000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(78)

健康が一番

(163)

スポーツ

(0)

美容

(303)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(532)

スキンケア

(126)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(44)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

お気に入りブログ

『着画』HARVESTY、n… tukiri☆さん

ブログde散歩 kdyn1973さん
++かたっぱしからや… のんのん3219さん

全163件 (163件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

健康が一番

2019.09.05
XML
カテゴリ:健康が一番
偏った食事をしていると、高血圧になりやすくなります。

高血圧患者のうち、約9割を占める本態性高血圧は、遺伝的素因と、環境素因によって引き起こされるとされます。

ひとつだけではなく、複数の要素が複雑に絡み合って発症します。

食事は、生活習慣のうち、高いウエイトを占める要因です。

高血圧と診断されたら、まず指導されるのが食事の改善です。

高血圧を予防するうえでも、食事に気を付けることが大切です。


高血圧予防のための食事で、まず考えなければいけないのは塩分を控えることです。

塩辛い食べ物やメニューを好んでいると、血中塩分量が増えてしまいます。

体は、濃度を薄めるために多くの血液を作り出そうとし、それにより血圧が上がります。

塩辛やたらこなど塩辛い食べ物、漬物、加工食品には多くの塩分が含まれています。

調理をするときでも、しょうゆやソースを多用するのではなく、だしをきかせた味付けにすると、薄味でつくれて減塩になります。

このほかにも、高血圧予防のための食事のために、気を付けることがあります。


★カロリーを摂りすぎない

高カロリーの食事は、肥満を招きます。

肥満になると、血液が上昇しやすくなります。

穀類やお菓子、甘い飲み物をたくさんとっていると、糖分の過剰摂取となり、肥満を招きます。

揚げ物など油脂の過剰摂取も、肥満のもとになります。

早食いすると、食べ過ぎになります。

食べる量が多いと、それだけ脂肪摂取量も増えてしまいます。

なるべくゆっくり、よく噛んで食事をしましょう。


★栄養バランスを考える

食事は主食、主菜、副菜のバランスをとって、考えます。

主食は炭水化物を多く含む食品です。

ご飯やパン、麺類などが炭水化物です。量を決めて、毎食食べます。

主菜は、良質なたんぱく質を含む食品を取ります。

タンパク質は、血管を丈夫にしてくれます。

肉には脂肪が多く含まれるので、魚や卵、豆腐、脂の少ない赤身の肉など、良質なたんぱく質を毎食1品食べましょう。

副菜はビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含む食品でつくります。

新鮮な野菜は果物には、ビタミンやミネラル、食物繊維が多く含まれています。

カリウムは、体内のナトリウムを尿中に排せつし、血圧を下げるのに役立ちます。

高血圧予防のためには、カリウムを含む食品を積極的に取りたいです。

ただし、腎臓病などで、カリウムを摂取する場合があるときには、医師の相談の上、摂取量を決めましょう。

食物繊維は便秘予防に役立ちます。


★アルコールを控える

アルコールには、血管を広げるはたらきがあります。

ですから、飲酒直後は血圧が下がります。

しかし飲みすぎると血圧上昇のもとになります。

アルコールはほどほどに、血管拡張作用のメリットだけを得られるような飲み方を心掛けたいです。

たくさんお酒を飲むと、カロリーの摂り過ぎにもなります。

過剰な飲酒は肥満を招きます。

飲酒については、医師と相談しながら調整したいです。






最終更新日  2019.09.05 10:46:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.28
カテゴリ:健康が一番
不妊について考えるとき、卵子の老化は避けては通れない問題です。

