178291 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(63)

健康が一番

(160)

スポーツ

(0)

美容

(250)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(487)

スキンケア

(123)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(44)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

ほしいものリスト

お気に入りブログ

『着画』DANTON、SAI… tukiri☆さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
++かたっぱしからや… のんのん3219さん

全487件 (487件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >

ワイン

2019.06.24
XML
カテゴリ:ワイン
『チリの至宝!!』

と呼ばれるこのワインは、官能的で幾層にも重なった香りの複雑さが、
素晴らしい味わいのハーモニーを見せる極上のカベルネ・ソーヴィニョンから造られるワイン。

すでに30年近くにもなるトラックレコードをもち、
熟成においてもその素晴らしさが証明されているワインです!。

これまでに世界中が年末になると注目する[ワイン・スペクテーター誌年間トップ100]において、
5回のリストインを果たし、2度もトップ10入りを果たしています。

今回ご紹介する2015年も、ワイン・スペクテーター誌にて【96点】
ワイン・アドヴォケート誌にて【93点】をつける例年通りのグレートワインとなっています。

プレミアム赤ワインの産地としても、
世界に認められるようになったチリのプレミアム赤は価格もどんどんと上昇し、
チリ・プレミアムの多くが1万円台後半となっている中で、
昔から造られているせいか価格は低く抑えられ、まだまだお買い得です。


それが
[コンチャ・イ・トロ・ドン・メルチョー 2015]


チリのプレミアム・ワインの歴史を開いた、チリ屈指のワイン【ドン・メルチョー】。

生産者である[コンチャ・イ・トロ]は、
チリ最大、世界第2の生産量を誇る造り手です。

超有名【アルマヴィーヴァ】は、
この[コンチャ・イ・トロ]がフランスの[シャトー・ムートン・ロッチルド]との
合弁プロジェクトとして1996年にスタートしたわけですが、
それ以前の1987年からこの[コンチャ・イ・トロ]最高峰ワインとして造り続けられているのが
この【ドン・メルチョー】で、チリプレミアムワインの先駆けとして、リードしてきた存在です。

アルマヴィーヴァをはじめ、チリのグレート・ワインのほとんどが、
ボルドーブレンドであるのに対してこのワインは、
ほぼカベルネ・ソーヴィニョンのみで造られるのが特徴で、
今回ご紹介するヴィンテージも91%カベルネ・ソーヴィニョン。

【アルマヴィーヴァ】のプロジェクトによって、
フランスの一級[シャトームートン・ロ・ートシルト]のノウハウに接し、
醸造面および栽培面で影響を受け、
今やその【アルマヴィーヴァ】をも凌ぐ評価を得ているのが、このワインです。

アルマヴィーヴァとドン・メルチョーの畑はお隣同士。
かつて、チリのマイポ・バレーに特徴的だと言われていたミント香に違和感を持ったフランス側は、
その原因がユーカリにあるとして、
アルマヴィーヴァおよびドン・メルチョーの周りに植えられていたユーカリの木を伐採し、
1999年ヴィンテージからは完全にミント香がなくなったと言われています。
(実際、最近のヴィンテージでは、ほとんど感じることはできません。)

そして、パワフルで凝縮した黒果実がぎっしり詰まった味わいへと変化し、
以来、ロバート・パーカー主宰の[ワイン・アドヴォケート誌]では、
そのほとんどが93点以上という高い評価を獲得。

ヴィンテージ1999年:93点
ヴィンテージ2000年:(89-91)点
ヴィンテージ2001年:93点
ヴィンテージ2002年:90点
ヴィンテージ2003年:93点
ヴィンテージ2004年:94+点
ヴィンテージ2005年:94点
ヴィンテージ2006年:95点
ヴィンテージ2007年:94点+
ヴィンテージ2008年:92点
ヴィンテージ2009年:91点
ヴィンテージ2010年:93点
ヴィンテージ2011年:94点
ヴィンテージ2012年:91点
ヴィンテージ2013年:93点
ヴィンテージ2014年:94点
ヴィンテージ2015年:93点


