1330345 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MICO'S KITCHEN since 2006

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

長いつぶやき(Long Tweets)

2020.05.04
XML
先日次男とエレベーターに乗った際「この状態は二密だね」と言ったら「お母さん2人で二密、3人だから三密ではないからね!」と言われてしまいました(>_<)
言葉の使い方、間違ってすみません。
 

緊急事態宣言からもうすぐ1ヶ月、多方面でいろんな弊害、被害が出てきていて心が痛みます。
皆さま、元気で過ごしてますか?
 
エッセンシャルワーカーという言葉を最近知りました。
社会が閉じている間も世の中、人々のためにお仕事をなさっている職種の方々がいらっしゃることに、改めて感謝していきたいと思います。
 
もうこれ以上コロナにかかる人が出ませんようにと祈る日々です。
一番負担がかかっている医療従事者の皆さまが疲弊されませんようにと心から願います。
 
コロナにかかると本人だけでなく家族もつらいですし、入院費や軽症者のホテル宿泊費なども国費ですからこの先の国庫財源も圧迫します。
それはみんなの税金になってかえってくるかもしれません。


いくらか給料を返上してもいいという気概のある政治家はいないのでしょうかね。
マスク転売して裏で稼ぐようなあこぎな議員さんじゃなくて・・
国民はこんなに我慢してるのにと、ホントにグチ言いたくなります。
 
うつさない、かからない、そのためには人との接触を極力避けるしかないと思います。
 

今はつらくてこの先の不安も大きいと思いますが、とにかくみんなの力でコロナを終息させなければ出口が見えない気がします。

 
白血病の持病のある私は毎日が不安でしかありませんが、いただいた今の時間に感謝してがんばります。

 
みんなも元気でいてください!
みんなの無事を祈ってます!
 

*急に食べたくなって、テレワーク中の次男にリクエストしました。
うちはホットプレートがないので、私が子どもの頃から使ってる年季の入って黒光りしてるたこ焼き器で焼いてくれました。
ホットプレート、買おうかな(笑)


 


 


 
*******
2020 Jul.15@高円寺HIGH
Blanc(横川理+成田忍)
D-DAY(フロントアクト)
OPEN/START
19:00/19:30
問い合わせ先:高円寺HIGH
http://koenji-high.com/schedule/?sy=2020&sm=3&sd=11



*******
*川喜多美子へのメールの宛先は:salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙は下記までお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 
*CDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。






Last updated  2020.05.04 19:09:15
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.29
皆さん、コロナで本当に疲弊していらっしゃることと思います。

私は2月から家庭の事情があり、毎日目まぐるしく・・気持ちも今まで以上にきつい状況で過ごしています。

世の中のニュースで「医療関係者の方、そしてご家族の皆さんが差別を受ける」「自分さえ良ければいいと医療崩壊のことも考えず遊びに行く」などと聞くと、一層落ち込んでしまいます。

これ以上の感染者、死者を出さないためにも、お互いを思いやっていけたらと願います。
みんなの健康と無事を祈ってます。

ニュースを見ると憂うつになるけれど、優しい思いやりでマスクや消毒液を送ってくださる方もいらっしゃいます。
ありがとうございます。

今はみんなが助け合い、私も誰かからいただいた親切を別の誰かへ返していけるよう、行動してゆきたいです。

人混み、繁華街、映画館を避け、ジムや温泉、プールはご法度、出かける時は夏でもマスク、帰宅したら入念な手洗い、うがい、常に除菌液を手指にすりこみ・・
移植後皮膚はぼろぼろで、さらに除菌液で手荒れがひどく・・

これらは退院してからずっと私の日常でした。
今もそう、多分コロナが収まってもこれからも。
でも今、生きてることに感謝してがんばり抜きます。

またみんなに会えますように。
(今にして思うと去年Borisのライブに出させてもらえたのは奇跡だったなぁ・・
ありがとうございます)






*もくもくちゃんに癒されてます❤️ありがとう。
*******
2020 Jul.15@高円寺HIGH
Blanc(横川理+成田忍)
D-DAY(フロントアクト)
OPEN/START
19:00/19:30
問い合わせ先:高円寺HIGH
http://koenji-high.com/schedule/?sy=2020&sm=3&sd=11



