195534 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(82)

健康が一番

(167)

スポーツ

(0)

美容

(308)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(534)

スキンケア

(126)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(44)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

お気に入りブログ

『着画』GU、UNIQLO… tukiri☆さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
++かたっぱしからや… のんのん3219さん

全167件 (167件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 17 >

健康が一番

2019.03.31
XML
カテゴリ:健康が一番
ここ数年、花粉症の季節になると、スーパーマーケットのヨーグルトの棚が充実するように思いませんか? 

この時期テレビでも、乳酸菌やヨーグルトの特集をしていることが多いのに気づくかもしれません。

それもそのはず、乳酸菌は花粉症の症状を緩和することが明らかになったのです。

乳酸菌がたっぷり詰まったヨーグルトは、花粉症の季節は特に食べたいですよね。

乳酸菌とは、私たちの体内にもあるものです。

腸内で善玉菌のひとつとして働きます。

腸内では善玉菌と悪玉菌がいて、善玉菌が優位になると、快腸となり、体調も良くなります。

しかし悪玉菌優位となると、便秘になったり、病気を引き起こしたりします。

乳酸菌は、食品加工に使われているもので、私たちの食生活となじみ深いです。

ヨーグルトは外から入ってきたものですが、和の食材、お漬物にも乳酸菌が含まれているんですよ。

科学的視点から乳酸菌が研究され始め、健康や老化防止に良い効果があることが判明したのが20世紀初頭。

「乳酸菌が体に良い」という考え方は、この頃から人々の心に根付いてきたのです。

その効能とは、

「腸内細菌のバランスを整える」
「免疫力増加作用」

など。この「免疫力増加作用」が花粉症の症状緩和に働く理由です。

花粉症はアレルギーのひとつです。

アレルギーとは、異物が体内に入ってきたとき、過剰に反応してしまう症状を言います。

アレルギーを持たない人はとってはなんでもないようなものでも、アレルギーを持つ人にとっては一大事。

かゆみが出たり、赤みができたり、ひどいときにはアナフィラキシー・ショックと言って、生死にかかわる症状が引き起こされることもあります。

花粉症も、体内に入ってきた「花粉」という異物に過剰に反応してしまうために症状が出ます。

免疫力を高めれば、アレルギーも起こりにくくなるのです。 


乳酸菌にはさまざまな種類があります。

ビフィズス菌はおなじみですよね。今年注目されているのは、「フェカリス菌」という乳酸菌です。 


乳酸菌の代表「ビフィズス菌」と、「フェカリス菌」は、形状も違います。

ビフィズス菌は棒状の形をしています。

フェカリス菌は球状の形をしています。

そして、ビフィズス菌よりもずっと小さいです。

たったの500ナノメートル(1/2000ミリメートル)で、ビフィズス菌の1/5しかありません。

超微粒子なのです。

小さいからこそ、一度に多量の菌を摂取できます。

そして、腸内免疫系の細胞も刺激しやすいのです。

これまで、乳酸菌をとってもあまり効果がなかった・・・という方も、フェカリス菌なら効果を感じるかもしれません。

ブームを受けて、フェカリス菌の入ったヨーグルトも発売されています。

ヨーグルトを選ぶときには、フェカリス菌の入ったものを選ぶと良いかもしれませんね。

免疫力を高めて、花粉症のつらい症状を少しでも緩和させたいですね!



火山灰微粒子を含むきめ細かな泡で毛穴の汚れをスッキリキレイ!






