186578 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(73)

健康が一番

(162)

スポーツ

(0)

美容

(281)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(520)

スキンケア

(126)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(44)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

ほしいものリスト

お気に入りブログ

『着画』無印、studi… tukiri☆さん

あっという間に夏休み のんのん3219さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
2019.05.15
XML
テーマ:スキンケア(710)
カテゴリ:スキンケア
毛穴の黒ずみが気になると、ついファンデーションを濃くしてしまいがちです。

けれども、濃いメイクは崩れやすいです。

これからの季節、高温多湿でメイクで皮脂分泌が過剰になりがちです。

汗と皮脂で、メイクも崩れやすくなります。

皮脂が酸化して毛穴に詰まれば、さらに黒ずみが悪化してしまいます。

ファンデーションを薄づきにするのは勇気がいります。

でも、上手にやれば、うまくカバーしつつ、薄づきメイクはできるのです。


毛穴汚れが気になるときは、ファンデーションをのせる前の、ベースを丁寧に行いましょう。

ファンデーションが直接肌につかないように、下地は必ず使います。

下地は皮脂分泌を抑える効果もあります。

土台となるお肌の水分が不足したり、皮脂膜がなめらかでなかったりすると、皮脂が出やすくなります。

下地を使えば、ドロドロ状態を防げます。

皮脂が出やすいTゾーンは、ブラシを使ってファンデをのせていきます。

ブラシ全体にパウダーをなじませましょう。

なぞるように、肌の上にのせていきます。

スポンジを使っているのなら、ファンデをとって、すぐにTゾーンにのせるのはNG。

まずは頬下や頬全体など、広い部分に延ばします。

それから、ファンデを付け足さず、そのまま使います。

上から軽くおさえましょう。

たっぷりとって、ポンポンつけるのはいけないのです。

少なめ、軽めにつけます。 メイクに気を付けたら、次はクレンジングです。

クレンジングをきちんと行うかどうかで、黒ずみの改善度がかなり変わってきます。

クレンジングをしていても、毛穴の奥までメイクが落とせていないことがあります。

メイクが見えなくなって、見た目がキレイになっているので、「終わった!」と思ってしまいがちです。

でも、毛穴の奥に残ったメイクがあれば、皮脂や汚れをと混ざり合って、黒ずみがますます進行してしまうかもしれません。

だから、クレンジングで手は抜けないのです。

クレンジングをつけるときには、指先をやさしく滑らせて洗います。

汚れがなじんで溶け出していくところをイメージしつつ、行います。

滑らせるようにクレンジングすることで、お肌に余分な力がかかるのを防げます。

汚れも自然と、浮き上がってきます。


すでに長い期間、黒ずみが毛穴に詰まったままなら、ちょっとやそっとでは、洗い流せないかもしれません。

時間が経つごとに、角栓は硬くなるからです。

1回2回、クレンジングをしても、落ちなかったりします。

1回で落とそうとせず、ゆっくり、気長に続けていくことが大切です。


理想は、毛穴がきちんと開閉する状態にもっていくことです。

そのためには、肌のハリや弾力を高めるケアがものをいいます。

黒ずみ対策をしつつ、肌のハリや弾力を高めるスキンケアを心がけて。

まわりまわって、健康な毛穴をつくる助けになります。

マッサージなどで、お肌のハリを活性化させるのも良いでしょう。

マッサージはオイルなどを顔に塗布し、滑りをよくしてから行うのが基本です。

クレンジング剤でメイクをなじませながら、マッサージをすると、一石二鳥ですね。






最終更新日  2019.05.15 10:41:34
コメント(0) | コメントを書く
[スキンケア] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.