502446 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

☆kenkoumania☆

2011.09.22
XML
カテゴリ:放射能汚染

東北文教大松田浩平教授:国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争時の食物の汚染上限 より


教授のフェースブックのページに載っていました。下の方にフェイスブックのコメント欄も載せました。参考になります。

 

【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq /Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が 10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。

追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。

松田浩平教授のご専門は「実験心理学」。面白そうな学問です。

そういえば、一時この暫定基準が低すぎる、として、もっと高くしたほうが良い、というような意見が政府の原子力安全委員会で出ていました。確かちょうど、某県の某知事が新茶から検出された基準値をはるかに超える放射性セシウムを巡ってたいそう騒いでいらした頃の話だと記憶しています。

教授の発言の根拠は分かりませんが、事故直後の3月に、国際放射線防護委員会(ICRP)が「放射能汚染は続く可能性があると指摘し、汚染地域の住民が移住しなくてもいいよう、日本政府に配慮を求め」、年間被曝限度量は1ミリシーベルトから20ミリシーベルトの間が妥当だ、と勧告しています。(
朝日新聞3月26日付け記事参照。)

汚染されていない食物を生産できる地域があるにもかかわらず汚染地域からの肉、野菜をそういう地域にまで流通させ、それでも足りないと見えて放射性腐葉土、セメント、ごみ焼却灰まで流通させる。

考えてみれば、福島第1原発事故は核爆弾の落ちなかった核戦争といえるのではないでしょうか。セシウム137だけで広島原爆の168個分、47都道府県で各都道府県につき平均約3.6個分ですか。

世界も驚く日本の暫定基準値2000ベクレル

いったい、どうしたらいいのでしょうか…

被曝線量計を買う。食品の生産地を確認する(ただし日本
の食品の3割は産地偽装とも言われる)。一番良い方法は
日本から脱出することです。ドイツ政府は被曝を逃れて入
国する日本人を政治亡命者として受け入れる準備を密かに
始めています。

酒井 嘉子 ご自身も海外への脱出を視野に入れてらっしゃいますか?

松田 浩平 私は54歳ですので、今のところ考えていません。しかし
、これから子どもを産み子育てする世代の方は、安全な地
域への海外移住を本気で考えた方がよりと思います。

酒井 嘉子 松田さんが、おっしゃられるのですから、本当にそこまで
の事態に至っているのだと思います。しかも、さらに進行
形で ... 。

酒井 嘉子 教えていただいて、ありがとうございます。

松田 浩平 汚染物質の半減期や拡散を考えても現在の数値を見る限り
熔融した核燃料が地下かどこかで部分臨界反応を続けてい
るとしか考えられないのです。少なくとも原発から320
km以内の食品移動を禁止し、安全な地域に汚染物資を持
ち込まないようにするしか現状では方法が無さそうです。
被災地復興も大切ですが、汚染物質を全国にまき散らして
生き残った地域までダメにするようにしか思えません。

酒井 嘉子 ‎320kmというのは、どのような計算式からなるので
しょうか?お答えいただいたとしても、私の頭では理解出
来ないでしょうけど。

松田 浩平 半径320kmとは、単純にEUが輸入を無条件で禁止し
ている地域です。ホットスポットが99%の確率で出現し
ないとされる範囲だそうです。

松田 浩平 食品汚染を風評被害だとうそぶき、「福島産のものを食べ
て応援しよう!」と言っている人は、「毒入りで10年後
には半数が死んでるかも知れませんが、食べてください。
」ということを意味していると理解する勇気か理解するだ
けに十分な思考力が欠如していると思います。
私は、「福島産のものを食べて応援しよう!」という人に
は臆せずに「人殺し!」と言います。

酒井 嘉子 そうでしたか!ご返答ありがとうございました。松田さん
のおっしゃられる通りだと思います。私達は目先だけにと
らわれること無く、本当に大切な「いのち」、そしてこれ
からの未来を大切に想い、人としての良心を持って判断、
選択をしていきたいものです。

 松田 浩平 言い換えれば500Bq/Kgは全面核戦争で放射性物質
により地球上が汚染された場合に人間が死滅しない基準と
考えるとわかりやすいでしょう。
この基準を適用すれば10年後に日本人が6000万人生
き残っていれば御の字ということを意味しています。

Yosuke Yamashiki だいたい世界のどこにも500Bq/Kgという恐るべき
基準はないですね。そうだったんですか。核戦争後のサバ
イバル基準なのですね。これは大大拡散をしなければなり
ませんが、それなりの学術資料はありますか?

