383442 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ホタテバーガー☆ミ

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

コメント新着

 ちにた@ Re[1]:ご、合格だと?!(06/12) どどんぱさん ありがとうございます~! …
 どどんぱ@ Re:ご、合格だと?!(06/12) おめでとうございます! 読んでいるだけで…
 ちにた♪@ Re[3]:会津若松図書館(09/25) たんごさん ものすごく遅いレスでごめんな…
 たんご@ Re[2]:会津若松図書館(09/25) はじめまして。 古い記事への問い合わせ…
 ちにた♪@ Re:おめでとうございます☆(05/10) どどんぱさん ありがとうございます。 こ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年05月24日
XML
思わず長くなりました。お待たせしました。名古屋城続きでございます。

その後、修理を繰り返し動乱の幕末へ時代は移ってゆく。

慶応4年1月
~「青松葉事件」の跡地~青松葉事件後

そして
~本丸御殿跡~
本丸御殿跡
ここにその豪華絢爛な障壁画を持つ将軍の為の日本一の空家、本丸御殿があったのだ。

そして背後には
~天守閣~
天守閣
手前に見える広場みたいなところが本丸御殿跡
こうしてみると狭いなぁ
このときは雨がぱらぱら降ってたの。雲がすごい勢いで流れていてあっという間にビックリするほどの晴天
私の龍神様はどこかへ出かけたらしい…。

天守閣の手前には小天守閣がありその間をつなぐ塀の軒先には30cmあまりの槍の矛先が並べられ、忍び返しとして使われたそうです。
この塀は不明門北側にもあるらしい。

いよいよ天守閣。
地下一階地上7階建て。
天守閣から天守閣から2

さすがに7階はいい眺めですな。
やっぱり本丸は小さく見える…。

~天守閣の釘隠し~釘隠し
これはなんだろう?尾張徳川家の家紋?
で、こっちが
~二の丸の釘隠し~
う~ん、これが家紋だよね?葵だし…。
二の丸釘隠し
…勉強しときま~す。

二の丸御殿は明治初年に取り壊され遺品はほとんど残ってない。
う~む。実に残念だ…。
この時の藩主は徳川慶勝容保候の兄ちゃんですな。

天守閣の中は展示室になっていて長い歴史の中で何とか残ったモノ達が当時のコトを伝えてくれます。
当然江戸時代のものが多いんだけど、江戸のどのあたりの時期なのか書いてなくて困惑。
初期と後期じゃ全く意味が違うと思うんだが…。
でもこんなジオラマがあって、これはわかりやすい!
ジオラマ
が、写真がダメダメじゃん。hiyaase
天守閣の右下に御深井丸、奥のほうは城下町があるのだ。
展示の中に城下町の絵図があって当時の風俗とか生活習慣が垣間見えます。                    (城中案内より)

そんな名古屋城も明治3年(1870)徳川慶勝名古屋城取り壊し金鯱を宮内省へ献納することを決めるが、なぜか取り壊されず残る。
どうやらドイツの公使マックス・フォン・ブラント(←だれだよ?)と陸軍第四局長代理の中村重遠大佐の訴えにより山縣有朋城郭の保存を決定したそうで、天守は本丸御殿とともに保存されていた。
その後東京鎮台第三分営が置かれたり明治6年には名古屋鎮台となり明治21年に第三師団に改組され終戦まで続く。
つまり軍事利用されたわけだ。

明治24年(1891年)濃尾大地震により、西南隅櫓などが破壊
さらに昭和20年(1945年)5月14日名古屋空襲の際、本丸御殿、大天守、小天守、東北隅櫓、正門、金鯱などに焼夷弾の直撃を受けて大爆発、大火災を起こし焼失。石垣のみが残った。
あ~もったいない。
終戦があと3ヶ月早かったら…。
この時の燃える天守閣の写真が現存している。
まさに「燃え上がる」gokyuという表現ってこういうことをいうんだぞ。っていう写真

~金のシャチホコ~
鯱
やっぱり名古屋城といえばこれでしょう!

