419038 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年05月28日
XML
カテゴリ:エンジョイ認知症
例のヘルパーさん​を泣かせた(?)お話。

平日に毎日来てくれる父の担当のヘルパーさん。仕事は寝ぼすけの父を起こし着替えさせ食の介助をして薬を飲ませること。そして父の脱いだ服、パジャマ等を洗濯して干してくれること。時間があれば掃除も。のはずですが、最近の父は早寝早起きをするため、ヘルパーさんが来たときにはもう着替え終わって、食事も済んでいます。

おとといと昨日は「粗相」があって色々と汚していたので、洗濯も私が行いました。

するとヘルパーさん、やることがなくなりました。父は起きている、着替えている、洗濯もすんでいる。担当は1時間もあるので間が持ちません。普段は1時間で足りないくらいなのですが、あとは掃除ぐらいです。ヘルパーさん、困ってしまい「ほかに何かやることはありませんか」と私に尋ねてきました。

父はお風呂に入りたがっていたので「入浴介助はできませんよね」と聞きました。でも準備がありません。

「いつも時間をオーバーしてやってくれているので早めに終わった日ぐらい、早く帰ってくれたらいいですよ」と言いましたが、根がとっても真面目な彼女にはそんなことは無理な注文のようです。「では床の拭き掃除をします」と宣言して、フローリングの床を隅から隅まで磨き上げてくれました。

湿度の高いジメジメした日に拭き掃除は大変だったでしょう。手を抜かない、真面目な彼女に感謝。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年05月28日 09時27分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[エンジョイ認知症] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X