418560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年06月05日
XML
カテゴリ:エンジョイ認知症
骨折して入院、リハビリ中の98歳の母の面会に行きました。

母の希望は退院したあと自宅に戻り夫婦二人での生活を再開することです。でも現実には難しい話。そこで姉と、夫婦で入れる施設を探しそちらに入ってもらおうという計画を立てていました。最近ようやく条件に合うところが見つかったのでその説明をするための面会です。

面会時間は15分。そのなかで大事な話をし、かつリハビリの様子も見学することにしました。

ただ私が病院に着いたときは残念ながらリハビリは早めに終了したと職員から聞かされました。しかし病室にも母の姿はありません。リハビリを切り上げてトイレに行ったとのことで、病室で待つことにしました。なかなか帰ってきません。面会時間は刻々と過ぎていきます。ようやく病室に戻ってきたので例の「大事な話」を伝えようとしましたが、「トイレに行ったけど出なかった。したいのに出ない、なんでかな」と自分の話を優先。

そのうち「もう一度行ってみる」と言いだしたので、急いで施設入居の件を説明しました。

どこまで理解したのかは分かりませんが、一応了解は得ました。もう一度トイレに行くと言いながらすぐに看護師さんを呼ばないでそわそわしている母に「看護師さんは仕事だから遠慮せずにどんどん頼めばいいよ」と言うと母曰く「看護師さんに遠慮なんてしてない。でもトイレに行きたいのに出ない自分がじれったい」。

あ、そういうことか。さすがいつも人生の中心に自分を置いてきた人。こういうところはもっと見習いたいものです。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年06月05日 08時43分37秒
コメント(0) | コメントを書く
[エンジョイ認知症] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X