278902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シゴト・好きなコト・大事なコト

PR

プロフィール


yoshmatsu

サイド自由欄

料金体系をバイキング方式にしています。
安心価格で貴社の経営をサポートします。
詳しくはこちら
松崎佳史税理士事務所

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江戸川区情報へ
にほんブログ村



カテゴリ

カレンダー

コメント新着

プラダ トート@ xgpoqbam@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
yoshmatsu@ Re[1]:今日から新年度!(04/01) Love みっちょ♪さん コメントありがとう…
Love みっちょ♪@ Re:今日から新年度!(04/01) メモ、メモ!! おかえり&本の紹介ありが…
グッチ バッグ@ ehelrs@gmail.com カッコいい!興味をそそりますね(^m^) グ…
yoshmatsu@ Re[1]:TPPは国を興すか滅ぼすか(11/16) ロートルレーサーさん いつも貴重なコメ…

楽天カード

キーワードサーチ

▼キーワード検索

ニューストピックス

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

2014年02月06日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2014年に突入してもう1か月以上が経過したのにもかかわらず、全くブログの更新ができていませんでした。

最初のうちは毎日更新することが日課だったのですが、「日課」から落ちた途端これです。

駄目ですね~(苦笑)

こうして文章を書くことが頭の整理にもつながるので、なんとかもう一度日課に戻したいところですね。



今回は最近購入した本を紹介して終わりにしようかと思います。

「日本が好き」

NHKの中国語講座でおなじみの段文凝さん。
文化放送、吉田照美の「飛べ!サルバドール」にも(週一回)出ています。
一生懸命さが何とも素敵です。

こういう方が日本と中国の懸け橋になってくれているのだと改めて感じます。








最終更新日  2014年02月06日 14時18分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年初めてのブログ更新です。
昨年最後の日記が11月16日だったので、約5か月ぶりということになりますね。

前回の日記で体調を崩していたことを書きましたが、年を越え、年末年始の忙しさからかゆっくり休む暇もなく、やがて花粉症の季節も始まり・・・
などと言い訳がましいことをクドクドと並べてしまいましたが(苦笑)一番の理由はやはり「facebook」かな?と思っています。

「facebook」には、最初は仕事で使うつもりで登録したのですが、知り合いや友人たちからの友達申請を承認し、皆のコメントを見たり「いいね!」をしたり自分でも投稿したりと・・そうこうしているうちに段々ブログから遠ざかってしまっていたような気がします。

ただ、やはりfacebookとブログはその目的が全く違うもの。
もう一度初心に戻って、これからは少しずつですがブログの方も更新していこうと思っています。

今まで私のブログを読んでいて下さった方、大変申し訳ありませんでした。
これからも宜しくお願いいたします。


さて、今回のタイトルは「今日から新年度」ということで、今年度就職や進学で新しい生活を始められた方も数多くいらっしゃると思います。

環境が変われば、そこに悩み事はつきものかと思いますが、皆さんは悩み事があった際にはどのように解決されているのでしょうか?

「人に相談する」という方が一番多いのかとは思いますが「誰にも相談せず自分で解決方法を模索する」という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

私はどちらかというと後者のタイプですね。
大抵の場合誰にも相談せず、1人で悩み事を抱え、最終的には自分で何とか解決しようとする。
また、悩んでも解決しないような悩み事は放置するか時間に任せる、というのが今までのパターンでした。
勿論、これが良いのか悪いのかはわかりません。
悩み事は人それぞれ。
他人にとっては取るに足らないようなことでも、本人にとっては人生を左右するくらい深刻なことだってあり得ますよね。

ちなみに私が人生を左右するような事項について悩み事が発生した場合、人に相談しないとなると、自ずと解決方法は偉大な先人によって認められた様々な「書籍」ということになります。

これから新生活を送るにあたって不安や悩み事を抱えていらっしゃる方々へ。
私が最も影響を受けた書籍の一部を紹介しますので、参考にして頂ければ幸いです。


史上最強の人生戦略マニュアル [ フィリップ・C.マグロー ]

こちらは経済評論家の勝間和代さんが翻訳されたもので、翻訳本故の若干の読みにくさは残りますが、読み終えた後にはポジティブな思考が頭を満たしてくれる、とても素晴らしい書籍だと思います。

新生活に不安な方、是非読んでみてくださいね。







最終更新日  2013年04月01日 17時48分20秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年11月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
凄い久しぶりの日記となってしまいました。
前回の日記が9月18日だったので、約2か月ぶりということになりますね。