*******
*川喜多美子へのメールの宛先は:salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙は下記までお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 
*CDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。






Last updated  2020.04.29 23:39:32
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.24
今年は無事毎年不調の6月を乗り切って「もしかしてもうすっかり元気になったのかしら」ーなんて思い上がっていたら手痛いめにあいました。


風邪をこじらせ、肺炎に。
まだ完全には治ってません。


高熱が続くので入院してた血液内科に「かかりつけ医に行ってもいいか?」と電話すると「診せに来てください」と言われ、ふらふらしながら行ったのですが。

予約外で診てもらえるとは言っても、5時間はかかり・・
待合室で待ってるのもつらく、長椅子に横になってなんとか受診。

「喉が痛い」と言っても喉もみてくれず「昼夜咳き込んでる」と言っても聴診器もあててもらえず・・

先生が見てるのは血液検査の「CRPが高いね」だけ。

結局高熱への対応ということで解熱剤のカロナールが処方されただけ。
カロナールなら家に予備がたんまりあったよ・・

熱も39度超えだと解熱剤入れても38度台にしか下がらず、そのうち喉が腫れてつばを飲み込むのも痛くなり、咳のし過ぎで腹筋まで痛くなってどうにもならなくなりました。


かかりつけ医の休診日明けに行くと心音を聞いた先生が肺のレントゲンを撮ってくれて「白い影がありますね、肺炎です」
肺炎の薬を出してくれて翌日は肺のCT撮影ー「これなら投薬と安静で治ります」と言われ通院しました。

熱も平熱に咳もだいぶ収まり、まだすっきりとは言えませんが3週間かかってなんとか治りました。

あのままカロナールだけ飲んでたら、肺炎こじらせてしまうところでした。

教訓:退院したては「新生児並みの抵抗力」と言われ感染に極力注意してましたが「もうかなり抵抗力ついたんじゃないか」と過信してしまうところがありました。

友人が「風邪からそこらに浮遊してる菌で簡単に肺炎になっちゃうなんて、介護施設の老人並みだよ」と言ってくれて、やっぱり日々気をつけていかないとーとあらためて思いました。

血液内科の先生は本当に忙しいんです、連日かつての私のような1日2日を争う急病の患者が運び込まれて、昼食をとる間もなく朝の8時半から夕方6時過ぎまで外来の患者さんを診て、大学の生徒や研修医の指導もして、血液内科一般病棟、化学療法棟の患者も全部かかえて。

いくら経験値があると言っても、全ての患者が同じ通りに回復してくれることなどなく、日々どんなにご苦労があるかしれません。

白血病が急増して、血液内科が激混みとも聞きます。
先生が過労死してしまうのではないかと本当に心配になります。

先生の負担を減らすためにもなるべくかかりつけ医に早くかかり、様子をみて異常があったら血液内科に速やかに回してもらうようにお願いしようと思います。

免疫力アップに良いと言われるバカ高いマヌカハニーや急性骨髄性白血病の先輩で読売新聞社の池辺さんオススメの黒にんにくなども食べて身体にいいことしてる気になってたのに。
なんか「無駄無駄無駄」と言われてる気が・・


あぁ、2019年の梅雨明けももうすぐでしょうか?
生きてるだけでありがたいこと。


これからもがんばります。
みんなも暑い夏、身体をいたわって元気に過ごしてくださいね。


お友達が北海道のお土産にと送ってくださった北海道限定フレーバーの紅茶。
優しい香りと味に癒されます。ありがとう。







そして7月5日の夕方、あまりに空がキレイだったのでゲホゲホしながら撮りました。なにやってんだか。






********
 
川喜多美子へのメールの宛先は: salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙は:〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 

*D-DAYのCDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。






Last updated  2019.09.04 22:59:29
コメント(4) | コメントを書く
2018.06.06
私が移植手術に入る前、同じ病気にかかった読売新聞の政治部記者・池辺英俊さんの闘病手記を読ませてもらい、たくさんの勇気をいただきました。