またワイン・スペクテーター誌では、
毎年年末に発表されている【年間トップ100】で、
なんと5度のランクイン。

ヴィンテージ2000年:94点 2004年度年間26位
ヴィンテージ2001年:96点 2005年度年間 4位
ヴィンテージ2003年:94点 2006年度年間26位
ヴィンテージ2005年:96点 2008年度年間12位
ヴィンテージ2010年:95点 2014年度年間 9位
ヴィンテージ2014年:96点 2017年度年間90位

畑であるプエンテ・アルト畑は、
沖積層に分類され、アンデス山脈からマイポ川によって運ばれた石を多く含むもので、
水はけがよく、これが良質なブドウの生長に大きく寄与していると言われます。

現在、このワインを造るのは、弱冠34歳にしてコンチャ・イ・トロ最高峰ブランドの
ワインメーカーに就任した天才、エンリケ・ティラド氏!。
「アルマヴィーヴァ」のチリ側の醸造責任者も兼任するなど、
華々しいキャリアを積み、彼の繊細な醸造技術は世界的に高い評価を受けています。

彼曰く、
『ドン・メルチョーのスタイルは、畑がすべて。
プエンテ・アルト農園の偉大な風土はもちろん、
エル・トコルナル農園の砕石混じりの土壌、
そこへアンデス山脈から流れ込む冷涼な空気。
恵まれたマイポ・ヴァレーの環境で、
ブドウ樹が20年にわたり提供してくれる最良の果実、
これらの個性をどれだけワインの中に表現できるか、
ということに専念しています。』

その味わいは、
『がっしりと力強いボディと深みを持ち、
完熟したブラック・カラントのフレーバー。
タンニンは甘く、魅惑的で、余韻も長く続きます。
マイポ・ヴァレーのプエンテ・アルトのマイクロクライメイトがもたらす、
スパイシーさと柔らかなタンニン、
リッチなカベルネ・ソーヴィニヨン品種の個性と深みが楽しめます!』

30年近いトラックレコードを持つチリ・プレミアムワインは、
ドン・メルチョーだけです。



コンチャ・イ・トロ・ドン・メルチョー・カベルネ・ソーヴィニョン 2015
【チリ】【赤ワイン】【750ml】【辛口】【フルボディ】






最終更新日  2019.06.24 11:08:46
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.18
カテゴリ:ワイン
『私はますます確信するようになっている、
キスラーのシャルドネおよびピノ・ノワールは、
いつの日か、この品種の偉大さの定義を塗り替えた
といわれるような歴史に残るワインだと。』

こんな最大限の言葉で、ロバート・パーカー氏が絶賛するワインのご紹介です。

時にフランスの偉大な白『モンラッシェにも勝る』とフランス人を言わしめ、
『コルトン・シャルルマーニュを髣髴させるミネラル感を持つ』
とロバート・パーカー氏からも絶賛される、
カリフォルニア最高峰シャルドネと讃えられる白ワインの雄、[キスラー]。

そのほとんどがメーリングリストに登録された個人客にダイレクトに販売されて
市場には一般に出回らず、見ることすら困難な幻ともいえるワインです。

キスラーには、畑違いで約10種類の白ワインがあるのですが、
中でも設立後まもない頃から単一畑としてリリースしているのが、
今回ご紹介するワイン、『シャブリ・グラン・クリュに迫る品質』と評される、
爽やかな酸味とキレのあるミネラルが魅力のワインです。


それが
[キスラー・マックレア・ヴィンヤード・シャルドネ 2016]



キスラーは、1978年にカリフォルニアはソノマに設立されましたが、設立当初より高い評価を得て、
当時としては珍しく、白シャルドネでその評価を確立しました。
今では、赤ピノ・ノワールも造っていて、
こちらの評価も(価格も)ものすごく高いのですが、
なんといってもそのフラッグシップは白シャルドネ。

中でもマックレア・ヴィンヤードは、
ソノマ・マウンテンに位置する標高約250メートル、
北・東向きに面した約12ヘクタールの畑です。
石灰岩と火山岩が混ざった珍しい土壌と冷涼な気候で、
シャルドネの生育に適した環境となっています。
このような土地で造られるワインは、
生き生きとした酸味とミネラルを持っており、
シャブリのような、引き締まった味わいを特徴としています。

