000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

Profile


なおですよろしく

Rakuten Card

Recent Posts

Archives

Category

Freepage List

Comments

相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

Free Space

Rakuten Ranking

Wishlist

Favorite Blog

本日の3 kdyn1973さん

2018.06.04
XML
カテゴリ:健康が一番
黒酢には、メライノジンという抗酸化物質が含まれています。

加齢に伴い、体内の活性酸素は増殖しやすくなります。

活性酸素は老化を早める作用があり、増殖が進むと生活習慣病やがんの発生率が高まってしまいます。

活性酸素の増殖は、しみやしわなども増やしてしまいますから、アンチエイジングの大敵です。

健康や美容に気遣うのなら、抗酸化物質は意識して摂りたいものです。 


お酢はもともと、抗酸化作用に優れるものです。

黒酢は、一般的なお酢に比べて、抗酸化作用がより高いです。

黒酢を日常的に摂取していると、抗酸化作用が働いて、体が酸化するのを防いでくれます。 


活性酸素は、酸化力が非常に強いです。

呼吸することにより、体内に取り入れられた酸素の約2%が、活性酸素になると言われています。

活性酸素には、

★体内に異物が侵入した時に体内の酵素反応を促進
★殺菌して病気を防ぐ 

という作用もあります。

しかし、体内で活性酸素が過剰に増殖してしまうと、体内の異物を退治するだけではなく、タンパク質や脂質、DNAまで酸化させてしまいます。

これにより、老化現象が起きてしまうのです。 


現代人は、活性酸素を作りやすい環境にあります。

電磁波、紫外線、タバコ、食品添加物、アルコール。

これらのものにさらされていると、体内で活性酸素が増殖しやすくなります。

私たちは、抗酸化物質を摂取して、活性酸素を増やしすぎない取り組みをする必要があります。


体内にも抗酸化物質が存在しています。

抗酸化酵素と呼ばれるものです。

しかし、年齢を重ねるごとに、抗酸化酵素のはたらきが衰えてきます。

加えて、現代人は、活性酸素を作り出しやすい環境にあります。

抗酸化物質を摂取する意義は大きいのです。 


抗酸化物質「メラノイジン」は、黒酢を黒褐色にしている色素成分でもあります。

メラノイジンをより多く摂取したいのなら、長期間発酵させた黒酢を選ぶようにしましょう。

長時間発酵させればさせるほど、黒い色が濃くなります。

それだけ、メラノイジンの含有量も増えます。

悪質な業者では、長期間発酵させる代わりにカラメルを加えて、黒褐色に着色しているものもあります。

当然のことながら、そうした黒酢を飲んでも、メラノイジンを摂取することはできません。

黒酢を選ぶときには、安さだけで選ばず、そのメーカーがどれほど製品作りにこだわっているかどうかも、しっかりチェックするようにしましょう。






Last updated  2018.06.04 10:47:03
コメント(0) | コメントを書く
[健康が一番] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.