3328991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

X

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち 入り江わにさん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年02月13日
XML
カテゴリ:週刊少年ジャンプ
おはようございます。

ホイットニー・ヒューストンがお亡くなりになりました。
凄いショックでした。

あの声質、声量、そしてあの表現力。
あれだけのシンガーはそうそう出てくるものではないと思います。

色々あって、最近のコンサートの映像では、高音がでないばかりか、声に張りもなくって、かつてのホイットニーの素晴らしさはなかったんですけど、それでも復活してくれることを願っていたんですが・・・。

本当に残念です。


・・・・・。

さて、今週の週刊少年ジャンプの感想です。

表紙・巻頭カラーは最終章開始の『BLEACH』

表紙は意気込みがスゴイ一護。スマイル

本編表紙はNEW死神な一護と、ラスボスさんでしょうか、二人がいます。

顔ははっきりと見えてませんが、たぶんイケメンでしょう。←私の中では決定事項。
でもなぁ、もう顔の美醜はどうでも良いから、最後までラスボスとしての風格のあるキャラにして欲しいんですよね。
藍染の下向き矢印っぷりが余りに酷くてガッカリだったので。

さて、最終章開始ですが、何やら不穏なソウルソサエティー、マユリ様の研究所?から始まります。
マユリ様、またメイクチェンジしてますわ。

虚が凄い勢いで消滅しているようです。

「虚を存在そのものから消す事が出来る者など・・・、奴等しか居ないヨ・・・・・!!。」

そして表紙で終焉、迫るー最後の聖戦と煽っておいて・・・。

久保先生、またどうでも良いキャラ、どうでも良いシーンに大ゴマ多用...orz...
空虚町に新しく赴任する死神さん2人ですが、あっと言う間に虚にやられてしまう。
そして一護がザッと登場。

サブタイトルの「終章 千年血戦篇」がデカデカと。

一番の感想と言えば、こりゃまた長くなりそうだ・・・でした。

久保先生は「今まで取っといたものを片っ端から描いていきます。」とコメントしてますし、その最初の回がこれです。
虚圏に行ったとき、物語内では数日だったのに、リアルでは2年近くだったことを考えると、5年どころか、10年はかかるんではないかと思います。

あぁ、サクサクと話を進めて欲しいな。

竜弦・一心パパsの話だけはきちんと描いて欲しいと願ってやみません。


『NARUTO』

何がイヤって、他の主要キャラがナルトを持ち上げすぎるところがイヤなんですよ、『NARUTO』は。
で、当の主人公と言えば、血統と九尾のおかげで、技とチャクラだけは優れてるけど、人間的には「まだまだだね」な子供だし。

せっかく頑張ってるナルトの元に駆けつける仲間たち・・・って言う良い回なのに、シラけてしまいましたよ。

そんな中、ヒナタちゃんの決心が良いと思った。
でもナルトに必要なのは、パシーンとはたいてやることが出来るキャラだと思ったりもする。

そして力は大人、中身は子供なもう一人のキャラ、サスケがやっと登場。


『ONE PIECE』

うん、まぁ、確かに先に火を吹いたのは竜の方なんだけど、やっつけるのが最優先って言うのもどうなんだろう?。
ここは1つ膝を交えて話でもしてみて、お友達になろうとか、そう言う方向にはいかないんだろうか、ルフィーとゾロ。

食料にするのが優先・・・って・・・、うーん。

斬った竜から出てきたのが、下半身のみの男?。
これが侍なんだろうなぁ。

一方、船ではメンバーがガスによって眠らされ、捕われの身に?。


『トリコ』

ユンが可愛い!!。
・・・と喜んだところで、先週淡水魚界の貴婦人と称されるマダムフィッシュを島袋先生に描けるのかと心配していたマダムフィッシュですが、

どこが貴婦人?大笑いでした、やっぱり。

毎回『トリコ』には「よくこれを食べる気になるな」と感心させられますが、マダムフィッシュも例外ではありません。

『トリコ』って四天王の描き方が良いんですよね。
お互いに力を認めているけど、馴れ合わない。
主人公を持ち上げたりなんかしない。

で、それを結び付けているのが、戦いには無力な小松って言うのも良い。

ってことで、マダムフィッシュを吊り上げたのは小松。
食運最強ってことで。

セツ婆も言ってますが、楽しく食卓を囲める人達って言うのは、やっぱり絆っていうものがあるなって思う。


『バクマン。』

最近は全然訪れてないんですが、某巨大掲示板で、私が行ってた中で一番怖い板は「フィギュアスケート」そして「声優」だったな。
今でもそうなんですかね・・・。

サイコーと亜豆の関係がネット上で広がる。
炎上か?。

サイコーの連載がアニメ化になって、その主人公を亜豆がキャスティングされるまで会わないと言う極めてプラトニックな関係ですと発表すれば、返って亜豆ファンは萌え萌えなんじゃないかと思ったりするんですが。
違うかなぁ。



