000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

読書による経験価値

PR

X

全8件 (8件中 1-8件目)

1

ビジネス本(コミュニケーション)

Jan 3, 2007
XML
相手を知ることで良いコミュニケーションを

心の動きが手にとるようにわかるNLP理論
千葉 英介

明日香出版社 2003-10-31


人と話しているときにどうも噛み合わないな?とか
「わかる」と言ってくれてるけど、本当にわかってるのかな?
と感じることがよくあります。

こう感じたときは明らかにコミュニケーションギャップが生じています。
では、なぜコミュニケーションギャップが起きるのか?

一般的には、
「立っている場所」
「見ているもの」
が違うからといわれます。

では、どうすればこの違いを埋められるのか?

本書では、このような疑問を体系立てて解説してくれています。

■NLPとは

NLP(Neuro-Linguistic Programming)とはあまり聞いたことは
ないかもしれません。私も本書で初めて聞きました。
日本語にすると「神経言語プログラミング」。

すごく簡単にいうと、NLPとは「なんとなく」を追求するものです。

「なんとなく伝わった」(とりあえず「わかった」と言ってもらった)
「なんとなく判った気がする」(概略だけ)
NLPは、こんな曖昧状況を打開するのに有効です。

コミュニケーションのポイントは「伝える内容」よりも
「伝え方」が重要です。
その理由は、コミュニケーションにおいて「伝える内容」は
全体の7%しか占めていないからです。
残りは、
 音の調子:33%
 視覚:55%
という割合で締めます。

つまり、『視覚』や『聴覚』という非言語的な部分の
方が重要度は高いのです。

非言語的なものが重要ならばそれに重点を当てるように
変えればいい。つまり、ボディランゲージなどを使って
イメージを伝えるようにします。

■代表システム(コミュニケーションタイプ)
非言語的なものに重点を当てればよいといいましたが、
その中でも重点を置くものは会話をする相手によって違います。
本書では、以下の3つに分類しています
 視覚タイプ
  イメージで伝える。図解などが有効。
 聴覚タイプ
  文字を頭の中で組みたてる。詳細な情報を使って伝える。
 体感覚タイプ
  ジェスチャーを使って、体感的に伝える。

これらのタイプがわかるだけでも、「伝え方」がうまくなります。

■NLPを自分へ適用
NLPでは『アウトカム』という定義しています。
アウトカムは、
 目的
 目標
 ゴール
 望ましい状態
 成果
で構成されています。

これはセルフマネジメントにも有効です。
自分がどこに向かって走っているのかというのが
わからなければ、学習していても仕事をしていてもプライベートな
計画を立てていても遠回りしてしまいます。

アウトカムの各フェーズを正しく定義し、フェーズの終わり毎に
確認・修正していくのが、うまくいく秘訣かもしれません。

■まとめ
本書で書かれている内容のポイントは『いかにうまく伝えるか』だと思います。

うまく伝えるために、相手を知り、それにあわせることで、
コミュニケーションを向上させていく。

当たり前に言われていることを体系立てて説明されているため、
わかりやすいでした。

☆代表システム別接し方
☆自分の中にいる3人
☆「なんとなく」排除

★★★★☆+伝え方テクニック

書評後記
本書を読んで、周りの人の代表システムを考えてみました。
ある後輩:受動的な視覚タイプ
ある先輩:詳細型の聴覚タイプ

受動的な後輩に対して、「やり方は任せる」なんて
言ったことがあります。

詳細型の先輩に対しても、「大枠こんな感じです」と
報告したことがあります。

ギャップを生むもとですね。
これからは気をつけていきたいです。

マップ create by jude-think
NLP理論






Last updated  Jan 3, 2007 10:35:03 AM
コメント(2) | コメントを書く


Oct 8, 2006
《EQリーダーシップ
 ダニエル・ゴールマン /リチャード・ボヤツィス著 2002年6月》
EQリーダーシップ

雰囲気が悪い組織というのは、得てして業績も良くありません。
逆によく笑いが起こり、明るい雰囲気の組織は効率的で
成果をあげています。
この2つの組織は何が違うのでしょうか?

違いはEQです。
前者はEQが低く、後者はEQが高い組織です。

では、「EQ」とはなにか?