女性は加齢により、卵子が老化していきます。

女性は生まれた時に、すでに体内に卵子をもっています。

だから30歳のときには卵子も30歳。40歳のときには卵子も40歳になっています。

新しく生み出されるわけではないのです。


年齢が上がるごとに妊娠しにくくなりますが、これは卵子の老化によるところが大きいです。

不妊について、よく言われるのが子宮の老化です。

しかし、子宮の加齢はそれほど問題ではありません。

実際に、より大きな問題となるのは、卵子の老化のほうです。

卵巣の年齢をはかるのは、AMH(抗ミュラー管ホルモン)というホルモン値です。

採血によって調べられます。


卵子は年齢とともに劣化していってしまうものですが、この流れを食い止める方法があります。

それは「冷凍保存」という方法です。

たとえば、不妊治療を続けていて、検査の結果、子宮筋腫が発見されました。

子宮筋腫は、できる場所によっては、妊娠の障害となるものです。

ですから、子宮筋腫の手術を優先することになりました。

しかし、時間が経つごとに、卵子はどんどん劣化してしまいます。

そこで、子宮筋腫の手術をする前に、採卵して受精卵を凍結させておきます。

子宮筋腫の手術を受けて、身体が落ち着いたあとに、受精卵を戻します。

体の中に入れておけば、卵子はその年数だけ老化してしまいますが、冷凍保存しておけば、取り出す前の年齢の若い卵子を、身体に戻すことができます。


不妊に悩むカップルにとって、少しでも妊娠しやすい卵子を利用したいと思うもの。

その意味で、冷凍保存は魅力的ですが、未受精卵の卵子の単独凍結保存、卵巣凍結は、現在のところ、限定した利用しか認められていません。

病気治療のため、卵子や卵巣がダメージを受けてしまう場合に限り、認められているのです。


卵子の冷凍保存は、メディアで取り上げられたりして、注目されています。

「今は彼氏もいないし、結婚したくもないけど、将来のために卵子を冷凍しておこう」と考える女性もいるようです。

しかし、これも問題があって、一般に凍結融解できるのは受精卵だけです。

受精卵ではない卵子を融解するには、高度な技術が必要です。

未受精卵(卵子単独)は、細胞内骨格が未熟な状態です。

凍結すると、将来、溶かして精子を入れようとしても、壊れてしまう可能性が高いです。

妊娠しやすい若いうちに、卵子を凍結、パートナーが見つかってから精子を入れる、というのは良い考えのようですが、現代の技術では難しいです。

また費用も高額となり、最低でも50万円程度は必要になります。

やはりオーソドックスに、なるべく早めの年齢に、不妊について取り組み、妊娠するほうが良さそうです。

通常、普通に夫婦生活を続けていて、2年以上妊娠がないことを不妊と言います。

30代後半以降のカップルでは、1年経過した段階で、不妊と考えるべきでしょう。






最終更新日  2019.06.28 10:21:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.27
カテゴリ:健康が一番
結婚して、子供を産んで、育てる。

女性が広く社会進出し、ビジネスシーンでバリバリ活躍する女性も増えてきたとはいえ、「子供を産み、育てる」ということは、女性にとって大きな魅力だったりします。

今はバリバリ働いていても、「私もいつかは、子供を持ちたい」、そう考えている女性は多いはずです。


それにもかかわらず、妊娠したいのにできない、という不妊の悩みを抱える女性、カップルが増えています。

不妊は今や、社会問題となっています。

結婚したら、当たり前のように赤ちゃんができると思っていた。

でも、いつまでたってもできない。

そんな悩みを抱えながら、何年も過ごしている女性は多いのです。


子供を希望しているにもかかわらず、普通の夫婦生活を送って、2年経過し、それでも妊娠しないことを、不妊症と言います。

産婦人科では不妊症治療を行っています。

そこには、不妊に悩むカップルが多く訪れます。

しかし産婦人科に通って、不妊治療を受けても、実際に妊娠できないケースも、珍しくありません。

産婦人科の医師と患者との間には、知識と意識で、大きな隔たりがあり、それが問題視されています。

たとえば、体外受精は、不妊治療で広く行われている治療です。

体外受精をすれば、すぐに受精するように思っていませんか?

実際に、体外受精の妊娠率は、20~30%ほどしかありません。

しかも、カップルを取り巻くさまざまな事情により、妊娠率はさらに下がります。

たとえば、代表的なのが、高齢での出産。

年齢を経るほど、卵子が劣化してしまいます。

妊娠率は下がり、染色体異常の確率は上がります。

男女の初婚率は上がり、それにつれて女性が出産を考える年齢も上がってきます。

あとで「しまった!」と思わないために、早めに妊娠について、知っておきましょう。


不妊治療を行うには、体外受精のための培養室、液体窒素タンクなど、高度な設備が必要です。

にもかかわらず、不妊治療の需要は高まっており、クリニックの数は世界一です。

日本人カップルで、不妊治療を受ける率は増えています。

以前は10組に1組が不妊と言われていました。

しかし現在では、7組に1組のカップルが不妊だと言われているのです。

不妊治療を受けるカップルには、なんらかの事情があることがほとんどです。

カップルのうち、片方に問題がある場合もあるし、両方ある場合もあります。

それを考えると、不妊治療を受けて、子供が授かるのは奇跡なのかもしれません。

検査を受け、自分たちの現状を把握することは大切です。

不妊は女性だけではなく、男性が原因のこともあるので、夫婦で取り組むことが必要です。

そして、現状把握の先には、厳しい現実、耐えていかないといけない現実が待っています。

“30歳、40歳でも結婚して子供を産める。”