『べるぜバブ』

ベル坊 vs 神埼の姪っ子になりそな次回。
絶対ベル坊は勝てないって気がする。

・・・って言うか、女の子相手に、ムキにならない器の大きさを見せてくれ、ベル坊。

で、姪っ子さんはベル坊にダブルハートって感じか?。


『銀魂』

将軍様がお気の毒すぎて泣けてくる・・・。涙ぽろり

銀さんたちに酷い目に合ってると言うだけでなく、定々が権力をふるうための傀儡将軍にすぎないって言うのもまた泣ける・・・。

鈴蘭のかつてのイイ人探しの人情物かと思いきや、話は幕府の内紛物に発展してます。

新八や神楽に、鈴蘭と定々の関係を説明中に、佐々木も刃に。ショック
そしてその犯人にされそうな銀さんたち。ほえー

鈴蘭が定々にイイように使われていた哀れな女では終わって欲しくないなぁ。
何としても一矢報いて欲しいです。

あの吉原に君臨した女だってところを見せて欲しいですね。



『REBORN !』

XANXUS・スクアーロ vs 風・雲雀。

うーん、惜しい。
風には脱いで欲しくなかったんだが。
首まで隠れているって言うマオカラーのストイックさが個人的に好みなんだけどなぁ。
超細身の超筋肉質の身体を見せられても萌えないんだな、私は。

風の技が炸裂、XANXUSにとどめか?。
・・・と思ったら、何故かダメージを受けてるのは風の方。

マーモンの幻術が発動したらしい。

で、またご親切にペラペラと発動条件を教えてくれるんだな、マーモンってば。
これだけでもうマーモンに負けフラグでしょう。

ところでマーモンが可愛い女の子だったりすると、とっても嬉しい。


『ぬらりひょんの孫』

これのどこが妖怪と陰陽師の戦いなのでしょう。
陰陽師なら術を使え、術を。

って言うか、ネネ切丸って人間きれないんだよねぇ。
有象無象は滅っせても、泰世は斬れないんじゃないのか?。


『HUNTER × HUNTER』

ゴンとジンの心温まる再会の回です。(嘘)

アニメでは先日の回が父ジンと遭うためにHUNTERになりたいと言うゴンの強い意志が見られた回だったので、正直、こんな再会?ほえーと言う気がしなくもありません。

会長になったパリストンは、副会長にチードルを指名、そして会長辞任。
ってことはチードルさんが会長か。

パリストンとしてはハンター試験と十か条の改正を通すことが目的と、ネテロの最後の指令に茶々を入れたかったのかな。
それ位、ネテロ爺さんが好きだったんですねぇ。

ゴンはカイトのところに行く。

一方、キルアはvsイルミ。


『黒子のバスケ』

命取られるような勝負って言うならともかく、バスケだよね。
勝負と情を分けられないのは、優しすぎるんじゃなくて、弱いんじゃないの?。
もしくは情けない。

できないことができるようになるのはいいもんだぜ。
「目標に向かって努力することなんて、楽しくてしょーがない。」の木吉先輩が良いですわ。

誠凛、何とか絶対防御を破れるようになってきたようです。


『鏡の国の針栖川』が最終回でした。
季節はずれの水着で大サービスです。

お疲れ様でした。


12号のジャンプ、巻頭カラーは新連載の『ハイキュー!!』です。
『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』の人だよね、タッチも随分変わったけど、ジャンルも全然違うな。

ちなみに13号からは『どがしかでん』の人の『パジャマな彼女。』が始まります。

センターカラーに『黒子のバスケ』と『ぬらりひょんの孫』です。










最終更新日  2012年02月13日 21時13分06秒
コメント(4) | コメントを書く
[週刊少年ジャンプ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.