最終更新日  2019.03.31 11:11:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.30
カテゴリ:健康が一番
つらい花粉症の症状に悩んでいる方も多いことでしょう。

寒い冬が終わり、温かい春がやってくる。

本来ならわくわくすることなのに、「春が来る」と思うと気が滅入ってしまう。

それもこれも、花粉のせいです。

鼻づまりや目のかゆみなど、花粉症の症状に耐えるもつらいですが、耳鼻科に通うのもうんざりですよね。

毎回予約して、並んで、問診を受けて、そのあとに薬局に行って、薬をもらって・・・

この時期は、耳鼻科はどこも込みます。

予約をとるのも一苦労だし、予約なしで受け付けているところは、長い間待たされなければいけません。

そんな大変な思いを、花粉の飛散が収まるまで、定期的に続けないといけない・・・うんざりしますよね。 

ドラッグストアでも、薬は売られています。

風邪薬に胃薬、もちろん花粉症の薬もあります。

でも、そういうものを使うのに、ちゅうちょをしてしまうこともあるかと思います。

私もそのひとりです。

だって、市販の薬だと、効きにくいことがあるからです。

やっぱり一番効果があるのは、面倒でも耳鼻科に行って、お医者さんが処方してくれる花粉症治療薬。

そう思っていました。 


しかしここ数年、花粉症治療薬をめぐる事情は大きく変わりつつあります。

耳鼻科などの医療機関で処方されてきた鼻炎用内服薬の、大衆薬への転用ラッシュが続いているのです。

これまで、耳鼻科に行って、処方してもらわなければ使うことができなかった花粉症の薬を、ドラッグストアで手軽に入手できるようになります。

花粉症治療薬として耳鼻科で処方してもらっていた薬が、大衆薬に転用されていないか、確かめてみましょう。

もしも当てはまるのなら、もう時間をとって、面倒な思いをして、耳鼻科に通う必要はありません。

仕事帰りにドラッグストアに寄って、処方箋なしですぐに薬が手に入れられます。


スキンケアするような洗顔を。「新どろあわわ」






最終更新日  2019.03.30 11:54:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.26
カテゴリ:健康が一番
とうふはローカロリーで、ダイエット中はぜひ食べたい食材です。

お味噌汁に入れても美味しいし、そのまま冷奴もいい。

あっさりした味わいが魅力的です。

でも、とうふのスゴイところは、ローカロリーで美味しいところだけではありません。

ほかにも、私たちにいろいろな恩恵をもたらしてくれるのです。

たとえば、とうふには、ダイエット成分が含まれています。

だからとうふを使ってダイエットをすれば、効果的になります。


★植物性脂肪 

木綿豆腐半丁で108kcalと、とてもローカロリーなのに、適度な植物性脂肪を含んでいるから、お腹にたまりやすいです。

ダイエットで食事制限をしたいときに役立ちますね。

★低GI食品 

血糖値の上昇を抑えてくれる低GI食品です。

★大豆レシチン 

コレステロールや中性脂肪を減らす成分。

ムダな体脂肪を落とす効果もあります。

★大豆オリゴ糖 

便秘解消に役立つ大豆オリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のエサとなるものです。

腸内の善玉菌が活性化して、便秘解消しやすくなります!

★大豆サポニン 

中性脂肪を分解し、コレステロールの吸収を抑える成分です。

消化管からの脂肪の吸収を抑える効果もあるそうです。

とうふを食べれば、体に脂肪がつきにくくなりますね! 

★ビタミンB群 

代謝を促進してくれる成分です。

脂質や炭水化物を代謝するには、ビタミンB群が欠かせません。

不足すると、体が食べ物の脂肪を溜めこみやすくなってしまいます。

体内で糖に変化し、脂肪のもとになる炭水化物。

炭水化物をしっかり消費するためには、ビタミンB群の摂取が欠かせませんね。


このように、とうふにはいろいろなダイエット成分が含まれています。

4月になって温かくなれば、これまで分厚いコートで隠していた体型も、さらさないといけなくなります。

それまでに、なんとか体型をもとに戻しておきたい! というときに、活用したいです。 


さらに、とうふには美容面、健康面でも良い効果があります。


~とうふの美容効果~

★イソフラボン 

近年、高く注目されているのがこのイソフラボン。

女性ホルモン「エストロゲン」と似たはたらきをする成分です。

肌のハリ、つやを高めてくれる成分です。

エストロゲンは、年齢とともに分泌量が減っていきます。

若さと美しさ、そして女性らしさを保つためにも、とうふを食べて、イソフラボンを積極的に摂取したいですね!


