418347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

blog the seventeen(いまの気持ちを17文字で)

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年06月11日
XML
カテゴリ:エンジョイ認知症
二人合わせて199歳の両親が高齢者施設に入る日が近づいてきました。

1ヶ月前に98歳の母がベッドから落ちて骨折。それまでは2人暮らしだったため、101歳の父をひとりにしておくわけにいかず急遽実家に来てそこからは父と2人暮らしをしています。母は病院でリハビリを頑張っていますが、もとのように実家で2人暮らしを再開できる状況ではないので、施設にお願いすることになり入居日があさってに迫ってきました。

奈良と沖縄の用件をすべてストップさせ父の介護に専念してきた1ヶ月は私にはある意味「失われた1ヶ月」。

私自身の病院や歯医者の健診の予定をキャンセルし先延ばしにしたり、奈良や沖縄の家にある果樹の世話も先延ばしにしたり。庭も雑草が伸び放題に伸びているはずです。しかし今はとにかく実家の一大事なので、そちらのことはすべて放り出してやってきました。

でも「失われた」ことだけではありません。私には多くのものを「得た」1ヶ月でもありました。

父との暮らしで老いの実態をしっかりと見せてもらいました。認知症の人にも心や情はしっかりあります。いまも爽やかな風を感じ、うつらうつらしていたはずの父が「なんと涼しいねえ」と笑顔を見せています。昔話をしながら子ども時代を懐かしむ姿を見ていると、自分の老いを先取りして見せてもらっているような気もします。

足腰が弱くなった人、指先が不自由になった人、自分で「おしも」の処理が難しくなった人の援助、介護に自信がつきました。これから介護ヘルパーにだってなれそうな気がします。ただし介護にはやはりかがんだり体をねじったり、重いものを持ち上げたりすることが多いので、私のこの椎間板ヘルニアから来る足腰の痛みがなくなれば、ですが。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年06月11日 09時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[エンジョイ認知症] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.
X