実はこの間、ちょっとだけ体調を崩してまして、とてもとても長い文章を書けるような状態ではありませんでした。
その間も仕事だけは何とかしなければならないので、無理に無理を重ねた結果長引いてしまったのではないかと思います。

11月に入り何とか体調も元に戻り、以前(7月29日)の日記に書いたダイエットもほぼ目標を達成。
今でもロングブレスは毎日やっています。
あとはリバウンドに気を付けて生活しようと思っています。


さて、話は変わりますがいよいよ衆議院も解散となりましたね。
この時期に解散・総選挙をするのは賛成できかねますが、こうなった以上仕方がありません。
少しでも政治空白を作ることがないように政治家の方々に頑張ってもらうしかありませんね。

そして今回の選挙。
自民党が政権を奪取できるのか、民主党の議席はどの位獲得できるのか、維新の会、みんなの党、太陽の党は第3極として結集できるのか。
近年稀にみるほどの混沌とした選挙になりそうですね。

そんな中、民主党が争点の一つとして掲げてきた「TPP」
実のところよくわかってない方が大部分なのではないでしょうか?

恥ずかしながら私もその一人・・
選挙の争点となっている位ですから、多少は勉強をしておかなくてはいけないと思い、こちらの本を読んでみることにしました。


TPP亡国論 中野剛史氏著

TPP反対派の急先鋒、中野剛史氏の著書ですね。
中野剛史氏と言えば経済産業省の現役官僚(この著書を執筆当時は京都大学に准教授として出向中)ですが、経済産業省はもともとTPPを推進する立場ですから、出向から戻った際にどのように処遇されるのでしょうか、興味が尽きません。

経済産業省と言えば大阪維新の会の顧問にも就任されている古賀茂明氏もかつて在籍していた省ですから、官僚とは言え色々な考え方をお持ちの方がいらっしゃるのですね。

この本に書かれていることは、要するにこの「TPP」というのは参加国の経済規模を考えると実質的に日米協定であり、安全保障上の問題により日本に有利な条件でルールを策定するのは不可能であること。

そして国を開き、関税をゼロにしてしまえば日本の農業は壊滅的な打撃を受けることやISD条項により日本独自のシステムやルールをアメリカに有利に改定さざるを得なくなることなどをあげ、TPPに参加することは最終的に日本を滅ぼすような結果になりかねないことに強い警告を発するような内容になっています。

フムフム・・・成る程、TPPに参加すると大変なことになりそうだ・・・とこの本を読んだ段階でそのように思ってしまいます。
書かれていることに反証できるようなデータも知識も持ち合わせていない状態では、そう思わざるを得ないような説得力のある著作であることに間違いはありません。

ただ、この本だけだとあまりにも一方的なので、もう一冊読んでみることにしました。


TPP興国論 松田学氏著

こちらの本、タイトルを見ればわかるように、中野剛史氏の「TPP亡国論」に徹底的に反証するような内容になっています。
「TPP反対派の声」として中野氏の著作から流用されている部分もあり、そのあたりはとても分かりやすいですね(笑)

面白いのはこの松田学氏も元財務省の官僚であったこと。
そして「たちあがれ日本」(現太陽の党)に所属する政治家(2010年の参院選で落選)なんですね。
もし、石原慎太郎氏が総理大臣になったら間違いなくブレーンの一人になるのでしょう。

こちらの本に書かれている内容についても、これに反論できるようなデータも知識も持ち合わせてはいないのでそのまま受け止めるしかないのですが、さて、困りましたね~

判断材料としては、

現状に危機感を持っているのなら「亡国論」
未来に希望を託すなら「興国論」

とでもなりましょうか。

もうひとつ、どちらを支持するかの判断材料として、
中野剛史氏は京都大学大学院教授・藤井聡氏や西部邁氏の影響を強く受けており
松田学氏は「たちあがれ日本」から出馬した政治家(ただし落選中)であり、この「日本興国論」は櫻井よし子氏の推薦を受けていること。

どちらを支持するかは人それぞれだとは思いますが、日本の将来に間違いなく大きな影響を及ぼすであろうTPPへの参加表明は慎重に行わなければならないのは間違いありません。


さて、衆議院選挙は約1か月後。
どこが政権をとるのかまだわかりませんが、きっと日本の将来に大きな影響を及ぼす日になるのでしょう。
是非棄権などせずにできるだけ多くの方に投票所に足を運んでもらいたいですね。









最終更新日  2012年11月16日 15時23分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年07月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
実は2週間ほど前からダイエットをしています。