松田 浩平 いま手許にはありませんが、WHOに資料があります。

Yosuke Yamashiki こ、これは、重大ですね。私の友人にWHO勤務している
人間がいますが、聞いてみます。WHOはIAEAとつる
んで基準が甘かったのだと思っていました。

松田 浩平 関係有ると思います。おそらく政府は条件を無視してこの
世で最も甘い基準を暫定基準としたのでしょう。それだけ
重大な事態であることを認識しているのだと思っています
。しかし日本は国難に際して国民の生命を第一に考えたこ
となど歴史の中で一度も無かったことは周知の通りです。

Yosuke Yamashiki ごもっともです。また、この基準は確か「暫定基準」だっ
たと思っていました。いつのまに「平常時の基準」になっ
たのでしょう?またどういうプロセスでコンセンサスを経
ているのでしょうか?というような話がありすぎて、無茶
苦茶ですね。ちなみに川俣町付近の土壌はキロ数万ベクレ
ル以上です。そこからどのような農作物ができるか?除染
もまだ不十分です。なにしろ東電も政府もお金をはらいま
せんから。

神生 総一 新聞は全く報道しないね。

松田 浩平 報道機関は国民の生命よりも治安維持が大切と考えている
政府の方針に従っているのでしょう。

Chiemi Sakurai 実は、免疫不全の私は友達や家族の意見もあり、3.11
の後直ぐに海外に避難しました。5月に帰国し、今、埼玉
に住んでいますが、帰国してから4カ月下痢がとまりませ
んでした。逆浸透膜で放射能が除去できると、兄が家に入
れてくれましたが、下痢は最高潮を達し、肛門が開きっぱ
なしとなる状態でした(4カ月間)。高校の化学のコロイ
ドの所を考えても、膜で放射能を除去できるはずが無いと
思いました。でペットボトルの水、輸入肉、西の野菜に変
えてみたところ、下痢が止まりました。 放射性廃棄物を
食べ物だといい売り続ける国に住んでいるいじょう、国民
は自己防衛しかないと思っています。 昨日のデモでも山
本太郎さんが言っていたけれど、命より金。この国、腐っ
ています。

松田 浩平 Chiemiさん> 大変でしたね。私も9年前に甲状腺を亜全摘しているので
放射性ヨウ素への耐性がほとんどありません。それだけに
注意はしていますが危なきに近寄らずしかないと思ってい
ます。さて、ご指摘のように高等学校で学習する化学や物
理の範囲で考えても政府や東電の(大本営)発表は矛盾だ
らけです。多くの人が気づいた矛盾を評価無しに声を上げ
ることが少しでも世の中を変えるこになるのではと思いま
す。
今の日本や伝統的な日本人の国家感をみていると、国民や
兵士の命は使い捨てだったクリミヤ戦争当時の帝政ロシア
かと思うことがあります。


よく考えたらセシウム137が500Bq/Kgって低容
量放射性物資tの下限値じゃないか!

松田 浩平 http://www.who.int/hac/crises/jpn/faqs/en/index7.html WHO | FAQs: Japan nuclear concerns http://www.who.int/ The damage to the Daiichi nuclear power plant in Fukushima, Japan, and the subse...quent detection of radioactivity in certain food samples from neighbouring areas have raised concerns about the safety of food from Japan. The Japanese authorities have regulations

‎500Bq/kgが非道であるというのは全くその通りだと思います。とはいえ、3年食べたら致死量というのはどのような根拠に基づく推測かがわからないのですが、根拠を明示頂けないでしょうか。私なりに計算過程を推測すると、500Bq/Kg≒5mSv/yなので、5×600×3=9Svという計算をECRRの勧告(http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/nuclear/articles/110319_ECRR_Risk_Model.html)に基づいて行われたのではないかと思いますが、それでよろしいでしょうか?


戸谷 真理子 松田先生、情報ありがとうございます。「WHOでは50
0Bq/Kgを「全面核戦争前提の【緊急基準】最長3ヶ
月程度」としています」文書の英文タイトルを教えてくだ
さい。よろしくお願いします。

‎23年8月発行家畜衛生だより: 放射性セシウムを含む 肥料・飼料等の暫定許容値が設定されましたhttp://www.pref.saitama.jp/uploaded/attachment/459376.pdf 飼料300Bq/kg 堆肥等400Bq/kg 【注】ヒト500Bq/kg







最終更新日  2011.09.22 12:30:35
コメント(0) | コメントを書く

PR

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ランキング市場

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.