「EQ」は「心の知能指数」とも呼ばれ、感じる知性のことです。
EQが高い組織というのは、その組織の中にEQリーダーが
必ずいます。EQリーダーは組織上のリーダーとは限りません。
組織の感情をコントロールするのは、本当のリーダーでなくともできると
いうことです。

本書では、
・EQを使ったリーダーシップとはなにか?
・EQの効果とは?
・EQリーダーになるためにするべきこと、してはいけないこと
が書かれています。

組織におけるリーダーのスタイルは大きく2つに分けれます。
1.共鳴型リーダー
 ビジョンを明確にし、熱意をもって率先して行動する。
 また、メンバーへの理解も高く信頼も厚い。

2.不協和型リーダー
 こだわりが強く、権限委譲ができない。
 時に、高圧的態度をとりすべてを自分の管理化におこうとする

2つのスタイルは誰でもなる可能性があります。
後者のリーダーはEQコンピテンシーが低いリーダーが
なる可能性が非常に高いです。

EQコンピテンシーとは、以下の4つから構成されます。
1.自己認識
 自分の感情、価値観などを認識する
2.自己管理(セルフコントロール)
 感情の衛生管理、達成意欲など。
3.社会認識
 メンバーの感情を汲んで、共感へ導く
4.人間関係の管理

この4つのコンピテンシーはリーダーにとってとても
重要なことです。
自分を知り、管理できない人に組織を管理することは
できません。

人の感情は、脳と密接に関連しています。
感じる脳を鍛えることで、EQが高まり、組織を活性化することが
できます。

本書を読み終えて思ったことは、
「自分はどうだろう?」
です。

その時々の感情に任せて、態度が変わっていたりしないだろうか?
感情のセルフコントロールができているだろうか?

EQを鍛えるための自己学習はビジネスの現場だけでなく、
日常生活でも可能なので、早速実践したいと思います。

☆ 感情の衛生管理
☆ 共鳴型
☆ 感情の伝染

お薦め度:★★★★☆+感じる脳

書評後記
本書に書かれていることは、「コーチング」や
「ファシリテーション」などにも通じます。

気分悪く仕事をしていてもいい成果は出ません。
「怒鳴りつける」「感情的に攻撃する」などの
不協和型リーダーにならないために、自己学習を
絶えずしなければいけないと感じました。

マインドマップ

EQリーダーシップ






Last updated  Oct 8, 2006 05:33:06 PM
コメント(1) | コメントを書く
Aug 25, 2006
《メール道
            久米信行著 2004年5月》
メール道

ブログ道で紹介した久米さんの書籍。

メールでコミュニケーションをとるのが最近では当たり前に
なりました。PCでのメールはもちろん、携帯電話の大普及により
いつでもどこでもメールを書いたり、見たりすることが
可能になりました。

友達とのメール(特に携帯)などでは絵文字や顔文字などを
使って、メールという無機質なものに感情を入れようとします。
しかし、ビジネスでやりとりをするメールではそのようなことは
できません。

本書では、メールにいかに「心」を込めるか。
メールを通じての「縁」を築くためにはどうすればよいのか。
ということが、心得・準備・実践という段階を踏んで説明があります。

「心得」
メールに「本気」を込めるにはどうすればよいのか?
どうすれば、読まずに捨てられるメールにならないのか?
ということが書かれています。
情報伝達力の公式」は必見です。

「準備」
自分を認識してもらうための準備が書かれています。
電子署名の大切さなどは改めて認識しました。

「実践」
タイトル・本文でどのように書けば言いたいことが
伝わるのか。ということのテクニックが書かれています。

前回のブログ道でもそうでしたが、久米さんの本では、
心得」を大事にしています。
小手先のテクニックを必死に磨くよりも、メールでもブログでも
まずは心得をもって望むことが大事だということが、
この2冊を読んでよくわかりました。

☆ うれしいメールを送ろう
☆ 「本気度」
☆ 相互理解の道

お薦め度:★★★★★+無機質なものに心を込める

マインドマップ
メール道

つぶやき
この本は、社会人になってすぐの人よりも、
数年経験している人の方が納得の内容かもしれません。

すべてのビジネスマンにお勧めです。






Last updated  Aug 25, 2006 11:55:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
Aug 13, 2006
《マインド・マップ活用術
            トニー・ブサン著 2005年4月》
マインド・マップ活用術