元々それ程太っていたわけではないのですが、最近流行のテレビのダイエット企画などを見ているうちに、自分もちょっとチャレンジしたくなってしまったのです。

目標は体重2kg減。体脂肪率2%減。そしてウエスト2cm減。
どれも控えめな数値のように感じますが、私の場合20代の頃と殆ど体重も体型も変わっていないので、これだけでも結構変わるような気がしています。

一番気になっているのはやはりお腹周りの贅肉ですね。
体重が変わっていない割にはお腹周りに肉がつき始めているのが、最近目立つようになってきているような気がしていました。
まぁ、年齢からすれば仕方がないのでしょうが、何かしているのと何もしていないのとではやはり違いが出てくるのは間違いはないと思います。

さて、ダイエット法には色々と・・それこそ星の数ほどありそうですが(笑)
私が一番参考にさせてもらっているのはこれ。

美木良介のロングブレスダイエット [ 美木良介 ]

これなら空いた時間に出来そうですし、続けることも出来そうな気がします。

手間や時間がかかるダイエットは、効果も大きそうですが、結局長続きしないのがオチ。
(自分も含め、経験されている方も多いのではないでしょうか)

やはり、急激なダイエットは身体にも負担が掛かりますし、健康にもマイナス面が多いということは間違いないと思うのです。

たとえ効果が出るのが遅くなったとしても、出来るだけ毎日続けることが負担にならないようなダイエット法のほうが長続きしますよね。

さて、私自身のダイエットの効果といえば・・・
まだ殆ど出ていない・・(苦笑)というのが現実ですが、体重は1キロ近く落ちましたし、体脂肪率(正確な計測機器を持っていないのでアバウトな数字ですが)も0.3%位は下がっているようです。

ただ、これくらいだとちょっと油断しただけで直ぐにリバウンドしてしまいそうですよね。
まだまだ頑張らなければ・・・

ちなみに、私の場合、ロングブレスの他に多少の筋トレも入れています。
やはり体幹を鍛えて、筋肉量を増やすのがダイエットの近道だと思うので・・
これは何時まで続くかわかりませんが、出来るだけ早く習慣化して、長く続けたいと思っています。

ブログで公表することも、自分に対するプレッシャーにもなりますし・・(^^;)






最終更新日  2012年07月29日 22時37分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月29日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ようやくホームページのリニューアルが完了しました。

ほぼすべてのコンテンツを自分で埋めなければならないので、確定申告の仕事との同時進行はかなりきつかったです(^^;)
何とか3月いっぱいまでに・・という期限を決めていたので、間に合ってホッとしました。
ご興味がありましたらご覧下さいね。
松崎佳史税理士事務所HP


以前のHPはホームページビルダーでの自作でしたが、今回は「一応」外部の業者を利用することにしました。

ホームページの作成を専門の業者に全て任せると数十万円は下りません(場合によっては百万単位になることも・・)し、HPでの集客に懐疑的だった私には簡単に手の出せる金額ではありません。

ところが、色々調べているうちにこちらの業者さんを発見。
ブログdeホームページ

こちらではホームページ作成の初期費用が49,800円(税抜)、そして月額費用が4,980円しかかかりません。(ドメインの移管は別料金、その他オプションサービスがありますがそちらは別料金)

実際、私の場合、ドメインの引継や独自ドメインメールの利用などのオプションサービスを含めても初期費用が54,800円、月額費用が5,960円しかかかっていないのです。

HPの作成費用としては破格に安いのではないでしょうか?

サービス面でも、電話でのやり取りしかしていませんが、ほぼ完璧。
何かわからないことがあっても至極親切に対応してくれます。

テンプレートや素材も豊富に用意されていますし、思った以上に綺麗なホームページが出来ることは間違いありません。

ただ、こちらのサービスで一番ネックになるところが、「自分でコンテンツを埋めなければならない」というところですね。
最初に「納品」された時はトップページのレイアウトはほぼ出来上がった状態なのですが、内容は何もなく、リンク先のページもほぼ真っ白なので、リンクされている全てのページを埋める作業は結構大変な作業となります。

それでも、自分で素材やテンプレートを選んで自分好みに仕上げていく作業は思いの外楽しい作業でした。

自分の会社のホームページを作りたい・・でも高い・・とお悩みの方。
今なら私からの紹介で初期費用49,800円(税抜)が10,000円引きの39,800円で入会することが出来ます。
ご興味がありましたらご連絡下さい。
紹介させて頂きます。









最終更新日  2012年03月29日 13時45分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月11日
カテゴリ:カテゴリ未分類
東日本大震災から1年が経ちました。
今日は数々の追悼式典が行われ、各テレビ局でも特別番組が放送されてますね。