設立初期から一貫して造られており、
キスラー人気を支える偉大な単一畑シャルドネの一本です。
ラベルには畑の所有者への敬意のあらわれとして、
マックレア・ヴィンヤードを所有する
アサーン・エステートの名前も記載されています。

価格は年々上昇し、ついに20,000円(税別)。
価格は高いですが、これほどの味わいをもつ
ブルゴーニュの偉大な白に比べれば、
まだまだお買い得です。
モンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュなどの偉大な白は、
今や4-5万円台になっています。



キスラー・マックレア・ヴィンヤード・シャルドネ2016
【カリフォルニア】【白ワイン】【750ml】【正規輸入品】






最終更新日  2019.06.18 22:30:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.11
カテゴリ:ワイン
遂に来た
超大注目怪物幻ワイン
その幻っぷりは半端じゃありません。

過去4度【100点】満点『パーフェクト満点評価』
世界最高ワイン。

その名も
[ドメーヌ・デュ・ペゴー・シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・ダ・カポ 2016]

あの世界屈指のワイン評論家ロバート・パーカーさんが、
『シャトーヌフ・デュ・パプの中で最も偉大で荘厳』
と激賞しながら300軒を越えるシャトーヌフ・デュ・パプの造り手の中で、
わずか19軒のみしか存在しない満点5つ星を付ける、
この地を代表する古典派シャトーヌフ・デュ・パプの
偉大なる造り手[ドメーヌ・ペゴー]。

今やクラシック・スタイルのシャトーヌフ・デュ・パプ生産者の中では
頂点と言っても過言ではないという程に、とにかく物凄い造り手なのです。

もともと最良年だけに造られず、
過去には1998年、2000年、2003年、2007年、2010年、2015年と
これまで6度リリースされているのですが、
このワインに対してパーカーさんは4回も100点満点を付けている怪物幻ワイン。

そして今年は残念ながら満点ならずですが、それでも
【 パーカーポイント96-98点 】
の高評価を獲得。

しかしながら、なんと計7回リリースしたうち、
4回も100点満点を獲得しているのです。

98点の驚愕のコメントはこちら、
『ペゴーが2年連続でダ・カーポを詰めるのは今ヴィンテージが初となる。
2016年のキュヴェ・ダ・カーポは、
この年最後に収穫された区画で採れたブドウを使用し、
醸造所の中が満杯であったため、発酵をワイナリーの外で行っている。
ブレンド比率はグルナッシュが70%で残りの30%はその他のブドウが占める。
実に壮大な味わいで、極めて豊かなタンニンに肉厚な黒果実が感じられ、
ほんのりとした暖かみと魅惑的なリコリスのニュアンスが
どこまでも果てしなく続く余韻の長い後味を生む。
長期にわたり熟成の効くワインであり、
瓶詰を終えた後にこれよりも更に高いスコアが付いたとしても、
さして驚くべきことではない。』

そしてここ日本では、あの気ワインコミック『神の雫』では
「第3の使徒」として最高のワインの1つとして紹介されたり、
テレビドラマ『神の雫』でも同様に「第二の使徒」として登場したり、
一世を風靡したあのワイン。

実はこのワイン、地元フランスはもちろん全世界中で
物凄い人気のため非常に入手困難なのです。

『これぞ漆黒のワイン、極上の絹織物のような液体がグラスに注がれただけで、
目に見えるような強い果実香が回るたびに神々しいまでに輝く液面。
口に運ぶまでに勇気がいるようなオーラ、そして、いよいよ口に含めば・・・』

もう、あとはご想像にお任せします。
みなさんが是非、その舌でご確認ください。
とにかく・・・とにかく凄いです。

生産量も極僅かでこのワインを手にできる人は、
世界中でもわずか一握りの愛飲家だけなんです。

ここまで読んで在庫がまだあればそれは一生に一度の奇跡。
買わないことはもはや罪です。
現地フランスのワイン商のセラーに、
非常に良い状態で保管されていた超お宝。
絶対に絶対にこの奇跡の味わいご堪能ください。


ドメーヌ・デュ・ペゴー・シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・ダ・カポ 2016
【フランス】【赤ワイン】【750ml】【フルボディ】【辛口】






