386474 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ホタテバーガー☆ミ

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

コメント新着

 ちにた@ Re[1]:ご、合格だと?!(06/12) どどんぱさん ありがとうございます~! …
 どどんぱ@ Re:ご、合格だと?!(06/12) おめでとうございます! 読んでいるだけで…
 ちにた♪@ Re[3]:会津若松図書館(09/25) たんごさん ものすごく遅いレスでごめんな…
 たんご@ Re[2]:会津若松図書館(09/25) はじめまして。 古い記事への問い合わせ…
 ちにた♪@ Re:おめでとうございます☆(05/10) どどんぱさん ありがとうございます。 こ…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

観劇・LIVE

2014年05月17日
XML
カテゴリ:観劇・LIVE
さて
気持ちも新たに平成館へ。

栄西は「ようさい」と読むのですね。φ(..)メモメモ

建仁寺は実は行ったことがナイ。
お勉強しながら進みます。

茶道の原型、禅林の茶「四頭茶会」の様子を再現したもの。

小野篁の像ってのがありました。
その篁が冥界との出入りに使ったといわれている井戸が描かれた画も。


お目当ては俵屋宗達の「風神雷神」
だけど。
先に光琳のを観てしまったせいか、やっぱり光琳の方が好き。
こちらは「国宝」なのだけれど。

「雲竜図」海北友松筆。
龍は好きなのでつい見入ってしまう。
これは阿吽の対なんだよぅ。
どうせなら並べて見たかったよぅ


そしてやっぱり目を引くのは「若冲」
1枚だけ展示されていた「雪梅雄鶏図」
雪と梅と水仙と鶏の白。
トサカと椿の赤。
そして鶏。
やっぱり目を引く。


いろいろ堪能してまったり楽しんだので仕上げに宝物館へ行きました。
ここはいつ来ても静かで落ち着くわぁ。
疲れた体を癒してくれるふかふかソファーダブルハートダブルハート

一体一体ゆっくりをお顔を拝見しながら、お背中を拝見しながら、
「イマ、ココニイラレル」シアワセをかみしめた。
最近、仏像を見てると泣けてくるの。
悲しいとかそういうのじゃなくて。
あの現世のコトは何も見ていない、けれど全部知ってるような。
やさしいお顔でこちらのココロウチをすべて見ているような。
全部わかってて受け入れてくださるあのマナザシを見ているだけで泣けてくる。
正面はもとより、ちょっと横顔でもやっぱり見守られているようなあのマナザシ。
…だめだ、思っただけで泣けてくる。

そんな風に堪能して心が喜びました。
お庭にはヤマボウシの花が開き、緑の匂いでいっぱいです。
みんな笑顔だし、お天気は良いし。
…朝は暴風で待ち時間は寒かったけど…。

そして最後の仕上げに向かいますぅ~音符






最終更新日  2014年05月17日 18時33分34秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:観劇・LIVE
審査にすべてを賭けていた(笑)ので、世間の動きについていけてなかった。

まだ会期あるじゃん。
なんて暢気に構えてたら「キトラ」大変なことになってた。

時間を間違えて朝も早うから並んだのに、まさかの「チケットなしは購入後列の一番後ろに並びなおせ」
にぷち切れた。
まぢか?
だったらもっと早くいってほしかったよ。
仕方なくチケット買ってから列の後ろに並び…この時点でもう、いろいろあきらめましたよ…。

結局1時間半待ってようやく入場。
でもさ。全部レプリカなの。
ま、それでもすごいもの見たと思うけど。
四神と十二支?、それから天文図しかないので会場も狭いし、展示も少ない。
でもまぁ、「朱雀」を名乗らせて頂いている以上、きちんと見ないとねあっかんべー

高松塚古墳の展示も少しあって混乱。←勉強不足!