その後も順調にがんサバイバーの道を歩まれている池辺さんー激務の政治部からは転属されましたが、今も紙面で活躍されています。

今日はそんな池辺さんの作家・五木寛之氏へのインタビューをまとめた記事をご紹介したいと思います。
6月4日付の読売新聞に掲載ー記事全文は下記URLにて読むことができます)

人生は登山ー老いていく過程を下山にたとえ、下山にこそ登山の醍醐味があるとおっしゃっています。

人生という登山は人それぞれ、私のように滑落寸前でなんとかひっかかっているーそんなケースもあるでしょう。

私も今一度しっかりと山道に降り立ち、一歩一歩踏みしめて歩いて行きたいと思いました。




*ご年配の方が昔の話しをすることで脳が活性化、気力と元気が湧いてくることから始まった『よみうり回想サロン』の試み。
yomiDr.+(ヨミドクタープラス)にて、ぜひ併せて読んでみてください。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/network/
*6月7日(木) はフジテレビ・アンビリバボー!!
大好評!世界のアニマル最新映像スペシャル!
19:57-21:00
見てくださいね!

 
メールの宛先は:salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙はこちらまでお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 川喜多美子

*CDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。
レコードショップFUJIYAMA   http://fujiyama.press.ne.jp/
*プレス盤に関しては Amazon, HMV, TOWER RECORD でも扱っております。






Last updated  2018.06.06 10:41:16
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.02
昨年の9月16日に移植を受けて先月で1年が経過しました。
 
第1クールの抗ガン剤治療を終え仮寛解状態にはなったものの、当初予定の治療は継続不可で移植をしなければ早晩再発し、もって1−2ヶ月と言われました。
 
心底心配かけてしまった家族、飛んできてくれた親戚の叔父さん、お姉ちゃんー皆んなのためにもこのまま死んでなるものかーと思うものの抗ガン剤治療のあまりの凄まじさ、移植前にはまた5日間にわたって抗ガン剤投与、放射線の全身照射、輸注と底なしの恐怖に圧倒されるばかりでした。
 
移植はハイリスク・ハイリターンの賭けのようなもの、結果はわからないけど進むしかないー極限の精神状態の中で心のより所になったのは読売新聞記者・池辺英俊さんがお書きになったご自身の急性骨髄性白血病闘病記でした。
 
記事の最後には再発を乗り越え職場復帰なさった池辺さんの素敵な笑顔・・そして私の送った手紙に力強い激励のメールを届けてくださいました。
 
闘病に対する心構え、いろいろなアドバイス、全てが私を支えてくれー「元気になって池辺さんのように仕事に復帰し、世の中のために、困っている人のために尽くすことのできる人になりたい」と心から思いました。
 
病院関係者の方々には本当にお世話になりました。
仕事とはいえ、あのつらい日々を24時間態勢でフォローしてくださり、時には手を握り背中をさすり、苦しみに耐えきれなかった私をカンファレンス室でこっそりハグしてくれたこともありました。
 
事務所の社長、マネージャー、アンビリのディレクターも駆けつけてくれ、元マネージャーは無菌室にも顔を出して励まし続けてくれました。
 
ここまで来ることができたのは沢山の善意の人たちのおかげ。
 
応援してくださる友達、音楽仲間、ファンの方々、みんなの思いに毎日感謝しています。
そして私に大切な臍帯血をくださったドナーの男の子とそのご両親様。
ありがとうございます。
 
まだ恩返しにはほど遠いのですが、これからの生き方で私の感謝の気持ちを表していけたらいいなと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
 
 
退院して7ヶ月、時折体調の揺り戻しはあるものの元気でいます。
桜を見上げ、雨に濡れた紫陽花を愛で、夏の陽射しを感じ、秋めいた風の中を一人散歩しています。
 
去年の今頃は無菌室で明日をも知れず襲いかかる様々な症状の中、ただ1日が過ぎていくのを耐えてるだけでした。
 
今はケーキが焼けるだけでシアワセです。
ケーキの向こうには笑顔があるからね❤️
 
 