最終更新日  2019.06.11 23:20:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.10
カテゴリ:ワイン
ボランジェの畑に囲まれ、
ボランジェもほしがる超優良畑を絶対に手放さない知る人ぞ知る超凄腕。

地元フランスの最重要ガイド誌[ギッド・アシェット]が、
この造り手を取り上げて以来、地元レストラン、そして愛好家からの注文殺到で、
電話が鳴り止まなくなってしまったというエピソードもあるほど・・・
地元フランスでもまず滅多にお目にかかれない、
まさに【幻の極上シャンパン】が超限定本数で登場いたします。

その名も、
[ピエルソン・キュヴリエ・グラン・クリュ・ブリュット・ミレジメ 2012]

フランスが世界に誇るスパークと言えばもちろんシャンパーニュ。
その中でも、最高級のピノ・ノワールを産みだすエリアがモンターニュ・ド・ランス地区。
本日ご紹介のシャンパンは、
そのモンターニュ・ド・ランス地区でも、まさに知る人ぞ知る、人口わずか300人ほどの小さな村、
[ルーヴォア]に本拠を置く、この造り手の最高キュヴェで、
地元フランスでもまず滅多にお目にかかれない、
グランクリュの極上ピノ・ノワール100%で仕込まれた【幻の極上シャンパン】なんです。

すでに地元フランスでは、
主要ガイド誌アシェットが毎年のように、この造り手を取り上げ、
その品質の高さ 愛好家やプロの間で口コミで拡がり、
有名三つ星レスト ラン[ジョルジュ・サンク]や[コート・ドール]でも扱われ、
生産本数たったの2000本という稀少さもあり、ほとんどがリリース前に予約完売してしまうほど・・・

ここ日本におきましても、代表的なワイン情報誌[ワイナート]のシャンパン特集で紹介され、
『ルーヴォアの知られざる個性』と絶賛されて以来、インポーターさんにも問い合わせが殺到。
まさにお宝という言葉が相応しい秘蔵シャンパンなんです。

今回ご紹介の2012年もいつもながらの素晴らしい味わい。
『淡い黄金色に輝く、その奥底からやや強めの泡が立ち上がります。
いかにもピノ・ノワール100%らしいコクのある重厚なボディ。
リンゴや黄桃、そして白い花のような可憐な香りも楽しめ、
ミネラル感もしっかりと感じられます。
2012年ということでまだまだ若々しいフレッシュさを強く感じますが、
これから熟成を重ねる中で、 真価を発揮することでしょう。』

シャンパーニュ好きなら絶対に見逃せない秘蔵アイテムです。


ピエルソン・キュヴリエ・グラン・クリュ・ブリュット・ミレジメ 2012
【フランス】【白スパークリングワイン】【750ml】【ミディアムボディ寄りのフルボディ】【辛口】






最終更新日  2019.06.10 23:30:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.08
カテゴリ:ワイン
もはやコレは未知なる体験です。

世界中どこを探してもお目にかかれない、
1847年に植えられた≪樹齢160年以上≫という世界最古の1つ、
オーストラリアのバロッサ・ヴァレー≪ムールールー≫ヴィンヤードの葡萄のみを100%使い、
限定的に特別醸造されたプレミアムシラーズ。

その価値は計り知れません。
お金を出したら買えるというワインでもありません。
そんな世界中のワイン愛好家が垂涎する、
まさに世界遺産級のワイン。

そのワインの名は
[シルド・エステート・ムールールー・シラーズ 2015]

年産200ケースという超希少なワインの為、
日本への輸入もわずかに120本のみという稀少なワイン。

今回新着の2015年ヴィンテージは、
オーストラリアで最も権威あるワイン評価誌
[ジェームズ・ハリデー・ワイン・コンパニオン2019]にて、
99点というほぼ完璧な点数で高く評価されるワインです。

その味わいについては、
『色は深い紫がかったルビー色。
クリーミーな黒果実の凝縮したアロマティックな香り。
なかでもブラックベリー、マルベリーが顕著で、
フレッシュなバニラビーンズ、ダークチョコレート、
コーヒーなどの香りとも呼応するかのように重なりあい、
またかすかにオークのニュアンスもよく統合されている。
口の中では、ソフトな黒果実のフレーバーがまず感じられ、最後まで続く。
フレッシュな酸が生き生きとした表情をみせ、フォーカスのある。
また、非常にこまかなタンニンによってエッジのきいたワインとなっている。』