せっかくだから正面からも正面!
きゃう~!カワイイ。歯がカワユイ!!urukira
シンボルでもある鯱は過去何度も修理されてるんだけど、そのたびにうろこを盗まれたりしたんだって。
写真で見るとうろこ取れないけど、メッキの下は一枚ずつはがれるようになってたのかな?
う~ん、盗んじゃう人の気持ちも分からんでもないけど皆のものだしねぇ。
お土産で売ってたら面白のにね。
鯱のうろこ」←なににするんだ?guruguru

名古屋城へ言ったら是非見たいと思ってた「刻印
築城に当たった諸大名が自分の運んだ石他大名の石と区別する為に刻んだ目印といわれているんだけどどうみてもらくがきじゃ…?って言うのもあって面白い。
これなんかどう見ても「団子三兄弟」
団子三兄弟
大きさが分かるように隣にシャーペン置いてみたけどわかるかな?
刻印
他にもたくさんあるらしいがこれしか分からなかった。
天守閣内の階段の真ん中には刻印模様の手すり(?)がありました。もっと良く見たかった…。

それにしても良い天気。
あ~樹木のイオンがたまりません。
龍神様を抱えてからこっち、本当に久しぶりの青空でございますよ。
天守閣2
思わず青空写真も撮りたくなるもの。
トップの写真も青空に変えました!

名古屋城は堀が空堀で草ぼうぼう。
でもなぜか鹿がいたりなつっこいがいたり…。
平和なんだな~と思う一方、城特有の歩いても歩いても見通しが悪い地形にこうまでして守りたかったものは何だろう?と思ったり。
守れなかったときの悔しさや無力感に思いをはせてみたり。
もっと時間をかけて廻りたかったぞ!

名古屋といえばこれでしょう♪
みそカツ♪
「みそカツ」この独特の味わいですよ。
名古屋には名産がいっぱい。

今回の一押し♪
てれ金運と幸福のお守り「しゃちぼん」
なんともかわいいじゃないですか!
しゃちぼん


もどる






最終更新日  2006年05月24日 13時00分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[見たい!行きたい!跡地めぐり] カテゴリの最新記事

フリーページ

幕末の人物~箱館関係者~


伊庭八郎


天野新太郎


大塚浪次郎


甲賀源吾


中島三郎助


本山小太郎


古屋作左衛門


春日左衛門


荒井郁之助


高松凌雲


榎本武揚


松平太郎


永井尚志


沢太郎左衛門


大鳥圭介


小芝長之助


小野権之丞


外島機兵衛


竹中重固


星恂太郎


滝川充太郎


松平定敬


幕末の人物~新選組~


近藤勇


畠山芳次郎


斎藤一


沖田総司


幕末の人物~箱館新選組~


島田魁


相馬主計


沢忠助


中島登


野村利三郎


松沢乙造


漢一郎


市村鉄之助


大野右仲


安富才介


横倉甚五郎


石井勇次郎


森陳明


年表


天保6年(1835)~万延元年(1860)


文久元年(1861)


文久2年(1862)


文久3年(1863)


文久4年(1864)元治元年


元治2年(1865)慶応元年


慶応2年(1866)


慶応3年(1867)


慶応4年(1868)明治元年


慶応4年(1868)明治元年


明治2年(1869)


明治3年(1870)以降


幕末の人物~箱館以外~


秋月悌次郎


佐藤彦五郎


松本良順


輪王寺宮公現法親王


富澤忠右衛門


望月光蔵


林忠崇


江川太郎左衛門英龍


孝明天皇


南柯紀行


~鴻之台から宇都宮~


~宇都宮から会津~


会津藩


松平容保候


萱野権兵衛


相関図


兄弟


小沼良介直忠


照姫


友松勘十郎氏興


和泉守兼定


イベントスケジュール♪


イベントスケジュール2007


イベントスケジュール2008


イベントスケジュール2009


イベントスケジュール2010


見たい!行きたい!跡地めぐり


東京都編


東京都下編


東京以外


企画展示


プロフィール


ちにた♪


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.