~とうふの健康効果~

★鉄分 

とうふには鉄分が含まれています。

女性は貧血になりやすいです。

鉄分を補給して、貧血防止に努めたいですね。

また、鉄分不足になると、太りやすくもなるので要注意。

脂肪分解には大量の酸素消費が必要となります。

しかし、酸素を運ぶ赤血球の鉄分が不足していると、うまく酸素が運ばれず、脂肪燃焼しないのです。

健康のためにも、ダイエットのためにも、鉄分補給は大切ですね。 

とうふを食べると、このようにたくさんのメリットがあります。

身近な食材、とうふを活用しない手はありませんね!


火山灰微粒子を含むきめ細かな泡で毛穴の汚れをスッキリキレイ!






最終更新日  2019.03.26 09:02:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
カテゴリ:健康が一番
とうふと言えば、和食の代表的な食材。

私たち日本人にとって、とてもなじみ深い食べ物ですよね。

このとうふ、実はすごいヤセ効果があるんです。

とうふと言えば、ローカロリー食材。

とうふ=ヤセ効果というと、その点をすぐ、思いつく方が多いのではないでしょうか。

たしかに、とうふは木綿豆腐なら、半丁で108kcalと、カロリーがとても少ないです。

たっぷり食べても、カロリーオーバーになる心配がないのが嬉しいですね。

とうふを食べると、おなかにたまります。

それは、とうふに植物性脂肪が含まれているから。

ローカロリーでありながら、適度な植物性脂肪も摂取できて、おなかも満足、ヘルシーなのです。 


しかし、とうふのスゴイところは、ローカロリーなだけではありません。

ヤセを実現させてくれる、いろいろな効果があるのです。 


とうふのスゴイ効果その① 低GI食品 

とうふは低GI食品です。

だから、血糖値が上がりにくいという特徴があります。

血糖値が上がりやすい食べ物を食べてしまうと、太りやすくなります。

とうふなら、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので、ダイエット効果が大きいですね。


★とうふのスゴイ効果その②大豆レシチンが体脂肪を減らす 

とうふには大豆レシチンが含まれています。

大豆レシチンには、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるんです。

また、ムダな脂肪を落としてくれます。

大豆レシチンは、ダイエットだけではなく、アンチエイジングにも良い影響をもたらしてくれます。

「若返りの栄養素」と呼ばれており、摂取により肌細胞を若々しく保たせてくれるのです。

また、健康効果もあり。

大豆レシチンは血行促進してくれる栄養素です。

冷え性、肩こりの解消に役立つ成分です。

ダイエット効果、美容効果、健康効果、3拍子揃った栄養素なのです! 


とうふのスゴイ効果その③ 脂肪燃焼 

体脂肪を燃焼させるのは筋肉。

筋肉がエネルギーを消費するから、ダイエットが可能となります。

筋肉をつくるには、タンパク質が欠かせません。

とうふは植物性たんぱく質を多く含みます。

20種類あるアミノ酸をすべて含む、完全なタンパク質なのです。

しかも、脂肪分が少ないというメリットもあります。

とうふを食べて、脂肪をどんどん燃焼させましょう!