 
 
 
*最近の新作、新生姜とオーガニック蜂蜜のシフォンケーキ。
気持ちが優しくなるようなお菓子をたくさん作りたいな〜
 
ールの宛先は:salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙はこちらまでお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 川喜多美子

*CDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。
レコードショップFUJIYAMA   http://fujiyama.press.ne.jp/
*プレス盤に関しては Amazon, HMV, TOWER RECORD でも扱っております。






Last updated  2017.10.02 14:03:18
コメント(4) | コメントを書く
2017.07.25
この一ヶ月・短い間でしたが、ちょっとトンネルに入り込んだような気持ちの浮き沈みがありました。
 
振り返ってみると昨年緊急入院した7月6日が近づくにつれ、なんだかその日が自分の命日のように思えて・・
あの時のつらい気持ちが蘇ってきてどうにも心が乱れます。
 
ある意味それまでの人生が断絶されて、その日から「がん患者」としてしか生きられなくなったからでしょうか。
それは私にとってはどうしようもない現実、受け入れるしかない現実。
 
今までは病後の体調管理や、自分自身に「がんばれ、がんばれ」と言い聞かせることに一生懸命で余計なことを考える余力がなかったんだろうな。

がんばり続けてちょっと息切れしちゃったのな、でもがんばらないとここまで来れなかったのは確かです。
 

昨年の今頃の地獄のような日々を思い返すと今があることは夢のようにありがたく、だからその分何かの形で世の中にお返しをしなければと思うものの・・

だからといって今すぐ何かができるわけでもなく、毎日が過ぎていって。
 
そんな漠然とした罪悪感もあって、心がざわざわしていたのかもしれません。
 
思いの外それらがストレスになっていたのか、ヘルペスも出て先週は皮膚科やらカウンセリングで3回も通院してしまいました。

話しを聞いていただいた看護師さんから「今はまだ回復途上、力を蓄える時と考えて焦らず体力をつけていくように」とアドバイスをもらいました。
カウンセリング後に書いたノートを読み返してみたら建設的で前向きなことがいっぱい綴られていたので、大丈夫、トンネル抜けたみたい。
 
先日自宅に帰り、衣装ケースごと夏物衣料を療養先に持ち帰りました。
思えば昨年は一夏中パジャマで過ごしたから、夏物もケースに入れっぱなしだったんだよなぁーそんなことを思いながら少しづつ洗濯しています。
 
毎日暑いけど、気持ち良く乾いた洗濯物をたたむ時ささやかな幸せを感じてます。
 
学校の夏休みは始まりましたね、みんなも楽しい夏を満喫してください。

 



*母の日にもらったプリザーブドフラワー。
ハートの向こうに素敵な未来が見えますように❤️
 
 
 
メールの宛先は salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙はこちらまでお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 川喜多美子

*CDに関するお問い合わせは下記店舗までよろしくお願いいたします。
レコードショップFUJIYAMA   http://fujiyama.press.ne.jp/
*プレス盤に関しては Amazon, HMV, TOWER RECORD でも扱っております。






Last updated  2017.07.25 11:50:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.05
まず最初に10/3の私ごとの公表に対し、多くの方から励ましのお言葉をいただいたことに心からお礼申し上げます。

皆さまからのメッセージを読みながら涙が溢れてなりませんでした。
こんなにも多くの方に支えていただいて、本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

もう3ヶ月も闘病生活を続けているので、いつの間にか字を書くのも手がぶるぶる震えるほど衰えてしまいました。
パソコンのキーボードを叩いていも時折手が震え、その度に指をさすったりしながら打っています。
病院のインターネットは朝7:00から夜21:00まで。日中も上限になるとアクセスが突然遮断されてしまいます。
そういった環境ですが、これからもブログは少しづつ更新していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本当に皆さまの存在があって、今私が生かされているのだと思います。
皆さまのお一人お一人に感謝を捧げます。
ありがとうございます。
今後の病状はまだわかりませんが、生きぬくためにとにかく頑張ります。耐えます。