社会的には産める年齢は上がっています。

けれども、年齢が上がれば上がるほど、体はどんどん、妊娠しにくくなっていくことを忘れてはいけません。






最終更新日  2019.06.27 11:06:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.30
カテゴリ:健康が一番
コーヒーにはがんを予防する効能があるとされています。

厚生労働省研究班の主任研究者・津金昌一国立がんセンター予防研究部長により、コーヒーと肝臓がんの関係がまとめられています。

研究結果は米医学誌に発表されています。

約9万人が調査対象とした、大がかりな疫学調査です。

1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝臓がん発症率、ほとんど飲まない人の1/4であるという結果が得られました。

調査対象は40~69歳の男女で、追跡調査は10年行われました。

ほとんど飲まない人の発症率が1.0なら、毎日1~2杯飲む人の発症率は0.52、毎日3~4杯飲む人の発症率は0.48。

そして毎日5杯以上飲む人になると、0.24という結果でした。


東北大の辻一郎教授をはじめ、研究チームも、コーヒーと大腸がんに関する研究を行っています。

約60,000人を対象に、追跡調査を行いました。

実験の結果、コーヒーを1日に1杯以上飲む人の肝臓がん発症率は、まったく飲まない人の6割程度であるという結果が出ました。

40歳以上の男女を7~9年、追跡調査しました。61,000人のうち、期間中にあらたにがんになったのは、117人。

性別や年齢などの要因を考慮し、解析を行いました。

その結果、全く飲まない人の危険度を1とすると、1日平均1杯以上飲む人は0.58、1杯未満の人は0.71という結果が出ました。

コーヒーのどの物質が、がんを予防するのかは、はっきりと解明されていません。

ただ、動物実験では、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が、肝臓がんの発生を抑制したという報告もあります。


子宮体がんに関するコーヒーの研究もあります。

子宮体がんは、子宮がんの一種です。

コーヒーを1日3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ、子宮体がんにかかるリスクが約8割低いとする研究結果が、厚生労働省研究班により発表されました。

全国の40~69歳の女性約51,000人を、最長15年、追跡調査しました。

それによると、毎日2日以下のグループに比べ、毎日1~2杯飲むグループは39%低下、毎日3杯以上飲むグループは62%低下した、という結果が得られました。


子宮がんについては、コーヒーと女性ホルモンの関連性もあります。

子宮体がんは、女性ホルモン「エストロゲン」、血糖値を調整する「インスリン」の影響が大きいと考えられています。

コーヒーを飲むと、体内のこれらのホルモン濃度が低くなります。

これががん予防に影響すると考えられています。

ただし、欧米の研究では、コーヒー摂取と子宮体がんリスクとの関連性は示されていません。


コーヒーのがん予防効果については、まだ完全に立証されているわけではありません。

しかし、何等かのメリットがあることは確かなようです。

なんといっても、コーヒーはポリフェノール「クロロゲン酸」を多く含む飲み物です。

苦いコーヒーだからこそ、強力な抗酸化パワーを発揮してくれそうですね。

食生活の中に、上手に取り入れていきたいです。






最終更新日  2019.05.30 10:25:19
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.02
カテゴリ:健康が一番
「アレルギーは、一度かかってしまったら治せない」、そんな風に考えて諦めてしまうのはまだ早いです。

アレルゲン免疫療法があります。

たしかに、花粉症の治療のために耳鼻科を訪れても、処方されるのは抗ヒスタミン剤など、花粉症の症状を抑える薬ばかり。

つまり対処療法です。

花粉症を根本から治療するタイプの薬ではありません。

耳鼻科で処方された薬を飲んで、とりあえず今年の春は乗り切っても、来年にはまた、同じ症状に悩まされないといけません。

そんな悪しきループから断ち切りたい! という方は、アレルゲン免疫療法をおすすめします。


アレルゲン免疫療法とは、アレルギーを起こす原因であるアレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法です。

