186783 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のブログ、なんでもあります。

PR

プロフィール


なおですよろしく

楽天カード

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(73)

健康が一番

(162)

スポーツ

(0)

美容

(281)

ちょっぴりエッチな妄想

(0)

ワイン

(520)

スキンケア

(126)

スイーツ

(0)

お酒

(1)

これ、ほしい!

(2)

身になる本

(44)

エンタメ

(12)

趣味

(2)

楽天市場

(4)

コメント新着

kisimoto@ 当サイトの宣伝について はじめまして。私は下記の美容ブログを運…
相馬幸平@ Re:ロゼワインとクレープフルーツ果汁が夢のコラボ(05/28) ただいま❤️ う~ん舌噛みそうな名前だね 倉…

サイド自由欄

ランキング市場

ほしいものリスト

お気に入りブログ

『着画』無印、studi… tukiri☆さん

あっという間に夏休み のんのん3219さん

ブログde散歩 kdyn1973さん

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

身になる本

2019.06.15
XML
カテゴリ:身になる本
「老後資金に最低2000万円必要」

という金融庁の報告書に対して
麻生財務大臣が撤回を要求しましたね。

撤回を要求した理由が、

国民がお金を貯蓄に回すことを
回避するためなのか

消費税増税が先送りになるのを
避けるためなのか
それとも、年金が払えないのを
隠そうとしたのかは分かりません。

しかし、ここで大事なのは
麻生氏が撤回を要求したことではなく

金融庁の発表した
老後資金に2000万円が
必要という報告書の内容が

ウソなのか本当なのか?

ということだと思います。

金融庁の報告書の内容が本当であれば
麻生氏が撤回を要求しようが
何も準備をしていないと老後に
2000万円以上の資金を
自分で用意する必要があることになります。

そして、金融庁が発表した
老後に2000万円が必要
というのは、本当のことだと思います。

というのも、金融庁の報告書の内容は
年金の支給額が月額20万円で
月の平均支出額が26万円とした場合、
月に6万円の赤字になります。

年間にすると72万円の赤字になって
老後が30年続くとすれば
およそ2000万円足りない
という内容だっただからです。

もっと言えば、
平均寿命が延びている現代では
老後が30年だけという予測も
当てにならないと思います。

実際に、今50歳の方であれば
男性なら92歳、女性なら98歳まで
長生きするという予測も出ています。
(事故、自殺といった不慮の死因を除き
、5年に1年平均寿命が延びている現状を考慮して寿命を計算した)


政治ジャーナリストの安積さんは、

===
現在のままでは年金は足りない。
ましてや100歳社会では、
不足額は増大する一方です。

金融庁の報告書は
事実についてウソは書いてありません。

ただし不足分を自分で
やりくりしなければならないとすれば、
現役中に相当の蓄えが必要になります。

与党である自民党がやるべきは、
不都合な現実を隠すことではないでしょう。
===

というコメントもしています。


年金だけでは
老後資金が足りなくなる。

と、ずっと言われてきましたが、
それが現実になろうとしています。


では、どうすれば良いでしょう?


そもそも、国が
「個人個人の豊かな老後生活を保障する」
ことはできませんよね。

収入を得て
無駄使いせずに、
コツコツ毎月一定の金額を

投機的なギャンブルではなく、
長期的な視点で賢く投資して、
時間をかけて運用するからこそ、

老後の生活での経済的な不安をなくすことも
可能になるわけで、

「年金だけで生活できるように保障しろ!」なんて
思うことがムシの良すぎる話かもしれません。


とはいえ、、、
日本の投資教育が遅れていることは確かですし、
お金のリテラシーがない状態でいきなり
「自身で資産形成をしましょう!」なんて言われても
どうすれば良いかわからない、
と言う人も多いと思います。


なので、、

誰もがわかりやすく
お金の知識と教養、
そして増やし方を学べる1冊の本を
ご紹介したいと思います。それが、、

こちらの本です。

大富豪の投資術

http://directlink.jp/tracking/af/1493475/8uCJHhoT/
↑ 通常5,000円のところ
今なら無料で手に入れることができます!!