青龍はほとんどもう見えないのね。
十二支に至ってはもう…。

そして本物の壁画は剥がして保存してるんだって。
本来ならそれを見たいよね。
でもさ。
7世紀だか8世紀だかの画が、色のついたまま現在まで残ってるってのはもうそれが奇跡。
それを剥がして
保存して、さらに東京にまで持ってきて見せて!ってのは無理だよね。

同様に出土した琥珀玉やガラス玉。
色も形も残ってるって…。
それだけでもう十分です。
レプリカでもなんか…すごいのよね。
悠久の時間が目の前で流れているような。

天体図ってのもあった。
天井画。
星座のようなものが描かれているのだけど、これを解読したってのがすごい。
気が遠くなりそうにすごい。
大陸から原図が持ち込まれたのだろうというけれど、
それを受け入れて飲み込んだ古代のヒトの懐の深さがすごい。

お土産がいろいろ充実していて面白かった。

我が家の青龍にお土産を…。
rblog-20140517174141-00.jpg

明日香村、いつか訪れてみたいものです。


そして満足してホクホクしながら会場を出ところで、まだまだすごい長蛇の列。
入場待ちの表示は消えることはなく…。
ディズニーランドか?!

そんな長蛇の列を横目で観つつ、常設展示へ。
ここには今、尾形光琳の「風神雷神」が。
まさかの写真OKなのだ。


rblog-20140517174534-00.jpg


rblog-20140517174534-01.jpg

他にもたくさん目を引くものが…。
ここは本当に飽きないわよね。
ソファもあるし、お庭はきれいだし。
今日は1日ここでたっぷりココロの洗濯するんだい。

しかし…写真がでかいね。
サイズの変更はできないのかねぇ…ダッシュ

そして「栄西と建仁寺」へ!!
れっつらご。






最終更新日  2014年05月17日 18時10分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月19日
カテゴリ:観劇・LIVE
ふらっと観てみたいなぁと思って観られる舞台がやっぱりいい。
小さめの劇場で、体感しながら観る舞台が良い。

久しぶりにそんな舞台でした。

内容もあまり見ないで行っちゃったけど、本当に楽しかった。
笑った笑った。

オープニングのユニットの歌も。
ふたつのお話も。
オハナシの間に入る小芝居も。
なんだか楽しかったのデス。

コメディって結構苦手。
ここで笑ってねって言う意図が見えちゃうと笑えない自分がつらくなる。
身内ネタで盛り上がられちゃうと醒める。引く。面倒くさい性質。
まさに「コトバは行為を冷ます熱に過ぎぬ」ってな感じ。
自分でもどうにもならない。つまらない。

今回は。
そんな感じも無きにしも非ずだったのだけど。
素直にたくさん笑っちゃいましたよ。
展開の見えにくい本編で、筋の通った舞台で。
見てくれのとても格好の良いヒトが思いっきり情けないへたれな感じがとても面白かったし、
それぞれの役が個性がちょっとツボだった。
良い意味でみなさんそれぞれに期待を裏切られましたな。

うん。
楽しかったな。

今回の舞台の方々はまた別の舞台でお逢いしたいなぁと思いました。

こういう舞台は良いね。本当にね。
次に観に行きたい舞台はチケットが取れにくく、先行予約ふたつも外れました。
ナンナノコレ?
何のための先行予約なの?
チケ取りに苦労する舞台はちょっと興ざめ。
それでも観たいのでなんとか頑張りますが、なんかなぁ。






最終更新日  2013年07月19日 23時07分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月13日
カテゴリ:観劇・LIVE
アトミックストーム

ひとことでは答えられない。
3,11の震災後の原発の話というから、結構用心していったのだけど
そういうお話ではなくて。
でもベースにはあって。

日本は堤防で覆われたらしい。
そして原発は100基目建設中。

原発反対を叫んでいるのかな?

思う。
お叱りを覚悟で思う。
原発反対結構。
でも電気の恩恵にこれだけどっぷり浸りながらそれを叫ぶのは
違和感がある。
原発反対なら。
じゃ、どーすんの?ってことなぜ提示しない?