アレルゲン免疫療法には2つのやり方あります。

①通院して注射を打つ
②自宅で投与する 

①と②、どちらを試すかと言われれば、②ですよね。

注射を打つ、というのも痛がりさんにはかなり抵抗があるはずです。

また、わざわざ耳鼻科に通う必要がなく、自宅で、好きな時間に行えるのも魅力ですよね。 


アレルゲン免疫療法は、いずれの方法でも、流れは同じです。

まずはアレルゲンを少量、体内に入れます。

慣れてきたら、もう少し量を増やします。そうして徐々に増量していき、最終的にはアレルゲンに接しても過敏反応が起こらない状態にするのが目的です。

最初のうちは、まだアレルギー反応が出てしまうのでう、抗ヒスタミン剤を併用しながら行います。

だんだんとアレルゲンに反応しなくなったら、抗ヒスタミン剤の量を減らしていきます。 

自宅で行うアレルゲン免疫療法のことを、「舌下免疫療法」と言います。

毎日パンをちぎって舌の下に入れ、そこに花粉エキスを垂らします。

治療期間は花粉シーズンが始まる少し前から、シーズンが終わるまでです。治療を2年も続ければ、症状はかなり楽になります。

飲み薬を併用する必要もなくなります。

春がやってくる、と思っても憂うつな気分にはなりません。

実際に、舌下免疫療法を受けた患者の7~8割は症状が軽くなると言います。

このうち1割は、まったく症状がなくなってしまうということです。

これこそ根治治療、体質改善ですね! 

もう、花粉症シーズンに耳鼻科に通って、抗ヒスタミン剤を処方してもらう必要はなくなります。 


ちなみに、このうち5割は症状が半分ほどに軽くなります。

ピーク時の1週間だけ薬を飲んだり、症状がつらいときだけ薬を飲んだりして対処できます。

あとの2割は症状が軽くなりました。

そして残りの2割は症状が変わりませんでした。

まったく症状が変わらないのは、アレルギーよりも過敏症など、別の原因により症状が出ている可能性があります。 


アレルゲン免疫療法は、昔からあるアレルギー治療法ですが、アナフィラキシーショックなどの副作用や注射による痛みにより、人々の間に浸透してきませんでした。

しかし舌下免疫療法はこれらのデメリットがなく、自宅で続けられるという利便性から注目度が高まっています。

現在は自由診療の治療法ですが、鳥居薬品による新薬の開発により、早ければ14年には公的保険で舌下免疫療法を受けられることになっています。






最終更新日  2019.04.02 10:56:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.01
カテゴリ:健康が一番
フェカリス菌は乳酸菌のひとつです。

乳酸菌にはさまざまな種類があります。

そして健康効果がとても高いことが分かっています。

乳酸菌の主な効能は、

★腸内環境の正常化
★健康増進
★免疫力向上 

です。

このうち、「免疫力向上」という点に着目し、アレルギー対策として活用されています。

乳酸菌には、つらい花粉症の症状を緩和させるはたらきがあることがわかっています。

それは、乳酸菌が免疫力を高めてくれるからです。 


花粉症対策に、毎朝ヨーグルトを食べている方は多いと思います。

私もそのひとりです。花粉症対策のためにヨーグルトを食べるときには、どの乳酸菌が入っているのか、チェックしてしまいますよね。

ビフィズス菌はその代表として、ほかにもいろいろな乳酸菌が使われています。

フェカリス菌はビフィズス菌に比べてとても小さいです。

1/5の大きさしかありません。

超微粒子のフェカリス菌だからこそ、一度に大量に菌を摂取できます。

腸内免疫系の細胞も、それだけ刺激しやすくなります。

そして免疫力をより、高めやすくなると考えられています。 


乳酸菌は腸内で善玉菌として働くものです。

免疫力をたかめるためにも、乳酸菌を含む食べ物を食べて、腸内の善玉菌を増やしたいですよね。

でも、乳酸菌は死滅しやすく、せっかく乳酸菌入りのヨーグルトを食べても、途中で死滅してしまうので、意味がないのではないか? と考えられていました。

しかし最新の研究結果によると、加熱殺菌した状態の乳酸菌でも、身体機能に有効であると判明しているのです! 

死んでしまった、死菌であっても、体に良い影響を及ぼしてくれます。

途中で死んでしまうのだから、意味がないというわけではないのですね! 