この本はタイトルに「マインド・マップ」とついていますが、
マインドマップの本ではありません。
「コミュニケーション」を鍛えるために、マインドマップを
どのように活用すればよいかを紹介している本です。

コミュニケーション力が高い人はどういう人でしょう?
1.知識が豊富でどんな人と議論しても負かしてしまう人
2.初めて接する人でもすぐに仲良くなってしまう人
3.話はうまくないけど、どんな話でも真剣に聞いてくれる人

3つの中でコミュニケーションに長けている人は2,3の人。
1の人はコミュニケーション力は高くないです。
本書では「コミュニケーション力」を
「話す力」と「聞く力」の掛け合わせ
と定義しています。

どちらに偏っていても他人と正しい(楽しい)意思疎通は
できません。
例えば、
話す力に長けていて、聞く力に乏しい人は「ディベート」を
好む傾向があり、相手に「好印象」を残す可能性は低い。

本書では、右脳+左脳+五感でコミュニケーションを行うための
ポイントを事例を交えて解説しています。
途中にコミュニケーション力テストもあり、自分の今の力が
わかります。
ちなみに、私は26/45で「標準以上」だそうです(ホントかな??)。

本書の中で一番印象に残ったのが
「空手と合気道の違い」
という内容。
空手は相手が殴りかかってきたら、それをブロックして
殴り返す。しかし、合気道は相手が殴りかかってきても、
ほんの少し脇に移動してパンチを避け、バランスを保つ。
合気道型コミュニケーションの方がずっと効率がよく、
調和が取れている。

私もこれを心がけていこう!

☆ IQ<EQ
☆ 自分を知ろう!
☆ 広い観察力

お薦め度:★★★★☆+テクニック

マインドマップ
MM活用術


つぶやき
コミュニケーションにおいて、私が身につけたいのは、
・聞く力
・比喩力
の2つ。
どちらも今の自分には足りない。
意識して地道に身につけたい!






Last updated  Aug 13, 2006 11:18:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jul 17, 2006
《図で考える人は仕事ができる(実践編)
           久恒啓一著 2003年8月》
図で考える人は仕事ができる(実践編)
「図解」といえばでお馴染みの久恒さんの本。
本書は、ほぼ一年前に読んだ「図で考える人は仕事ができる」
「実践編」です。

図解の重要性を知ってから仕事でよく図を描くようになりました。
長々と文章を羅列するよりははるかにコミュニケーションを
とりやすいですし、自分の考えも整理しやすいです。
マインドマップと組み合わせると相乗効果が高いです。

本書の内容は、自己分析、ビジネス、教育などでの効果的な
図解の使い方を例としてあげています。

例として挙げれていた中で「やってみよう!」と思ったのは、
以下の3つ。
1.「仕事の攻め方」を図解する
 今やっている仕事での自分の役割と仕事内容を図解する。
 図解したものが周りの人がホントにやって欲しいことかを
 考える。もし、マネージャなら部下からみてどんなことを
 してくれたらうれしいか(楽しく仕事ができるか)を
 考えるといいマネージャになれる。

2.自分のキャリアを図解する
 今の自分、そしてこれからの自分を時系列で図解すると
 いまどんなことがやりたくて、どんなことに興味があるかが
 はっきりとする。そして、将来目標を立てやすくなる。

3.会議資料を図解する
 会議の資料というのは文章モノが多い。
 しかし、分厚い文章の資料を渡されても会議中に今全体の
 どの部分を議論してるのかわからなくなることがある。
 図解することで会議参加者で「いま立ってる場所」
 「向かってる方向」を共有する。

図解というのは文章では伝えにくい関連や強弱、
全体像などがわかりやすいため、適用できる場面は
たくさんあります。

本書を読んで、「やっぱ、図解だよな~」って改めて、
感じました。

「図解の使いどころ」がよくわからない人にお勧め。

☆ 表現方法は無限
☆ 体系化と事象把握
☆ まずはキーワードを矢印でつなぐ


お薦め度:★★★★☆+仕事設計

マインドマップ
図で考える(実践編)








Last updated  Jul 18, 2006 01:14:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 25, 2005
《3分以内に話はまとめなさい 高井伸夫著 2003年9月》