★とうふのスゴイ効果その④ 便秘解消 

とうふには大豆オリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のえさとなるものです。

とうふを食べると、大豆オリゴ糖が腸に届けられて、善玉菌優位となりやすくなります。

だから便秘解消にとても効果的なのです。

便秘に悩む女性は多いです。

大豆オリゴ糖摂取により、便秘解消に効果があるかもしれませんよ。

便秘でいると、ぽっこりお腹になるだけではなく、体が脂肪を溜めこみがちになります。

とうふは水分も多く含むため、大豆オリゴ糖とダブルで便秘解消に効果がありますね。


大人かわいいファッション通販サイト【リエディ】






最終更新日  2019.03.25 11:55:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.09
カテゴリ:健康が一番
口臭の原因には、いくつかの種類があります。

口臭の原因には、お口の中に原因がある場合と、それ以外の場所に原因がある場合があります。

けれどもここではあくまで、お口の中に原因がある場合について、まとめてみます。

まず、一番よくあるのは、歯と歯の間に挟まった歯垢。

歯垢が食べ物の残りかすに細菌が繁殖したものを言います。

食べ物を食べると、歯と歯の間に食べ物の残りかすが挟まります。

これは誰でも同じことです。

そして、細菌が繁殖します。

毎日の歯磨きで、これを洗い流せていれば、問題ありません。

けれども、歯磨きをサボったりして、歯垢が残ったままになると、どんどん細菌が繁殖してしまいます。

食事をすれば、おやつを食べれば、食べ物の残りかすもどんどん増えていきます。

それが歯垢のもととなり、口臭がきつくなってしまいます。

これを防ぐためには、毎食後の歯磨きを、きちんとすること。

ついてしまった食べ物の残りかすは、早めに洗い流すようにします。 


歯だけではなく、舌にも口臭の原因はあります。

それは舌苔です。

舌は触るとザラザラしています。

小さなへこみが、たくさんあるためです。

食べ物を食べると、そのへこみにも、食べ物のカスが溜まります。

ターンオーバーで剥がれおちた細胞とともに混ざり合って、細菌が繁殖し、それが口臭へとつながってしまいます。

舌苔は舌の上についた、白っぽいものです。

舌をベーと出してみて、白っぽくなっていたら、舌苔がついている証拠。

舌苔専用のブラシを使うか、柔らかいガーゼでふき取りましょう。 


口の中が乾燥していても、口臭のもとになってしまいます。

唾液がきちんと出ていると、それが口臭のもとになる細菌も洗い流してくれます。

口の中が乾燥しているなと思ったら、水を飲んで口の中をうるおすか、ナッツなど噛みごたえのある食べ物を食べて、唾液分泌を促しましょう。


 これらのことをしているのに、まだお口のニオイが気になる、というのなら・・・ 


もしかしたら、気にしすぎなのかもしれません。

通常、きちんと歯磨きをし、デンタルフロスで歯間の汚れも取っていれば、他人が気になるほどのニオイが発生することは、ほとんどありません。

お口のケアに気を付けているけど、どうしても気になる、という方は、気にしすぎの可能性もあります。

本当はくさくないのに、「自分は口臭がある」と思い込んでしまう人が増えています。

そういう人は、清潔好きだったり、几帳面だったりすることが多いです。

几帳面な性格ゆえに、他の人が見逃してしまうようなことでも気になってしまうのです。

それが口臭に向けられれば、とことん悩みぬいてしまいます。

気にしてしまうのに、「気にしないようにしましょう」と言われても、なかなか実行しにくいものですよね。

どうしても気になってしまうのなら、専門の医療機関を受診するのもひとつの方法。

口臭外来を受診して、専門医の治療のもと、悩みを改善していくと良いかもしれませんね。












最終更新日  2019.03.09 10:27:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.08
カテゴリ:健康が一番
お口のニオイは、乾燥が原因のことがあります。