例えば
安全のための開発に資産を投じるとか。
原発に代わるエネルギーの開発とか。
核のゴミの再利用法とか

考えることはやるべきことはたくさんあるだろうと思うのに。

自分は原発の恩恵をどっぷり受けて
放射能で死んでも構わない。

いやなら。

…話がそれた。

中屋敷さんの演出。
一度は見てみたかった。

へぇぇ。演出はつかさんみたいだ。

苦手なミュージカルだけあって余計に難しかったのかもね。
声が立派過ぎて聞き取りにくい。
でもまぁ、良い声と良い動きだったね。
流れるような動きで、それは面白かった。

知ってる役者さんが一人もいない舞台。
舞台の作りも変わってた。
3方面客席だったので見やすかった。
そして背面の2階にオト。生のオト。
ピアノ、ヴァイオリン、ビオラ…。
そして屋上にちょっとスペースがあってラストシーン。

これはラブストーリーなのか。
愛する人のために世界を犠牲にして騙したってこと?
う~ん、解説が欲しいね。

そしてミニライブ。
これの中屋敷さんを見ただけで元は取ったな
こーゆーひとなのね。
流石自分でナルシストと言うだけのことはあるね。
さらっさらの髪。
腰にデカイぴんくぱんさー
のりのりライブ。
声は好きなジャンルじゃないけど、まあ耳触りは良いね。
この人が…ねぇ。

写メ、撮らせてくれるのならもっと早く言ってほしかったよ。

面白かった?と聞かれたら、面白くはなかったな。
考えさせられた?と聞かれても、違う意味で考えさせられたよ。
また見たい?と聞かれたら…解説あればな。と答えるね。
でも
行ってよかった?と、聞かれた
行った良かったと即答するよ。
そんな舞台。






最終更新日  2013年06月15日 19時30分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月10日
カテゴリ:観劇・LIVE
アルテノのパン

その後の活躍は、ご存じのとおり。

観に行ってよかったな。
出会えて良かったな。

ちいさな劇場ってそれだけでなんか本当に違う空間。
役者さんの距離が近いってことはそれだけ物語が自分の中に入りやすいんだな。

いろんなものが良く見える。
表情とか、細かい動きとか。
ちょっと笑った頬の動きとか。

こういう手の動きのヒト好きだなぁ。
感情が良く出るなぁ。

最前列で観劇することが出来まして、呼吸がうまくできなくなるほどでした。
だって、動いたら物語の邪魔をしてしまいそうで。
汗が飛び散るような舞台ではないのですが、その分こころの揺れというか
いろんな人の心が揺れ揺れして、行き違ったりころんでしまったり、封じ込めようとしてたりとかまで
見えてしまうのデス。

楽しくて笑ったし、切なくて泣けたし。
それもね、爆笑。とか号泣。とかじゃなく、
くすっ。とか、ほろっ。とか。
派手じゃないんだけど。
なんていうか、う~。…通り過ぎた後香る花みたいな…?←意味わからん。

テンポも良かった。
早すぎず、遅過ぎず。
ふわっとして、でもやるなぁ。って感じ←ますますわからん。

脚本が良かったのか、始終楽しくて、わくわくした。
話の大まかなストーリーでは結末は見えてたし、度胆抜かれるようなものではないと思ったけど、
ラストはホントに驚いた。
楽しくて驚いた。

そう来たか!って感じより、えぇ?うわぁ?おぉ~!ですな。←余計わからん。

なんか大絶賛!って訳じゃないんだけど(え。)
帰り道が幸せな気持ちでした。
なんでかな。
千穐楽でベテランの役者さんが泣いておりました。
え~。だって今まですごく沢山舞台やってる人なのにィ?
そんな人が泣けるようなカンパニーだった様です。
みんな目が赤くなって顔が歪んでおりました。
そういう座組だったんですね。
だから観てるこっちまでなんだか幸せな気持ちになっちゃったのかなぁ。って。

