3010843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

監察医 朝顔 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


2012年07月14日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。

夏はワンピースが好きです。
涼しいですもの、一枚ぺラッと着ているだけで済んで。
そしてだらしなく見えないと言う素晴らしいアイテムですわ。スマイル

最近は下にボトムをはくのが前提なのか、丈が短めなのがねぇ・・・。
私は暑いからはきたくないんですが、膝下丈と言えどもパンツなんて。
皆よくはいていられるなと感心します。

さて、ジャンプ33号の感想です。
読みたくて仕方がないマンガが『銀魂』『黒子のバスケ』『ハイキュー!』『暗殺教室』といっぱいあって、嬉しいぞ、ジャンプ!!。

『ドラゴンボール』が映画化だそうです。
今は大人になった当時の大ファンたちが、懐かしくなって見に行ったりするのかな。
個人的には映画より、鳥山先生の新作が読みたいなぁ・・・、読切りで良いから。


表紙・巻頭カラーは祝.5周年『SKET DANCE』です。

表紙のボッスンが余りの可愛いお顔で、一瞬「これ誰?」と。(^ ^;)

ついにスイッチの過去話の続きが始まりました。
こりゃ楽しみ。



『NARUTO』

「今さら大蛇丸なんて誰もみたくないし!。引っ掻き回されたくもないしさぁ。」と言う水月のセリフに力強く頷いた私。((。_。)((。_。)ウンウン

でも解邪法印で大蛇丸を復活させたサスケ。

「今はもう子供じゃない・・・、子供ではいられない。」
「イタチとは・・・?、一族とは・・・?、里とは・・・?。そして・・・全てを知り、自分で考え、答えを出し、己の意志と眼で成すべきことを見据えたい。」


成長したね、サスケ。。°°(≧□≦)°°。

たぶん最終回まで精神的には1mmも成長しないだろうナルトに変わって、サスケが主人公になっちゃえば良いのにって思う。

イタチ、一族、里。
全てを知るために大蛇丸と共に“よく知っている場所”に向かうサスケ。

決断を下す為には知らなくてはならない。
ここにきてやっと成長を見せたサスケが嬉しいです。

ただ一つ。
大蛇丸を最後は良い奴化するのはやめて欲しいです、岸本先生。


次号は表紙・巻頭カラー、大増ページ、映画連動読切りの大盤振る舞いです。


『NARUTO』

薬の禁断症状で牙をむく子供たち。
それでも手を出さずにに、子供たちを思うナミ(身体はサンジ)に涙。涙ぽろり
しかしナミチームもやられてしまいました。

ブローカーに見せる為に実験を始めようとするシーザー。

そろそろルフィーたちの反撃が見たいですわ。


『トリコ』

戦いの前のお食事の回。
ま、とにかく四天王揃い踏みが見られたから良しってとこかな。

“食義”についてあーだこーだと語るトリコ、ココ、サニー。
「どーでもいい・・・。」のゼブラにスカッとしたりして。スマイル

次回からは四天王 vs 四獣の、一対一バトルが始まるようです。



『黒子のバスケ』

今週一番最初に読んだのはこれ!!。
もう黄瀬が灰崎に負けたらどうしようか、と。

灰崎にもキセキの世代の技は盗めない。

青峰の技を決める黄瀬。
頭に血が上って、仲間の技を盗む灰崎。

黄瀬は自分に合せて、他のキセキの仲間の技を調整している。

・・・突然ですが上矢印ここまでだと、ちっともバスケマンガの感想と思えないことに気付く。スマイル

「黄瀬涼太、底なしのバスケセンスだ。」←これでやっと一応バスケマンガの感想

海常、ついに逆転。
中学時代の出来事を思い出す灰崎。

赤司は灰崎に「バスケ部をやめろ」と命令した。
いつか黄瀬は灰崎を追い抜き、スタメンの座を奪うだろう。
その時、プライドの高い灰崎は結局いなくなる。
早いか、遅いかの違い。

人は負けとか失敗からも成長するんですけどね。
灰崎の性格を考えると部をやめちゃうだろうとは私も思うけど、赤司はチャンスを奪っちゃったんだな。

さて腐った性格の灰崎は、ここでラフプレイに出ます。
それでも黄瀬は負けません。

「言ったはずっスよ。ジャマすんじゃねぇって。勝つのはお前じゃない、オレだ!!。」

最後は大好きなウィンクダンクを決めて、海常、勝利。

おめでとう!!、黄瀬君、海常!!。バンザーイ!\(∇~*\) (/*~∇)/バンザーイ!

深呼吸して、火神と黒子にぐーを出す黄瀬君、カッコ良いぞ!!。ダブルハート

さて、心根が腐りきっている灰崎。
黄瀬に復讐しようと考えてます。
そこは中学時代から灰崎を良く知る青峰が察知、ぶん殴って止めます。

これバレたら大変だと思うんだけど・・・。
次の試合がないから青峰に回ってきた役か?とか思っちゃったよ。

思えば鼻高々だった青峰が随分変わったものです。
次の試合がないのは、試合の組み合わせによるものではありますが、青峰自身が灰崎に言った「きたえてきた黒子と黄瀬」と、「自分の才能にのぼせて努力しなかった青峰」の差でもあると、青峰も分かってる気がする。

さて4強が出揃いました。
先ずは緑間 vs 赤司、そして黒子 & 火神 vs 黄瀬。

黄瀬君には万全の体調で試合に臨んで欲しいです。


『ハイキュー!!』

もうジャンプでは正統スポーツマンガを読めることはないと思ってたんで、本当にこの『ハイキュー!!』は嬉しいです。

旭がエースとしての自分を取り戻すまでを2話使ってじっくり描きました。

先週からの、リベロがボールを拾う気持ち。
それに応えようとするエース。
お互いに支えあってスポーツ。

そんな心理描写がしっかり描かれてて読み応えあります。

次回からは主人公sの見せ場かな。
楽しみです。

このまま能力スポーツに移行しないで欲しいです。


『暗殺教室』

もう殺せんせーの可愛さにメロメロです!!。
ビジュアル的にはとんでもないキャラなのに。スマイル

今回は北極の氷でかき氷ですってよ。
是非御相伴にあずかりたいものです。
私は宇治が好き。

クラスで育てたチューリップを切ってしまったセンセー。
能力を使わずに植え直す姿も可愛らしい。

さてE組に副担任がきました。
真っ当な心根の持ち主っぽいです。

そしてもう一人E組に。
こちらは松井先生らしいキャラだな、停学の解けた生徒のようです。
「一回さぁ、先生って生き物を殺してみたかったんだ。」

毒のあるイッチャッてる彼が、どう殺センセーにあしらわれちゃうのか?。
楽しみ、楽しみ。



今日は楽天ブログさんはご機嫌が悪いらしく、1万字を超えたらはねられました。
ジャンプ感想の続き・その2はこちらです。








最終更新日  2012年07月14日 11時59分42秒
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:週刊少年ジャンプ 33号 感想 その1(07/14)   おぼろ. さん
>黒子

黄瀬くん、勝利!で本当に良かったです!
キセキが黒子や火神と対戦して変わっていく様もツンデレ落としの醍醐味です♪

>ハイキュー!
毎回、爽快感ですね!
エースの復活も良かったですがスガさんと影山、正セッターがどうなるのかが気になります。 (2012年07月14日 15時10分56秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.