そもそも、乳酸菌の入った食べ物を、それが生きている状態で腸内に届けても、そのままそこに住みついて増殖することは、ほとんどありません。

だから、継続的に新しい乳酸菌を補給してあげて、腸内の善玉菌の量を増やしてあげることが、花粉症対策に役立ちます。

たとえ殺菌され、死滅した乳酸菌であっても、腸内に入れれば、悪玉菌の増殖を抑えることができます。

腸内免疫細胞が活性化され、さまざまな効果を発揮してくれます。 

そのためには、なるべく多くの乳酸菌を、食事でとりいれないといけません。

フェカリス菌は超微粒子のため、一度に大量摂取が可能です。

だから、同じ量のヨーグルトを食べても、より多くの乳酸菌を摂取できるというわけです。

フェカリス菌入りヨーグルトで、毎日たっぷりの乳酸菌を届けてあげれば、免疫力が高まりやすくなります。

花粉症治療薬の抗ヒスタミンは、症状を抑える対症療法です。

しかし乳酸菌で免疫力を強化させるというやり方は、体質改善につながり、根本的な治療に役立つものです。 

フェカリス菌は整腸効果にも優れているので、便秘に悩む方にもおすすめです。

おなかにやさしいうえ、腸管免疫系の細胞を刺激して腸内を正常化してくれます。






最終更新日  2019.04.01 12:25:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.31
カテゴリ:健康が一番
ここ数年、花粉症の季節になると、スーパーマーケットのヨーグルトの棚が充実するように思いませんか? 

この時期テレビでも、乳酸菌やヨーグルトの特集をしていることが多いのに気づくかもしれません。

それもそのはず、乳酸菌は花粉症の症状を緩和することが明らかになったのです。

乳酸菌がたっぷり詰まったヨーグルトは、花粉症の季節は特に食べたいですよね。

乳酸菌とは、私たちの体内にもあるものです。

腸内で善玉菌のひとつとして働きます。

腸内では善玉菌と悪玉菌がいて、善玉菌が優位になると、快腸となり、体調も良くなります。

しかし悪玉菌優位となると、便秘になったり、病気を引き起こしたりします。

乳酸菌は、食品加工に使われているもので、私たちの食生活となじみ深いです。

ヨーグルトは外から入ってきたものですが、和の食材、お漬物にも乳酸菌が含まれているんですよ。

科学的視点から乳酸菌が研究され始め、健康や老化防止に良い効果があることが判明したのが20世紀初頭。

「乳酸菌が体に良い」という考え方は、この頃から人々の心に根付いてきたのです。

その効能とは、

「腸内細菌のバランスを整える」
「免疫力増加作用」

など。この「免疫力増加作用」が花粉症の症状緩和に働く理由です。

花粉症はアレルギーのひとつです。

アレルギーとは、異物が体内に入ってきたとき、過剰に反応してしまう症状を言います。

アレルギーを持たない人はとってはなんでもないようなものでも、アレルギーを持つ人にとっては一大事。

かゆみが出たり、赤みができたり、ひどいときにはアナフィラキシー・ショックと言って、生死にかかわる症状が引き起こされることもあります。

花粉症も、体内に入ってきた「花粉」という異物に過剰に反応してしまうために症状が出ます。

免疫力を高めれば、アレルギーも起こりにくくなるのです。 


乳酸菌にはさまざまな種類があります。

ビフィズス菌はおなじみですよね。今年注目されているのは、「フェカリス菌」という乳酸菌です。 


乳酸菌の代表「ビフィズス菌」と、「フェカリス菌」は、形状も違います。

ビフィズス菌は棒状の形をしています。

フェカリス菌は球状の形をしています。

そして、ビフィズス菌よりもずっと小さいです。

たったの500ナノメートル(1/2000ミリメートル)で、ビフィズス菌の1/5しかありません。

超微粒子なのです。

小さいからこそ、一度に多量の菌を摂取できます。

そして、腸内免疫系の細胞も刺激しやすいのです。

これまで、乳酸菌をとってもあまり効果がなかった・・・という方も、フェカリス菌なら効果を感じるかもしれません。

ブームを受けて、フェカリス菌の入ったヨーグルトも発売されています。

ヨーグルトを選ぶときには、フェカリス菌の入ったものを選ぶと良いかもしれませんね。

免疫力を高めて、花粉症のつらい症状を少しでも緩和させたいですね!