最終更新日  2019.06.15 09:55:31
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.04
カテゴリ:身になる本
元英国首相マーガレット・サッチャーは、
「政治・経済・国際問題に関して世界で最も重要な研究組織は
スタンフォード大学・フーヴァー研究所であります」と評価。

本書籍の著者である西鋭夫教授は、
同研究所に30年以上在籍する、日本人で唯一の人物です。

今回、このメールをご覧になっている方限定で、
定価1980円のところ、特別価格550円で、
DVDブック「米国産・日本国憲法の正体」をご提供します。


憲法9条制定の裏側を知る

米国産・日本国憲法の正体


From.西鋭夫

もう70年も経って、これだけ狭い日本に
広大な公地を基地に取られ、横田・厚木がありますので、
東京の上空、日本の飛行機が飛べません。
アメリカや中国に、よその国の基地あるんですか?
これだけ従順でアメリカに追随しているわが日本。
あの憲法、メイド・インGHQを、
私が子どものとき平和憲法と言って、教えた日本の教育。

いまだに皆さん、70年、私たちはウソをつかれて洗脳されてます。
あれが本当に平和憲法だと思ってる。
あれほど悪どい作り方をした憲法、おそらく世の中に残ってないです。
明治(政府)が一生懸命になって直そうとした、
不平等条約というものがありますが、皆さん、
あれと全く同じで、こんな不平等な。

※上記は本商品の内容を、一部文字起こししたものです。

西教授が仰るように、
日本のマスコミや教科書は戦後、
とりわけ憲法9条を「平和憲法だ」と
われわれに伝えてきました。

しかし、現代の日本は、
韓国に竹島を実行支配されたり
北朝鮮にミサイルで脅されたりしています。

本当に平和とは言えない状況で、
なぜ政治家は憲法を長年放置していたのでしょうか?


憲法9条制定の裏側を知る

米国産・日本国憲法の正体






最終更新日  2019.05.04 22:40:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.24
カテゴリ:身になる本
<国際政治学者の講演録>

ついに解禁:
47年非公開にされた元米国大統領の告発
史上最大の戦争仕掛けた真犯人は誰か?

通常¥1,980のところ・・
無料でどうぞ!

太平洋戦争の大嘘

1946年(昭和21年)5月3日、東京。
元アメリカ大統領ハーバート・フーヴァーと
連合国軍最高司令官マッカーサーは
「太平洋戦争とはいったい何だったのか」
を3日間にも渡って話し合った。

そのとき、
日本人なら誰も思いもしないようなことを
フーヴァーは口にした…

「太平洋戦争は、日本が始めた戦争じゃない。
あのアメリカの『狂人・ルーズベルト』が、
日米戦争を起こさせた。

気が狂っていると言っても
精神異常なんかじゃない、
ほんとうに戦争をやりたくてしょうがなかった…

その欲望の結果が日米戦争になったんだ」


その言葉を聞いて、
マッカーサーははっきりと同意した…

私たち日本人は、小さい頃から
「日本が真珠湾を宣戦布告もなしに攻めて戦争を起こした」
「日本は残虐な悪い国だ」
ということを新聞でも、
テレビでも繰り返し教わってきました。

しかし今から数年前、
我々が耳にしてきた太平洋戦争の常識とは
真逆とも言える証言が、

47年公開を禁じられた
フーヴァー元大統領の回顧録から
次々と浮かび上がりました・・

***********
アメリカではこの証言をもとに、
歴史の見方が、世界の見方が、
少しずつ変わり始めているようです。

しかし、日本人にとって
こんなに重要な内容なのに、
日本の大手メディアは全く取り上げてくれません。

日本人が知らない太平洋戦争の
本当の筋書きとはどのようなものだったのか?

その真実を日本に広めたい思いから
今なら無料で本をお届けします。

詳しくはこちらから、
ご確認ください。

太平洋戦争の大嘘


PS.
新聞やテレビで報じられない
真実を日本人に広めたい。

そして日本を強くしたい。

そういう思いから、
「日韓レーダー照射事件
 ~ほとんどの日本人が知らない韓国の“本当の狙い“~」
も2月28日まで期間限定特典としてお届けします。


太平洋戦争の大嘘






最終更新日  2019.02.24 20:10:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.04
カテゴリ:身になる本
暮らすのにやっとの収入しか
得られない営業マンがいる一方で、、、

なぜ、毎月多額のコミッションを
受け取る営業マンがいるのでしょうか?

一体、この違いは何なのでしょうか?

