3007610 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

よろず屋の猫

PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

カレンダー

お気に入りブログ

偽装不倫 第10話 MAGI☆さん

おぼろ二次元日記 おぼろ.さん
non*non's diary _non*non_さん
旧:無菌室育ち わに庭さん
生きてるだけでマル… るぱん0786さん
からまつそう yamahusaさん
◆◇黒衣の貴婦人の徒… なぎさ美緒さん
読書とジャンプ むらきかずはさん
ことば日和 magrimagさん
まったり感想日記 せりざわはなさん

コメント新着

http://viagraky.com/@ Re:『BLEACH』 116話 (2/21) 感想(02/21) viagra 150 mg pills <a href="h…
http://buycialisonla.com/@ Re:『怪談レストラン』のグッズ(03/03) using viagra and cialis togethercialis …
310@ Re:『DOGS / BULLETS & CARNAGE』 6巻 三輪士郎 作 感想(02/20) わぁこんなに楽しく感想コメントしてるな…
alateentulk@ ,coach オンライン アウトレット,アディゼロ ツア   右の感触は:ほとんどのゴルファーは…
usaggidge@ ,レディス スニカ 人,モンクレル maya メンバーはナイキのバスケットボールシ…
usaggidge@ ,モンクレル ダウンコト, メンズ 人 彼らはそれを身に着けるために快適である…
MageMoons@ Re:ドラマ 『ガリレオ』が楽しみ!!(09/17) 流行 水着swiss 腕時計レディース 靴 通販…
監視カメラ@ fysnybkkun@gmail.com Amazing blog! Do you have any helpful h…

フリーページ

頂き物・お話



エンヴィーという名の刃


Blue


扉は冒険の入り口


大すきな赤い風船


春を待ちながら


頂き物で遊ぶ


夢の懸け橋...to おぼろさん


春の予感


十年早いぜ


分ってないな


ずっと手をつないで


金曜日のラララ (1)


金曜日のラララ (2)


砂神の玉座


設定 その1


設定 その2


序章 その1


序章 その2


序章 その3


第1章 『宴』 その1


第1章 『宴』 その2


第1章 『宴』 その3


第2章 『北へ』 その1


本の感想


『かもめの叫びは聞こえない』アン・スミス


『迷路』 キャサリン・コールター


『マーダー・プラン』 J・ケラーマン


『レッド・ライト』 T・J・パーカー


T・ジェファーソン・パーカー 一挙読み


『殺意』 リンダ・フェアスタイン


『ロマンスのR』 スー・グラフトン


『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊  


『黄昏の百合の骨』 恩田陸


『家族狩り・5部作』 天童荒太


『麦の海に沈む果実』他 恩田陸


『天使の遊戯』 アンドリュー・テイラー


『天使の背徳』 アンドリュー・テイラー


『天使の鬱屈』 アンドリュー・テイラー


『蛇行する川のほとり』 恩田陸


『GOTH』 乙一


『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


『最後の旋律』 エド・マクベイン


『ZOO』 『失われる物語』 乙一


『追憶のスモールタウン』 R・ワトソン


『エミリーの不在』 ピーター・ロビンソン


『ウィンディ・ストリート』 パレッキー


『夜のピクニック』 恩田陸


『白狐魔記・戦国の雲』 斉藤洋


『No.6 ♯5』 あさのあつこ


『緋色の迷宮』 トーマス・H・クック


『天使と悪魔』 ダン・ブラウン


『ある秘密』 フィリップ・グランベール


『真夜中の青い彼方』 ジョナサン・キング


『ダーティ・サリー』 マイケル・サイモン


『渇いた季節』 ピーター・ロビンソン


『サメのこどもたち』 入り江わに


『よるくま』 酒井駒子


『手紙』 東野圭吾


『姑獲鳥の夏』 京極夏彦


『閉じた本』 ギルバート・アデア


『蒼い闇に抱かれて』 イローナ・ハウス


『邪魅の雫』 京極夏彦


『わたしのなかのあなた』ジョディ・ピコー


『容疑者Xの献身』 東野圭吾


『悪霊だってヘイキ!』 小野不由美


『悪夢の棲む家』 小野不由美


銃とチョコレート 乙一著


『あなたに不利な証拠として』ドラモンド著


『埋葬』 リンダ・フェアスタイン著


『オフィサー・ダウン』 シュヴィーゲル著


『煉獄の丘』ウィリアム・K・クルーガー著


『ぼくと1ルピーの神様』 スワラップ著


『青の炎』 貴志祐介著


天使が震える夜明け P・J・トレイシー著


全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

金曜日のラララ

2009年06月08日
XML
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)