もう1年。
されどまだ1年。

復興への道のりはまだまだ遠いように感じます。
被災地から離れた場所に住んでいると、震災前と何も変わらない街の喧騒に、あの震災直後の何とも言えない不安感のようなものは徐々に薄らいできているようにも感じます。

でも、何も終わっていません。

1年経ったからと言って家族や友人を失った方たちの悲しみが薄らいだとは全く思いませんし、多くの方たちが経済的にも立ち直っているとは思えないのが現状です。

私たちは決して忘れてはいけません。「3.11」を・・・

実際に被災していない地域に住んでいたとしても、何時、どんな災害に巻き込まれ、大切な友人や家族を失うことになるか、決してわからないのです。

それだけに、今を、そして自分の周りの人たちを大切に、大切に生きてゆかねばなりません。

そして被災された方に何時までも寄り添って生きていくことが、残された我々に与えられた使命だと思うのです。


今回はこの「3.11を忘れない」ために、是非読んでおきたい本を1冊紹介したいと思います。

「震災死」生き証人たちの真実の告白


遺族・検視医・消防団員・救助犬調教師・潜水士・防災学者・・・
数々の「震災死」に直面した人たちの証言により構成されている本です。

震災で亡くなった方々に実際に接することとなった彼らがどんな思いで仕事をし、そしてどんな問題点を抱えつつ現実に対処しなければならなったのか・・・メディアでは語られてこなかった「死」の真相が、赤裸々に語られています。

特に遺族の方へのインタビューは涙なくしては読むことが出来ませんでした。

「3.11を忘れない」ために・・何度も読み返してみたいと思います。









最終更新日  2012年03月11日 16時14分26秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年02月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今月に入ってからブログの更新がママならなくなってしまいました。

ネタは沢山あります。
時間もやり繰りすれば何とかなるとは思います。

只一つだけ、「心の余裕」がありません(苦笑)

色々なSNSに顔を出し、HPのリニューアルの準備も進めながら、確定申告等の日々の仕事。
そしてプライベートでも行事が目白押し・・

更に先々週から体調を崩し、1週間以上体調が悪いまま・・とうとう昨日はほぼ寝て過ごしました・・・

あ~~~全部言い訳ですね(^^;)

お陰さまで昨日ゆっくり休んだお陰で体調は戻りつつあります。

確定申告の時期もあと僅か。

まだまだ頑張らなければ。

(今回の日記は完全に独り言です。お気になさらぬよう・・)






最終更新日  2012年02月27日 18時00分32秒
コメント(6) | コメントを書く
2012年02月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
東日本大震災後、福島、宮城、岩手3県で献血者数が減り、輸血用血液が足りない状況が続いているそうです。

東京電力福島第一原発事故があった福島では、献血バスの運行中止などの影響で、昨年3~12月の献血者数が前年同期比30%減と大きく落ち込み、宮城、 岩手もそれぞれ21%減、18%減。3県は3月以降、他県から輸血用血液を融通してもらっているということで、これほどの長期間他県から融通を受けるのは例がなく、日本赤十字社は全国で献血への協力を呼びかけているそうです。
(yahooニュースより抜粋)

このニュースを見ていても立ってもいられず、早速今日献血に行ってきました。

場所は東京メトロ東西線西葛西駅前。
NEC_0223.jpg

NEC_0224.jpg

ここには献血用のバスが2台入る十分なスペースがあります。
献血を呼びかける方も数多くいましたが、実際に献血されている方はそれ程多くない印象です。

ただ、私が行ったのは午前中の早い時間だったので、まだ人が少なかったのかもしれませんね。
午後になって、もっと献血される方が多くなってくれればいいのですけれど・・

そう言えば今年に入って初献血でした。
年に3回までは献血できるそうなので、今年はあと2回は出来そうです。

仕事などの都合で被災地に実際に赴くことが出来ない自分には、これくらいのことしか出来ないことが非常にもどかしいですが、少しでも・・たとえほんの僅かでも誰かの役に立つことが出来るなら・・

今、自分にできることは何か・・
常に心に置いておきたいと思っています。


ちなみに・・今回のお土産はこちらでした。
NEC_0226.jpg
本当は水分補給の飲み物だけで十分なんですけどね~
折角なので使わせて頂きます(^^;)









最終更新日  2012年02月04日 18時47分32秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年01月05日
カテゴリ:カテゴリ未分類
江原啓之さんの新春講演会に行ってきました。

場所は私の事務所から徒歩10分程の場所にある「江戸川区総合文化センター」
当然、江戸川区の施設です。
NEC_0204.jpg
(お正月だけに飾りが置いてありましたが、館内は節電の為か薄暗かったです)