その答えこそが、、、”消費者心理学”です。

これこれ人々にものを
買わせるパワフルな原理です。

この原理は、セールマンが売っているものが
何であるかに関係がありません。

なぜなら、
あらゆるビジネスに有効だからです。

この「クロージングの心理技術21」は、
間違いなくセールスに役立つ
消費者心理学の強力な
21のテクニックを教えてくれるでしょう…

クロージングの心理技術21






最終更新日  2019.02.04 23:30:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.03
カテゴリ:身になる本
なぜ、優れたリーダーでも
新しい環境では失敗することが多いのか?


なぜ、並のリーダーでも
本来の能力よりも優れているように見えるのか?


なぜ、失敗ばかりしているリーダーなのに
部下に慕われるのか?


この疑問の解明に取り組むために
ある1人の男が2万4000人を対象にした
10年に及ぶ追跡調査を実施しました。


すると意外なことに
会社の中で部下を動かすのに
リーダーシップはほとんど関係ない
ということが分かったのです。



組織やチームで
人を動かすために必要なこととは?

トライブ=人を動かす5つの原則






最終更新日  2019.02.03 23:00:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.22
カテゴリ:身になる本
「万が一、
自分の会社の社員が
過労死したらどうしよう・・・」

ガンガン働く中小企業、
ベンチャー企業の経営者なら
一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

どうやら大手起業でさえも
同じ不安を抱いているようです。

ある企業では社員約1万人を対象に
「勤務間インターバル制度」
という新制度を始めています。

前の終業時から次の始業時まで
「最低8時間の休息」
を取ることを義務づけるというものです。

たとえば、
夜中の午前3時まで残業した社員は
次の始業時間を午前11時までずらす、といった感じ。

規則に違反していないかどうかは、
パソコンを起動した記録や出勤簿データなどで
確認するという徹底ぶりです。

まだ制度が始まって間もないので
現場の社員の反応はわかりませんが、、、

こういった新しい制度、
ルール変更というのは企業にはつきものです。
リーダー(経営者)はその度に正しい決断を迫られます。

一般的に正しいリーダーシップを発揮するには
「直感に頼ってはいけない」
「事実と詳細に頼ることが重要」

と言われることが多いですが、
上級管理職以上となると、
実は話が違ってきます。

信頼できる直感を持っていて、
それを使いこなすことができなければ
素早い意思決定はできません。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの
会長兼CEOである
ラルフ・S・ラーセンもこう言っています。

「大抵の人が中間管理職のレベルまでは
素晴らしい仕事をする。
そこでは多くの意思決定の仕事がある。

しかしその後、上級管理職になると
対処すべき問題はもっと複雑で曖昧なものになり、
彼らの判断や直感が適切なものではいことに気づく」

ラルフだけではありません。
社会的に成功した経営者は皆、
優れた直感力を持っています。

ただ、多くの経営者は
自分の直感を鍛える方法を知りません。

もしあなたが自分の直感を養い、
より抜きん出たリーダーとなるための
具体的な方法を求めているのでしたら、

こちらの本は間違いなくおすすめできる一冊です。

社員を動かす社長のカリスマ仕事術













最終更新日  2019.01.22 21:10:08
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.21
カテゴリ:身になる本
「安定」
が代名詞の大企業で、
今年、数々のトラブルが起こっています。