ご褒美にこれを選んでよかったな。


「大得意な一発芸」も本当に楽しい!
いろんな顔を見せてくれてるけど、今までの中で割と等身大なキャラのようで、
それもまた楽しい。
ハイジだの、ポップコーンだの、まったくわからないもの(ゴメンナサイ)だの。
「いっぱいアルテノ~」は最高に良かった。その後が…だったけども。
そのためにわざわざ一人で出てきてくれたんだけど。

(そいえばアルブレヒトさん。
チャック全開でしたけど大丈夫でしょうか。)

最終日に泣けたのはなぜかパピコとアポロ。
でもアルテノの想いとパパジャンの想いはやっぱりほろりとさせられる。
ジャンの不器用さに。
「たった一人のために」描いた想いが届いたことを知っているのだろうか。


座長の挨拶と一緒で、まったくまとまりがないんだけども。
とにかく楽しい楽しい四日間でした。
まさに「敷き詰めたゴホウビ」です。
これで本当にしばらく頑張れるよね~。
当分、この記憶と余韻で過ごせそう。

最後に羽織った赤いジャケット。

偽物。本物。
それを見極めるのは自分。
そんなオハナシ。

良かった。本当に良かったのデス。






最終更新日  2013年06月10日 19時21分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月17日
カテゴリ:観劇・LIVE
年に一回、都庁で催される東京大薪能。

能は難しい。でも見てみたい。
しかも「土蜘蛛」

一時間と言う長い前振りの後漸く始まった。
毎年、夏に開催されるのだけれど、この季節は正解よね。
風が心地よい。
開演ぎりぎりだったせいで席は良くなくて残念だったけど、あの幽玄の世界感はひしひしと伝わってくる。
「井筒」「茶壺」「土蜘蛛」とバラエティに富んだ演目だったのだけれど、やっぱり能は難しい。
お話を知っていても難しい。

徹底的に無駄を省いた最低限の動きで表現するという能は、だから男女の区別はお面と衣装だけ。
難しいし、あまりポピュラーではないけれど。
でも。素敵だ。


念願の「土蜘蛛」
やっぱり派手よね、演出が。
放たれる蜘蛛の糸は圧巻。
あぁ、国芳の絵が目に浮かぶ。






最終更新日  2013年05月18日 00時23分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月15日
カテゴリ:観劇・LIVE
吉祥寺シアター@少年社中

「あたたかい作品。ラストはボロ泣き」と言うので行って見ました。
キニナル龍ちゃんも出てるしね。

龍ちゃんの舞台は一度見たいと思ってたんだよね。
でもなかなか背中を押してもらえず行きそびれていた。
今回、思いっきり背中を押されたので初観劇デス。

しかもなんとマサカの最前列。
舞台低いし。
まったく目の前で繰り広げられる世界。
現実と物語が上手に交差して同時に進行していく。

龍ちゃんは勇者。
ぴったりデス。

勇気があって世界を救う勇者ではなく。
ラジオだけが友達の引きこもりの青年。
それでも周りの人たちを、自分とかかわった人たちを幸せにしようと決心する。
弱いから勇気を知っている。
絶望を振りまく魔王に戦いを挑み「倒すのではなく、救いたい」と言い放つ。
いやね。
ふぁんたじーですよ。
ちゃんちゃらおかしな世界ですよ。
でもね。
弱者だから勇気を知っているってのはなんかわかる気がするねぇ

一人で闘うからつらいのだ。仲間とともに居られれば強くなれる。と言い放つ。
いや、イタイね。
セリフもそうだが。
本当に近いのでいろんなものが良く見える。
汗とか、汗とか。アセとか。
もうね、凄いの汗が。

衣装がどんどん色変わっていくのがわかるくらい。
髪からもあごからもぽたぽたぽたぽた。
まさにびしょびしょで全力ですよ。

そしてね。
泣きましたとも。
彼のようにボロ泣きは出来ませんでした(ピュアじゃないからね)が、鼻水が垂れる程度に泣きました。
いろんな意味でね。

龍ちゃん。凄いよ。
いや、いいもの見せてもらいました。マンゾク。






最終更新日  2013年05月18日 00時08分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月27日
カテゴリ:観劇・LIVE
あの日あのとき~♪

