000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

Profile


なおですよろしく

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

Category

Freepage List

Comments

相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

Free Space

Rakuten Ranking

Wishlist

Favorite Blog

『着画』UNIQLO、che… tukiri☆さん

絵本袋と大量どんぐり のんのん3219さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
2018.05.27
XML
カテゴリ:健康が一番
お酢にはさまざまな健康効果のあることがわかっています。 

お酢の健康効果としては、

・血圧を下げる
・血中脂質を下げる
・食後の血糖値の上昇を穏やかにする
・内臓脂肪を減らす 

といったことが挙げられます。

年齢を重ねると、血圧が上昇しやすくなります。

高い血圧が保たれてしまうと、高血圧となります。

高血圧は血管に負担をもたらします。

動脈硬化をもたらし、やがては心筋梗塞や脳卒中など恐ろしい病気へと発展してしまいます。 

血中脂質を下げるというのも、健康効果が高いです。

血中脂質が高い状態が続くと、脂質異常症となります。

こちらも血管に負担がかかり、動脈硬化→心筋梗塞および脳卒中というながれで進行してしまうおそれがあります。

いずれも命にかかわるおそろしい生活習慣病です。 

食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果は、糖尿病患者や糖尿病高リスクグループにとって、とても大切です。

糖尿病患者や糖尿病高リスクグループは、食後の血糖値が急上昇します。

これが体に負担をかけてしまいます。

お酢の効能が血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるのなら、治療にも希望が持てるようになります。 


そして、一番の注目は、内臓脂肪を減らす効果です。

内臓脂肪は、あらゆる生活習慣病のもとになってしまいます。

お酢を飲んで内臓脂肪を蓄積させないようにできれば、生活習慣病をオールマイティに予防できます。

これほど素晴らしいことはありません。

お酢の内臓脂肪を減らす効果についての研究は、いろいろなところで続けられています。

たとえば、ミツカンの研究が有名です。

お酢メーカー、ミツカングループ本社の中央研究所による研究です。

2009年5月18日に行われた臨床試験で、血中の中性脂肪、体重、体格指数(BMI)、胸囲を下げる作用が確認されました。 

臨床試験に使用されたのは、ミツカン製のリンゴ酢。

しかし、有効成分は酢の主成分である酢酸です。

なので、他の米酢、穀物酢でも、同様の効果がもたらされると考えられています。

今回は、酢の入った飲料で臨床試験を行いました。

しかし、酢を使った料理に使っても、効果は変わらないとみられています。 


どのような臨床試験なのかというと・・・ 

対象者:BMIが25~30で、肥満度1(肥満気味)の成人175人 

試験方法:リンゴ酢の入った飲料を1日2回、12週間飲み続ける 

内臓脂肪の検査方法:試験前後に被験者の腹部をコンピュータ断層撮影(CT) 

すると、データが得られた155人のうち、1日30mlのお酢を飲んでいたグループは、内臓脂肪の面積が、平均して約約6.72cm2減少したのです!

そのほか、
・血中中性脂肪100mlあたり42.9mg減少
・体重1.94kg減少
・胸囲1.85cm減少
・BMI0.72減少

という素晴らしい結果が! 

1日15mlのお酢を飲んでいたグループは、

・平均して内臓脂肪の面積約5.43cm2
・血中中性脂肪100mlあたり28.2mg減少
・体重1.17kg減少
・胸囲1.43cm減少
・BMI0.43減少 

という結果が。

お酢を含まない飲料を飲んでいたグループは、内臓脂肪、血中中性脂肪などが、試験前よりやや増加しました。

お酢の健康効果は確かなようですね!






Last updated  2018.05.27 10:08:27
コメント(0) | コメントを書く
[健康が一番] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.