3023177 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

カレンダー

お気に入りブログ

4分間のマリーゴール… MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年02月07日
XML
カテゴリ:小説・海外
 

あらすじはamazonからのコピペ。

1913年オーストラリアの港に着いたロンドンからの船。
すべての乗客が去った後、小さなトランクとともにたったひとり取り残されていた少女。
トランクの中には、お伽噺の本が一冊。
名前すら語らぬ身元不明のこの少女をオーストラリア人夫婦が引き取り、ネルと名付けて育て上げる。
そして21歳の誕生日に、彼女にその事実を告げた。
ネルは、その日から過去の虜となった…。
時は移り、2005年、オーストラリア、ブリスベンで年老いたネルを看取った孫娘、カサンドラは、ネルが自分にイギリス、コーンウォールにあるコテージを遺してくれたという思いも寄らぬ事実を知らされる。
なぜそのコテージはカサンドラに遺されたのか?
ネルとはいったい誰だったのか?
茨の迷路の先に封印され忘れられた花園のあるコテージはカサンドラに何を語るのか?
サンデー・タイムズ・ベストセラー第1位。
Amazon.comベストブック。
オーストラリアABIA年間最優秀小説賞受賞。



前作の『リヴァトン館』は大好きな小説なんですけど、これは個人的には今一だったなぁ。

ネルの母、ネル、ネルの孫であるカサンドラの視点が主軸なんですけども、それ以外にも各世代の関係人物の視点でも語られていて、それが短いテンポで変わっていくので、読んでいてちょっとかったるくなってしまった。
もう少し整理されている方が私は好きだなぁ。

ただいろんな年代、いろんな人物視点で描かれることにより、読者には真実がわかるけれど、現在において過去を調べているカサンドラには遂に分かりえない事柄もあります。
過去の出来事と言うのは、決して全てが明らかになるものではないのだと、思わせる。

ネルの母が魅力的。
特に少女時代が良いです。

問題はネル、それも若い時、自分の生い立ちを養父から知らされた後のネルがねぇ。
自分が育った家族に完全に背を向けてしまう。
アイデンティティに係わることではありますけれど、その後ろ向き姿勢が余りに極端で。

その心の持ちようは、ネル自身の子供に対しても同じようだったのでしょう。
詳しい描写はないですが、決して良い母親とは言えなかったのでしょう。

そのネルが、自分の過去を調べる。
この過程でネルが知り得たことが、あるいはネルの母の強さと言う受け継がれていたものが、ネルにも戻ったのでしょうか。
ネルは孫のカサンドラの為に、自分の過去を取り戻すことを諦める。

ネルの母がネルに対してもった愛情、強さ。
それがネルにも受け継がれていて、1つおいて孫のカサンドラに対して出たのかな、と思いました。

カサンドラはネルの過去をたどる。
ネルの思いを受けた旅です。

カサンドラは過去に辛い体験をしており、引きこもりのような生活をしていた。
それが徐々に外に気持ちが向いていく様子が描かれている。

ネルの母の強さが、そのひ孫の代まで守っているようだと思いました。

魅力的な物語ではあったんですけど、上にも書いた理由で、読むのがちょっとかったるくて、それが今一だったかな・・・という感じです。











最終更新日  2012年02月07日 21時05分37秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.