口の中には、数多くの細菌がいます。

私たちが食べ物を食べると、食べかすが口の中に残ります。

歯と歯の間にも残るし、舌にも残るし、口腔内全体に残ります。

それをエサにして、細菌が繁殖してしまうのです。

細菌が繁殖すると、口臭の原因になってしまいます。

なので、まめに歯磨きをして、細菌を除去してあげることが大切です。

でも、きちんと歯磨きをしていても、まだお口がにおうような気がしたりします。

もしもそうなら、それはお口の中の乾燥が原因なのかもしれません。

お口の中の唾液が少なくなって、それが口臭を招いているかもしれないのです。 

唾液は、口臭予防の観点から、重要な役割を果たします。

唾液は、口臭の原因となる、細菌を洗い流してくれるためです。

唾液分泌が少なくなると、細菌が洗い流されず、繁殖するままになってしまうおそれがあります。

これを解消するためにも、お口の中のうるおい対策をとる必要があります。

口の中が乾いているな、と思ったら、水を飲むと良いですね。

それだけで、お口の中にうるおいがもたらされます。

でも、水を飲んでも、一時的なものなので、しばらくしたらまた乾いてしまう可能性も大です。

できるなら、唾液が出やすくなるように、促してあげたいですね。 


そのためにおすすめなのが、ナッツやドライフルーツです。

ナッツやドライフルーツを食べると、唾液が出やすくなります。

これらの食べ物は、硬くて弾力がありますよね。

こういうものを噛むと、唾液が分泌しやすくなるんです。

口腔内を洗浄して、清潔に保ってくれます。

するめいかなどでも良いですね。

口の中が乾きやすいな、と思ったら、噛みごたえのあるものを、食べるようにしましょう。 


口の中をキレイにしたいときにぜひ行いたい歯磨きですが、歯磨きもしすぎると、お口を乾燥させてしまうので注意が必要です。

歯磨きをして、洗い流すときに、唾液も洗い流してしまうためです。

お口の中のうるおいを保つために、なくてはならない、唾液まで洗い流してしまっては、逆効果ですよね。

お口のニオイが気になると、つい歯磨きをして、すっきりさせたくなりますが、やりすぎは禁物。1日3回、毎食後に磨くだけに留めましょう。

1日2回にして、昼間はデンタルリンスにしても良いですね。 


良質な唾液を出すには、原料の補給も大切です。

口の中をうるおすために水を飲もう、と先ほど述べましたが、それだけではなく、原料を補給する意味で、水分補給は大切です。

1日に分泌される唾液の量は1~1.5リットルほど。

かなりの量ですね。

この量を出すためには、1日に3リットルの水分を摂取しないといけません。

ただし、水分は食べ物からも補給できるので、ペットボトルの水を1日3リットル飲まないといけないわけではありません。

水として補給するなら、1日1リットル程度が適当ですね。 


口の中を、乾燥させないようにする工夫も大切です。

なるべく口は閉じましょう。

開いていると、どんどん乾燥してしまいます。










最終更新日  2019.03.08 10:17:02
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.07
カテゴリ:健康が一番
歯磨きをしても、どうもスッキリしない。

口の中がネバネバしているような気がする。

そんな思いを抱いたことはありませんか? 

