154020 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(52)

健康が一番

(139)

スポーツ

(0)

美容

(180)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(419)

スキンケア

(101)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(41)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

ほしいものリスト

お気に入りブログ

『着画』 2日分 stud… New! tukiri☆さん

市販のベストをダッ… のんのん3219さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
2018.06.29
XML
カテゴリ:美容
できるなら、刻まれてしまう前になんとかしたいほうれい線。

でも、できてしまったときには、なんとか目立たなくしたいものです。

保湿やマッサージ、エクササイズで地道にやっていく方法もありますが・・・

また、これが根本的な解決でもあるのですが・・・

そんなに待てない! という人は、別のアプローチからほうれい線を解決していくのが良いかもしれません。 


ほうれい線を消すために、一番手っ取り早い方法は、外科的処置です。

美容外科では、ほうれい線のための治療を行っています。

美容外科には、メスを使わないプチ整形をやっています。

具体的には、ほうれい線の溝にコラーゲンやヒアルロン酸を注入するという方法がとられます。 

コラーゲンもヒアルロン酸も、もともと私たちの体の中にあるものです。

肌は表皮と真皮に分かれています。

このうち、真皮はコラーゲンとヒアルロン酸、エラスチンから構成されています。

しかし、年齢とともに、コラーゲンもヒアルロン酸も量が減少していきます。

これらの成分は、肌のハリとツヤを保つのになくてはならないものです。

失われれば、肌は劣化していきます。

やがて真皮からくっきりと、ほうれい線が刻まれてしまいます。

そこで、美容外科ではコラーゲンやヒアルロン酸を注入し、不足分を補うという方法で、ほうれい線を回治療しているのです。 

ただ、コラーゲンやヒアルロン酸を一度注入したからといって、完全な解決とはなりません。

注入された成分は、徐々に肌に吸収されていってしまいます。

つまり、効果は永続的ではないのです。

すでにくっきりとほうれい線が刻まれてしまい、それを消し続けたいのなら、定期的に注入を続ける必要があります。

持続期間は、個人差がありますが、だいたい3~4か月ほどと言われています。 



美容整形では、メスを使ったほうれい線治療も行っています。

顔の皮膚を切開し、しわを伸ばすようにして、吊り上げます。

フェイスリフトと呼ばれる技術です。

この手術を受けると、ほうれい線をずっと消し続けることができます。

効果は半永久的と言われています。

まずはプチ整形から試して、改善効果が見られないようなら、フェイスリフトを考えてみるのも良いかもしれません。 


メイクでほうれい線を目立たなくする方法もあります。

メイクですから、落とせばすぐに効果はなくなってしまいますが、応急処置にはなります。

また、ほうれい線を目立たなくしたいけれども、美容整形に行く勇気はない・・・という方も、メイクでほうれい線を目立たなくする方法が良いでしょう。 

ほうれい線を目立たなくするメイク法として、以下の方法があります。

★ファンデーションを薄く塗る 

ほうれい線を隠すために、ファンデーションを使いたくなる気持ちは分かります。

しかしファンデーションを厚塗りしてしまうと、時間の経過とともに、よれてしまいます。

メイク崩れをしたときに、その下にあるほうれい線が、よりくっきり目立ってしまいます。

自分ではまったく気づかないだけに、化粧室の鏡を見て、ゾッとしてしまうかもしれませんよ!

★コンシーラーでほうれい線をなぞる 

しわが目立つのは、その部分が陰になっているせいです。

光を集めるために、明るいコンシーラーでほうれい線をなぞりましょう。

そしてラインがわからないように、境界線をぼかしておきます。







最終更新日  2018.06.29 11:33:32
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.