火山灰微粒子を含むきめ細かな泡で毛穴の汚れをスッキリキレイ!






最終更新日  2019.03.31 11:11:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.30
カテゴリ:健康が一番
つらい花粉症の症状に悩んでいる方も多いことでしょう。

寒い冬が終わり、温かい春がやってくる。

本来ならわくわくすることなのに、「春が来る」と思うと気が滅入ってしまう。

それもこれも、花粉のせいです。

鼻づまりや目のかゆみなど、花粉症の症状に耐えるもつらいですが、耳鼻科に通うのもうんざりですよね。

毎回予約して、並んで、問診を受けて、そのあとに薬局に行って、薬をもらって・・・

この時期は、耳鼻科はどこも込みます。

予約をとるのも一苦労だし、予約なしで受け付けているところは、長い間待たされなければいけません。

そんな大変な思いを、花粉の飛散が収まるまで、定期的に続けないといけない・・・うんざりしますよね。 

ドラッグストアでも、薬は売られています。

風邪薬に胃薬、もちろん花粉症の薬もあります。

でも、そういうものを使うのに、ちゅうちょをしてしまうこともあるかと思います。

私もそのひとりです。

だって、市販の薬だと、効きにくいことがあるからです。

やっぱり一番効果があるのは、面倒でも耳鼻科に行って、お医者さんが処方してくれる花粉症治療薬。

そう思っていました。 


しかしここ数年、花粉症治療薬をめぐる事情は大きく変わりつつあります。

耳鼻科などの医療機関で処方されてきた鼻炎用内服薬の、大衆薬への転用ラッシュが続いているのです。

これまで、耳鼻科に行って、処方してもらわなければ使うことができなかった花粉症の薬を、ドラッグストアで手軽に入手できるようになります。

花粉症治療薬として耳鼻科で処方してもらっていた薬が、大衆薬に転用されていないか、確かめてみましょう。

もしも当てはまるのなら、もう時間をとって、面倒な思いをして、耳鼻科に通う必要はありません。

仕事帰りにドラッグストアに寄って、処方箋なしですぐに薬が手に入れられます。


スキンケアするような洗顔を。「新どろあわわ」






最終更新日  2019.03.30 11:54:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.26
カテゴリ:健康が一番
とうふはローカロリーで、ダイエット中はぜひ食べたい食材です。

お味噌汁に入れても美味しいし、そのまま冷奴もいい。

あっさりした味わいが魅力的です。

でも、とうふのスゴイところは、ローカロリーで美味しいところだけではありません。

ほかにも、私たちにいろいろな恩恵をもたらしてくれるのです。

たとえば、とうふには、ダイエット成分が含まれています。

だからとうふを使ってダイエットをすれば、効果的になります。


★植物性脂肪 

木綿豆腐半丁で108kcalと、とてもローカロリーなのに、適度な植物性脂肪を含んでいるから、お腹にたまりやすいです。

ダイエットで食事制限をしたいときに役立ちますね。

★低GI食品 

血糖値の上昇を抑えてくれる低GI食品です。

★大豆レシチン 

コレステロールや中性脂肪を減らす成分。

ムダな体脂肪を落とす効果もあります。

★大豆オリゴ糖 

便秘解消に役立つ大豆オリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のエサとなるものです。

腸内の善玉菌が活性化して、便秘解消しやすくなります!

★大豆サポニン 

中性脂肪を分解し、コレステロールの吸収を抑える成分です。

消化管からの脂肪の吸収を抑える効果もあるそうです。

とうふを食べれば、体に脂肪がつきにくくなりますね! 

★ビタミンB群 

代謝を促進してくれる成分です。

脂質や炭水化物を代謝するには、ビタミンB群が欠かせません。

不足すると、体が食べ物の脂肪を溜めこみやすくなってしまいます。

体内で糖に変化し、脂肪のもとになる炭水化物。

炭水化物をしっかり消費するためには、ビタミンB群の摂取が欠かせませんね。


このように、とうふにはいろいろなダイエット成分が含まれています。

4月になって温かくなれば、これまで分厚いコートで隠していた体型も、さらさないといけなくなります。

それまでに、なんとか体型をもとに戻しておきたい! というときに、活用したいです。 


さらに、とうふには美容面、健康面でも良い効果があります。


~とうふの美容効果~

★イソフラボン 

近年、高く注目されているのがこのイソフラボン。

女性ホルモン「エストロゲン」と似たはたらきをする成分です。

肌のハリ、つやを高めてくれる成分です。

エストロゲンは、年齢とともに分泌量が減っていきます。

若さと美しさ、そして女性らしさを保つためにも、とうふを食べて、イソフラボンを積極的に摂取したいですね!