とコメントし、[ベスト・シラーズ]にも選ばれています。

99点という点数は、
オーストラリア・ワインとして最も有名な[グランジ]と同じ。
グランジは、今やリリース価格が、
なんと10万円というボルドー一級のワイン以上の価格で取引されるワイン。
そんなレベルのワインなのですが、
まだまだ一般には広く知られていないワインのため、
価格は5分の1以下です。


参考までに、現在日本でも入手できるオーストラリアの樹齢の高いワインを挙げますと・・・・、

140年 ヘンチキ・ヒル・オブ・グレイス 時価125,000円
60年以上 ペンフォールド・グランジ 時価100,000円
120年-160年 トルブレック・ラン・リグ 時価40,000円

などなど。

そんな中、13,800円(税別)というのは破格です。

誰かに自慢するのも良し、
未知なる味わいに酔いしれるも良し、
セラーに寝かせて期待に胸をふくらますも良し、
この世界的超お宝ワインを存分に堪能して下さい。

1847年に植えられた世界的にも最古のひとつの葡萄のみを使った極上のプレミアムシラーズ。


シルド・エステート・ムールールー・シラーズ 2015
【オーストラリア】【赤ワイン】【750ml】【フルボディ】【辛口】






最終更新日  2019.06.08 22:50:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.07
カテゴリ:ワイン
今回ご紹介するのは、3年ほどの熟成を経ていま飲み頃を迎えつつある2016年ヴィンテージ。

2016年は、ボルドー全体でとても素晴らしい出来栄えとなった年で、
パーカーさん主宰のアドヴォケイトのヴィンテージポイントも
ボルドー各地区で95~98点という高得点をたたき出した超当たり年。

この[シャトー・オー・プーニャン 2016]も、
深みのある濃密な果実味が際立つ絶妙なバランスと、
ボルドーワインらしい落ち着いた渋みが印象的な、
飲み応えたっぷりの味わいに仕上がっています。

その味わいは、
『カシスやダークチェリーの落ち着きのある果実味に、
柔らかなスパイスがふわりと溶け込んだ心地よいアロマ。
一口飲めば深みのあるベリー感と、
沈み込むようなベルベットの質感のタンニンの渋みが、
溶け合い絡み合い、一つになって喉へとすべり落ちていく。
穏やかながらもまだフレッシュさを残した酸が全体をきれいに引き締めており、
決して重すぎず、ほどよくフルーティー。
そして最後に真っ赤なプラムの甘酸っぱい余韻。
ほんのわずかにバニラの残り香。』

王道の牛ステーキやローストビーフはもちろん、
幅広いジャンルの料理に合わせやすく、
飲み飽きしないその味わいに、思わずグラスが止まりません。


シャトー・オー・プニャン 2016
【フランス 】【ボルドー】【赤ワイン】【750ml】【辛口】






最終更新日  2019.06.07 23:40:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.06
カテゴリ:ワイン
隠れた名品。
フランス国内でそのほとんどが消費され、
門外不出のシャンパーニュが日本初登場。

レコルタンとしては驚きの90年の歴史を持つヴァレ・ド・ラ・マルヌの老舗造り手で、
ヴァン・ド・レゼルヴと40%以上も使い、丁寧に小規模に造られた逸品にしてこの価格。

黒ブドウ主体のふくよかな味わいが印象的なシャンパーニュ好きには見逃せない一本です。

それが
[シャンパーニュ・ジョアネス・リオテ・キュべ・ブリュット・レゼルヴ]


ジョアネスは、自家栽培の畑のブドウを使い、
自ら瓶詰めまで手がけるRM(レコルタン・マニュピュラン)として、
90年という長い歴史を持つ造り手です。
シャンパーニュでは、伝統的にブドウ栽培家と醸造が異なり、
大手メゾンでは数百年の歴史をもちますが、
自家栽培・自家瓶詰めを行うRMの登場は最近のことで、
90年というのは長いです。