・実の父と娘が裁判で骨肉の争いを見せている大塚家具
・粉飾決算疑惑で世間から非難を浴びている東芝
・スマホ液晶の不振でふたたび赤字に転落しそうなシャープ

こういった現実を見ていると、大きな組織ほど、
経営者が集団をまとめあげるのが困難なことがわかります。

経営者は企業のトップとして、
高給をもらう代わりに熟慮を重ね、
多くの難しい決断をしなければいけません。

しかし、
もっと重要なのは、
批判や逆境に直面してもなお、

自分のアイデアを人々に受け入れてもらい、
それを実現するために働いてもらう方法を
知らなければいけないということです。

ではどうすればそれができるのでしょうか?
それは、
「仕事を、やる価値があると感じさせること」です。

わかりやすい例として宗教指導者がいます。
イエス・キリストからガンジーに至る
歴史上の偉大な宗教指導者達は

大きな集団を説得することで
あらゆる種類の困難な仕事を
人々にさせることができました。

その方法こそ、
「仕事自体が善である」という考えを
生み出したことにあります。

確かに当時は
何らかの報酬原理が働いていたかもしれません。

しかし、
行い自体に価値があると信じていなければ、

何十億人という信者が
毎週日曜にミサに行ったり、
募金をしたり、

あれだけ多くの人が
不服従運動に身を捧げた
とは考えられないのです。

「行い自体に価値がある」と
思わせることもリーダーシップの一つです。
ほとんどの従業員はリーダーシップを求めています。

そして、
彼らにとってリーダーシップとは

他の誰かが問題を解決して、
自分達は何をすればいいかを
教えてくれることなのです。

「経営者は宗教指導者であれ」とまでは言いませんが、
最低限、宗教指導者くらいの統率力はないと
企業をマネジメントすることは難しいでしょう。

しかし、
プレッシャーや恐怖ではなく、
意欲や活気を満たすことによって

働く動機付けができるようになるのは
容易いことではありません。
人間の集団を説得するには「技術」が必要です。

もしあなたがそんな、
社員が勝手にバリバリ働いてくれるような
カリスマ性を手に入れたいのでしたら、

今回ご紹介する本
『社員を動かす社長のカリスマ仕事術』は
必ず役に立つでしょう。

社員を動かす社長のカリスマ仕事術






最終更新日  2019.01.21 16:50:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.20
カテゴリ:身になる本
序文より 優れたリーダーになるために不可欠な2つの特質

マイケル・マスターソンが知っている最も優秀で最も成功したビジネスリーダーの1人は常に、
自分の会社を優れたアイデアが集まる国際的な“ハチの巣箱”のように捉えている。
彼がそう定義しているわけではない。

しかし、彼が、どんな新製品がビジネスにとって“意味があるか”とか、
なぜケープタウンに新しいオフィスを開設することが“良いアイデアなのか”について話すとき、
従業員は、印象に過ぎないにしても、彼が持つ会社のイメージを理解するのだ。

彼はビジョンの概要を書いたレポートを回したりしない。
その代わり、ある製品やサービスがなぜ他のものより価値があるかについて、思慮深い文章を書く。

彼は財務目標について話すのを嫌い、社員の士気についての会話を避ける。
個々の不満には取り合わない。
重役たちが問題を提起すると、彼は肩をすくめて言う。
「うーん、どうしたらいいかわからないな」。

彼は組織図に興味がなく、財務諸表をほとんど見ず、
“人的資本”、“チーム作り”、“コラボレーション”などといった言葉に健全な嫌悪感を持っている。
人を採用するときには、経験や資格や適性をまったく考慮しない。
彼が問題にするのは2つ、知性と人格だけである。

彼は対立を好まず、たとえ損失が出るとしてもあらゆる論争を避け、
交渉の際にはたいがい相手に押し切られると思われている。
彼は最も優秀な人材でも昇給させることを好まないが、
最高の報酬を求める才能には喜んでそれを支払う。

彼は能力の低い人間を解雇するのは正しいと考えているが、自分でそうしたことはない。
有能な人間を好んで採用するが、仕事に必要なことや、実際のやり方などについては何も言わない。

つまり彼は、良いリーダーシップのためのルールのほとんどを破っているのだが、
魅力的なビジョンと強い説得力を持っているのだ。
この2つの特質が、巨大で、人を引き付け、高収益を上げ、繁栄する企業を生み出し、
世界中の何百万もの人々に優れたアイデアを販売しているのである。

だから、もし、あなたがリーダーシップに関する本を他に読んでいないのなら、
次のことだけを理解すればいい。
説得する技術を身につけ、魅力的なビジョンに目標を定めることができれば、
優れたリーダーになるために実際に必要なもの全てを手中にできる。

そうは言っても、優れたリーダーシップにはこれら2つ以外の要素もたくさんある。
本書では、私が優れたリーダーシップに必須であると考えるものと、あれば望ましいものを見分けていく。

例えば、本書には私自身が守れない多くのアドバイスも書かれている。
だが、机上の空論は1つもない。
ここに書かれているアイデアは全て私の経験から生まれたものだ。
そのうちいくつかでも皆さんの役に立てばうれしく思う。


社員を動かす社長のカリスマ仕事術






最終更新日  2019.01.20 17:50:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.11
カテゴリ:身になる本
営業先にチョコを持っていくと
営業が成功しやすくなるということを
あなたは知っていますか?