女達が泣いている。

博志は車に排気ガスを引き入れて死んだ。
大量の風邪薬とアルコールを飲んで。
車に残っていたCDはジャズ。
博志が、人生の最後に聞いていた音楽がジャズとは驚きだ、と麻美は思う。

浩二がポツリポツリと言葉を落として説明する。
電話が掛かってきた、変だ … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年06月08日 22時03分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年03月03日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








私は博志の横に行くと、水道の蛇口を博志に向けて全開にした。
私のテンションそのものに、水は勢い良く飛び出して、由美の右手の代わりに博志の頬をピシャリと打った。
慌てて博志がよけると、水は放物線を描いて下に落ち、乾いたコンクリートに染み込んで行く。
ボトボトボトと情 … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年03月03日 22時26分33秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年02月27日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








「こーじ!!」と博志が大きな声で呼びかけ、二人ともがこちらを向いた。

「よしなさいよ」
私は肘で博志を突こうとしたが、博志はその肘を取って自分の方に引き、更に抱えるように私の口元を押さえ込んでしまう。
結構細身だと思ってたのに、さすがに男の子の力は強くて、「ちょっ … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月27日 23時07分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月16日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








夏休みが終わると、夏も終わったような気分になるけど、とんでもない。
今日はとにかく蒸し暑い。
季節はカレンダーの一枚を切り取るようには変わらない。

博志は両手をポケットに突っ込んで口笛を吹きながら、隣りに並んだ私の耳元に唇を寄せ、
「あの二人、いつまで持つと思う … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月16日 22時08分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月09日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








「由美が何だか知らないけど、猛烈に怒ってて、なだめんのに四苦八苦よ」
言いながら、私にチューインガムを一枚差し出す。
「博志、あんた由美に何か言ったんじゃないの」

冗談だと分っていても、博志を睨みつける遥の目には迫力がある。
博志と本当に対等に話が出来る女の子は … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月09日 21時59分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月05日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








高校に入ってからたった五ヶ月ちょっとで彼女が二人居た男。
夏休み明けに二人目の彼女と一緒のところを見ないなと思ってたら、「はい、終わり」をしたと簡単な答え。

一体どうしたらこんな男の心を捉えられると言うのだ?。
バンドに入って早々“博志の悪友”のポジションを手に入 … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月05日 23時00分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月02日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。

金曜日のラララ (1)
金曜日のラララ (2)








文化祭は十一月の初めにある。
持ち時間は三十分。
私達はコピーを二曲、オリジナル三曲で行こうと言う話になった。
なのにラストに持ってくるつもりの新しい曲が全然出来てない。
博志が「調子がでない」とか言いながら、全く手をつけてないからだ。
博志は高校生活二人目の彼女 … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月02日 23時43分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月01日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。







第三音楽室には防音を施した二つの小さな個室がある。
元々は他の音に邪魔されずに楽器の練習をしたり、レコードを聴く為にあるのだが、軽音部の連中にとっては格好のデートスポット化している。
さすがに学校内でそうきわどい事はできないが、キスするにはもってこいと言うわけだ。
今も二年の先輩がA室に、彼女を連れ込んでい … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年02月01日 23時51分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年01月29日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。








さっきまで彼が相手をしていたのはただの“女の子”だった。
私だったかも知れない。
今、窓の外、バス停へと向かいながら笑い声を上げている誰か、だったかも知れない。
誰と入れ替わろうと、彼にはどうでも良いことだっただろう。

今、初めて、“私”と言う存在がいることに気付いて、こちらに向かってくる。
彼の声にハリが … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年01月29日 23時01分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年01月24日
カテゴリ:金曜日のラララ
前回までの話はこちらです。








「卓也もその内、恵美に飽きるさ。」
「別れるのを待つなんて趣味じゃないわ」
「だったら本気で考えてみなよ、浩二のこと。中学からの付き合いだから言うけど、根は真面目なヤツなんだ」
「浩二君は私を気に入ってる。でも好きってわけじゃない」
「始めはそれで良いじゃないか」
「私はイヤ」
「少女マンガみたいな女だな … [続きを読む >>]





最終更新日  2009年01月24日 22時38分20秒
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.