無事、千秋楽。
おめでとうございます。

結局、3回行きました。
最初は上手、次、真ん中、そして下手と上手にチケットも取れいろんなところから見られました。
さすがの太一さん、殺陣は本当に格好良かった。
あんなに汗だくで走り回っているのに、息ひとつ乱れないセリフはいつも凄いと思う。
泣きながら叫ぶ。
立ち回りをしながら心情を吐露する。
心折られても這い上がって戦う。

まったく凄かった。凄まじいと言った方が良いか。
従者の方々も良かった。
一人声が枯れてしまって楽まで持つのかと心配になったけど。






な、感じかな。

それにしてもちょっとびっくりしたのが、主役の次の「2」の方々。
いやいや、なかなかどうしてとてもよかった。
テンポも動きもセリフも、で、声も。
声はね~持って生まれたものでどうにもならんとは思うけど、大事よね。
ちょっと甘めだしね。
太一サンの声はやっぱり耳触りが良くて主役っぽいのデス。

だから鉄板。安心です。

で、この「声」が。
2の方の片一方の「声」が。
とても心地よかったのですよぅ。
もちろんもう一人の「声」も良かったのですよ。
でもそちらはなんというか…こういう声だろうなと思った通りの声だった。ってな感じ。

あの出で立ちで、あのビジュアルであの「声」かぁ。って感じ。
これが耳触りの良いオトだったのですよ。

もともと声いいなぁとは思っていました。
歌った声も結構好きだったしね。
セリフを言う声も良いな~とは思っていたけど。
なんか良かったです

しゃべるともっと
きゃっきゃっした声なんだけど、セリフの声、良いなあ
あの役だからああいう声にしたのか、とても心地よかったなぁ。
良い役でしたな。

そいえば。
この方、最初に見たときは「う~む、なかなかやるなぁ」という感じだったのですが、
どんどん、どんどん良くなって、凄くなってない?
楽の今日はなんか主役ですか?ってなくらい迫力でしたよ?
役者さんは舞台で成長すると良く聞くけれど、シロウトがちょろっと観たってわかんないよ。と思ってたけど。
この方。
をいをい。君はそんなじゃなかったよね?
なんかどんどん、どんどん変わっていて、あらら。って感じ。
こんなに変わるもんなのかぃ?

2回目もアフタートーク付でした。
でもあれ、いる?
なんかただの雑談じゃね?
なんて思ったりもしましたが。

でも、まぁ、あの衣装を着けて素でしゃべるのって面白いわぁ
聞いてみたいことはたくさんあるんだけどねえ。
でもトークって素が出て面白いというのはあるよね。
一生懸命気を使っている様子がツボりました。

カーテンコールもちょっと、変わっていて面白かったなぁ。
久保田サン、大活躍。
「まとめすぎ!」はやっぱり「芸」だと思います。
本当凄いんだな。

ちょっと本気で共に夢を観たくなりましたぉ。

3回目にしてやっと舞踏ショーを見られました。
お正月も観たし、いいかなぁと思ってたけどやっぱり見ると凄いな~と素直に感嘆。

ダンサーズが踊って、太一サンが出て…という構成でしたが、
なんか…本当に違うんだよね。
一人だけ、オーラというか、存在感というか、なんというかねぇ。
顔は似てるのに全くの別人。ひょえ~って感じ←どんなかんじだよ?

