000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

Profile


なおですよろしく

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

Category

Freepage List

Comments

相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

Free Space

Rakuten Ranking

Wishlist

Favorite Blog

ブログde散歩 kdyn1973さん
2018.02.26
XML
カテゴリ:健康が一番
健康を維持するためには、生活習慣を見直しましょう・・・

とはよく言われることですが、乳がんについても当てはまります。

生活習慣によって、乳がんの発生率は変化します。 


★お酒と乳がんの関係 

お酒を日常的に飲む人は、その量によって乳がん発生率が変化することが研究により明らかになっています。

1日の平均飲酒量が、アルコール換算で6g、12g、24gの人の乳がんリスクは、お酒を飲まない人に比べて4.9%、10%、21%高くなったという調査があるのです! 飲めば飲むほど、リスクが高まるという結果になっています。

ワイン1杯(100ml)、ビール1杯(250ml)でアルコール12gです。

これだけの量でも、飲むだけでリスクは上がってしまうのです。

お酒を飲まない人に比べて、リスクは10%も上昇してしまいます。 


ちなみに、どのアルコールでも、乳がん発生率が高まってしまいます。ワインやビール、蒸留酒、すべてのお酒で、アルコールと乳がん発生率の相関関係は生まれてしまいます。

しかし、お酒には発酵食品独自の利点もあります。

発酵させることにより、栄養価が高まることは、多くの研究により明らかになっています。

ですから、量を抑えつつ、楽しむのはいいのかもしれません。 


★夜更かしと乳がんの関係 

これにはメラトニンというホルモンが関係しています。生体の時間リズムの調整にかかわるホルモンです。

メラトニンには、卵巣からのエストロゲン分泌を高めるはたらきがあります。

メラトニンは午前1~2時ごろに、分泌量が最も多くなります。

そのため、夜中に光を浴びると、卵巣からのエストロゲンの分泌が高まり、乳がんリスクが高くなると言われています。 


乳がん患者と、健康な人を2グループに分けて面接調査が行われたことがあります。

10年前の睡眠時間、寝室の照明の様子、深夜の交代勤務の有無などを聞き取り調査しました。

すると、午前1~2時に起きている頻度が多いほど、乳がんリスクが高くなることが判明したのです。

深夜の交代勤務についた経験がある女性は、そうでない人に比べてリスクが60%も高まっていました。

そして勤務時間・勤務年数が多いほど、リスクが高まっていたのです。

たとえば、深夜の工場勤務をしている方、1ヶ月に3回以上の夜勤を行う看護師などが当てはまります。

メラトニンの分泌が高まる午前1~2時の間には、部屋を暗くして、ベッドで眠っているほうが良さそうですね。

仕事で深夜まで働いて、就寝時間が遅くなっている人も注意が必要です。

ただ、仕事の関係で就寝時間がずれてしまっている人は、変えようと思ってもなかなか難しいかもしれません。

少なくとも、夜更かしをして就寝が午前1~2時になっている人は改善しましょう。

また、乳がんリスクは年齢的、遺伝的、エストロゲン的にも変化します。これらを総合的に考えながら、乳がんを回避する方法を考えたいですよね。






Last updated  2018.02.26 10:32:49
コメント(0) | コメントを書く
[健康が一番] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.