130649 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

よしたま・スタッフブログ

PR

鹿児島県霧島市隼人町の吉玉リウマチ・内科クリニックのスタッフによるブログです。日々のできごとや感じたこと、クリニックからのお知らせなどの情報を発信してまいります。よろしくお願いします。
2018.12.22
XML
カテゴリ:花水木の会

師走に入り寒さも本格的になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

1215日に第16回患者交流会「花水木の会」を開催しましたのでご報告いたします。

 今回、関節リウマチ・膠原病患者様を対象に7名とご家族の方が参加して下さいました。「妊娠・出産・授乳時におけるリウマチ性疾患の治療」をテーマに開催し、はじめに院長より「慢性疾患を持つ女性の妊娠・育児」について講話がありました。

 

 

 

 最近では妊娠中に使える薬剤が広がってきており、アザルフィジン(飲み薬)を飲みながら、妊娠・出産を経験した患者様がいます。また、シムジア(注射)も胎盤を通過しないため妊娠中に使うことができます。注射製剤は、吸収されにくいから注射になっているので基本的に授乳可、副作用の報告もないということでした。ですが、妊娠中使ってはいけない薬もあります。妊娠前、妊娠中、授乳期に安全に使用できる薬剤を理解して疾患のコントロールを適切に行うことが大事です。参加された方は、院長の話を集中して聞き、メモを取っている方もいらっしゃいました。

 

 講話のあとは患者様による自己紹介と意見交換会を行いました。薬を飲みながら妊娠・出産経験がある方、将来、結婚・妊娠・出産時に不安があるので参加した方など様々な悩みや意見を聞くことができました。また、薬を飲みながら妊娠・出産する際の病院の選び方は、先生が本人の希望・状態に合わせて連携をとっていくという事でしたので、一人で悩まずにまずは先生に相談することをおすすめします。

 この会を通して、これから妊娠出産される方の悩みが少しでも減り、困ったことがあったら患者様同士相談しあえる環境が増えるようになればと思いました。スタッフももっと知識を増やしていき、患者様に寄り添っていけたらと考えています。

 次回は、来年6月頃に交流会を開催予定です。詳しいことが決まり次第、お知らせいたします。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。ご意見等ありましたらスタッフまでお知らせ下さい。                   

 







Last updated  2018.12.22 17:28:59
コメント(0) | コメントを書く

Profile


吉玉リウマチ・内科クリニック

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Comments

雑草好き@ Re:特攻花(06/29) それオオキンケイギクではなくて、アラゲ…
なかはらまさのり@ Re:継続は力なり(06/30) はじめて訪問しました。こんなブログがあ…
たかたか@ Re:花水木の会(06/24) いつもお世話になります。次回はぜひ参加…
たかたか@ Re:花水木の会(06/24) いつもお世話になります。次回はぜひ参加…
患者S氏@ おめでとうございます! 事務長さん、スタッフFさん、こんにちは …

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.