そのダンサーズの時にはすっかり着替えた天馬狭のメンバーも連れてこられた風に混ざってました。
客席にまで下りてきて一緒に盛り上がってたのが可愛かった。

本当に素の時と舞台に立ってる時とは別人なのね。
まったくオーラがない(笑)
どこにいるのかわからないよぉ(爆)

太一サンは女形すごく素敵だし、あの色気はどーすんだッ!って感じですが、やっぱり殺陣の方が好きだなぁ。
あのスピードとあの動きはいつまで見てても飽きないよねぇ。
いつまでもやってて欲しいと思うのデス。
特に、対大人数のヤツ。
本当にすごい。
トリハダが立ちます。

前に影と闘うのやってたけど、あんな感じで舞っているのもとても良いですなぁ。
見ごたえのある舞台でした。

この前は二瓶くんが観に来ていました。
同じ時間に同じものを観てるんだ~と思ったらなんとなくテンションあがりましたね。
ZAI。

今日は舞台の後テンションMAXのままお稽古へ。
一人すんごいテンションでお稽古に突入したせいか、なかなかの出来具合。
龍太郎もとうとう的前デビュー。
いやぁ。緊張したなぁ。
当たらなかったけど、ワタシ的には満足な出来です。

共に、夢を。






最終更新日  2013年04月27日 22時51分09秒
コメント(2) | コメントを書く
2013年04月23日
カテゴリ:観劇・LIVE
行ってきました、新しくなった歌舞伎座。
銀座でお食事をして、新しくなった歌舞伎座でお土産を冷やかし…。
先生は落款と筆をご購入。
筆にはお名前が入るんですね~どひゃあ\(◎o◎)/!

二部の弁天娘女男白波と忍夜恋曲者を8列目で観劇。

吉右衛門丈が日本駄右衛門。
鳶頭に幸四郎丈。
ゴーカだ!豪華過ぎる。

吉右衛門様。
すごいですぅ。感涙。
しかし、しかし。

ここになぜ、勘三郎丈がいないのか。
先日勘三郎丈好きの友人が「お祭り」を見て号泣してきた。と言っていた。
わかる。
この歌舞伎座に勘三郎丈がいないのがわからない。
泣けてくる。

桜満開のシーンでは隅田川の桜が頭をよぎる。
「平成中村座」で借景でみた桜。
ナンデナンデイナイノデスカ?



以前から観たいと思っていた忍夜恋曲者
マサカ玉三郎丈で観られるとは!
感激。

あの、国芳の絵さながらの、舞台。
傾城如月が文をはらりと落とし眺める様は本当に国芳の絵の様に美しく、
思わず息をするのを忘れておりました。
それにしても玉三郎丈はさすがです。
あんなにすごいお衣裳を身にまとい、あんな動きが出来るなんて。
花道に登場した時は本当にお人形さんかと思いましたもん。
蜘蛛の巣をちりばめた豪華な衣装。
傾城らしく簪盛った髪。なのに姫のような髪型。

将門の最後を聞きながら流す涙。

そして正体を現す、その変わりよう。
玉三郎丈の殺陣、初めて観たかも。
眦がきりきりと吊り上り、ウツクシイ傾城から滝夜叉姫に変わる瞬間。

戦いの場面でも、ウツクシサはそのままで潔いのだなぁ。
最後の幕が引かれたとき、トリハダ立ってましたよ。
本当にすごいもの観たなぁ。

あ~。目とココロが喜んでるぅ。
すんごいご褒美もらったなぁ。




実は今週はすんごいことに。
お稽古舞台お稽古舞台お稽古舞台…な一週間。
いいのか?こんな幸せで。
いいのか?本当にいいのか?私このまま死ぬんか?と思うほどのスペシャルウィーク。

でも大丈夫。
仕事で、修羅場が待っていました。
そして、ダイスキだった方とのお別れです。
さようなら。本当にありがとうございました。
本当に楽しかったです。
さようなら。

号泣してしまいそうです。

マリーアントワネットは心労で一夜にして白髪になったと言うけれど
私はひと月掛けて白髪に、そしてハゲそうです。
こんな仕打ちって…絶句。です。
来月はきっと完全白髪。
次回お逢い出来たら「マリー」と呼んで下さい。

そして家でも。
白虎。君はいったいどうしちゃったんだい?なにがしたいんだい?
…な状況に陥っております。

そのご褒美だと思えば納得。なスペシャルウィーク。
来週、どうなってるんだろ?