歯を隅から隅まで、丁寧に磨いているつもりなのに、うがいをしてから、すっきりするどころか、まだネバネバしているような気がする。

もしかして、お口もにおっているのかな? と不安になってしまいます。 


きちんと歯磨きをしても、口の中がまだネバネバしているのは、もしかしたら舌苔が原因かもしれません。

舌苔とは、舌にこびりついている、ザラザラしているもののことを言います。

コケみたいな見た目をしています。

この正体は、細胞と白血球、タンパク質の混合物。

舌のザラザラしているその穴ぼこに、舌苔が溜まってしまうと、口臭の原因となります。 


私たちの体は、常に細胞分裂を繰り返しています。

新しい細胞が生まれ、それまで一番上にあった細胞は剥がれおちます。

口の中でも、それは同様です。

粘膜の外側にある上皮細胞は、新しい細胞ができると、ボロボロと剥がれおちます。

また、口の中には、細菌を攻撃する白血球が存在します。

食べ物を食べると、口の中に食べかすが残ります。

それをエサにして、細菌が繁殖するわけです。

白血球は、その細菌を退治しています。

古い細胞と白血球、それに食べかすなどのタンパク質が絡まりあって、舌にこびりつきます。

それが舌苔となります。

細菌、食べかすが舌にこびりついているわけですから、当然ニオイを発します。

歯を磨いて、汚れを落としてもまだ、ニオイがするようなら、舌苔がニオイのもととなっているのかもしれません。

歯磨きだけではなく、舌磨きも行うようにしましょう。 


舌苔がついているのかどうかは、鏡を見て、自分で確認することができます。

鏡の前で舌を出して、見てみましょう。

「ベー」と出します。

その時、全体的に白っぽく見えたら、舌苔がついています。

舌苔がついていないときは、全体が薄いピンク色をしています。

白か? ピンクか? で判断できます。

舌苔がついていると分かったら、除去に取り掛かりましょう。

舌苔除去専用のブラシが販売されています。

これを使うと、こすり取りやすくなります。

ブラシが手元になければ、柔らかいガーゼでも良いですね。

くれぐれも、歯ブラシで舌苔を取ろうとしないこと。

歯ブラシでゴシゴシこすり取ろうとすると、逆に汚れが付きやすくなってしまいます。

舌にキズついて、それが口臭の原因になってしまうためです。

舌苔をとるときは、専用ブラシか柔らかいガーゼ。

これらのいずれかを使い、優しく取り去りましょう。 


歯と歯の間も、歯の裏側もそうですが、汚れがたまっていると、それがニオイのもとになってしまいます。

舌も同様です。

毎日きちんと歯磨きをするのは大変ですが、そのあともっと、大変なことになってしまわないように、早めのケア、予防をしておくことが大切です。

口臭ができてしまう前に、予防すれば、ニオイに悩むこともないし、ストレスも溜まりませんよね!













最終更新日  2019.03.07 09:12:56
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.06
カテゴリ:健康が一番
口臭のもとは歯垢、とはよく言われることです。

また、歯垢は歯周病など、歯の病気の原因になることも、よく知られていますよね。

虫歯のもと、歯周病のもと、そして口臭のもとになる歯垢を除去して歯を健康にしよう! というのは、歯磨き粉のコマーシャルなどでよく聞くフレーズです。

でも、歯垢はそもそも、誰でつくものだって、知ってましたか? 