一昨日の病気告知ブログですが、深刻な文章の中にも「私も(獅子座の女から)乙女座の女になるのね。」のくだりで、いつものくすっと笑える美子さんのテイストが出てて少し安心しましたーとコメントもらいました。
ありがとうございます。

もう一つ笑える話しをしますとー面談室で家族とともに医師から
「診断の結果、あなたは急性骨髄性白血病です。それもぎりぎりまで進行しているから明日から抗ガン剤治療をしなければなりません。」
と宣告された夜、病室に一人になり・・私の頭の中で何かの曲がずっと鳴っていました。

人はがんと宣告された時、どう思うか?
私の場合は頭が真っ白で何も考えられませんでした。

一睡もできない中、ふと頭の中で聴こえている曲がレッド・ツェッペリンの♪ Stairway to Heaven(天国への階段)だと気づきました!

「マジか?」と自分でも思わず苦笑してしまいました。
嘘みたいな話しですが、ネタじゃないの!ホントなんですよ(笑)

誕生日(8月20日)も一緒だしロバート・プラントさんとは、もうソウルメイトなんじゃないかと勝手に思ってます。


メールの宛先は:
salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙はこちらまでお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 川喜多美子








Last updated  2016.10.05 13:31:11
コメント(8) | コメントを書く
2016.10.03
ずっと言えずにいたのですが、所属事務所にも了解をもらい本日公表することといたしました。
実は7月6日より闘病生活を送っています。
あれからもう3ヶ月近く経ちましたが、今はまだ闘病途中としかお伝えできない状況です。

病名は急性骨髄性白血病、夏目雅子さんがかかった病気として皆さんご記憶かと思います。
渡辺謙さんのように、病を克服し復帰後も精力的に活躍なさっている方もいらっしゃいます。

私の場合緊急入院後すぐ抗がん剤治療を始めたのですが、副作用とアレルギーがひどく継続を断念し先月16日に臍帯血(さいたいけつ)移植を行いました。
もうすぐ3週間になろうとしていますが、未だに面会謝絶の無菌室にいます。

急性骨髄性白血病と今私の身に起こっていること、これから起こるであろうことについては読売新聞の記者であられる池辺英俊氏がご自身の闘病記を記されたこちらの記事をご覧いただければと思います。
白血病と闘う〜政治部デスクの移植体験記

もちろん病気には個人差があり池辺氏が臍帯血移植に至る過程も、細かな症状は違ってはいますが「急性骨髄性白血病」についての知識が凝縮されています。私自身、池辺氏のブログを読んで参考にさせてもらいました。

今の段階ではこれからどういう経緯を辿るのか私自身全くわかりませんが、乗り越えられると信じて闘っていきたいと思っています。

池辺氏の記事の中で移植日を”第二の誕生日”というのだと知りました。
私の”第二の誕生日”は9月16日、私も遂に乙女座の女になるのねーと思ったところ、13星座では9月16日まで獅子座みたいなので生涯獅子座の女を通そうと思ってます。

闘病中は退院してからの生活をイメージし未来を描き、希望を持つことが大切とアドバイスをいただきました。
その時心に浮かんだのが、横浜黄金町・試聴室2でのトークショー、MICO’S KITCHENー斉藤ひろこさん個展、新宿ロフトや”晴れたら空に豆まいて”、”月見ル君想フ”、赤坂グラフィティーで出会った皆さん、そしてメールやお手紙をくださる皆さんのことでした。

もう一度また会いたい、歌えるのかどうかもわかりませんが、まだまだみんなと一緒にいたいという気持ちでした。
だから今いる無菌室を出て、またいつの日か会えることを願って闘病生活をがんばります。

これからもよろしくお願いします。
無菌室より  川喜田美子

メールの宛先は:
salad_days_yoshiko@yahoo.co.jp
お手紙はこちらまでお願いいたします。
〒107-0052  東京都港区赤坂 4-2-13  トワールビル 大沢事務所気付 川喜多美子

*ケラ君(ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏)にたくさんのCDと共に激励のイラストいただきました!
ケラ君、ありがとうございます。家宝にします!