3分以内に話はまとめなさい

この人の話はうまいな~って思うとき、自分はその人の話を
なぜ「うまい」と思っているのだろう?
恐らく次の3点が満たされているから。
1.自分が聞きたい内容を話している
2.要点がハッキリしている
3.誰かに話したい内容を話している

この3つは話をする上で非常に重要なポイントだ。
1.は話す相手の立っている位置を意識した話し方
2.は伝えたい内容をしっかりと自分の意見で話している
3.は「おみやげ」効果

本書では3分で話をまとめることの意義を説明し、
「印象に残る話し方」、「人に好かれる話し方」など
人とコミュニケーションをとる上での基礎知識をわかりやすく
解説してくれている。

「自分のスタンスをはっきりさせる」ことこそ「個性」である

本書の中で一番印象に残った言葉だ。
話を相手に正確に伝えるためには自分の立っている位置や
向いている方向(スタンス)が曖昧だと話の内容もチグハグで
絶対に伝わらない。

いつも心に刻んでおくべき一言だ。


☆「当意即妙」
☆おみやげ効果
☆スタンスの重要性

お薦め度:★★★★★+デキル人になる


マインドマップ

3分で話はまとめる






Last updated  Dec 25, 2005 10:44:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 14, 2005
《図で考える人は仕事ができる 久恒啓一著 2002年5月》
図で考える人は仕事ができる
「日本語は難しい」
常日頃仕事関係のドキュメントの作成や会議資料などで
さまざまな文書を書きますが、自分の意図がなかなか相手に伝わらない。
間違った表現として受け取られてしまう。
そんな経験をしたことは誰にでも一度はあるはず。
なんでうまく伝わらないんだろう??

そんなモヤモヤを解決するために、この本では図解の活用を推奨し、効果的な図解の使いかた・書き方が書かれている。
図解でコミュニケーションする場合の利点、それは一言で言うと「わかりやすい」ということだ。箇条書きでツラツラとならべられてもその関連性を見出すことはできない。しかし、図解表現をすることで、項目間の関連やものごとの構造性などがはっきりする。


最近は、私もセミナーや会議をしているときなど、聞いた内容をマインドマップで書くようにしている。それによって、自分の中で内容の整理をつけることができ、無いように漏れや矛盾を見つけることができるようになった(気がする)。
自分でやってみても、図解による考え方(本書では「図解思考」と表現している)は有益で騙されたと思ってやってみる価値はあるものだと思う。

「最近よく聞くけど、図解すると何がうれしいの?」という方にお勧め

マインドマップ

久恒啓一さんのHP






Last updated  Sep 3, 2005 09:45:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 7, 2005
《7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー著 ISBN4906638015》
『7つの習慣 成功には原則があった!』 
人と話をするときには、どうしても自分の引出しの中でしか内容を理解することができない。それは本当の意味で、その人の話を理解しているとはいえない。
話の合意点にお互いに妥協点を見出して、しぶしぶ合意する。
そんな経験をいままで、山のようにしてきた。

この本では、応急処置的手法である個人主義をやめ、私的成功⇒公的成功を達成するための原則主義へパラダイムシフト(思考転換)をするための7つの習慣が述べられている。

個人主義では人との間に問題が起きた場合、原因は相手にあり、解決策は自分が提案したもの以外ありえず、相手を打ち負かし、その提案を飲ませることで解決するものであり、根本的問題な解決にならない。(ちょっと言い過ぎのような気もしますが)
根本的問題の解決には原則主義が必要である。

原則主義は私的成功⇒公的成功の順に実行する。
私的成功とは、物事に反応的にならないように「主体性」を身に付け、
自分の行動目的をはっきりさせるため、ミッションステートメントを明確にし、自己を管理し目的を達成すること。

公的成功とは、人との関係をWin-Winにするように努め、相手の気持ちになってコミュニケーションを行い、協力して最適解を導く。

この本にかかれていることは目から鱗のことばかりだった。
小手先のコミュニケーション術とはレベルが違うと感じた。

今まで自分がしてきたことを反省し、相手との相互理解を深めることで
さまざまな利点がもたらされるだろう。

「人とのコミュニケーションに自信がない」という人にお勧め。

マインドマップ






Last updated  Sep 3, 2005 09:46:23 AM
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.