ヴァレ・ド・ラ・マルヌの中央、マルヌ渓谷のブルソーという地域で、
ロベール・リオテ氏がブドウ栽培をスタート。
その後、近隣で同じくブドウ栽培をしていたエミール・ジョアネス氏とともに
共同でブドウ栽培を行い、いつしかこの二つのファミリー共同にて
[ジョアネス・リオテ]をスタートさせました。

現在、セラーマスターを勤めるジェレミー・ジョアネス氏は4代目醸造家。
高校、専門学校、大学で醸造学を学び、
シャトー・マルゴー、シャトー・レオヴィル・ラスカーズなどの名門シャトーで修行したのち、
ジョアネス・リオテを引き継ぎ、現在に至る新進気鋭の造り手です。

醸造は、パーセルごとに圧搾し、一日かけて澱を沈めてから一次発酵。
その後マロラクティック発酵を終えたらアッサンブラージュをし、
36ヶ月の瓶内二次発酵しています。
ヴァン・ド・レゼルヴは、なんと55%という高い比率で数年のヴィンテージをブレンドし、
厚みのあるワインにと仕上げています。

品種はピノ・ムニエを主体にピノ・ノワール15%。
シャルドネ15%という構成で、
拠点とするブルソー、マルディユ、フルーリー・ラ・リヴィエールの
3箇所の自社畑のブドウを使っています。

フランス国内での人気が高く、
顧客のほとんどが地元を中心としたフランス各地のレストランやワイン専門店で、
輸出は全生産量の10%のみ。
まさに門外不出の隠れた名門造り手で、日本初登場です。

ふくよかで、しなやかな味わいで、
一度口にするとリピーターになっていただけると思います。



[クーポンで10%OFF]シャンパーニュ・ジョアネス・リオテ・キュべ・ブリュット・レゼルヴ
【フランス】【シャンパン】【750ml】【辛口】






最終更新日  2019.06.06 22:20:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.05
カテゴリ:ワイン
とろける黄金のネクター、
感動的な旨さをリーズナブルに堪能できる。

今回ご紹介するのは、
なんと世界三大貴腐ワインのひとつ
『ソーテルヌ』のグランクリュ・クラッセ(特級ワイ ン)
第2級格付けの【シャトー・フィロー】が造る、超お値打ちなセカンドラベル。

しかも!! なんと瓶詰後に20年の間、静かにじっくりと熟成させた素晴らしいお宝。

その超希少なストックからわずかに120本のみ入手でき た、大変レアなワインなのです。

そもそも貴腐ワインとは、
独特の天候や自然条件から生み出された糖度の非常に高いブドウから造られる、
とても濃密な極甘口ワイン。
ハンガリーの『トカイ』やドイツの『トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ』と並び、
世界三大貴腐ワインの一つと言われる『ソーテルヌ』は、
その独特の濃厚なアロマと優雅な味わいが、
何時の世も 人々を虜にする魔性があります。

そのソーテルヌの中でもグランクリュ・クラッセの2級に格付けされる
【シャトー・フィロー】は非常に評価が高いシャトーで、
1998年ヴィンテージはパーカー氏主宰の
【ワイン・アドヴォケート】誌で92点を獲得しているという素晴らしい出来栄え。

この度ご紹介するワイン[ソーテルヌ・ゴールド・リザー ヴ 1998]は、
英国向けに造られたセカンドラベルですが、
セカンドとは思えない完成度に思わず脱帽。

その味わいは、
『黄金色にゆらめく液面から立ち上る濃密なアロマは、
アプリコットにハチミツにアーモンド。
さらに、そのたわわに熟れた果実の輪郭を鮮やかに彩る、
オレンジや金柑の爽やかさ。
とろりとなめらかな舌触りとともに口中を豊かに満たすのは、
20年の月日が生み出した柔らかく練れた味わいと、
むせかえるほどの濃厚な果実味。
そしてリッチな甘みと、
それと引き合う美しい酸の絶妙なバランス。
後味にはほんのわずかなほろ苦さ。
華やかで優雅な余韻は決してべたつくことはなく、
意外にもすっきりとした洗練すら感 じられます。』