私たちが食事をして、食べ物を咀嚼するとき、歯と歯の間に、食べかすが挟まります。

これは、誰でもそうです。

そして、そこに細菌が発生し、歯垢となります。

なので、話したり面と向かったりしているときに、口臭がしない人でも、デンタルフロスで歯垢を取って、ニオイをかいでみると、不快なニオイがしたりします。 


毎日三回、歯磨きをして、デンタルフロスも使っていれば、歯と歯の間に歯垢が挟まっていたとしても、口臭となることはありません。

けれど、それを放置しっぱなしにして、細菌がどんどん繁殖してしまうと、口臭や歯周病などの原因になってしまいます。 


思考とは、最近の固まりのことです。1mgの歯垢には、300種類~10億個の細菌がいると言われています。

歯垢の色は、黄色っぽい白色。

たとえ、ついていたとしても、鏡で見ただけでは分かりにくいです。

歯垢がついているかどうかは、爪で触ってみると、分かりやすいかもしれません。

歯を爪で触ってみて、ネバネバしていたら、歯垢が付着している可能性大。

歯の表面に薄い膜のようなものがあると、これに食べ物の糖が付着し、歯垢に変化してしまいます。 


糖が付着した歯垢は、食べ物の糖分を栄養源にして、どんどん増殖します。

知らぬ間に、口の中が細菌だらけになってしまいます。

また、歯垢が付着するのは歯だけではありません。

歯の周りにも、付着してしまいうのです。

そして、歯槽骨や歯根膜を溶かします。

この状態が進行すると、歯周病の原因となります。

もちろん、口臭も生まれてしまいます。 


口臭を防ぐには、口腔内の歯垢を最小限にとどめるべきです。

歯垢がまったくない状態をキープするのは難しいかもしれません。

でも、できたらすぐに除去する、できたらすぐに除去する、という繰り返しで、どうしようもなく細菌が繁殖してしまうのは防げるはずです。 


見た目には分かりにくい歯垢ですが、市販の染色剤を使うと、分かりやすいです。

ドラッグストアに行くと、「プラーク染色剤」なるものが売られています。

これを口に含んでクチュクチュすると、歯垢のついているところが赤く染まります。

どこについているかが分かったら、しっかり歯磨き。

デンタルフロスでかきだすようにします。 


口臭と歯の病気を防ぐには、毎日の生活習慣が大きく影響してきます。

歯磨きをあまりしていないようなら、1日3回、きちんと磨くようにしましょう。

オフィスに歯磨きセットを持参して、ランチの後に磨くようにすると良いですね。

口の中もさっぱりして、午後の仕事もはかどります!













最終更新日  2019.03.06 09:26:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.05
カテゴリ:健康が一番
お口のニオイって気になりますよね。

自分では気付いていないだけで、実はにおっているのかも!? と考えてしまいます。

確かに、まわりで口臭がする人は、自分のニオイにまったく気付いていないように見えますよね。

なので、もしかしたら私も・・・と不安になってしまうわけです。 


自分の口臭って分かりにくいですが、デンタルフロスを使ったときに、「あれ?」と思うことがあるかもしれません。

デンタルフロスとは、歯磨きのプラスアルファのツール。

虫歯の治療のために歯科医院を訪れると、必ずと言っていいほど、デンタルフロスの使用を進められますよね。

歯をキレイにするためのツールは、基本は歯ブラシです。

でも、歯ブラシだけでは、お口の中の汚れを全て取り去ることはできないのです。

歯ブラシで口の中を隅から隅まで磨いたとしても、歯と歯の間の細かい歯垢が残ってしまいます。

歯と歯の間の歯垢を落とすには、デンタルフロスを使うしか、方法がないのです。

歯垢は食べ物のカスに細菌が発生して、生まれるものです。

食べ物を食べていれば、歯の間に歯垢がつくのは当然です。

これを避けることは不可能です。

歯ブラシでは歯垢を落とすことはできませんから、デンタルフロスを使って、こすり落とす必要があります。

・・・という歯科医のすすめに従って、デンタルフロスを使ったところ、ビックリ!

歯垢の付いたデンタルフロスに何気なく鼻を近づけてみたら、なんとも言えないニオイがした・・・

真っ青になってしまいます。

え、これって私の口臭? こんなニオイ、してたんだ!? と、考え込んでしまいます。 


でも、ご安心ください。

たとえ、歯垢にニオイがしたからと言って、それがイコール、口臭、みんなが不快に思ってしまう口臭なわけではありません。

なぜかというと、人が人と話すときに、歯垢のすぐそばまで近づいて話をする、ということはほとんど、というかまったくないからです。

歯垢のニオイは、たしかに不快なニオイかもしれません。

でも、それは誰でも同じことです。

食べ物を食べれば、みんな歯と歯の間に歯垢がつくのですから。

でも、みんなの口からニオイがするわけではありませんよね。

におわないのは、そこまで近づくことがないからです。

だから、デンタルフロスを使って、びっくりしてしまった方も、気にしすぎることはありません。

ストレスで口臭がきつくなる、という話もあります。

考えすぎていると、それがもとで、本当に口臭が出てきてしまう可能性だって、あるのです。

気にしすぎるあまり、ニオイがどんどんひどくなっている、と思うと、イヤですよね? 

