3158942 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月

カレンダー

お気に入りブログ

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん
MAGI☆の日記 MAGI☆さん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年05月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こちらはジャンプ24号の『銀魂』の感想です。

その他のマンガの感想はこちらです。


『銀魂』

待ってました!!ですよ。

予想は裏切っても良いけど、期待は裏切っちゃいけない。
も、期待してた通りの爺と鈴蘭の最期で、涙、涙。涙ぽろり

沖田解説で送る定々暗殺のその後と、茂々の辞意取り消し。

沖田的には、と言う事は真選組、そして幕府的には、定々暗殺は「一橋から天導衆への宣戦布告」。
って言う事は、高杉としては、そう思わせて一橋⇔天導衆で引っかきまわしたいってところかな。
松陽先生のことももちろんあるだろうけど。

ひとまず「将軍かよぉぉぉ」が今後も見られそうだってことで何よりですわ。

ところで将ちゃん復帰で喜ぶ神楽ちゃんに、離れた場所なのに「なーんてバカどもは喜んでるんでしょうが・・・」と返してる沖田に、やっぱり二人は心が繋がってるのねダブルハート・・・などと勝手に妄想して喜んでるバカな私です。

ま、それが天導衆が画策したことであっても、銀さんがそのうち何とかしてくれますって。スマイル

爺は一命は取り留めたものの、体調は最悪らしく、また定々暗殺騒ぎもあり、とても吉原に行ける状況ではない。
鈴蘭は今夜いっぱいの命。
夜を迎えて、日輪に化粧を頼む鈴蘭。

こう言うところ、良いね、空知先生。
約束を信じて、来る男の為に化粧をする女。
もう御婆さんなのに、素敵です。

江戸城。
寝床から抜け出す爺。
佐々木は自重を促す。
既に両腕のない爺はしかし、「この魂につながれた約束(いと)だけは、いかなる刃をもっても断つ事はできませぬ。」

一方、吉原。
たぶん涙をこらえてるんでしょう、拳を握る月詠の指に巻いた布。
「きっとジジイと一緒に鈴蘭の元に帰る」
銀さん、月詠、神楽、新八とした約束。

「最後まで信じておあげなさいな。いい男ってのは、必ず約束を護るもんだ。」

さて、鈴蘭にこうまで言われてますよ、銀さん。
動かないわけがないよね。

「缶蹴りする人、この指、と~ま~れ。」

良いよね、良いよね。
缶蹴り!!。

で、また真選組のみんなも乗っちゃうんだ、これに。
将軍や、そよ姫までいる。

も、ここで目頭があつくなりましたよ、私。

こんな時まで土方を苛める沖田って言う、サービスも満点だ、空知先生。

あくまで止める佐々木。
でも缶を蹴ったのは信女!!。

「さっさと缶拾ってきて。多分吉原位までいってると思うけど。」

初登場時はただの心の無い人斬り人形のように描かれていた信女、魅力のあるキャラになったじゃないですか。

女は言う。
月は男を連れてくるけれど、朝と一緒にさらってしまう。
月が憎い、月が消えてなくなれば良いのに。

男は言う。
また夜と一緒に月はやってくる。
そして今度は朝と一緒に君をさらうだろう。

二人が交わした約束。
次の満月の夜、一本桜の前で待っていてくれ。

二人は老い、命も残りわずか。
桜は枯れ、男には女を抱く両腕もない。

けれども男には見える。
桜が舞い散る中、美しい女・鈴蘭が。

女にも見える。
桜の舞い散る中、自分をさらいに来た男・舞蔵が。

鈴蘭を抱き上げる舞蔵。

今宵の月は決して沈みませぬ
この夢は決して覚めませぬ
これからはずっと・・・一緒にござる


約束にござる


感想書きながらも号泣です。

缶蹴りで城抜け出すなんて予想外のことをやってのけ、ラストの爺・鈴蘭は期待を何一つ裏切ることのない流れで物語を作り出す。
凄いと思う、空知先生、本当に。

桜の花びらが舞い散る中を、舞蔵が鈴蘭を抱き上げて満月に向かって歩いていくラストのコマがとても印象的で・・・。

ありがとう、空知先生。
『銀魂』詠んでて良かったって本当に思うよ、こう言う時。



毎回、『銀魂』の感想を書き終えると、もう私としては「やり切った」感に溢れまして。テヘヘッ(*゚ー゚)>
後のマンガの感想は“おまけ”になっちゃうんですよね。








最終更新日  2012年05月14日 11時24分59秒
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.