Last updated  2016.10.03 17:45:34
コメント(19) | コメントを書く
2016.03.18
無事に次男が大学工学部を卒業ー
4月からは建設会社の設計部で社会人として働くことになりました。

あ〜本当に子育ては長い道のりでありました。
まだ長男は大学院2年生ですが、私の生活も大きく変わりそうです。

約一ヶ月の時間をかけて延べ17人の後輩の方々と作り上げた卒業制作の写真が届きました。
実は畳1帖半くらいの大きさなんですよ。

小学校の時からの「建築家になりたい」の夢に一歩踏み出す春。
おめでとう、よく頑張ったね。

卒業式での祝辞の中にあったー
「将来どれだけ物を得るか、持っているかーではなくて、
どれだけ人に与えることができるかーの人生を歩んでください」との言葉・・

なんだか大人の私にこそ問われているように思いました。

桜の季節はもうすぐ🌸

4年前、次男が入学した時に書いたブログ。
読み返してみると「月日は流れるものなのだなぁ〜」と感慨深いです。
大人も負けていられません(笑)

http://plaza.rakuten.co.jp/yoshikokawakita/diary/201203220000/

卒業制作2016.jpg






Last updated  2016.03.19 14:20:42
コメント(0) | コメントを書く
2015.07.01
今日は7月1日ー昨日でちょうど今年の半分が終わりました。

私にとっては精神面で劇的な変化の2015年の上半期ー
正確に言えば劇的なここ3ヶ月でした。

ホワイトデー.JPG

去年はおととしから準備に取りかかっていた新譜「MICO'S KITCHEN」の
リリースを7月にひかえ、前半はそれにかかりきりでした。

7月の下旬には斎藤ひろこちゃんの個展にて発売記念のイベントを開催。

発送などの業務に追われる中、横浜黄金町の試聴室にてトークショー。
8月には誕生日を迎え、9月9日から24日まで16日間の海外旅行。

帰国後の10月はほとんど醒めやらぬ興奮状態の内に過ごし、11月に
ちょっとしたことでひどく落ち込んでしまい、それがきっかけで
今振り返ってみると「軽い更年期鬱の入り口」に入り込んでしまったように
年末から今年の3月くらいまで5ヶ月を過ごしてしまいました。

普通に日常生活を送ってブログもちゃんと書いてる正常な自分と、ただただ
虚しくてふとした瞬間に全てを投げやりたくなるような自分が同居していて
「いくらAB型だからといって、このかい離状態ってなんかまずいな」
と自覚はしてたんですが・・

そんなある日某ミュージシャン(もう既にお亡くなりになっています)が、
私に降臨(!)してきまして、私に使命を与えてくれたんですよ(笑)
まぁ、この件はいずれきちんと書きますけど。

「天国のミュージシャンから天命を受けた」ーなんて言うと「なんかの宗教か?」
と心配されるかもしれませんね。

あくまでも一般教養レベルなんですが、学生時代に心理学の授業をとってた時
先生が「宗教とは究極の自己暗示だ」とおっしゃってました。

私は単に今回のことは宗教関係なく自分勝手な思い込み・自己暗示だと
自覚してますのでご安心ください。

とにかく彼(某ミュージシャン)が私に気づかせてくれたその日を境に全ての
スウィッチがONに切り替わり、すっごい前向きになって徐々に明確な人生の
目標の輪郭が見えてきました。

夢(妄想)がどんどん沸いてきて、今一生懸命それらに取り組んでます。

その夢にも関連することなんですが、来年は新作リリースとライブもやろうと
思ってます。

今の状態が「単なる躁状態なだけだったら困るなぁ〜」とは思いつつ(笑)
実現できるようまい進してまいりま〜す。

実は先月帽子展を見に行った時、ハラダさんにはこの件を告白したのですが
バカにされるかなーと思ったら、彼女に「いくつになっても女は二次元ですから」
と言っていただき、なんか免罪符をもらったように安心しました(笑)

現在ひたすら模索中なので、1ヶ月後くらいには詳しく発表できると思います。
これからもよろしくおつき合いくださいませ。お願いしまーす。









Last updated  2015.07.01 21:01:42
コメント(0) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.