108997 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

Profile


なおですよろしく

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

Category

Freepage List

Comments

相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

Free Space

Rakuten Ranking

Wishlist

Favorite Blog

本日の3 kdyn1973さん

2018.05.09
XML
テーマ:スキンケア(558)
カテゴリ:スキンケア
加齢臭を防止するためには、日常生活全体を改善する必要があります。

たとえば、端的なのはお風呂のとき。

きちんとシャンプーしていないと、髪の皮脂が落ちません。

加齢臭は、年齢とともに増加するヘキサデセン酸が、皮膚の常在菌により分解され、「ノネナール」というニオイ物質を発生することにより、引き起こされます。

頭皮に皮脂が多ければ多いほど、「ノネナール」の原料であるヘキサデセン酸も多くなるわけです。

だから、シャンプーで余計な皮脂を落としておく必要があります。

ただし、落としすぎはいけません。

1日に何回もシャンプーしてしまうと、頭皮に必要な常在菌まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥を招いてしまうためです。 

毎日のお風呂でシャンプーやトリートメントをしたら、きちんと洗い流すことが必要です。

シャンプーやトリートメントが頭皮についたままだと、ニオイが発生しやすくなります。

また、シャンプー分、トリートメント分を分解するために、常在菌が過剰に繁殖してしまいます。

常在菌が増えれば、それだけニオイも発生しやすくなるわけで、こうなると悪循環です・・・・

シャンプーやトリートメントは、よくすすぐようにしましょう。 


お風呂から上がったら、きちんと頭皮を乾かすことがたいせつです。

シャンプーのあと、自然乾燥はいけません!

髪はもちろん、頭皮もきちんと乾かすようにしましょう。

生乾きのままでいると、雑菌が繁殖しやすくなります。

濡れた雑巾を想像してみてください。

放置しておくと、イヤ~なニオイが発生しますよね?

あれは、生乾きで細菌が繁殖してしまうのが原因です。

お風呂からあがったら、ドライヤーでしっかり髪と頭皮を乾かしましょう。

また、その際髪の表面を乾かすのではなく、内側から乾かすようにすると良いでしょう。

熱風をあてると、頭皮が痛むことも考えられるので、冷風で乾燥させるのも可です。 


お風呂のときに、きちんと頭皮のケアをしたら、日常生活も見直しましょう。

・偏った食事
・夜更かし
・運動不足 

こうした生活をしていると、活性酸素が増加しやすくなります。活性酸素が増えると、加齢臭だけではなく、シミやシワもできやすくなります。

アンチエイジングのためにも、健康的な生活習慣を心がけるべきなのです。

生活習慣の乱れによる活性酸素の増殖は、ガンや恐ろしい生活習慣病を招いてしまうことにもつながります。

健康は健全な生活から。これを肝に銘じておきましょう。 


あまり気にしすぎない、ということも大切です。

自分のニオイに無頓着であれば、改善する気も起きないので、論外ですが・・・

気にしすぎるのも、ストレスの原因となります。

「自分はくさいのかもしれない」と神経質になりすぎると、ストレスがたまって、これも活性酸素を増やしてしまいます。

ニオイを気にしすぎて、うつ病を発症してしまう人も増えているくらいです。

考えすぎはいけません。

その代り、信頼できる誰かに、自分のニオイを確認してもらうと良いかもしれませんね。






Last updated  2018.05.09 11:01:52
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.