ソーテルヌらしいねっとりと官能的な味わいに、
楽園のような華やかなアロマ。
それでいて、気品が感じられる優雅な酸と美しい余韻に思わず言葉を失ってしまいます・・・
リッチな気分をとことん満喫するべく、フォアグラと愉しむのもよし、
またブルーチーズも最高の友。

驚くほどリーズナブルなのに、
たまの贅沢気分をたっぷりと味わえる素晴らしい貴腐ワインです。



[クーポンで10%OFF]ソーテルヌ・ゴールド・リザーヴ 1998
【フランス 】【ボルドー】【750ml】【甘口】






最終更新日  2019.06.05 22:20:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.04
カテゴリ:ワイン
今回新着の2017年ヴィンテージも、
ゆったりとした果実味と適度な酸をもつ非常に素晴らしい味わい。

その味わいは、
『色味が濃く、粘性も高い立ち上がり!
バニラやアーモンド、クレーム・ブリュレを思わせる濃密な香りに期待も高まります。
口に含むと白桃やネクタリン、パイナップル、マンゴといったトロピカルな果実に、
柔らかなミネラル、香ばしい樽香があり、古きよきカリフォルニア・シャルドネといった感じ。
バニラビーンズ、アーモンドの皮などのニュアンスもあり、
甘ったるくなりすぎない存在感のある味わいは、
上品さのある大人な感触のワインで、
クリームソース系の料理との相性は抜群です。』

ワイン名の[ブレッド・アンド・バター]というのは、
英語では、単なる「バターを塗ったパン」という意味ではなく、
[人生に欠かせないもの」という言い回しのひとつで、
ワインが人生に欠かせないということから来ています。

決してバターの香りが強いということを強調しているわけではないのですが、
このワインには、ぴったりのネーミングとなっています。


[クーポンで10%OFF]ブレッド&バター・シャルドネ 2017
【白ワイン】【アメリカ】【750ml】






最終更新日  2019.06.04 23:10:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.28
カテゴリ:ワイン
今やまさに『シャブリの頂点』 そして『ブルゴーニュの頂点』

パーカーも【五つ星】の最高評価。

そしてそして!! 歴史と権威ある最も影響力のあるワインコンクールの一つ、
【インターナショナルワインチャレンジ】におきまして、
≪2018年ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー≫の栄冠も獲得。
世界最高の白ワインメーカーとしての評価を確固たるものとしています。


その名も、
[ドメーヌ・ウィリアム・フェーヴル・シャブリ 2017]

この2017年というヴィンテージは、
アメリカの重要評価 誌【ワイン・エンスージアスト】のヴィンテージチャートで、
シャブリ地区が2000年以降では、2010年と並ぶ
最高【96点】のハイスコアを付けたシャブリの大当たり年。
また、著名女性M.W.(マスター・オブ・ワイン)の現地リポートでも、
『7年間に及ぶ雹、霜、腐敗、害虫などによる収穫量減少を乗り越え、
2017年はブルゴーニュにとって豊かなヴィンテージとなった』と、
質、量共に恵まれた当たり年となっています。

試飲でも、
『さすが名門中の名門という出来映え。
甘さの目立つシャブリが近年増えつつある中、
果実味と酸味、ミネラル感がバランスよく調和し、
上品で引き締まった辛口の風味を醸しだしています。』

『色合いはかすかに緑の要素を持つ、クリアーで奥行きのあるイエロー。
開けたて直後から華やかさを持つ香りには、
白い花やレモン、グレープフルーツなどの柑橘類に、
白コショウのようなスパイスのニュアンスと、
シャブリらしいミネラルの要素が。
それにタンニン由来のほど好い苦みと、
適度でしっかりとした酸が彩りを添え、
完成度の高い構造に複雑さと旨みを与えています。

個人的には、
かなりのレベルだった前年2016ヴィンテージを超えると思われる味わいで、
牡蠣料理やサーモンマリネなどの魚介類だけでなく、
シャルキュトリーや鶏肉、豚肉 ソテーなどと楽しみたい1本です。』



ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル・シャブリ 2017
【フランス】【白ワイン】【750ml】【辛口】






最終更新日  2019.05.28 21:30:05
コメント(0) | コメントを書く

全487件 (487件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 49 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.