000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

Profile


なおですよろしく

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

Category

Freepage List

Comments

相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

Free Space

Rakuten Ranking

Wishlist

Favorite Blog

ブログde散歩 kdyn1973さん
2018.05.12
XML
テーマ:スキンケア(569)
カテゴリ:スキンケア
前回、シアバター入りクリームの作り方、材料をご紹介しました。

お店で買うと高価なシアバター入り保湿クリームも、自分で手作りすれば安くつくれます。

しかも、中に何が入っているかわかるので、安心安全です!

だって、手作りすれば、100%無添加でつくれますものね。 

市販のスキンケア化粧品で肌トラブルを引き起こしてしまう敏感肌の人でも、安心して使えます!

しかもシアバターは保存がきくので、他の手作り化粧品よりも持ちが良いです。こちらも嬉しい点ですね。 


さて、メリットいっぱいのシアバター入りクリームを、さらに上手に作るコツをご紹介します! 

前回の紹介した「~シアバター入りクリームの作り方~」の手順③。

湯せんしながら、シアバター、みつろう、パーム乳化ワックスを溶かすんですよね。

固形の油脂なので、湯せんで溶かす必要があるのです。

また、この工程で液体のホホバオイルと、混ぜ合わせます。

このとき、ガラス棒でゆっくり混ぜながら溶かすようにしましょう。 


固形の材料は、湯せんにかけると、すぐ溶けるように見えます。

そんなにかきまぜなくても、液体のホホバオイルとうまくなじんだように見えます。

でも、これらの油脂は、分子の大きさ、性質が異なります。

なので、一見混ざり合ているように見えても、ちゃんと混ざっていないことがあります。

適当なところで混ぜるのを止めてしまうと、あとでクリームの分離を招いてしまいます。きちんと混ぜ合わせるようにしましょう。 


材料選びもけっこう大切です。

手作りコスメを使うときは、料理道具を選ぶと使いやすいです。

キッチンにあるようなもので大丈夫です。

でも、料理で使っている道具を、そのままコスメづくりに使ってしまうのはおすすめできません。

なぜかというと、精油の香りが道具に移ってしまうからです。

これで料理をつくると、味がアロマっぽくなってしまいます。

アロマの香りは良い香りですが、料理にその香りがするのは、あんまり嬉しくないですよね。

だから道具は料理用と手作りコスメ用に分けるようにしましょう。

また、料理に使う道具をそのまま使ってしまうと、コスメの衛生状態が悪化してしまいます。

せっかく無添加でつくるのだから、衛生状態には気をつけたいものです。 


アロマオイルを使ったコスメを作る場合、プラスチック素材は使わないようにしましょう。

プラスチックにアロマオイルを入れてしまうと、高熱で変質するおそれがあるためです。

おすすめはガラス素材、または耐熱容器です。 


そして、一番大事なのがシアバター入りクリームの使い方。

シアバターは保湿にすぐれるクリームなので、かかとの乾燥ケアにつかうのもおすすめです。

テクスチャーが重いと感じる場合は、ローションを加えるといいかもしれません。

手のひらにローションとシアバター入りクリームをとり、手のひらの温度でなじませ、柔らかくしてから使います。

これでサラサラ感がアップして、使いやすくなるはずです。

ネイルやアイケア、ヘアケアにも使いたいですね!






Last updated  2018.05.12 10:43:05
コメント(0) | コメントを書く
[スキンケア] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.