと、主人公とヒロイン二人。
このペンダントって言うのがまたRPGっぽいデザインで、古味先生らしい。スマイル

主人公の一条楽はやくざの2代目だけど、堅実で真っ当な人生を目指している。
どこぞのギャングの10代目みたいです。

で、同じ高校には可愛いヒロインの小野寺さんがいる。

そしてもう1人のヒロインの千棘が転校してくる、と。

あなた、“千棘”って・・・。
どこの親が自分の娘にそんな名前をつける・・・。(^^;)

この千棘、とんでもない女の子です、可愛げと言うモノがありません。
・・・って言うか、人間としてどう?の域に達しています。

そして千棘のお家はギャングで、一条一家とは下っ端たち同士の喧嘩が絶えないので、偽の婚約者同士となって・・・と言うお話。

ラブコメですね、楽しく読みました。
まぁ、ラブコメ花盛りの少女マンガでは出尽くしてる設定ばかりなんですけど、少年マンガでは目新しいのかもしれない。

設定自体は使い古されたものでも良いんですよ、ラブコメってヤツは。
その中で、このマンガだけのモノをどう出していくかが大事。
「これだからこのマンガが好き」と思わせるモノを出していけるか?が鍵でしょうね。

絵、とっても可愛いし、頑張ってね、古味先生!!。



『バクマン。』

月刊誌を甘く見るんじゃないって言う感想しか思い浮かびませんわ。

ちなみに編集者ですが、『3月のライオン』の羽海野チカ先生の担当さんが別雑誌の編集長になったのだけど、羽海野先生の担当だけは続ける・・・ってこともあるみたいです。
マンガ家と編集者だって相性ってものもあるだろうしねぇ・・・。



『ONE PIECE』

ホーディーは倒して、ルフィーはノアを壊そうとしている・・・ってことでオーケー!?

あぁ、白ヒゲさんのお姿が・・・。涙ぽろり
王国の国民が唯一心から感謝した人間。
魚人の島を人間が荒らさないように、自分の縄張りにした白ヒゲ。

今週は「我らが“麦わらのルフィ”船長はいずれ海賊王になられるお方!!。それを信じていれば何をジタバタすることがあるでしょうか!?。さぁ私も任務を果たすとしましょう!!。ヨホホホ!!。」のブルックが良いですわ。
こうやってキャラの良いところが引き出されているのが、『ワンピ』の魅力だと思う。

そしてチョッパーがでっかく変身!!。

余談ですが、最近色んなところ、商品に『ワンピ』のおまけがついてますけど、チョッパーから真っ先になくなって行く・・・手に入らない...orz...



センターカラーの『銀魂』

表紙は九ちゃんです。
少女の華奢さが残っていて、それが痛々しさも感じられて、そこが良いなぁ。

本編。

かぶき町中で銀さん探しが始まってます。

「俺のたまもやられた」を深刻な顔して聞くとは、みなさん、本当に深い洗脳状態にあるようで。
突っ込むところだろ、そこは。

うーん、私はヅラにだけは金さんサイドになって欲しくなかったなぁ。
もの凄く洗脳されやすいキャラではありますが・・・。

何て言うの?、銀さんとヅラは、ずっと昔から付き合っていて、やっぱり他の人達とは違うものがあるって思っていたいって・・・。
でももってる手配書が欽ちゃんだから、洗脳されきってないんだよ・・・と思いたい。←イヤ、ただのギャグって言うツッコミはなしで

たまを源外に預けた銀さん。
「たまが信じたなら、俺もてめーを信じるしかあるめーよ。」

くー、泣ける。涙ぽろり

ついに1人と一匹になった、銀さんと定春。
でも1+1=2にはならない。
銀さんの心の中には、神楽ちゃんと新八を信じる気持ちが残っています。

理屈の通らない計算から外れた存在、坂田銀時と言う大バカ。
金時の弱点はそれか?。

バカに加わったもう一人・源外。
そして源外は「必ずもう1機をひき連れて行く」とたまを直す事を約束する。

はいはい、東城が出てくれば下ネタだよね。
これを素敵声の遊佐さんが演じるんだ...orz...

ヅラも自ら女装してます。
始めて“ヅラ子”になった西郷のお店のエピソードでは、銀さんに「ノリノリ」と言われて怒っていたのに・・・。..( - -)トオイメ

自分の目で見た銀時と、金さんの言う銀時との違いに戸惑っていると言うお妙さん。
金さんが皆に頼むのはおかしい、私のしっている坂田金時は、「そんな時こそ・・・何も話してくれなかった、みんなを気づかって心配なんてうざったいって顔をしてて、誰にも何にも言わず・・・1人でいっちゃう人だった。」

おぉ、この回想シーンは紅桜篇!!。
「バカな人。」
「可愛くねぇ女。」

・・・ではありませんか!!。

私の大好きなシーンなんですよ、えぇ!!。

「そこにどれだけ敵が待っていようと関係ない。そんな不適な笑みを浮かべて、鼻クソほじくって。」

さすがはお妙さんですわ!!。

銀・妙派の私としては嬉しいですよ。\(*^∇^*)/\(*^∇^*)/

たまを手にかけたのはお前か?とみんなに問われて、銀さんは“てめーらの頭の上のお天道様”がそう言ったなら信じれば良いと答える。

「俺ァ、そいつにハナクソつけに来ただけだ。」

何があっても振り返るなと定春をの背に乗って言う銀さん。

「帰ろう、みんなのいるわが家に。」

定春の上に乗っているのは銀さんのダミーの人形。
振り返りたい気持ちをこらえて、泣きながら走る定春。

もう泣けちゃう。号泣

銀さん自身は1人行動。
しかしその前に月詠と百華。
が、百華にクナイをあてるさっちゃんが!!。

さっちゃんかぁ・・・。
お妙さんみたいに違和感感じて・・・って言うのじゃないだろうなぁ、さっちゃんなだけに。
助けてもらって惚れちゃった・・・とか?。

全くあてにはなりませんが、編集さんの次号予告だと決戦開始らしい。
早く神楽ちゃんと新八が洗脳から解かれて、本当に万事屋の姿が見られますように。



『NARUTO』

エー!!、ツナデの自己再生の術用のチャクラ、もう溜まってるの?。ってことにビックリでした。びっくり

それぞれの影が転送されてマダラの前に。
「まさか五影揃って・・・共に戦う日が来るとはな!!。」

さすがにドーンと5人揃うと見栄えがしますわ。
この中に1人、若い影・我愛羅がいるところが良いんですよね。
5影の意志がこれからも受け継がれていくって感じがして。

・・・と言うわけで、他の影の皆様には、是非我愛羅の命はしっかり守って戦って頂きたいと思ったりして・・・。



ジャンプ感想の続き・その2はこちらです。



TB用URLはhttp://madamon.blog54.fc2.com/tb.php/602-b0eedddeです。







最終更新日  2011年11月07日 13時25分45秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.