ならば、気にしすぎはいけません。

それよりも、毎日の歯磨きと、デンタルフロスで、磨き残しがない習慣を続けていきましょう。 


デンタルフロスの使い方は、歯科医院に行くと、実物を見せながら、丁寧にレクチャーしてもらえます。

正しい使い方を知りたいのなら、受診をおすすめします。

虫歯がなくても、歯垢を取りに行くために受診する、というのでも良いですね。












最終更新日  2019.03.05 10:15:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.04
カテゴリ:健康が一番
オフィスワークをしている方にとって、腰痛は切っても切れないお悩みかもしれません。

ずっと同じ姿勢を続けているせいで、どうしても腰に負担ができてしまいます。

また、冬の寒い時期、運動量が減るため、ポッコリお腹になりやすいです。

そこで、腰痛解消とお腹ひっこめの両方の効果がある、ストレッチをご紹介します。


~腰痛解消お腹ヤセストレッチその①~ 

自重ストレッチと言います。

自分の体の重さを利用して、ストレッチします。

すね、膝、太もも、お尻、腰、背中まですべてを伸ばします。

このストレッチを行うと、腸の働きを活性化させることもできます。

深い呼吸をしながら、硬く凝り固まった腰を伸ばし、お腹をひっこめましょう。

①正座して両手を床につける 

このとき、床に直に座らず、ヨガマットを敷きましょう。

ヨガマットがないなら、厚めのバスタオルでも代用オーケーです。

②両手を前に伸ばしてうつぶせになる 

腰が伸びるのをイメージしながら倒します。

かかととお尻はなるべくつけるようにします。

太ももの上に上体をのせ、深呼吸を8回行います。

③両手を後ろに伸ばして脱力 

手の甲を床に沈めるようにし、肩と首の力を抜きます。

このステップでも、深呼吸を8回繰り返します。

④ゆっくりと起き上がる

※おでこが床につきにくい場合、おでこの上にクッションをのせて安定させましょう。


~腰痛解消お腹ヤセストレッチその②~

背骨を伸ばすのに最適なストレッチです。

骨盤周辺を動かすため、上半身のむくみ、疲れを取り除く効果があります。

また、お腹ヤセ効果としては、腹筋力をつけることができます。

背中を丸める動作をおこなうとき、みぞおちから恥骨までの腹直筋を丸めます。

これが腹筋強化につながります。

①両手は肩幅に開き、四つん這いになる 

腰の真下に膝をつきます。爪先を立てて四つん這いになります。

②息を吸いながら目線を天井に向ける 

肩と耳を離すのを意識しながら、目線を上げます。

首が伸ばされているかどうかも意識します。

③息を吐きながら目線をおへそに向ける 

尾てい骨~首の後ろが丸くなるイメージです。

④8回繰り返して1セット


~腰痛解消お腹ヤセストレッチその③~

体をねじって、背骨周辺の筋肉をほぐすストレッチです。

腰痛改善に効果があります。

また、腸を刺激することができます。

寒くて運動不足で、蠕動運動が弱まった腸に刺激を与え、活性化させられます。

便の排出機能が高まり、血流が促進されます。

副交感神経優位になるため、ストレス改善にも役立ちます。

①体育座りになり、右膝を床につけ、右腕を右膝横に置く 

両方のお尻が床につくように意識します。

ついていないようなら、膝や足の位置を調整します。

②息を吸いながら右手を伸ばす

③右肘を左足の膝の外側につける 

右手で左膝をつかむだけでもオーケーです。

④息を吸いながら左手を伸ばす

⑤息を吸いながら上体をねじる 

左指先を床に付け、そのまま右側に動かしてねじります。

このまま4呼吸おきます。

⑥ゆっくりと状態を元に戻す

⑦反対側も同様に行う 

腰が重いな、と思ったらストレッチを行いましょう。

スッキリお腹も手に入れられるし、一石二鳥のストレッチです!











最終更新日  2019.03.04 11:30:05
コメント(0) | コメントを書く

全167件 (167件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.