最終更新日  2013年04月23日 21時04分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月12日
カテゴリ:観劇・LIVE
シガツ。

いやぁ、厳しいですなぁ。
せっせと現実逃避の日々ですな。

が。
今日はシッパイ(イチャッタ)
まったく話が面白くなかった(笑)
ミュージカルなんだって。
だから歌って踊るところはさすがにすごかった。
息もあってたし、キレも良かった。
おぉ。やるなぁ。ニヤニヤ。と思ってみてた。

タップもあった。
でも。これ。…必要?(マタイッチャッタ)
しかも二人のステップ合ってませんが。

以前見たタップのお二人は凄かったな。
ふたりでタカタカしてるのに音が一つしか聞こえないんだもん。
演出も合わなかった
タップの音をマイクで拾う必要ある?
耳にキンキンと触って心地よくなかった。

さらに。
かわいいらぶすとーりーだった(観終わってから気づいた)のに、流石に役者陣、年取りすぎじゃね?
このキャストでやるならもっとオトナの恋が見たかったよ。モッタイナイ。
ラストは幕が下りたので終わったんだと分かった次第。
なんだかなにがなんだかサッパリでした。
らぶすとーりーだよな。うん。そうだよなぁ?

部分部分はとてもよかったし、みんな上手な役者さんなのはよくわかったんだけど。
タカラジェンヌの使い方、間違ってませんか?
みんな一括りの「タカラジェンヌ」扱い。
それで客席がウケるのは本当にしたい演出なのか?

まったく舞台に同調できなかった淋しい舞台だった。ジブンガワルイノカ?

この前観た舞台も学芸会みたいだったけど、アツくて楽しかったし、気持ちがアツくなったのに。
どうにもやりきれないな。

仕方ない。
さらなる現実逃避に向かうか。
帰ってこれなくなったらどうしよう~ルルル~音符






最終更新日  2013年04月13日 00時45分36秒
コメント(0) | コメントを書く

全106件 (106件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 11 >

フリーページ

幕末の人物~箱館関係者~


伊庭八郎


天野新太郎


大塚浪次郎


甲賀源吾


中島三郎助


本山小太郎


古屋作左衛門


春日左衛門


荒井郁之助


高松凌雲


榎本武揚


松平太郎


永井尚志


沢太郎左衛門


大鳥圭介


小芝長之助


小野権之丞


外島機兵衛


竹中重固


星恂太郎


滝川充太郎


松平定敬


幕末の人物~新選組~


近藤勇


畠山芳次郎


斎藤一


沖田総司


幕末の人物~箱館新選組~


島田魁


相馬主計


沢忠助


中島登


野村利三郎


松沢乙造


漢一郎


市村鉄之助


大野右仲


安富才介


横倉甚五郎


石井勇次郎


森陳明


年表


天保6年(1835)~万延元年(1860)


文久元年(1861)


文久2年(1862)


文久3年(1863)


文久4年(1864)元治元年


元治2年(1865)慶応元年


慶応2年(1866)


慶応3年(1867)


慶応4年(1868)明治元年


慶応4年(1868)明治元年


明治2年(1869)


明治3年(1870)以降


幕末の人物~箱館以外~


秋月悌次郎


佐藤彦五郎


松本良順


輪王寺宮公現法親王


富澤忠右衛門


望月光蔵


林忠崇


江川太郎左衛門英龍


孝明天皇


南柯紀行


~鴻之台から宇都宮~


~宇都宮から会津~


会津藩


松平容保候


萱野権兵衛


相関図


兄弟


小沼良介直忠


照姫


友松勘十郎氏興


和泉守兼定


イベントスケジュール♪


イベントスケジュール2007


イベントスケジュール2008


イベントスケジュール2009


イベントスケジュール2010


見たい!行きたい!跡地めぐり


東京都編


東京都下編


東京以外


企画展示


プロフィール


ちにた♪


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.