しかも今回の講演会は共催者として「江戸川区/江戸川区総合文化センター」の名前があがっていました。
江原啓之さんと言えば「オーラの泉」で有名ですが、とある番組で放送倫理違反があったということで、最近は殆どテレビでは見られなくなってしまった方でもあります。
NEC_0205.jpg
(美輪明宏さんからお花が届いていました)

そのような方をお招きして「新春講演会」を共催するなんて・・江戸川区の懐の深さを感じます。

実は私、江原氏に関してはオーラの泉が始まる前、とある書籍をきっかけに関心を持ち始め、それ以来ず~っとその活動を注視してきました。
今回は昨年の震災のこともあり、また、私の地元「江戸川区」で講演会をされるという話を聞いて、どうしても彼の講演を聞きたくなってしまったのです。

彼の講演会は都市部で開催されるものに関してはすべて早期に完売してしまうほどの人気があるそうなので、チケットが手に入ったのは運が良かったのかもしれないですね。


さて、今回の「新春講演会」

副題に~今必要なメッセージ~とある通り、我々には「ありがたい」というより「耳の痛い」メッセージが盛り沢山でした。

昨年震災~原発事故があった翌年ということで、何か新年を迎えるにあたっての心構えみたいなものが聞けるかな~と思っていたのですが、想像以上に厳しいメッセージが多く、ちょっとだけ暗い気分になってしまいました。

それでも、何度も笑い声が起きるほどユーモアを交えた彼の公演は非常に聴きやすく、且つ楽しめるものでもありました。

講演会の内容に関してはこれから講演会を聞きに行かれる方にネタばれしてもいけないですし、江原氏自身に迷惑がかかる可能性もあるのでここでは詳しく申せませんが、ひとつだけ印象に残った言葉を挙げておきたいと思います。
それは
「自立と自律」
意味は全く字の通り。人間として自立し、自らを律しなければいけないということですね。

この言葉、常に心の中に置いておきたいと思いました。

まだ新年が始まったばかりですが、思いがけず厳しい内容で非常に身の引き締まるいい公演だったと思います。

残念ながら他の場所で開催される新春講演会もほぼ満席らしいので、もう他の会場のチケットを入手するのは難しいかも知れませんが、変な偏見を持つことなく、彼の言葉に一度耳を傾けてみるのもいいかもしれません。

「物質的価値観」が跋扈するこの日本において、もう一度、「目に見えないものを敬う」気持ちを思い出すいいきっかけになると思います。









最終更新日  2012年01月06日 09時04分06秒
コメント(4) | コメントを書く
2012年01月03日
カテゴリ:カテゴリ未分類
年が明けましたね。
「あけましておめでとう」とは言い辛い雰囲気ではありますが、「あけましておめでとう」には生まれ変わりの誓いの意味も込められているという説もありますし、新年に向けて新たな誓いを立てるという意味で敢えて言ってみようと思います。

明けましておめでとうございます

さて、今年も沢山の方から年賀状を頂きました。
本当にありがとうございます。

その中で、私が一番心待ちにしていた年賀状がありました。

実は私は宮城県多賀城市に住んでいる友人がいます。

その友人は幼稚園から小学校にかけてとても仲良くしていたいわゆる「幼馴染」だったのですが、友人が遠方の大学に入学してしまったことから、今では年に一度の年賀状のやり取りしかしていませんでした。

その友人は20歳代前半で結婚し、お子さんもいらっしゃいます。
今では疎遠にはなってしまいましたが、毎年、お子さんの近況が記された年賀状が届くのを楽しみにしていました。

そこへ昨年の震災が起こりました。
宮城県多賀城市は仙台市の東北に位置し、津波の被害も大きかったところです。

非常に心配でした

連絡を取ろうかとも思いましたが、もし、被災していたら・・あるいは本人や家族にもしものことがあったとしたら・・・

一年に一度年賀状のやり取りしかしていない友人から安否確認だけの連絡をするのは迷惑がかかる可能性があると考え、敢えて連絡はしませんでした。
そこで、義捐金を送ることで間接的に支援することに決めたのです。

そしてただただ友人の無事を祈ることしかできませんでした。

そして今年の年賀状。
こちらからの年賀状が無事に届くことを願いながら投函・・・そして・・・

今年の年賀状の中にその友人からのものがありました!!
しかも住所も変わっていませんでした。

嬉しかったです・・本当に・・

沢山の方が被災している中で友人の無事だけを喜ぶのは不謹慎とは思われるでしょうが、それでもやっぱり嬉しかったですね。

あとは一日でも早く復興できることを祈るのみです。






最終更新日  2012年01月03日 11時20分11秒
コメント(2) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.