~とうふの健康効果~

★鉄分 

とうふには鉄分が含まれています。

女性は貧血になりやすいです。

鉄分を補給して、貧血防止に努めたいですね。

また、鉄分不足になると、太りやすくもなるので要注意。

脂肪分解には大量の酸素消費が必要となります。

しかし、酸素を運ぶ赤血球の鉄分が不足していると、うまく酸素が運ばれず、脂肪燃焼しないのです。

健康のためにも、ダイエットのためにも、鉄分補給は大切ですね。 

とうふを食べると、このようにたくさんのメリットがあります。

身近な食材、とうふを活用しない手はありませんね!


火山灰微粒子を含むきめ細かな泡で毛穴の汚れをスッキリキレイ!






最終更新日  2019.03.26 09:02:11
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
カテゴリ:健康が一番
とうふと言えば、和食の代表的な食材。

私たち日本人にとって、とてもなじみ深い食べ物ですよね。

このとうふ、実はすごいヤセ効果があるんです。

とうふと言えば、ローカロリー食材。

とうふ=ヤセ効果というと、その点をすぐ、思いつく方が多いのではないでしょうか。

たしかに、とうふは木綿豆腐なら、半丁で108kcalと、カロリーがとても少ないです。

たっぷり食べても、カロリーオーバーになる心配がないのが嬉しいですね。

とうふを食べると、おなかにたまります。

それは、とうふに植物性脂肪が含まれているから。

ローカロリーでありながら、適度な植物性脂肪も摂取できて、おなかも満足、ヘルシーなのです。 


しかし、とうふのスゴイところは、ローカロリーなだけではありません。

ヤセを実現させてくれる、いろいろな効果があるのです。 


とうふのスゴイ効果その① 低GI食品 

とうふは低GI食品です。

だから、血糖値が上がりにくいという特徴があります。

血糖値が上がりやすい食べ物を食べてしまうと、太りやすくなります。

とうふなら、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるので、ダイエット効果が大きいですね。


★とうふのスゴイ効果その②大豆レシチンが体脂肪を減らす 

とうふには大豆レシチンが含まれています。

大豆レシチンには、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるんです。

また、ムダな脂肪を落としてくれます。

大豆レシチンは、ダイエットだけではなく、アンチエイジングにも良い影響をもたらしてくれます。

「若返りの栄養素」と呼ばれており、摂取により肌細胞を若々しく保たせてくれるのです。

また、健康効果もあり。

大豆レシチンは血行促進してくれる栄養素です。

冷え性、肩こりの解消に役立つ成分です。

ダイエット効果、美容効果、健康効果、3拍子揃った栄養素なのです! 


とうふのスゴイ効果その③ 脂肪燃焼 

体脂肪を燃焼させるのは筋肉。

筋肉がエネルギーを消費するから、ダイエットが可能となります。

筋肉をつくるには、タンパク質が欠かせません。

とうふは植物性たんぱく質を多く含みます。

20種類あるアミノ酸をすべて含む、完全なタンパク質なのです。

しかも、脂肪分が少ないというメリットもあります。

とうふを食べて、脂肪をどんどん燃焼させましょう!


★とうふのスゴイ効果その④ 便秘解消 

とうふには大豆オリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌、ビフィズス菌のえさとなるものです。

とうふを食べると、大豆オリゴ糖が腸に届けられて、善玉菌優位となりやすくなります。

だから便秘解消にとても効果的なのです。

便秘に悩む女性は多いです。

大豆オリゴ糖摂取により、便秘解消に効果があるかもしれませんよ。

便秘でいると、ぽっこりお腹になるだけではなく、体が脂肪を溜めこみがちになります。

とうふは水分も多く含むため、大豆オリゴ糖とダブルで便秘解消に効果がありますね。


大人かわいいファッション通販サイト【リエディ】






最終更新日  2019.03.25 11:55:56
コメント(0) | コメントを書く

全163件 (163件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.