もし、あなたの売っている
商品が、
宝石、
車、
ブランド品、、、
などの俗に言う
「贅沢品」や「自分へのご褒美」
であるなら、チョコの持つ力は
絶大なものになります。

マイアミ大学とフロリダ大学の
合同研究で、被験者に
「チョコを食べるように勧める」
という内容の実験が行われました。

この実験の結果、
被験者は3つのグループに分かれます。

1、チョコを1個だけ食べた人
2、チョコを好きなだけ食べた人
3、チョコを全く食べなかった人

です。

では、この中で、あなたが一番力を入れて
営業すべき人は誰だと思いますか?
少し、考えてみてください。



答えは、「1、チョコを1個だけ食べた人」です。

理由に関して、
「脳科学マーケティング100の心理技術」
では、このように書かれています。

====================
実験の結果、チョコを1個食べた被験者は、
誘惑に負けなかった被験者に比べ、
高額な商品をより尊ぶ傾向にあるのがわかった。

さらに、関連して、面白い発見もある。
それは、満足するまでチョコを食べ続けた人は、
一定を過ぎるとモノに対する欲求が消えたことだ。

そして、チョコを食べなかった人は、
他の誘惑にも負けないという心構えを
一層強くしたのである。
====================

つまり、あなたが営業先やお客さんに
チョコを差し出した時、
一番、高価なモノを欲しがるのは、
チョコを1個だけ食べる人なのです。

この実験結果から、
チョコを出すだけで
あなたはどのお客さんに多くの
時間や労力を割くべきか分かるのです。

残り99個の心理技術はこちらから
確認できます。

脳科学マーケティング100の心理技術














最終更新日  2019.01.11 19:10:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.10
カテゴリ:身になる本
ここにある2人のパティシエがいます。

2人とも同じ専門学校を卒業後、
ともに海外留学も経験し、
そして同様に職人として才能があり、
同じ有名スイーツ店で修行を積み、
やっとの思いで独立しました。
現在もそれぞれのお店を経営しています。

しかし、違いもありました。
一人は、、
毎朝オープン前からお店に行列ができ、
閉店前には必ず売り切れてしまうほどの人気店のオーナー。

もう一人は、、
閉店時には商品が売れ残ってしまう
閑散としたお店のオーナー。
彼は、新商品を追加するなどして、
もっとお客さんに買ってもらえるように…と
毎晩試行錯誤して、悩んでいます。

一体なにが二人に違いを作ってしまったのでしょうか?・・・
その答えはどこにあるのか?
なにか魔法のようなテクニックがあるのか?

その答えこそが、、、
顧客の購買行動を操る”脳科学マーケティング”です。

脳科学マーケティングとは、
お客さんが
「欲しい!!」と、
つい買ってしまうような非常に面白い原理。

ここで先ほどの
2人のパティシエの2つのお店の話に戻りましょう。
どのような仕掛けがお店に違いを生んでいるのか?

それは・・・
”商品のバリエーション”です。

「脳科学マーケティング100の心理技術」には
こう書いてあります。
ーーーーーーーー
脳科学によれば、
「人間は選択を行うと脳が疲労し、
その後の意思決定が実際に困難になる」
といわれています。

この事実を人間の購買行動に応用した実験があります。
〈コロンビア大学の実験〉
高級食品店でジャム6種類、
もしくは24種類から選択を迫られた場合の
お客さんの行動を実験しました。

すると、
6種類を提示された場合
お客さんの30%が購入に至ったにもかかわらず、

24種類を提示された場合
なんと、購入に至ったお客さんは
わずか3%。。。

かなり驚くべき実験結果。
選択肢の少ない方が、
多い場合よりも10倍も売れたのです。
ーーーーーーー

またまた話は戻りますが、、
二人目のパティシエは、
売上が低迷していることを理由に
なんとかお客さんを呼び込もうと
新商品を売り出し、
商品のバリエーションを豊富にしていました。

しかし、
その”豊富な商品バリエーション”が
お客さんの選択肢増やし、
購買欲を減少させてしまっていたのです。。

つまり、
豊富な品揃えに見せたいばかりに
選択肢を加えるのは
よくない戦略…ということ。

売上が低迷している商品。
思い切って選択肢を削ってみることで、
おもしろいことに売上が増えてしまうのです。

この原理は、
みなさんが売っている商品が
何であるかは関係がありません。
あらゆるビジネスに有効です。


このように、
脳科学を利用して
お客さんに「欲しい!」と思わせる
脳科学マーケティング。

すぐに使えて、面白いほど効果が出るので
ぜひ、残りの99個の消費者脳科学テクニックを
チェックしてみて下さい。

脳科学マーケティング100の心理技術












最終更新日  2019.01.10 23:50:06
コメント(0) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.