2018年03月04日

彫刻用桧材の問い合わせ

カテゴリ:杉桧 
今週は、桧の無節材の問い合わせを頂きました。
芯去りで彫刻に使えるような物が欲しいという事で。

彫刻に使えるような桧の角材というと相当良質な物になり、
通常の特一等では1000ミリあたり数百円の所が、
100ミリあたり千円以上、1000ミリならおよそ九千円以上になります。
この値段は通常の無節材の五倍です。

彫刻用に節が無く反り・割れ等の変形も無い乾燥材を用意しようと思うと、
条件が厳しいので貴重さ故に価格も高くなるんですよね。
しかも色まで指定されているので猶更。

吉野材を彫刻に使われるのなら、桧よりの方が良いと思いますよ。
杉の方が柔らかくて彫刻刀が入りやすいし、芯去りで総赤身の四方無節なんて貴重な物が手に入りやすいです。





TWITTER

最終更新日  2018年03月04日 17時28分30秒
コメント(0) | コメントを書く
[杉桧 ] カテゴリの最新記事